Fairy Tail

最終調整!


開幕まであと8日!各競技の選手が続々と日本を旅立っています。
体操ニッポン男子チームもサンパウロからリオ入り、本番に向けての調整も順調のようです。

   内村ら 「ようやく試合モードに」 リオ練習会場で汗

リンク先に色々と関連Newsが上がってますが、日刊スポーツより。
選手村では早速トラブルにも見舞われたようですが…身体を休めるスペースなのに~~
ストレス溜まらなければいいけど。

昨日のお昼頃のNewsでは、空港に居合わせた女性外国人から「ウチーダ」とカメラ向けられ
ムッとしながらも苦笑いで「ウチムラだよ」と、ボソッと呟く姿が映されていました。
世界のウチムラ!
リオで再度、絶対的な存在をアピールしてきてください。


さてさて。

五輪より一足先に島根ではインターハイが開催されます。今年は市船が大本命かな?
関西も不気味です。層の厚い清風や鯖江も侮れない。常連校の間に割って入ってくる
勢いのあるチームにも期待したいと思います。フル代表に負けないパフォーマンス!
皆さん、頑張ってください^^


いたたまれない、想像を絶するありえない凶悪な事件が起きてしまい、、こころ痛みます・・・。
明るいニュース、暗いニュースが日々交差するなかで、不安を抱えたスポーツのお祭りが
最終日まで滞りなく開催されますように。

いってらっしゃい!


体操男子、リオデジャネイロへ向けて旅立ちました。先ずは直前合宿地のサンパウロへ。
メディアもお昼頃からあちこちでNewsが流れていましたね。期待に大きさが伺えます。
協会Facebookからのお写真↓

      13716018_1651822431803337_1277876262847079450_n.jpg

補欠現地帯同は萱くん神本くんですね。お二人ともラフな私服姿…五輪マーク付のスーツは
いただけなかったのか…心強い援軍も一緒!準備万端で向かいます。

   pics2563_201607211029233b8.gif


↓まとめサイト、クリックどぞ。

   体操競技News

ひとつだけピックアップ。

  「もう落下しない  by 田中佑典

   「実は、内村航平(27=コナミスポーツ)が、団体金メダルを獲得するための
   キーマンだと思っているのが田中なんです。どういう意味でキーマンなのかは
   定かではないのですが、大事なところでミスが多いのは確か」

   美しい体操が持ち味の田中はミスという“不確定要素”がある。個人総合2連覇を
   度外視して団体に注力してきた内村にとって、不確定要素は何としても排除したいところ。

   本紙が田中に聞くと

  「もう許されませんよね…。特に昨年の世界選手権で2つもミスしてしまった。
   あのときは引きずったし、もうあれ以上のことはない。だからこそ今回の五輪では
   ミスはしません
」と、自分に言い聞かせるように語ったが…。


もう~~~佑典くんっっ!6月の種目別決勝はガッカリでしたよぉ
平行棒は担ぎ上げる中過失2つ、鉄棒は攻めのプログラム回避って。。。

国内の大舞台で試せなかった事&できなかった事が、はたして?本番の緊張感MAXの中で
できるのかどうか。もうこれはやってみなければわからないレベル。まだまだ信用できません。

でも、とても良い状態で臨めるとのコメントがあったので、その言葉を信じて応援するのみ
平行棒はモチロン鉄棒は今度こそ!決勝に残れますように

気をつけて、行ってらっしゃい!


梅雨が明けて夏到来!


東海地方、やっと梅雨が明けました。現時点で7月の降水量は前年比30%を割るとか…
カラ梅雨でした・・・気の毒なくらい降り続いていた九州地方に申し訳ないくらいに。

朝晩は涼しかったり、いきなりドカン!と真夏日になったり、どしゃぶりゲリラ雷雨があったり。
「大気の状態が不安定」、今夏の天気予報、ふた言目には枕詞が出てきそうです。

リオ五輪。ロシアのドーピング問題が大詰めを迎えて、いったい選手はどうなってしまうのか?
国ぐるみの隠ぺいはソチ五輪、その前の陸上モスクワ世選まで遡って疑惑が次々と明るみに
なってしまい、開幕直前になって参加問題が大きく取りだたされています。

全く何の問題もない競技の選手は、なんとか出場できるようだといいんだけど。。。

それよりも何よりも、ジカ熱やら治安やら警備の問題やら、不安な要素がいっぱいある
こんな五輪開催地は近年、聞いたことないので滞りなく行われる事を願うのみですね。

体操女子チームは一足早く、日本を飛び立ちました。メダルをお土産に、笑顔で帰れますように。
競泳チームも一緒の飛行機だったようで、15歳の池江選手のスーツが肩や身ごろなどピチピチで
今にもはちきれそうだったのは、スーツの採寸が4月でその間、練習の成果が出て肩回りなど
筋肉がついてしまった為だとか^^;

恐るべき成長曲線ですね~~高校1年生、リオでも予測できない活躍を見せてくれそうです。
ひと際小柄な体操女子メンバーと並ぶと、どちらが大人だかわからない?

明日、20日は体操男子が出発します。決して気負わず、自然体で、いつも通りのパフォーマンス!
期待しています。

試技会スタート

午前10時半から始まる五輪予選の時間に合わせて、夕食午後4時~就寝8時~起床
朝5時のサイクルで日々生活、まずは予選1位通過を目指します。

代表候補の4名も一緒に試技会が行われたようです。2日後には本番仕様の6-3-3制で
もう一度真剣勝負!

   

航平くん、6種目やって92点超え^^さすがです~しっかり合わせてきているようです。
今の時期、他のメンバーとの温度差が気になるところですがピークを上手く持って行って
海外合宿を経ながら、スタッフも含めてチーム・ニッポンが更に強く結束!

悲願の団体金メダル獲得へ、予定通り怠りなく詰めていってください。


壮行会がピーク!そして・・・


リオ五輪まであと一ヶ月とちょっと。各競技、選手の出身地や所縁のある地域では
あちこちで毎日のように壮行会が開かれています。

体操男子はKONAMIと日体大。5人のうち4人が五輪経験者。唯一の大学生、健三くんは
初の五輪ですが、フル代表は4年連続!すっかり体操ニッポンの「顔」となっています。

これ以上も以下もない、今考えられる最強のチームで臨みます。
ライバル国も一目置くメンバーでしょうね。頼もしい限りです。

只、世界選は秋以降に開催されるので代表が決まった後、夏のインカレや全日本シニアで
直前の調整ができたのですが、今回は種目別決勝のあとは試合は無く、強化合宿を経て
五輪開幕直後の午前中から始まる予選にぶっつけ本番です…そこがちょっと心配かな。

他の競技は、例えば女子バレーはWGPで世界各国を転戦していますし、競泳も海外の
大会でレースに出場しながらの調整。陸上は来週までの記録会で参加標準を突破すれば
代表に追加招集されるなど、本番さながらの試合が組まれているんですけどね…。

とにかく怪我に気を付けて、あまり気負うことなく、自然体で本番を迎えて欲しいです。

で、ちょっと気が早い話ですが^^
種目別の時にチラッと耳にした、五輪が終わった後の凱旋演技会!

いくつかの場所がピックアップされているようで、そのひとつが静岡で開催されるようです。
寿思監督のお膝元ですしね~アテネ後の草薙以来かな?詳しい場所は今、ここでは
ハッキリ伝えられないのですが、五輪後の余韻・・・しばらく楽しめそうです。