Fairy Tail

第62回全日本体操競技@新潟 vol.4


豊田国際の出場選手アジア選手権代表選手が発表になりましたね。
(詳しくは協会HPを見てください)
これって・・・豊田は国際大会という名の「演技会」みたいな位置づけでしょうか?

アテネの年は【中日カップ】と言う名称でしたが、同じく五輪代表6名が参加して
一人、それぞれ一種目ずつメダルを分け合っていましたね。
冨田くんのつり輪を初めて、真下から見上げるアングルで観たことを思い出しました。

力強さに加えてゆっくりと回転する捌き方が独特で、息を呑んで見つめてしまいました。

今のルールだと、あの10点満点の時にのような余裕たっぷりに捌く演技は難しくなってて
ワザをたくさん入れて尚且つ効率よくスコアを稼いで、できれば両腕にかかる負担を
最小限に抑えられることを第一に考えて演技していると思われます。

更に美しさも追求しなければならないとなると・・・歯痒い想いもたくさんあるでしょうね。

来年はルールが変更されることも決まっていて、それらの状況や御自身の体調の
具合も含めて、今後の選手としての生活を慎重に考えているのかな、、、と
敢えて実況アナが彼に、鹿島くん引退について話を振らなかった(^^; 全日本の
TV中継を見て思いました。

そうそう、解説は水島さんでしたが…ちと期待外れでしたね(ガックシ)
カユイところに手が全然届かない解説で、聞いててイライラしてきました。
実況アナも何だかな~。刈屋さんカムバーック!


ボヤくのはここらでやめて、団体戦の続きなどを。



今大会は6-4-4制ということで、8チームがⅠ班で演技。(去年まではⅠ、Ⅱ班の2試合)
お休みのローテが2回、跳馬の前とゆかの前にありました。

徳洲会は実績のある中堅&ベテラン選手ではなく、社会人1年目の田中さん、西村さん
2年目の西峯選手が中心となって、ほぼノーミスでチームを引っ張っていました。

田中さんは航平くんと同じく3日間6種目の演技!それでいて今日の団体戦の総得点は
航平くんの上を行ってます。内容も一番充実していて本当に素晴らしかったです
あの細い身体のどこに?計り知れないパワーが潜んでいるんでしょうね。
跳馬の精度を上げることができれば航平くん抜けますね。

西村さん、西峯選手が5種目担当西峯選手があん馬で落下、寿思選手も落下してしまい
ただでさえ低い総得点が伸びません。

寿思選手はつり輪を行なう予定だったみたいですが、別の選手に振り変わってしまったようで
チームに貢献できなかった責任を感じたのか試合後、つり輪のマットに座って凹んでいました。

中瀬くんも今大会はいつものキレ味が見受けられなかったので、調子を崩していたようです。
桑原くんに至っては「あれ?いくつ演技したのかな」と、得点表を見ると平行棒のみとは!
それも、想定される得点より一点近くも低いっていったい…(見ていませんでした)

若手選手の頑張りで、何とか表彰台2位をキープできたといった印象。
学生を寄せ付けない選手層の厚さが強みの徳洲会でしたが、連覇も途切れて残念。。。

跳馬日大の選手と、KONAMI研也選手が負傷してしまい、その後の演技ができずに
棄権されていました。

コバ研くん、せっかくナショナルに返り咲いたのに…アジア選手権のメンバーに選ばれる
はずが、次の順位の選手の名前があったので、すぐには復帰できない状態のようです。
今大会はガッツポーズ、いっぱい見せてくれて調子の良さが伺えました。
自信を持って跳んだヨー2で負傷とは、本当に気の毒です。

仙台大植松くん、団体戦は出場しなかったんですね。どうしたんだろ?
週末のチェコ国際に新潟から直行するような雰囲気でして、大きなトランク持ってました。
そうそう、1年生の宗像くんが元気いっぱい!ゆか跳馬は観ていて爽快!

熟練の域に達した繊細な体操も好きですが、航平くんや山室くん、植松くんや宗像くんの
ような若さ溢れる、今の年齢だからこそできるイケイケな体操を観るのも気持ちいいですね。

うーん、レポになってませんねぇぇ。ぼんやり観ていたせいか記憶が飛んでます。

日体大の応援団席から「優勝」を知らされた選手達がメチャメチャけて喜んでいました。
うんうん、『2007全日本・団体戦の悪夢』から、やっと解放された瞬間でしたね。

団体戦では色々と苦しんできた姿を見てきたので、最後に良い結果を残せてよかったな。
北京から3ヶ月、心身共にすっかり大人っぽく成長している航平くんの笑顔で幕を閉じた
2008年の全日本でした。


いえ、まだ続きます。覚えている限りボチボチと。

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

おかえりなさい

遠征お疲れ様でした!
お疲れの中返信ありがとうございます。

今更ながらですが全日本団体(日体大)の感想を!!
調子の悪い岡村選手に代わって跳馬のスペシャリスト齋藤選手を起用。
これがどのように転がるか最後までもつれるとは・・

まず鉄棒では落下こそないものの皆点が伸びないなか
得意の太田選手さえもつまづいてしまい・・
大きく出遅れてしまった日体大(><)

続いてのゆかでは中島選手が大過失を・・
すみれさんやないけど中島選手は1種目目が堅すぎますよね(汗)
でもここでは内村選手が3日目にして15.900(A6.5 B9.4)と高得点をマーク。
弾んで捻って着ピタと疲れはどこへやら。
(前日の和仁選手のゆかの演技の影響もあったかな?)
とりあえずなんとか離されずついていくことができました(ありがとう)

3種目目は鬼門のあん馬・・
お約束の落下は2人でとどまってくれてちょっと安心かな(苦笑)
中島選手は個人予選を忘れさせてくれる演技を!技を増やすとミスはでるけど
ここでまたあん馬の達人として日体大を引っ張っていって欲しいものです。
(高校生の時はあの長い脚を自在に操ってましたよね)
山室選手は内村選手の分も頑張ったのか坂本選手に次ぐ14.950(ABの内訳わからず)
いやぁ~ホント練習してきたんだと感心しました(*^_^*)

4種目目つり輪
さすがに山室選手も疲れが隠せず我慢のない演技が目につきました(プルプルと・・)
ここにきて14.900(A7.0 B7.9)このスコアはいただけませんよね。
岡村選手がいない分もう少し山室選手に頑張って貰いたかったです!

5種目目跳馬
ここで点を稼がないといけない中で、皆落ち着いた演技を見せてくれました。
スペシャリストとして選ばれた齋藤選手がヨー2 15.900(A7.0 B9.0)減点‐0.1 
山室選手ドリックス16.05(A6.6 B9.45)内村選手も負けずに16.200(A6.6 B9.6)
あん馬の大過失を払拭の演技!平行棒に繋げてくれました。

最終種目平行棒
山室選手は昨日とは打って変わり落ち着いた棒捌きで15.550(A6.2 B9.35)の高得点!
有終の美を飾りましたね(^^)
寺尾選手はインカレの時から痛めていた右腕の負傷を3日間こらえての最後の演技。
ふらつきながらも踏ん張り14.800(A6.2 B8.6)我慢の演技もBスコアが貰えず。
やっときました中島選手。今年跳馬以外で初の15点台やないですか?
久しぶりに中島選手らしい美しく切れのある平行棒が見られた気がします。
気合いの15.350(A6.2 B9.15)最高の笑顔でしたね!
最後を飾るのは内村選手。山室選手の得点は見ていたはずやから頑張らないわけには
いかないでしょう!ベーレも高さがあり捻りも良く最後の倒立からフィニッシュへ!
大逆転の15.550日体大優勝!

去年のこともあるし東インカレ・インカレと優勝を逃してたから選手達の分まで
泣いちゃいました(><)
みんな本当におめでとう!

試合前に聞いた寺尾選手の右腕(骨に異常有)の負傷。
この3日間は我慢の3日間だったと思います。本当にお疲れ様でした!
アジア大会にも選ばれて休む間もないでしょうが、早く怪我を治して
また寺尾選手らしい演技を見せてもらいたいですね。
山室選手もアジア大会ではのびのびと演技をしてハンガリー以上に
何かを得て春にはまた一回り成長した演技を期待したいと思います。

長々と綴ってしまって・・最後までお付き合いありがとうございました。
また私の感想への突っ込みも楽しみにしています!
それではまた、寄らせてもらいます。

> ちゃこさん

ただいまです、こんにちは(^^)力作レポ、すごいです!素晴らしいです!!
私も大変参考になっております。書いてくださりありがとうございます。
そのままエントリーの方にアップしたいくらいですよー。

日体大の今後のネックは鉄棒かもしれませんね。
来年は太田さんがいないので航平くん一人だとキツイかも。
出口くん青山くんといった清風コンビの若手に期待したいところですが、厳しいかな?

>内村選手…
>前日の和仁選手のゆかの演技の影響もあったかな?


航平くん、団体ゆか演技は気合い入ってましたね~。
私も前日の田中さんの演技に刺激されたのでは?と思いました。
安全圏だと思われた種目が追い付かれてきて「ヤバイ」と思ったのかも。
それでも焦ることなく極めてしまうメンタルの強さに脱帽です。

>3種目目は鬼門のあん馬・・
>お約束の落下は2人でとどまってくれてちょっと安心かな(苦笑)


そうそう、二人までならセーフですね。。。って、それもどうかと(笑)
山室くん&立貴くん、熊谷の忘れものを取り返せてよかったですね。

ちゃこさん、立貴くんの高校生の頃の演技を観ているのですね~。
ホントあの長い手足は大きな武器ですので、これからも活躍する姿
たくさん観て行きたいですね。

つり輪も跳馬も優佑選手が頑張ってくれましたね(^^)
スタンドの応援が、順大の佑典(ゆうすけ)くんと最後まで被っていて
私的にはクスクス笑える楽しい団体戦でした。

>最終種目平行棒
>山室選手は昨日とは打って変わり落ち着いた棒捌き>で15.550(A6.2 B9.35)の高得点!
>有終の美を飾りましたね(^^)


山室くんの平行棒、素晴らしかったですね。
短期間で棒下一回をマスターしてきた頑張り!インカレでも決めてたし
元々得意としている種目ですがホント、観ていて感心しまくりでした。
立貴くんの棒下シリーズもキレイでしたね~。
一番疲れているハズのラストの種目!
日体大の選手の弾けっぷりに元気をたくさんもらえました。

>試合前に聞いた寺尾選手の右腕(骨に異常有)の負傷。

寺尾くん、負傷していたのですね…それなのにすごい!
U-21にも選ばれて、初の海外遠征となるのかな?
嬉しいでしょうね~本当におめでとうございます。

>山室選手もアジア大会ではのびのびと演技をしてハンガリー以上に
>何かを得て春にはまた一回り成長した演技を期待したいと思います。


全日本で結果を出したことで、更に自信に満ち溢れた演技を
披露してきてくれるでしょうね。
一日でも早く航平くんに追いつきたい一心だろうね。。。
怪我せず焦らず、ひとつづつ階段を上って行って欲しいですね。

ステキレポ、本当にありがとうございました。
各選手のキャラが可愛い団体表彰式の写真、あとでアップしますので待っててね。
(あんまり写りが良くないけど…^^;)

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)