Fairy Tail

2015 大晦日


2015年も後1時間とちょっと。
今、月並みですがNHKの紅白見ながらBlogっています。
聴いたことのある曲が流れるとホッとします^^;

ここまで印象に残ったのは・・・

藤さんの「曼珠沙華」
わわっ、モモエちゃんの曲だわっ!と、ドキドキ^^

ああ、でも確かあの頃まだ20歳そこそこの彼女が圧倒的存在感で歌いこなしていたのに
いやはや足元にも及ばない脱力感で。。。
ですが、後の世に残してもらいたい曲がこうして歌い継がれている事を嬉しく思います。

白組はジャニーズと演歌と、いまいちよくわかんないグループ。
紅組はAKBとディーヴァと・・・そう!椎名林檎の世界は独創的で、もう一度観たい舞台でした。

テツコさんの司会はちょっとアレかも。。。喋ると場内の空気が一瞬変わるね^^;
ん~、千本桜に歌詞があったのね。あの機械的なキーボードのイメージが強いからか。

レベッカ!NOKKOちゃんの声はそのまま。懐かしい…。


それはそうと!

今年も一年、色々とお世話になりました。
相も変わらずマイペース更新な当ブログにご訪問、ありがとうございました。

来年はいよいよリオ五輪です。年明けからきっと、続々と五輪代表選手&チームが
決まってくると思います。今の願いは男子全日本バレーボールチームの出場権獲得!
5月に開催されるOQTに注目してくださいね。

体操競技に陸上に、他にも色々と気になるスポーツを追っかけていきます。
2016年の五輪Yearを皆で楽しく盛り上がっていきたいと思います。

まず元旦はNY駅伝、そして2~3日は箱根を満喫しましょう^^
良いお年をお迎えくださいね。来る年もよろしくお願い致します。

東レ★準決で散る・・・


遅くなってしまいました。。。天皇杯の結果を。
事実上の決勝戦?!に臨む。

   DSCF2948 (1024x222)

リーグで連勝を続けていた相手に唯一の土を付けたことで、期待も高まりましたが…。

土曜日の準決勝。

   DSCF2947 (1024x475)

合成の助っ人、イゴールの前に手足をもぎとられてしまったのか?ポジショニングのミスで
相手に得点を献上するシーンもあったようです。スパイクもすごいけど、あのサーブは脅威!
サービスエース、取られまくりですね。。。

梅野~黒木のホットラインも今回は巧く機能しなかったのか?合成の緻密なチームプレーの
前に、後出に回ってしまったようです。

それでも観戦した方から「悲観的になることはない、次への希望が見える試合でした」
との感想を頂きました。年明けのリーグ再開に向けてシフトチェンジ!
負けた原因を分析して次の戦いに備えて欲しいですね。
応援に行かれたファンの皆さま、お疲れさまでした。


フィギュアの全日本も終わって、いよいよお正月のNYと箱根駅伝モードへ突入!
29日はエントリー発表がありますね。ドキドキがしばらく続きます。お天気、どうかな?
年末の慌しさ、心地よい忙しさを凌いで、ゆったりした新年を迎えたいなと思います。




May your Christmas be Merry and Happy ♪‏


2015年クリスマス、皆さま^^いかがお過ごしですか?
月並みな言葉が毎年出てきますね~「今年もあっという間だった!」

大切に過ごして行きたい一日一日が、慌ただしくちぎって捨て去るように忘却の彼方へ。
来年に向けて再び反省。。。でも、継続していることは少なからずKeepできています。

このBlog、以前と比べて観戦レポを書いたりメディアのお知らせをアップする頻度が
減ってしまいました。情報に己がついていけないジレンマもありますが…。
On Timeで逐一拡散されるSNSには敵いません。
でも、スローライフな部分は大事に、自分なりに表現できればいいなと思っています。

今日からフィギュアの全日本が始まりますね。毎年クリスマスの時期と重なって
華やかな舞台となるリンクとキスクラ。筋書きがあるようで?ないドラマを楽しみましょ。

来年の五輪yearに向けて続々と、出場権獲得のスポーツがNewsになっています。
個人はモチロン、やはり団体競技がひとつでも多く出場してくれると盛り上がりますね。

バレーのOQTは来年5月半ばから6月まで東体で。火の鳥ニッポンは大丈夫ですが
龍神ニッポン!!!ガンバです。その前に明日からの天皇杯再開、アロFight!

年明けは恒例の箱根駅伝!今年もブルー系ユニのチームを全力応援です。
東洋、東海、順天堂、神奈川ガンバレ!

体操の全日団体のレポもボチボチとアップして行きます。
五輪翌年のルール改正、アウトラインが発表されましたが床跳得意な選手には
ちょっと厳しいお達し…のようです。ポピュラーなワザの難度が下がる鉄棒など、色々と
試行錯誤を繰り返しながら構成を練り上げていく努力と鍛錬お疲れさまです。


あと半日、今年も素敵なクリスマスになりますように。

     49254986_477x636.jpg

東レ☆☆天皇杯は順当勝ちでベスト4へ


バレーボール@天皇杯!

今年から2週に渡って開催されるスケジュールに変更されました。
インターバルが開くことで準決、決勝はどういう流れになるのか?
大学勢が2チーム!プレミアを破りベスト8まで勝ち進みました。
なんとなんと、東体が超満員!!!去年までなら信じられない^^;人気っぷりです。

NEXT4。
とりわけ中大の石川選手とサントリーの柳田選手への歓声は凄まじいですね
男バレ人気、このまま継続しつつ来年のOQTで五輪出場を叶えて欲しいです!

まずは東レ^^天皇杯直前記事から。

   DSCF2942 (1280x1176)

あの不祥事・・・天皇杯辞退から1年。。。先シーズンはまさかの入替戦まで経験したアロ。
一回りも二回りも大きくなって戻ってきたと思います。キャプテン俊介の存在感!

変わったぞ、という姿を見せたい

コートの一番後ろから仲間を鼓舞し、ひたすらにボールを追い、健気に踏ん張る姿が頼もしい。
王座奪回まであと2試合!強敵との連戦になりますが心をひとつに、頑張って欲しいです。

初戦は高校生チーム、東福岡との戦い。

   DSCF2944 (1024x576)

1セット取られたのはいただけませんが、キッチリ勝って翌日に。黒木くん、乗ってますね^^


サントを破って勝ちあがってきた注目の中央大学との試合。

   DSCF2943 (1024x518)

   DSCF2945 (651x1024)

中央・石川選手への黄色い悲鳴が炸裂する会場内は先週の、このはなアリーナと同じような
アウェーな雰囲気で始まったと思われます。
いや~~、スマホに一眼レフに望遠に・・・カメラ女子の数がスゴイ!

ユージと星野のアウトサイドが安定し、軌道に乗り始めてきたように思います。
プレミアとしての意地!全日本のプリンスを容赦なく叩きのめしてベスト4に進出!

石川くん…インカレから中2週で連戦の疲れか、本調子ではなかったようです。
それでもエースはコートの中で戦い続けなければなりません。
前日にサントを破った時点でチームも精いっぱいだったかもしれませんね

アロは辞退に追い込まれた去年の分まで、あとは必死にボールに食らいつくのみです!
26日(土)の準決は先日にリーグで連勝をストップさせた豊田合成と。
たぶんお互い探り合いから始まるであろう、熱い戦いを期待しています。

そうそう、デキが東体に来ていたそうですね~。戦友アロメンとの数か月ぶりの再会^^
流ちょうな日本語で話も弾んだことでしょう。嬉しいお土産、持たせてあげたいですね。

頂点目指して!ガンバです


悲喜こもごも


先週末はお祭り騒ぎのフィギュアGPファイナル、豊田国際ではまたもや新ワザお披露目!
年末のスポーツ大賞表彰式にはラグビー日本代表チーム大忙し…などなど、
2015年も大詰めとなる昨今、華やかな話題で彩られていました。

そんななか、女子サッカーのレジェンド!澤 穂希選手が引退を発表

    「心と体を一致させて、トップレベルで戦うのは難しいと感じた
    衰えた体を、奮い立たせるだけの目標を見つけることも難しくなっていた

胸に詰まされる言葉ですご贔屓アスリートにもいつの日か必ず訪れる、その時。
モチベーションを維持しながらの身心の鍛錬を満足な状態で過ごせない日々・・・
引き際を決める時期も、トップに登りつめた選手ほど難しいものがあるのでしょうね。

現役を退くことが怖い…といった言葉も、どなたかから聞いたこと、あります。
アスリートとして人生の大半を過ごした生活リズムを180度、変えていかなければならない。

一歩を踏み出す勇気も必要かもしれません。年齢を積み重ねて、経験を積んで強くなっていく
スポーツもあるけれど、体力&気力の衰えは隠せないといったツライ部分が大半かも。。。
己と向き合って出した決断!お疲れさまでした。


先週末は伸び盛りの若手アスリートが脅威のパフォーマンスを繰り広げていました。

フィギュアでは羽生結弦選手が世界最高得点更新!いや~、素晴らしかったですね。
まさしく「神」が降りてきたような演技でした。劇画の世界でも、ここまで完璧に表現できない
現実がそこにありました。まだまだ向上心旺盛な彼のこと^^この結果に満足せず、更に
高難度なプログラムに挑戦するなど、ファンを魅了し続けてくれるでしょうね。

体操・豊田国際では白井健三選手が、先日もここのエントリーで取り上げた新ワザ!
伸身リ・ジョンソン(後方伸身2回宙返り3回ひねり)を成功させました。

何がすごいって彼の床は、器具のメーカーに左右されることなく常に同等のハイクォリティで
演技をまとめることができる安定感!ここ数年、ラインオーバー以外のミスを見たことがない!
反復練習に裏付けられた自信に加えて、満ち溢れるているメンタルの強さに感服です。

来年早々にも新ワザ認定されればシライ3の名前が付く予定だそうです。どこまで行くのか!?
羽生選手共々、健三くんに期待される右肩上がりの成長曲線!まだまだ伸びそうです(^^)

東レ☆☆今年最後のHGを連勝!3位に浮上、勝ち星先行!


「整ってまいりました」  by 小林監督

アロが今季初のストレート勝ちを2つ続けて3連勝でリーグ前半戦を一旦終了。
今週から天皇杯モードにチェンジ!チームのムードも尻上がりにイイ感じに仕上がってきました^^
やっと、やっとですね。

    DSCF2938 (1280x1086)

このはなアリーナ!

新しい体育館は無駄な装飾がないシンプルな空間、電光掲示板も場内スクリーンもない。
得点版は手でめくるアナログ、場内マイクはお風呂の中で喋っているようでイマイチ聴き難い。

それにしても沢山お客さんが入ってくれました。柳田選手さまさまです。エンドのスタンド席には
県内の中高生男女バレー部員が招待?されたのか、大勢観に来ていて、そこから歓声や悲鳴が
柳田くんの一挙手一投足に響き渡る。もちろんアリーナ席に陣取る柳田ファンからも^^

東レのHGなのにアウェー感満載な2日間でした。バレーの試合を、こんなに華やかな雰囲気で
観戦できたのって久しぶりかもしれない。最初の取っ掛かりはミーハー気分でも何でもいいので
観戦していくうちにバレーボールの楽しさ、男子プレーの迫力の凄さを堪能、ご贔屓チームや
選手をたくさん見つけて、Vプレミアのファンになって行ってもらいたいな~と思いました。

東レvsFC東京。
状態が昇り調子と、停滞から抜けきれずにいるチーム力の差が出てしまいました。
1試合目の合成vsサントも同じく。。。それにしても開幕前は優勝候補だったサントリーの
撃沈っぷりはファンでなくても心配してしまう内容。先シーズンは準優勝、黒鷲は優勝した
チームがメンバーは殆ど変わっていないのに何故こんな有りサマに???

結局この2日間、4試合ともストレートで終了。合成と東レ、サントとFCの今現在の状況が
顕著に試合展開&結果に表れてしまったように思いました。

   DSCF2940 (1024x756)   

   DSCF2939 (785x1024)

東レvsサントリー
先週、合成にフル勝ちした試合の途中から起用された梅野&黒木コンビがHGでも活躍!
安定したホットラインに助っ人ニコの強打。星野やユージも持ち味を出していました。
3セット目は中盤に追いつくも再び2点差で離されて終盤へ。梅野くんのサーブでブレイク!
再度逆転されるも粘って拾って追いついて突き放す!ストレート勝ちおめでとう。気分サイコー!

全体的にサーブの効果が要所で効いていたのと、つまんないミスが極力減っていた印象。

相手のウィークポイント、サーブで狙ってブロックでし止め徹底的に潰す!
各セット、守備固めに入った選手がキッチリ仕事を全う。選手交代も機を得ていたと。
チーム全員が意図を持った戦術でクレバーな試合を2日間、見せてくれたと思います。

それでもまだ助っ人ニコの打数が半端なく多い!!彼がパンクしたらどうするんだろ…。
とにかく今は持ち前の粘りと結束の強さでひとつひとつ、目の前の試合に集中!ですね。

週末からステージが天皇杯に。頂点目指して貪欲に戦い抜いて行って欲しいです。
頑張れアローズ!
控えオポの佐野選手が負傷しているので、そこだけが不安です。

東レ★☆このはなアリーナ参上!


Vプレミア前半戦のメインイベント!アロが新設された草薙体育館@このはなアリーナで
12、13日と今シーズン2度目のHG2連戦を行います。

草薙を使うのはいつ以来か?想い出せないくらい前…だと思うのですが^^;
まだ越川がサントに居た頃まで遡るかな?とにかく超久しぶりの草薙HG!

旧・草薙体育館隣に新設された「このはなアリーナ」でvsFC東京、vsサントリーとの2連戦。

まだ樹木の香りが残っているかな^^屋内に居て森林浴&マイナスイオンを感じられる素敵な
空間です。お客さん、たくさん入ってくれるといいですね~盛り上がって行きましょう!

先週のスポニチ。富山大会前の記事です。有言実行!9連勝中の豊田合成に★を付けました。
アロが合成を止めたーっ!冨松ブロック8本決めた!まだまだ若手にポジションは譲らない!
アロ最年長コンビの一人が故障明けにも関わらず大活躍。対角の若手も日替わりヒーロー。


    DSCF2935 (1024x567)

    DSCF2937 (1024x398)

MB黒木といったらセッターは梅野!永年培ってきたコンビが息を吹き返したようです。
腐らず焦らず、与えられたチャンスを確実にモノにしてチームに貢献しています。

それにしても黒木世代で既に旧草薙体育館を知らないんですねぇ。あの極寒のくさなぎ・・・。
もう、あんな信じられない会場とはおさらばです!まだ壊されていないかな?更地にして
広場になるって訊いたけど。

チームも気持ちも新に、草薙HGの勝ちを積み重ねて行けますように。
頑張れアローズ!

2015 全日団体@日体大「向上心バトルの先に見えたもの」


今週末には豊田国際、フィギュアのGPファイナル、昨日は箱根駅伝エントリー16名決定
バレーボールはVプレミアの間をぬってに天皇杯などなど、年末から年始に向かって
ご贔屓スポーツも大詰め&メインイベントが目白押しです^^

全日団体で優勝した日体大関連のweb記事など

「正直、コナミと順大の争い」と内村は思い、「見返してやる」と白井は燃え
26歳と19歳の向上心バトルの行方は・・・      ザ・スタジアム~増島みどり~

   内村は会見の最後に「若手に刺激を受けるのは(日本体操の)全体の
   レベルアップにも本当に大きい。でも社会人としては‘(伸び過ぎは)止めてくれ’
   というのもあります」と笑い、後輩たちの勢い、そしてその「源」となった
   白井健三に最大限の敬意を表していた。


高得点だけじゃない 白井健三が日体大にもたらしたもの  The BORDERLESS~横田 泉~

   神本の活躍に加え、今回の日体大の演技で光ったのは、チーム全体の安定感だ。
   今回出場した6人の選手は、ほとんどの演技を大きなミスなくまとめた。これを白井は
   「日体大のチームとしての強さが出た」と振り返ったが、この強さを引き出したのは
   あるいは白井自身かもしれない。



1年生の健三選手に引っ張られてメンバーが奮起!スタート種目のあん馬をミスなくソツなく
続く吊り輪も高得点連発で、序盤の2種目を最高のカタチで凌いだことで良いリズムをGet!

その中でもインカレで活躍した佐藤 匠選手の演技がアクセントとして、吊り輪跳馬のスペシャリスト
として出場した鈴木康平選手はノーミスで。日体のトップ4を盛りたてる抜群の安定感!
佐藤選手はインカレで飛ばし過ぎて最後は自爆していた反省からか、今大会は落ち着いた内容^^

鉄棒では岡 準平選手が、バーに身体がぶつかり停滞。台上落下を取られるも根性で
演技を続ける姿!絶対に落ちるもんか!といった執念を見せたキャプテン!
最終種目のゆかでは直前に何事もなかったかのように、次々にタンブリングを決める岡くん・・・

この4年間、、、どちらかと言えば悔しい想いばかりが続いたキャプテンに対し、下級生達が
全力で応える心意気!日体大応援団もヒートアップ!ライバルチームがミスを重ねる傍らで、実質
大過失ひとつのみで繋いだ見事な18演技でした。オーラスの健三くんのゆか16.700の銀河点が
優勝に華を添えましたね。シーズン最後で笑顔満開の日体大の皆さま、おめでとうございます

   「率直にウレシイです!大学4年間の集大成で、ミスはあったんですけど、後輩と同期に
    助けられて、応援の声もしっかり聴こえて・・・本当に嬉しかったです!


優勝インタヴューで涙ぐむ岡くんに、もらい泣きしてしまったファンも多かったと思われます。

日の丸をつけて国際大会の団体メンバーに入ることはできなかったけれど、学生最後の大会で
大きな勲章を胸に、社会人選手として新たな環境で向かえる五輪year。安定感を身につけて
上位陣に食い込む活躍を期待しています(^^)全日本団体優勝、おめでとうございます。

リオの男子代表選考決定!


先日、全日団体終了直後の常務理事会で決定が下されたようです。

NHK杯最上位者、貢献度の高い3選手を選出 リオの男子代表選考決定

  代表5枠のうち、世界選手権個人総合6連覇の内村航平(コナミスポーツ)が
  すでに内定。次に5月のNHK杯で内村を除く最上位に入った者が決まる。

  残る3人は6月の全日本種目別選手権終了後、内村とNHK杯最上位者との
  組み合わせで最もチーム得点への貢献度が高くなる選手を選出する。
  そのうち1人はNHK杯5位以内、もう1人は同12位以内から選ぶ。

  また、代表5人が故障した場合などに備え「代表候補選手」も選出する。



NHK杯の最上位者が誰になるか次第で、残りの3選手の「貢献度」という種目が限定?
されていくようです。貢献度がどのように算出されるのか、現時点ではわかりかねます…。

5位以内はともかく4人目までは12位以内ということで、今年の8位以内から少し緩くなり
2016年度ナショナルメンバーに入ることも前提となります。

そして5人目は種目別選手権の結果等から選出され、N杯順位は関係ないのかな?

今年度の反省を踏まえてか、「代表候補選手」が何人になるのか?
補欠名目や順番などは付けず怪我等アクシデント発生に備えての「候補選手」ですね。

選出条件が拡くなった事で、多人数で競い合う代表合宿で各選手のモチベーションが
更にアップして相乗効果が生まれて行くといいですね。

コナミ新入団選手発表&世界選祝勝会


12月1日は大安吉日、「1」の付く縁起もあってプロ野球の新人選手発表記者会見と一緒に
体操競技も新入団発表Newsがありました。

   DSCF2933 (1024x396)

順大の加藤凌平選手と仙台大の古谷嘉彰選手がコナミ体操競技スポーツクラブに入社!
コナミHPにもお知らせ、来ていますね。別サイトにお写真、いっぱい置いてあります。

新聞記事の写真は監督とオリンピアンに挟まれてのお二人でした。会見にはメンバー全員が
揃っていたようです。部内競争がまた一段と白熱してくるでしょうね。頑張ってください!

迎え入れる選手がいれば、新たな道へ送り出す選手も・・・。

選手支える新しい道へ=2人の元日本代表が引退

   11月末に行われた体操の全日本団体選手権で、男子日本代表として活躍した2選手が
   現役生活にピリオドを打った。2008年北京五輪団体総合銀メダリストの沖口誠(30)と
   11年世界選手権に出場した植松鉱治(29)。ともにコナミスポーツで競技を続けてきたが
   来夏のリオデジャネイロ五輪を前に新しい道へ進むことを選んだ。


沖口選手と植松選手、現役生活にピリオドを
お二人とも全シニアでは6種目、うまくまとめてベテランらしい演技を見せてくれたのに。。。

沖口くん、足の手術を3回も受けていたのですね。大学2年の時だったか、ものすごい跳躍の
数々で頭角を現してきた頃を思い出します。当時は日本の弱点だった床跳、本当に頼もしい
存在でした。

植松くん、鉄棒のスペシャリストでもあり、平行棒や床、跳馬でも安定した得点を出していた
頃は6-3-3制の日本チームに、なくてはならない存在でした。今年の全シニ鉄棒、4連続の
手放しワザ成功は後々まで語り継がれることでしょうね。

長い間、お疲れさまでした。新しい環境となる第二の人生に幸、多かれ!と願っています。

3日は体操ニッポン選手団の祝勝会があったようです。Facebookには動画が来てます^^

クリックどぞ^^祝勝会の記事&全日団体の記事もあります。
体操競技News

ひとつだけ、デイリーの記事を抜粋。

   種目別ゆか運動で金メダルを獲得した白井健三(19)=日体大=は、12日に開幕する
   豊田国際体操(愛知県豊田市)で、16年リオデジャネイロ五輪に向け修得中の大技
   「伸身リ・ジョンソン」を実戦で初披露する可能性を示唆した。

   初の五輪の舞台を見据え、“ひねり王子”がさらなる進化を遂げる。
   現在、ゆかの演技に組み込んでいるG難度、リ・ジョンソン(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)
   伸身にした技を修得中。


   リオ五輪で決めれば、“シライ3”と認定される可能性がある超大技で 「まだ分からないけど、
   気持ちが乗ればやるかもしれません」と、豊田国際での初の実戦投入をにおわせた。

   同大会で決めても、新技には認定されないが、リオに向けてできるだけ早く実戦で試したい
   思いもある。演技の難易度を示すDスコアは7・6から7・7にアップ。
   「日本が僕に求める役割は分かっている。それを果たしたい」と白井。
   04年アテネ五輪以来の五輪団体金メダルへ、“最強の切り札”に仕上げてみせる。



健三くん!!!!伸身リ・ジョンソンって

抱え込みをあれだけ余裕で捌けているので、きっと単発での成功率は高いのでしょうね。
プログラムに組み入れて最後までミスがないよう安定感が増せば更に大きな武器に
いやもう来年春の選考会が始まる前から健三くん五輪メンバー内定ですね

とにかく大きな怪我だけには気を付けて、リオ五輪の切り札として!
航平選手と共に体操ニッポンを盛り上げて行ってくださいね。

2015 全日本団体選手権、お疲れさまでした。


代々木体育館で開催された、2日間に渡る今シーズン最後の公式戦。
選手及び関係者の皆さま&ファンの皆さま、試合&応援お疲れさまでした。

2015年度・男子団体順位は

優勝 日本体育大学
2位 順天堂大学
3位 徳洲会体操クラブ

4位 コナミスポーツクラブ体操競技部
5位 朝日生命
6位 早稲田大学
7位 鹿屋体育大学
8位 筑波大学

ジュニア選抜はオープン参加扱いでした。。。でもリザルトくらい載せてくれてもいいのに
協会HP、レポートは詳しくありますがジュニア結果スルーなpdfが納得いきませんっ!

そして、まさかのコナミが台落ち…

いつ以来か?と思って紐解いてみたら、2006年度秋の代々木団体戦以来の4位。

この頃の主力はコバ研くんや関口さん、馬場さん上田さんが新卒1~3年目ぐらいでして
各大学のエースは、どちらかと言えば徳洲会に入部していた時代ですね・・・。

ちなみに2006年度の団体順位は徳洲会日体大同点優勝、3位は順大でした。

寿思さん(徳洲会)と弟の一輝さん(当時の日体主将)二人で天皇杯を持ち上げてカメラに
向かって微笑む姿を鮮明に覚えています。水鳥ファミリー最盛期の年でしたね。

個人総合予選が団体戦と種目別予選を兼ねていて6-6-5制。最終日の種目別決勝も含めると
複数の選手が3日連続で演技していたという、今だったら考えられない日程!!!
次年度辺りから大会の形態が色々と改良されていきました。

そうそう、航平、山室、優佑、佑典くん達がまだ高校生で、代々木のフロアの片隅に皆で
集まって、先輩方が繰り広げる種目別決勝を憧れの眼差しで観ていた時代です。

今年、この舞台に参加できたジュニア・ナショナルメンバーのように。

彼らも一緒にJAPANジャージを着てフロア内を移動し、仲間に声援を送りながら
先輩選手らの演技を身近に感じた事で、大いに刺激を受けたでしょうね。
5年後の東京五輪代表選手が、今メンバーから出てくることを期待しています!

長くなりそうなので一旦アップ。少しずつ振り返ります。


東レ★HGで2Legスタート!


体操@全日団体は明日以降にアップしますね。

まずは29日、三島HGのvsジェイテクト!またもやフルまで競るも負けてしまいました。
勝点1が最後に泣くのか笑うのか・・・勝ちきれないもどかしさがつのります


   DSCF2931 (1024x599)


新助っ人ジョルジェフ(愛称ニコ)、アロのバレーに馴染もうと開幕からフル回転!
最後までもつのか?心配ですが、とにかく今はチームの連携やコミニュケーションに
自ら鼓舞し、前向きに取り組んでいる姿が伺えます。


   DSCF2932 (1024x376)


2-1とリードし、あと1つ取れば勝ち!な第4セット。僅差で競り負けて第5セットは大差で負け。
溜め息のさざ波が響き渡る三島体育館が目に浮かびます。。。
冨松くん負傷でベンチアウトだったそうですね。MBの控えはチャンスを掴んでアピールお願い!
伏見選手、試合を重ねるごとに成長を見せているようですが勝敗を左右する場面で痛恨のミス…
後々に引きずらないよう、切り替えてガンバです。

静岡新聞 web記事↓クリックでサイトに飛びます。

   IP151129TAN000027000.jpg

ニコ対策されて苦戦を強いられたというのに、こちらのカジースキー対策は???
追い付くのも、決めきれないのも現状の力」と小林監督。
粘りは確かに出てきているようですが、肝心なところでスルリと☆が逃げていく…。

2Legも黒星スタートとなってしまいました。巻き返し!期待しています。