Fairy Tail

第62回全日本体操選手権@新潟 vol.10


昨日、常任理事会で決まった原案がwebニュースに流れました。
協会公式HPには、まだ正式に表記されていないのですが・・・

総合と種目別に分け編成 体操・ロンドン世界選手権代表

   種目別は個人総合2人を除いたポイントで各種目の1位を選び
   4人を超えた場合はメダルが狙える床運動、平行棒、鉄棒を優先する。


これは・・・メルボルン世選のN杯みたいに“捨て種目”の演技が出てしまうのかしら?
それとも五輪代表決定のN杯のように、個人総合12位以内に入ることが前提?

ちょっと、この報道だけでは詳しい選考方法がわかりません。
個人総合と種目別だけですので、スペシャリスト4枠の狙い方が焦点となってきますね。

とにかく!

最終選考会のN杯出場を目指して、新採点法への対応が皆さん上手くいきますように。

ロンドン五輪強化本部員に引退直後の金メダリストが選出されてますね(下のリンク先)
冨田くんは審判部として活動されていくそうです。E審としての目は世界一厳しいかもね。


徳洲会の「かまくら通信」最新号や、寿思選手のブログにも書かれていましたが
仲里選手がパン屋さんに転身!されるそうです。
さっそく白衣を着て脚前挙やってまして、おチャメな性格そのまま。

   …天井に届きそうな隆太さんの高~いコバチ、もう見られないんですね。

体操教室の指導さえもやめて進もうと決心した、第二の人生&新しい世界。。。
鍛え上げた両腕で、美味しいパンを作る「」を叶えて行ってくださいね。


長らくお待たせしました~m(_ _)m
いや、もう誰も待ってないかもしれませんが去年の全日レポ
スコアなどを書きとめておきます。長いですが興味のある方どぞ。




個人決勝2日目の上位3選手のスコアです(上がAスコア、下Bスコア)

     ゆか  あん馬   つり輪   跳馬   平行棒   鉄棒  合計
内村  6.5     5.8      6.3     6.6     6.4     6.4   38.0 
     9.350  9.000  8.900  9.550  8.750  8.450  54.000点 
     -0.1                                (平均 9.083)

田中  6.1     5.6      5.4     6.6     6.5     6.2   36.4
     9.200  9.100  9.200  9.300  9.400  9.150  55.350点 
                                       (平均 9.225)

山室  6.4     6.0      7.0     6.6     6.2     6.0   38.2
     8.950  8.750  8.200  9.300  8.600  8.600  52.400点 
                                       (平均 8.733)


もうすぐナショナル選手が出場する国際大会が行なわれますので(種目別ですが)
新ルールに対して、どのくらいレベルアップがあるのか?注目してみたいと思います。

山室くんのAスコアの合計点38.2は、たぶん全選手中のトップだと思われ。
次に続くのが航平くんの38.0点。寿思選手もこの日は38.0点でした。

4番目が中瀬くんの37.5点が来るかな?
5番目がコバ研くん、植松くんの36.8点。田中さんは7~9番目辺りになります。

Bスコアはダントツ田中さんか?と思ったら、弟の佑典くんも合計55.300点!!
どちらもオール9点台勝手にBスコア選手権
美しさ、ワザの正確さ、シンプルな演技のお手本としてピカ一お二人です。

他にBスコアが高かった選手はくん、西村さん、西峯さん。
6種目すべて8点台後半~9点台前半にまとめています。


中和仁選手(徳洲会)

テーピングこそしていませんでしたが、腰の状態が…まだ少し不安があったようでして
試合後、アイシングをしていました。全社と同じく、つり輪も抜いたワザがあり、鉄棒の難度も
少し落として極力負担がかからないよう、Bスコアを取りに行っていたように思います。

ゆか&跳馬で新ワザに挑戦して成功したことは、大きな自信につながったはずだと。
前回は優勝した冨田くんに続いての表彰台、初の2位は本当に嬉しかったけれど
今回は、少し悔しい2位だったかもしれません・・・。


村航平選手(日体大)

「あん馬で2回落ちたのに…」が、枕詞のように賞賛の言葉の前に付いて回った五輪後。
きっと、そう言われる度に (-_-#)カチーン・・・ときていたことでしょうね。
インカレは間に合わなかったけど、練習を積んだ成果が出てこの全日では汚名返上!

決して苦手じゃないはずなのにー。北京では手首を痛めていたせいもあって…
それなのに、他の種目ではそんな素振りも見せずに力を発揮できたことがスゴかった!
ゆか一本目の後2回半~前2回は、この春多くの選手が取り入れてくるかもしれません。

アメカプで植松くんが試みようとした前2回~前方抱え込み1回ひねりも、加点の取れる
D+Dのシリーズなので、こちらも前方系が得意な選手が挑戦するのかな。


中佑典選手(順大)

  ゆか  あん馬   つり輪   跳馬   平行棒   鉄棒   合計
  6.0     4.8      5.1     6.2     5.9     6.3   34.3 
  9.250  9.050  9.100  9.200  9.400  9.300  55.300点 


跳馬をユルチェンコ2回からアカピアンに替えて、ふわっと美しく。
あん馬は少しずつワザが復活してきたので、もうあと一息ですね。
平行棒は予選の方が良かったかな~?ディアミドフで単棒に移るところなんて芸術的。
棒下1回をマスターできるといいですね。

鉄棒の15.600は植松くんと並ぶ最高点。でもBスコアは佑典くんの方が高い!
(植松くんはA-6.9 B-8.700
コバチ~リバルコのシリーズをもう一度見たいです。
植松くんのコバチ~コールマンの連続も、もう一度見たいですね。


鉄棒も、演技中に握り方の違う同じワザを行なうことはできないそうなので
(平行棒、ベーレの屈身を行なったら次の抱え込みは認められないと同じように)
大逆手で捌いた後、同じひねり方で行なった片逆手のワザは認められない。
くんが「もう得意ではなくなる」と言った意味は、こういった制約のことだと思います。

手放しワザを追加するのか?シリーズで加点を取るか?どのような構成になるのか。
寿思くんはカッシーナを本格的に入れてくるみたいです。
リスクがそれだけ高くなりますが、とにかく怪我だけはくれぐれも気をつけてください。。。


室光史選手(日体大)

彼が演技の精度を上げてきたら、ちょっと手がつけられないかもしれない。
ネックが鉄棒というのも坂本くんと似ていて、団体戦には欠かせない選手になりそうです。

今大会は余裕のある笑顔が多く見られ、本当にのびのびと演じていました。
緊張でガチガチだった大学1年生前半の頃に比べたら、格段の成長が見られました。
航平くんと二人、切磋琢磨しあって更なる上を極めて行って欲しいですね。


4位に入った選手(コナミ)現地では全くノーマークでして申し訳ありません。
DVDを見る限りミスなく、安定さを示す得点の並びは地元(新潟出身)で行なわれる大会に
ピークをうまく合わせることで、たくさん応援に来られたであろう人達の期待に応えていましたね。
鉄棒、デフやめてコールマンに戻したんですね。。。のナショナル入り、おめでとうございます。



間東昇選手(清風)


  ゆか  あん馬   つり輪   跳馬   平行棒   鉄棒  
  5.7     5.6      5.7     6.2     5.3     5.5  
  8.350  8.500  8.600  8.950  9.100  8.200   

数字以上に、とにかく落ち着いていて基本に忠実で伸びやかな捌きが印象に残りました。
倒立ひとつ見ても、やはり一本しっかりした筋が通っているようで他の選手と質が違う

惜しくも決勝に進めなかったのですが、もうすぐ行なわれる高校選抜での活躍!
期待しています。この時期の高校生の伸びしろは本当に驚かされることばかりです。
メキメキと力をつけている若手選手にも注目したいと思います。

井裕之選手(関西)

高校生で唯一、決勝に進むことができた成長株の選手です。
夏の全日本ジュニアで見た時より、身体つきが更にガッシリしていたのには驚きました。
6種目、これといった穴がないのが強みですね(^^)ワンランク上のAスコアを望みたいです。

高校一年の頃は細くてヒョロ~としてたのに、もう大学生になるのね・・・
春から順大へ進む今井くん。仲良しの佑典くんと二人、【爽やかジャニーズ系コンビ】として
日体大の【はっちゃけムチムチコンビ】に対抗して行ってください!


ああ。最後はちょっとイタタな表現が出てしまいゴメンナサイ。
DVDをもう一度見返して、追記を書くかもしれません。その時はまたおつきあい下さい。

新しい採点法で行なわれる4月の二次選考会。
体操ファンもワクワク&ドキドキしながら待ちこがれています。。。


COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

上位選手のABスコア

実は待っていました!ありがとうございます。
こればかりは現地で生観戦しないとわからないですからね・・(公式HPでも発表してほしいです、体操協会さん!)
田中和仁選手は社会人大会の時より、Aスコアをあげていたという話だったので、六種目トータルでどれぐらいになったのか気になっていたのです。
そして内村選手は全日本ではどうだったのかと。
山室選手は随分、難度を上げてきたのですね!
やはり世界の舞台の個人総合でメダルを狙うには、
六種目で38点台(ルール改正で変わるとは思いますが)必要だと思っていたので、内村選手、、水鳥選手に続き38点台を達成したというのは頼もしいことですね。今少し実施がよくなれば鬼に金棒です。
シーズン明けが楽しみですね。
(引っ越ししているので、IPアドレスが変わっています。代々木が遠くなりました・・泣)

安心しました!

久々に体操のニュースが舞い込んできたのが
仲里さんのパン屋さんでした。
引退の噂を耳にした時からどうするんだろうと
気になってて...
このまま徳洲会の子供コーチで残るのかなって
思ってたら、まさかのパン屋さん!
ちょっと驚かされましたと同時に安心しました。
体操界からは離れるけどきっと心の中で
これからの体操界を応援し続けてくれると
思っています。
また、第二の人生を歩んでいく
仲里さんに心からエールを送りたいと思います。

そしていつか仲里さんの焼いたパンを食べたいですね!

追伸
和仁選手のABスコアありがとうございます。
記録できてない種目があったので助かりました!

> asou さん

こんばんは(^^)お久しぶりです。お引越しされたんですね、お疲れさまでした。

田中さん、最終日の団体戦は合計36.7点でした。
鉄棒のAスコアをもう少し上げてくると思われるので
後はB重視でこのまま、AAで貫いて欲しいです。

6種目で38.0点の航平くん、大崩れしないところが強みですね。
個人決勝の平&鉄は本当にキツそうでしたが、逃げ切れたことを評価したい。
どちらも応援している選手なので、ファンとしては複雑ですが…(^^;

asou さんご贔屓選手の直也さんの決勝スコアです。

   ゆか  あん馬   つり輪   跳馬   平行棒   鉄棒  
   5.9     5.5      6.2     6.2     6.6     5.4    
   8.750  8.750  8.700  9.350  8.750  8.850   
   -0.1             -0.1    
                
テレビでも言われてましたが、予選に比べるとキレが不足していたように見えました。
今後は2日間通して戦う体力が必要不可欠となってくるでしょうね。
それでも見事なナショナル返り咲き!素晴らしいです。
体調に充分配慮した選手生活を送って行って欲しいですね。

新採点法・・・Aスコアの上限を押さえようとする雰囲気があります。
落下のリスクも大きいし、構成がどのように変わるのか?本当に楽しみですね。

> ちゃこさん

こんばんは~(^^)コメントありがとうございます。

隆太さん、個人決勝が終わってからでしたっけ?
確か、仲間に胴上げされてましたよね。。。
このまま体操教室の指導を続けていく道もあったと思われますが
ご自身の夢に向かって突き進む勇気、尊敬しますね。

>第二の人生を歩んでいく
仲里さんに心からエールを送りたいと思います。

パン屋さん、機会があれば訪れてみたいですね~。
タンマじゃなくて小麦粉にまみれる隆太さんに「幸、多かれ!」と願ってしまいます。

ABスコア、10位以内の選手はほぼ全てチェックできました。
馬場選手&上田選手だけ2種目見逃してしまい、悔しいです(笑)

こんにちは

ABスコア、そうだったの!!っていう感じです。(当日は演技を追うのに精一杯だったので...)星さんは、初日はよかったけれど、2日目はミスでBものびなかったんでしょうね。Aのトップは誰か予測もできませんでしたが、山室さん!!!がんばりました。

冨田さんは、審判部なんですね。EスコアのEはエレメントのEかなって水鳥さんが書いてたけれど、ロンジン賞のエレガンスのEだといいな。冨田さんはまさに世界一のE審です。

仲里さん、パン屋さんへの転進は意外ながら、なんだか心温まるNEWSですね。パンの世界も奥が深く厳しい世界と聞きます。体操で培ったさまざまな経験を生かして、きっと素敵なパン屋さんになるんでしょうね。

今井選手は順大なんですね。代々木、そしてインカレも楽しみです。ますます、順大から目がはなせません。

塚原選手のABスコア

ありがとうございました。
トータルで35.8ですか、来年以降を考えると鞍馬・吊輪・平行棒に絞った方がやっぱりいいのかな・・とか考えてしまいます。
ところで、塚原選手、一年の予定でオーストラリアに留学したそうですね。
いい効果をもたらしてくれるといいのですが・・

> とんとん さん

こんにちは~お久しぶりです。コメントありがとうございます。
ABスコアは極力、演技を観ることができた選手のスコアのみ控えるようにしています。
後で数字を見返した時、脳裏に演技が思い起こされるんですよ。

>星さんは、初日はよかったけれど、2日目はミスでBものびなかったんでしょうね。
そうなんですよ~。星くんは2日目の成績が少し落ちてしまう傾向が続いてます。
美味しいモノたくさん食べて、もっともっと体力がついてくれるといいですね。
メンタルな部分も関係しているのかもしれませんが…

> EスコアのEはエレメントのEかなって水鳥さんが書いてたけれど
そうですね、それならしっくりわかりますね~。だとしたら「D」は何でしょうね?
冨田E審の数字は厳しくて、ことごとくカットされるかもしれません(笑)

> 仲里さん
体操クラブに差し入れのパンがたくさん届く日も近いでしょう(^^)

> 順大
星くん坂本くんの「美しい体操」を、佑典くん今井くんが受け継いでくれると思います。
冨田コーチがいらっしゃるので鬼に金棒ですね。

今年は力のある選手が入部してくるので、日体大との団体戦が楽しみです。
まずは東日本インカレ!前哨戦ですね。

> asou さん

Aスコアを上げてもBで引かれては元も子もないので、できる範囲で最良の方法を
見つけて行くしかないでしょうね。
でも、今回の変更で上限がどれくらいになるのか?見当がつきません。
内規でボーナス点が付くワザがある…って、寿思さんブログに書いてありましたよね?
そちらも気になります。。。

> 一年の予定でオーストラリアに留学したそうですね。
環境を変えて心機一転!更に進化し続ける塚原選手に注目していきます(^^)

D&Eスコアのこと

すみれさん、さっそくのレスありがとうございます。

Dは水鳥さんも書いていたとおり、Difficultyではないでしょうか?
そして、先日はあのように書きましたが、Eも水鳥さんの言う通り、Elementsかな。

Dが演技全体の難易度で難しいほど高得点。Eが構成要素ごとの完成度。難易度は関係なく、難しい技でも完璧でなければ厳しく減点されるってことかもしれませんね。

D&E、何の略だか気になってきました。ご存知の方どうぞお教えください。<(_ _)>

でも、北京直後の○×インタビューで冨田さん&内村くんも同意の通り、美しさもポイントにしてほしいものです!!

> とんとん さん

こちらこそ、再度教えてくださってありがとうございました。

>Dは水鳥さんも書いていたとおり、Difficultyではないでしょうか?
ああ、そこまで書かれてあったのですね。ウロ覚えで記憶にありませんでした。
概ね、その通りかもしれませんね。

Difficulty=難易度
なんだか「難しくなければ体操じゃない!」といった雰囲気に変わりつつあるようで・・・
「美しい体操」が、ないがしろにされてしまわない事を祈るばかりです。

そして国内大会と国際大会でEスコアの、視点によるズレがない姿勢が望まれますね。
諸外国によるE審判の一貫性も願いたいところです。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)