Fairy Tail

もうすぐ!シーズン幕開け


4月25日(土)26日(日)に行なわれる第63回全日本体操競技選手権大会の概要
協会blogにアップされていました。
10月に行なわれる「ロンドン世選代表の2次選」&「ユニバ代表選考」等も兼ねています。

今年から

個人総合団体種目別というように分離開催されることになった全日本
ユニバや世選の2次選考会だけだった去年まではTV放送は無く、入場料が無料だった
年もありました。

TV放送と言えば、そうそう

このあいだのNHK【スポーツ大陸】、浅田真央選手の映像を見て気がついたのですが

去年暮れに行なわれたフィギュアNHK杯@代々木の実況、刈屋アナでしたね。
番組内でN杯のVTRが流れて
「…トリプルアクセルを2回入れてくるのか?」の声で思い出しました。

千葉クロカンも実況してたし、今年の代々木は久々に実況席に座っているかもしれません。
6月のN杯の放送もあるし、更に秋の団体&種目別の放送もあるのならしいですね。
できれば解説は小西さんで。協会の遠藤幸一さんの解説も分かり易くて勉強になります。

で、男子の参加人数が114名って、もしかして3班に分かれるのかな?
初日の時程が11:2020:20なので。。。う~ん、これって国体並みですよね。
国体は朝、早いんですよね~(9時&10時に試合開始とか…)あれも大変。

ナショナル強化選手社会人の一部インカレ上位の選手最終班に組み込まれます。

がーっ、翌日の試合開始時間はいつも通りで大丈夫なの?(14時半~)
前日、夜の8時過ぎまでやってて選手の皆さん、体力回復間に合うかな・・・
って開場が13時半だなんて、公式練習が半分しか見られないぢゃん!!!←超不満

分離開催で楽しみは増えましたが、練習見学時間の半減は残念。
しかし、選手の負担を考えて優しくマイナーチェンジされているので文句は言えないー。

入場料の区分の「一階席」「二階席」の表記は、初めて観戦する方には誤解を招くかも。
代々木の場合は「スタンド一階席」と言ったほうが、わかりやすいかもしれません。

器具が敷き詰められているフロアには座席はありませんので、気をつけてください。

スタンド二階席だと、見下ろす感じでフロアがちょっと遠くなってしまうかな~。
周囲に気兼ねをせず、お喋りしながらまったり観るならいいかもしれない。

一階席の中央から上段部分に座ると、フロア全体が程よく見渡せます←私のオススメ。
一列目にかぶり付いて観戦されるのも、選手や器具が近くて楽しめるかもしれません。

五輪イヤーだった去年の全日は新潟での開催だったので、観戦を躊躇されたけれど
今回の代々木は、「行ってみようかな~」と思われている方が多いかもしれませんね。
体操ファンになられた方が、ひとりでも多く生観戦に来られますように。。。

うわっ、書き始めたら止まらなくなりました。
大会が近づいた頃にまた、気がついたことなどをエントリーしたいと思います。

コトブス国際!始まりますね~。納得の行く演技、期待しています(^^)

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)