Fairy Tail

10 にまつわる日。。。


先週、PCを立ち上げた直後に用事が入り、そのままほったらかしに
電源を入れたままにしていて、気が付くとナゼか?更新中…の画面が。

OSが「Windows 10」とやらに、いつの間にか変わってしまいました。
何で?どうして?
時々出てくる更新を促す窓は、うっとうしいので消しまくっていたのに。

まあ、変わってしまったものは仕方ない。

あちこちクリックして使い勝手を確かめるも、なんだかめんどくさくなって
2、3日そのまま立ち上げもせず、忙しい毎日を送っていました。

いままで直に入れていたブログ管理画面がログアウトになってて、一瞬
パスワードを忘れて慌てました(超大汗

なんか色々、もう一度入りなおさなければならないサイト多々有り。

自分しか使ってないPCなので、IDやパスワードはそのまま記憶させていて
でも、それって危険なんですよね。。。めんどくさくても、その都度ログインする
クセをつけた方がいいのかもしれない。

了解もなしにグレードアップされたのは、いささか心外です~。
何かね、許可するボタンでもうっかりクリックしたのかもしれないけど。
10 になればウィルス等にも犯されることなく、快適なPCライフが
送れるのかな?

そんなこんなで、またぼちぼち更新していきます。
種目別選手権まであと10日ですね。今日は「10」の日か?!

OQTは男子が土曜日から始まりますね。女子とはまた違う、スピード感に
溢れるバレーを楽しんで行きましょう。ラリーもけっこう続きますよ。
殺人サーブ、速くて見えないスパイク、ボールをコートに落とさない粘りも
堪能してください。女子に続け!

いろいろと。


N杯をもう少し振り返る前に、気になることいろいろ。

既にとっくに終わっている黒鷲旗@バレーボール

東レはベスト4で終了しました。ジェイテクトに1-3で敗戦。2015-16シーズン終了~。
全日本召集でトミーや星野くんがいないオフェンスは限界があったのでしょうか?
もうひとり、米山くんも選ばれていますね。アロ戦士、日の丸ユニで存在感を見せつけて。

今季は天皇杯もリーグ戦も黒鷲も、あとちょっとのところでファイナリストになれず。
まだまだ発展途上のチームです。来季への収穫はいっぱいあったと思いたい。

そしてOQTは女子から始まっていますね。今日はタイ相手に大逆転勝ち!
最後まで、何が起こるか?わからないドラマがそこにありました。
全ての競技に、アスリートに伝えたいですね。「絶対に、最後まで諦めない!」

6月に入ると陸上の日本選手権が開催されます。リオ代表決定大会。
短距離は山縣選手や飯塚選手が調子を上げてきたので、江里口選手も頑張ってほしい。
もちろん高瀬選手も!

長距離陣営は派遣標準を突破しているメンバーを中心に。そういえば関カレもありますね。
五輪の花、陸上競技にも注目です。

プロ野球は混セに対して少しゲーム差が広がりはじめたパ・リーグ。
ロッテは何とかソフバンに食らい付いています。どうかこれ以上、離されませんように。
もうすぐ始まる交流戦がクセ者ですね。ここで足踏みしないよう、取り残されないように。

体操

種目別大会のブラジル国際に選手が派遣されます。またこんな中途半端な時期にナゼ?
国内最終選考会まで2週間なのに・・・。
地球の裏側まで行って帰ってくるだけで消耗しそうですね。どうぞ怪我なくベストを尽くして。

そして6月の種目別決勝のチケットも発売されました。

今年の決勝は女子を先にやって男子は後からなんですね。全部終わるのは5時を過ぎそうなので
またまた遠方から来ているファンは帰宅が遅くなりそう。すぐに代表発表があるのかな?
待たされるようだとソワソワしそうですね。

2016NHK杯 AAありきのスペシャリスト


大型連休も終わり、曜日の感覚もやっと元通りに戻りました。

N杯は祝日の5日、木曜日。なんとなく、いつもの日曜決勝のイメージが強かったり
お相撲の初日と被った事もあったり、毎年お馴染みだったので色々とマヒしてましたね^^;

お客さん、年々増えているように思います。女子決勝はそれ程でもなかったけれど
男子決勝の日は上の3階席までほぼ満席。代表メンバー&候補選手が決まる6月の
種目別選手権も満員御礼が出そうですね。さすが4年に一度の五輪選考会です。

ポディウムが組まれたフロアは両端にアップゾーンが設けられ、中央にギュッと圧縮された
器具配置。天井カメラが東京世界選の時みたいにワイヤーで吊られた移動するヤツだったので
フロア内、死角になるようなスパースはほぼなし!すっきりと見易い会場でした。
どこかの局のクレーンカメラはご遠慮願いたいところです。

試合前の印象として。

ユニ姿でポディウムに立った航平くんの佇まいが、もうホント後光が差しているようで
それぞれの筋肉が絞られ、鍛え抜かれ、理想の極限のような体型に目を見張りました。

ここに至るまでの鍛錬&反復練習の繰り返し…無駄なエネルギーは一切使わない
己を知り尽くした身体にコントロールされているんだろうなぁ~と見惚れてしまう。
ただ、普通に歩いていただけなんですけどね。演技をしていなくても美しい

総得点93.350も納得です。姿勢欠点として引く要素が何もない。静止時間とか着地の
止めとか車輪やサークルの角度とか、ほんの微々たる減点のみだったと思います。
相変わらず地上に舞い戻ってくれない、異次元な空間を彷徨う世界王者。
今現在の最高な状態をそのまま!リオへ持ち込む事ができますように。

熾烈な2位3位争いに隠れていましたが、4位神本選手もノーミス演技で食らいつく。
2位とは0.700差。得意種目の吊平以外に鉄棒の精度も上げてきて団体メンバー入りに
夢をつなぐ複数種目で高得点!全日の結果から更に大きく前進していると思います。
去年から大過失を殆どやらなくなった印象&安定感が倍増しています。

5位健三選手。初の1組ローテはいつもに比べると余計な力が入ってしまったようです。
Liveカメラが常に張り付いていて、1組の控え椅子周辺は独特な雰囲気なんでしょうね。
大崩れは滅多になかった床で着地姿勢が前屈みに。あん馬で落下、鉄棒ももうひとつ。

N杯のみの得点順位は87.700で、それでも10番目。オールラウンダーとしての存在感はキープ!
跳馬の着ピタには大きな感嘆のどよめきがありました。E9.550は久々に見る高スコア。
種目別選手権では得意種目に絞っての挑戦になると思われます。
団体金獲得になくてはならない重要な役割りを担って、選考会最終章へ。

なんか、このまま上位5名が代表でもイケそうな気がしますね。あん馬は耐えて吊り輪は
15点前後で、残り4種目を15点半ば~16点近くをGetして貯金を蓄えながら逃げ切る!
うまくいけばの話しですが…

割って入るとすれば6位の選手(鞍跳平)と7位の山室選手(吊跳平)まででしょうか?
貢献度というものがどの大会の得点なのか?平均なのか?最高得点なのか?
ちょっとよくわからないので、もしかしたら最後にどんでん返しがあるかもしれない。

可能性がある限り、最後まで諦めずに納得のいく演技を目指して皆さん、ガンバです。



2016NHK杯 2人目の代表選手決定! ※追記しました


代々木N杯、選手及び関係者&ファンの皆さま、お疲れさまでした。
N杯優勝は内村航平選手!8連覇達成、おめでとうございます^^
2位以下を全く寄せ付けない、影さえ踏ませない完璧な演技、素晴らしかったです。

そして航平くんに続く個人総合2位に入った加藤凌平選手が五輪代表に決定!

追い込まれた鉄棒には心から感動しました。絶体絶命&自身MAXな結果が求められる
シチュエーションで文句を言わせない堂々とした演技!!改めて無類の勝負強さに感服です。
2度目の五輪となる代表入り、おめでとうございます。


   DSCF3002 (1024x689)

   DSCF3001 (1024x1021)


web記事もたくさん上がっていますが、静岡新聞の本日夕刊より。
朝刊はお休みだったんですね。
今夜、遅い時間になりますが追記します。

ここから追記

夕べは来客があってPCの前に座れず・・・。
大会直後は多くの方々の訪問があり、少しでも早く感想をアップしようと気にかけていますが
なかなか思うように時間が取れず、すみません。

「いつも読んでいますよ^^」 「楽しみにしています」
会場でお会いする度に励ましの言葉もいただき、恐縮するばかりです。ありがとうございます!

今年のNHK杯は、航平くんを除いた個人総合最上位の選手が五輪代表に決まる大会。

全日本の予選~決勝。そしてこのN杯と高難度で攻めて尚且、ミスが一番少なかった選手が
凌平くんです。追い詰められてもペースを乱さず、五輪の舞台を見据えて挑む意識の高さ。
跳馬のロペスも怪我をしたトラウマがあったかもしれないのに果敢に挑戦。
守りに入らず攻めの姿勢を最後まで貫いて、強靭なメンタルは航平くんにも負けないレベル。

抜群の安定感とミスを最小限に抑えることができる修正能力は他選手を凌駕していました。
水鳥監督の信頼も厚く、期待の大きさが伺えますね。きっとやってくれると信じてます^^

佑典くん。ミスなく6種目揃えてハイレベルな戦いを演出してくれました。0.1点の差は・・・

鉄棒の車輪が「失敗したくない」気持ちが前面に出てしまい、伸びやかさに欠けた部分かな。
関係者の方のお話からは厳しい了見も訊かれましたが御本人は内心、悔しさはあっても
意外と結果に納得&サバサバしていたように見えました。

試合直後、労いの声掛けに笑顔で応えてくれて安心しました。6月の種目別ではきっときっと!
有無を言わせない内容で「貢献度」に必要な選手としてアピールしてくれると思います。
あともうひと踏ん張り、ガンバです^^

2016全日本個人総合 種目別トライアル


ああ、もうすぐN杯ですね。

ぼんやりしている間にバレーの黒鷲は始まっているし、陸上のGPシリーズもスタート。
プロ野球の結果にも毎日一喜一憂。そうそう、日ハムの大谷投手!やっと勝ちましたね^^
開幕から気の毒な内容が続いていたので…気になってました。

でも勝った相手が我が愛するロッテで・・・って言うか、今季既に3度目の対戦ってどうよ???
ロッテファンからすれば「ソフバン戦に投げなよ~」と、文句のひとつも出てくるところ。
まあ、今日は仕方ない。次はキッチリお返ししましょうという事で。

全日本のつづき。

2日目に行われた種目別トライアル。全国大会レベルで14点以上を獲得。または1種審判
2名による推薦。。。

そんなにハードルは高くないようですね。本当に全国各地、色々な所属先からの参加が
ありました。隠れていた逸材、未完の大器、実績あるベテランなどなど。それぞれの種目で
光る演技がたくさんあったと同時に、高難度に挑戦して自爆・・・のパターンもいくつか。

そんな中で存在感たっぷりに実力を発揮していたのは徳洲会の佐藤 巧選手ですね。
床吊跳で上位通過。跳馬は高さも距離も文句なしのロペス。全ての出場選手の中でトップ!
3種目のスペシャリストは年々進化を続けています。

ゆかでは仙台大の五島選手が注目される中で切れ味鋭いひねりを連発!合計何回ひねった?
あん馬で市船の鈴木茂人選手が長い手足を活かしたダイナミックな旋回で予選通過。

吊り輪は駒澤大の近藤選手!大声援に後押しされてきっちりまとめる。駒大は他でも多くの
選手がエントリーしていて、皆さん本当に楽しそうに演技していました。自分の順位を掲示板で
確認して、名前を見つけるだけで嬉しそうに仲間と談笑。

なかなか、代々木の舞台で演技できる機会は少ないので、緊張感と達成感を味わって次への
モチベーションにつなげて行くといった、種目別トライアルという舞台は今シーズンの目標を
定めてくれる貴重な大会なのではないでしょうか。

跳馬は日体大の1年生、井上選手は去年の前半はドリッグスだったのに既に高精度のロペスを。
伸び盛り、進化中ですね。もう半分いけそうな雰囲気でした。筑波の小森選手はドリッグス…だと
思ったけど15点に乗せる大跳躍!新1年生二人が上位に割って入っています。

平行棒は個人総合に出た選手のレベルが高くてトライアル組には厳しい結果となりました。
ホント日本の選手は平行棒、皆さん得意ですよね。苦手としている選手ってあまりいない。

慶應大の田中選手。高校生の頃から観てきたけど今、何年生になるんだろ?インハイや
国体などではいつも目立っていた彼。インカレも2部で個人上位につけていましたよね。
14.850で予選通過。層の厚いAAメンバーに挑戦です。

鉄棒は得意とする選手が順当に上位に割って入ってきました^^筑波の宮地選手。
手放しワザ連発の前半はいつも会場から感嘆の声が上がります。でも彼が個人総合に
出られなかったのがとても残念。インカレ団体で失速してしまったのと推薦枠に入る為の
部内選考会で失敗でもあったのか?得意種目で目一杯、頑張って欲しいです。

ベテラン桑原選手も予選通過・・・彼、確か熊本出身でしたよね。ご実家は大丈夫でしょうか。
早稲田の浅野選手、鹿屋体大の金田選手、どちらも味のある演技を見せてくれました。
車輪からこう、自信に満ち溢れている演技って観ていて本当に気持ちいいですね。

リザルトをザッと見渡して思いついたことだけ箇条書き。
全ての代表メンバーが決定するのは6月、種目別選手権終了後です。

試合直後、すぐに決めることができるのかな?選考方法がイマイチ明確じゃないので何とも…
コンピューターが弾き出した結果が全てなのか?それによる話し合いが持たれるのか?
航平くんの意見も入れてもらえれば皆が納得いくのではないのかなと思いますよね。

まずは彼に続く代表メンバーが1名決まるNHK杯、代々木で5日の14時からです。