Fairy Tail

銀河の果てまで!


種目別決勝の床と跳馬!

見応えたっぷり&世界トップレベルの跳躍の応酬、本当に素晴らしかったですね^^
いつの間にか、いやもうとっくですが^^;日本の床跳の選手層が強烈に厚くなってます。

健三選手はもちろん谷川選手、早坂選手が魅せたクォリティの高いプログラム!
そして跳馬では小倉選手と鈴田選手が魅せた今現在、世界最高難度と言われる跳躍!
お二人それぞれの大ワザ2本、着地までまとめる超絶ハイレベルな競い合いでした。


DSCF2878 (725x1024)  DSCF2879 (663x1024)

左は日経、右は静岡新聞。

跳馬の大ワザ(リ・セグァンとロペスハーフ)には触れていず、残念。
代表選考メインなので仕方ないにしても、世界選の金メダルも夢じゃない跳躍だったのに!
特に小倉選手は種目別跳馬は3連覇しているのになかなか報われず、気の毒です。
今季こそ、どこかのW杯種目別大会に派遣させてもらえるといいですね。

代表に入らなければ団体金は狙えない、欠かせられない存在の白井健三選手!周囲の
大きな期待に十二分に応えた、宇宙の遥か彼方まで行ってしまったような、今後もたぶん
誰も真似することさえ無理な、完璧な“ゆか”だったと思います。

4月の全日本を観た時、上半身の筋肉の付き具合が増したパワーに加えてロンダートの
スピードと目にも止まらぬ捻りの回転の速さに驚かされました。この種目別決勝は今までの
最高傑作な演技内容だったのではないでしょうか?着地もほんの少し足元を動かす程度。

今年から取り入れたリ・ジョンソンの高さ!
「男子の豪快さに欠ける」などといった意地悪な意見も木っ端微塵に吹っ飛びましたね^^
まだまだ他の種目も更に伸びていく雰囲気があります。まずは得意種目でもう一度、
世界の頂点に挑戦ですね。



グラスゴウ世界選手権、日本代表選手決定!


種目別選手権が終わり、2015年度の男女日本代表が決まりました。
男子は既に決定済みの航平佑典凌平選手に加えて新たに

白井健三選手(日体大)、萱 和磨選手(順天堂大)、長谷川智将選手(日体大)

数々のプレッシャーを乗り越えて掴んだ代表切符獲得!本当におめでとうございます^^

選考方法は詳しくわからないのですが、貢献ポイントというものがN杯と種目別決勝の
演技得点に発生。決定済3名がそれぞれの種目で出した最高得点にプログラミングされて
団体戦で一番高得点を出せるパターンを選出?スペシャリスト枠2名にマルチタレント1名。
マルチはN杯8位以内から…という注釈が付いていましたね。

全ての演技が終わってから10分もかからなかったか。健三くんの代表入りはほぼ
間違いないところで残りは2枠、たぶん萱くんがリードしていてもう1枠は果たして・・・
最後の1人が誰になるのかドキドキしながらも、スクリーンを見るよう場内DJに促され

発表になった瞬間!

・・・(え?吊り輪どーするの?)たぶん同じ事を思ったファンや関係者は多かったと。
何となく微妙な空気が流れました。が、ポジティヴに考えて床鞍でガツンとリードを奪って
吊り輪は耐えて食らいつき、後半の3種目できっちり得点を積み重ねればきっと大丈夫!

萱くん&長谷川くん、得意種目以外を任されてもOKなオールラウンダーなので突発的
アクシデントもバックアップが可能ですし、健三くんも加えて学生は伸びシロありますし
今後の合宿で更に1段階も2段階もレベルアップ!を期待したいと思います。


DSCF2877 (1024x655)


女子は最後の1枠にセインツ体操クラブの宮川紗江選手がダントツのポイント数で代表に。
床跳はそのまま!世界のトップで勝負できる内容だと思います。おめでとうございます。
日本女子のウィークポイントを克服してチームに弾みをつける役割、期待しています^^

明日もう一枚、新聞記事を貼ります。

2015東海高校総体&種目別予選の協会レポを読んで。


20日は代々木には行かず、草薙運動場に新しくできた体育館「このはなアリーナ」で開催された
東海高校総体を観戦に行ってきました。   東海総体男子結果←pdfが開きます。


   KIMG0041 (800x600)

   「このはな」は、富士山の御祭神「コノハナサクヤヒメ」から。そのイメージは、柔らかい
   曲線、古代的、木で包まれた温かさ、力強さを持つ体育館のイメージと重なります。
   また、「個の花」と読んで個人が咲き誇れる場所という意味も込められています。



HPより命名の由来を抜粋。ほんのりと樹木の香りが漂い、館内全体がマイナスイオンに包まれ
とても癒される空間でした。シンプルで美しい、無駄な装飾が全くない大変見易いフロアでした。
個が咲き誇れる場所・・・
素敵な響きですね(^^)個の集合体(チーム)も更に花開ける場所になりますように。

静岡、愛知、三重、岐阜から7チーム+個人2組。Ⅱ班に分かれての団体&個人戦。

実力通り、名城大付属高校がダントツの出来栄えで優勝去年のメンバーが一人、前日練習で
負傷してしまうも補欠で替わって入った広川選手が補って余りある活躍!層の厚さを見せました。
おめでとうございます!本戦では万全なコンディションで過去最高順位を狙ってください^^

エースの横井選手、少し難度を落としていた種目もありましたが別格&安定の演技。
メンバー全員が爪先まで神経の行き届いた、メリハリ&体線の美しさを前面に押し出す!
ジュニアナショナルのキャプテンの背中を追いかけて、皆で強くなっている雰囲気がありました。

中京の小森選手、名経大市邨の川村選手、暁の首藤選手。それぞれのチームのエースもまた
キラキラと光る演技を見せてくれました。川村選手の吊り輪はD-6.4でシニアレベルの内容!
小森選手の高さのあるドリッグス、首藤選手の鉄棒はコーチの斉藤さん譲りでとてもダイナミック!

三重の暁高校、皆さん難度こそ低いのですが美しさを意識した演技でとても良かったと思います。
相好体操クラブでのレベルの高い指導が伺えました。今年のインハイは団体出場!本戦、期待
しています、頑張ってください。


さてさて。
代々木で行われた種目別予選、協会ブログのレポとリザルトを眺めながらボソボソと。


2015NHK杯を振り返って。 ※追記しました


あと3週間ある~♪とサボっているうちに!あと3日後となってしまいました。
全日本種目別選手権&グラスゴウ世界選日本代表、最終決定大会。

今日のWeb記事に航平くん種目別欠場のお知らせがアップされました。
予想されていたこととはいえ残念です…。8月頭のアジア選手権、9月中旬の全シニアで
調整を兼ねながら、10月の本選は万全な状態で臨んでください

アジア選手権の詳細も発表になっていますね。初日の女子団体の後に男子が1班組まれて
いますがホスト国の日本は2日目(指定席有り)に出場だと思います。
指定席は選べればいいけど5000円も出すのなら自由席(2000円)でも充分OKだと。

グリアリはポディウム組まれるのかな?スカイホール豊田とだいたい同じくらいの大きさで
客席スタンドは豊田より低めなのでけっこう見易いと思います。ポディウム組んでもらえば
更に近いかも。

種目別の代々木も指定席が更に増えてますね。北側の指定席のすぐ上(5列目から自由席)が
狙いどころかもしれません。メディア席の向かい側ブロックも見易い。代々木は前方列よりも
5~6列目以降の方が全体を見渡すことができますね。

代々木で思い出したけど、ここ最近の原宿駅!特に日曜日の混み具合は尋常じゃありませんね。
改札口に辿りつくまで数分かかることがザラ。お昼時までは電車降りてホームから駅を抜けるのも
ノロノロと人の渋滞が続きます。事故が起きないかとヒヤヒヤものです
公園でイベントがある日だったりお天気が良い日はホントたまりませんね。

NHK杯の感想になってしまいます。詳しいレポは協会Blogで事細かに書かれていまして
見逃した選手の演技内容など、とてもありがたいですね。

3年連続最優秀選手賞!


   「まだまだ自分の記録には満足できない
   「体操は答えが出ないからおもしろく、それを突き詰めていくのが魅力だと思う

内村航平選手が日本オリンピック委員会(JOC)の2014年度JOCスポーツ
最優秀賞を受賞しました。おめでとうございます^^

   「とてつもない記録を持つ選手がいるので、5連覇はしょぼいのかなと思ってしまう。」
   世界大会12連覇中のレスリング女子58キロ級で特別栄誉賞を受賞した伊調馨への
   気遣いを見せるとともに記録更新へ意欲を見せた。
   20日からの全日本種目別選手権(東京・国立代々木競技場)については疲労もあり
   「出るかは未定」とした。


いや~競技内容が違うし比べようがありません・・・が、上には上がいるんですよね。
2位、3位のメンツは毎年変わっているのに常にトップに居続け、他を寄せ付けない
圧倒的な強さ、留まるところを知らない進化!しょぼいなんてとんでもないです~(^^;

悲願の団体金メダル獲得へ!貪欲に立ち向かっていく世界王者です。
この記事を読む前に昨日、NHKのNewsを見た時にちょっと表情がキツそうだな。。。と
感じたのですが、疲労が抜けきれずに来週末の種目別は出場未定だそうです。

   JOCスポーツ賞 最優秀は体操の内村←動画が見られます。

日々の練習の疲労蓄積で良いパフォーマンスができないと判断されたら、残念ながら
出場を見合わせるかもしれません。アジア選手権も組まれていますし無理は禁物ですね。
2種類の跳躍、観たかったですね…。何年か前の団体&種目別@山口が懐かしい。

日本代表残り3名決定で「よし、行くぞ!」という決意が新たに盛り上がりそうですね。

梅雨入りしました。


またまた!ぼんやりしているうちに6月も第2週目に突入。
通勤途中の沿道に群生している紫陽花の色合いが華やかになってきました。

陽射しが強い日が数日ありましたが比較的過ごしやすい日々が続いています。
今日、東海地方は梅雨に入りましたね。湿気もすくなく涼しかった月曜日。

陸上のアジア選手権が中国で開催されていました。金メダルは4個。ちょっと寂しかったかな…。
そういえば桐生選手、故障で月末の日本選手権を回避するとなると北京世選に出場できないっ!
彼は去年のアジア大会前もパンクしてたし「今年こそ」の想いで良いスタートを切った矢先なのに。

まだ若く、これからの選手なので、無理せずにじっくりと養生して次に備えて欲しいです。

アジア選手権・・・各競技、今年に入ってから秘かに開催されていたんですね。
バドミントンや柔道、自転車、女子ハンドボールなど。不定期な大会なのでそれぞれ位置付けが
イマイチよくわからないけれど、体操競技は国内開催ということでフル代表が出場します。

インターハイの県予選がほぼ終わり、地区大会から8月の本戦に向けてあと1ヶ月半。
学生アスリートの皆さま、怪我なく万全に整えていけますように。

女子サッカーのW杯が開幕しましたね^^
またちょっとの間、4年に一度のニワカサッカーファンになりそうな

ユニバが開催される韓国。今現在、得体の知れない感染症が不気味ですが7月には収まって
いてほしいと願うのみです。船の事故やら地震やら噴火やら、自然災害から人災、伝染病etc・・・
優雅でリッチなイメージの海外旅行、ちょっと怖くてなんとなく躊躇しちゃいますね。

雨の音色をBGMに、サボリ気味のブログを続けていきます。
先週、金曜日の富士山

   KIMG0040 (800x600)

陽の当たり難い渓谷には、まだ根雪がチラホラと見えます。
この時期、これ程残っているのは珍しいかも。久々に晴れた、お昼時の空でした。



WebNewsいろいろ


   体操日本チームがまた中国選手権を視察

福建省福州で開幕した全国体操選手権を日本スタッフが視察したと報道あり。
今年の中国団体メンバー、気になるところです。

   日本の内村との個人総合王争いは「まだかなわない」―中国メディア

鄧 書弟がAA予選1位で決勝へ。やはり彼を中心に今年も強力メンバーが揃いそう。
特にあん馬、吊り輪、跳馬で日本は引き離されないよう互角に渡り合いたいですね。
兎にも角にも自慢のスペシャリストが控えている得意種目でガツンと上回りたい!

vs中国といえば一昨日、陸上のダイヤモンドL・男子100Mで蘇 炳添選手が9秒99をマーク!

   韓国世論は複雑な心情! 中国と日本が「陸上男子100M」記録争い・・・

10秒0台で走る日本選手の数は中国より多いのに、先に10秒を切られてしまった。
国内指導者、少なからずショックを受けているかもしれません。韓国世論は置いといて…

全てのアスリートに捧げる言葉。

   「結果が自信を生むんじゃなく、過程が自身を築き上げる

良い結果に満足してしまうのではなく、その結果を出せた過程を振り返り、更に上を
目指せるよう努力を怠らず、己を磨き抜く!

ストイック&奥の深さを感じさせてくれる言葉です。