Fairy Tail

採点規則が届いた日にDVDが直りました


体操競技の「2009年度版採点規則」が今日、届きました。
ついでにMy RoomのDVD機器も本日、漸く直って盤が読み込めるようになったわ(^^)

内臓HDDに録画&再生はできていたのですが、盤が全く認識されなかったので
やっとこさパンパンに膨れ上がっていた映像類を落とすことができます。

それにしても全日本のDVDって・・・・・(^^;

なんか、、、ものすごく色々な種類のカメラで収められていますよね?

各選手の所属先が独自に録画した映像とかがけっこう入っているのかもしれない。
お弁当箱の中の色々な種類のおかずがひっくり返ってゴチャゴチャになったカンジ?

平気でカメラの前を横切る選手がいたり(気付いてなかっただけ?)
団体戦の映像で、跳馬の着地が待機場所の選手と被っていて全然見えなかったり。
あん馬や平行棒の真横からのアングルってどうよ?などなど
・・・ツッコミ始めたらキリがありません。

田頭選手がロペス(個人決勝)を跳ぶ直前、沖口くんが一瞬立ち上がり
着地決まったと同時に見えなくなって(椅子に座る)ツボりました(^^)<そりゃ気になるよね~
田頭ロペスは16.400の跳躍、素晴らしい!高さも捻りの速さも安定してます。

それにしても製作者のセンスを疑ってしまう編集内容には少々ガッカリ。
でもまあ、予選落ちしたけれど種目別上位に入った選手などを押さえてくれてあるので
文句は言えない。

外村選手の平行棒…棒下ディアミドフ~棒下1回~棒下ハーフが速さもキレも素晴らしくて
何度もリピートしてしまいました。



で、規則本は文字はスッ飛ばかしてワザの種類&難度をザーッとななめ読み。
G難度のワザはF難度の項目に太文字でGと記されてました(主にゆか鉄棒

鉄棒リューキン(伸身トカチェフ1回ひねり)が難度に
カッシーナ(伸身コバチ1回ひねり)が難度に格上げされてたので、もしかしたら
挑戦してくる選手がいるかもしれない。。。
全日本では土性くん、リューキンは回避してたけど次回は見せてくれるかな?

あとゲイロード2(バー越え伸身ギンガー)も難度に上がってた。
これ、逆手でバーを掴むワザで超ハイリスクなのに今までなぜかD難度だったからなー。
生で観たのは笠松選手がやった一回だけ。

どうでしょう。誰か挑戦してくれないかな?

平行棒は難度が下がったワザが多いかな?
前振り&け上がりカット倒立がそれぞれからに格下げ。
ベーレも、抱え込み&屈身がそれぞれワンランクダウン。
難度に棒下宙3/4ひねり倒立追加されてました。
これはけっこう見られるかもしれない。

一番大きな変更点は「姿勢の異なる同じ種類の宙返りを行なうことはできない…
難度を取る為に同じ様な構成に陥りがちだった平行棒、少し改革されるかもしれません。
ゆかにも大きな変更点があるようです。あとでちゃんと確認してみます。

とにかく、ゆっくりと読み返しながら勉強していきたいと思ています。
そうそう、呼び名(Aスコア、Bスコア)がDスコアEスコアになりましたね。

選手の皆さん、補強&ワザの習得を煮詰めている真っ最中でしょうね。
怪我なく、無事に春のシーズンを迎えられますように。。。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

カッシーナ

おひさしぶりです!
今朝5時から、ネット中継でアメリカンカップを見ていたので頭がボーっとしています、、。

早くも採点規則買われたんですね!
私も早く注文しなくては!

カッシーナは寿思選手が取り込もうと練習中ということですよね。
楽しみです!

> ダリダリさん

こんばんは~(^^)コメントありがとうございます!

早朝からネット観戦、おつかれさまでした。
植松選手、納得のいく演技ができたかな?
単独で海外参戦は心細いけど、大きな自信に繋がったでしょうね。

> カッシーナは寿思選手が取り込もうと練習中ということですよね。
寿思選手は既にカッシーナをお披露目しているんですよ~。
2006年の全社@北九州で手放しワザ4種類成功しています。

でも、挑戦したのはその時限りでして公式試合では封印されています。
春には再び見られるかもしれませんね~楽しみです(^^)

> 採点規則
なかなか・・・判読しながらワザの種類を見極めたり
細かい決まりごとを把握していくのは難しいのですが
ポピュラーなワザの名前などから少しづつ覚えていけるといいですね。

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)