Fairy Tail

久々に体操の話題・・・W杯個人総合が始まります


明日から3月・・・今年もあと10ヶ月となりました。

オフシーズンの体操競技界、平成26年度の新シーズンに向けて、国際大会にナショナル強化
指定メンバーが派遣されるプレ・シーズンマッチ。大トリは4月の第一週に東体で開催される
W杯東京大会!遠藤先生のTwitterによるとウィットロックは来日しないとか?
う~ん、ある意味、一番観たい選手だったのに…。

そして明日3月1日、日本時間で2日(日)am 1:30からノースカロライナ洲のグリーンズボロで
American Cup が開催されます。日本からの参戦は順大の野々村笙吾選手!

ポディウム練習のストリーミングがアップされていて、ザッと見ましたが器具の感触を確かめ
ながら、調整中といった雰囲気&まずまずの動きでした^^身体が一回り大きく見えましたね。

スタッフは原田監督にトレーナーの中島さん、審判の倉島先生がいらしたかな?
スタンフォード対抗にも順大生2名いるので、そちらに冨田コーチが行ってるのかもしれません。

映像は主にアメリカの選手が映っていました。オフ期間を経て、まずは最初の個人総合!
パーヴィスは相変わらずすごいね。五輪も世界選もW杯も皆勤賞っていくくらい出てますね。
本当にタフだな~と感心します。東京W杯にも参戦予定。

笙吾くん。

W杯個人総合は高校3年時のドイツ&東京大会以来です。あの時は無心無欲の優勝でしたね。
夜中にPCのLive映像の前で祈るように応援していたことを思い出します。
今できる精いっぱいの演技!期待しています(^^)

サイト内のリンクにあるLIVE映像は日本で観ることができるのかな?ちょっとわかりません。
観られるといいけど。。。
スタンフォード対抗に出場される皆さん共々、ガンバです


Tarzanの643号白井健三選手が特集されていました。確か1週前の号だったと。
Here comes Tarzan! のコーナーは、たま~に体操選手がピックアップされますね。
男子で覚えているのは鹿島さんと坂本くん。女子で誰かいたかも?

ALLカラーで3ページ、17歳にして彗星のごとく世界トップに上り詰めた風格が漂っています。
ジュニアなのでまだ実施が制約されているワザのグループがありますものね。この先、いったい
いくつまでDスコアが上がるのか・・・いったいどこまで伸びて行くのか?末恐ろしい大器です。
3月末のセンバツ、楽しみにしています^^



ソチ冬季五輪・・・終わってしまいました。


TVを付ければどこかで何かしらやっていた生中継or録画映像がなくなってツマラナイ。
ちょっとしばらくソチ・ロスですかね。寝不足ともサヨナラです~(^^;

色々ありましたね・・・読み切れない!筋書きのないドラマに酔いしれましたね。

一番印象に残ったのは選手、、、ではなくて、主にフリースタイルを解説した三浦豪太氏^^

開幕してすぐの上村愛子選手のモーグル決勝を見ながら「この解説者はいったい誰???」と
リモコンの番組説明を押して名前を確認、それっからありとあらゆる詳し過ぎる内輪話^^を
色々と楽しませてもらいました。実況アナよりもホントたっくさん喋っていましたね。

「スキーver.の増田明美氏」とでも言いましょうか?スキー&スノボを心から愛する情熱!
あの「我を忘れる熱さ」が一般人に冬スポーツへの興味を持たせる原動力にもなっていますね。
彼のような満ち溢れる愛情を持ちながら、ご贔屓競技を慈しんで行きたいなと思います。


選手をひとりだけ上げるとしたら、個人銀&団体銅メダリストになったジャンプの葛西紀明選手!
41歳という年齢!同世代の人々に勇気と希望を目いっぱい与えて更に4年後の平昌五輪も狙う
といった、限界まで挑戦していく心意気!若手選手の何倍も努力して結果を残すカッコ良さ!

常にアクティヴで笑顔を絶やさない、人望ある姿は理想の上司の鏡かもしれませんね。
身体と精神力の続く限り、頑張っていただきたいですね。


4年後は韓国での開催となります。近いので観戦ツアーで行かれるファンも多そうですね。
今回、想定外な惨敗に終わった氷上種目でのメダル獲得数アップを目指して。。。
選手及び関係者の皆さま、お疲れさまでした。


東レ★連勝が続かず・・・


熊本大会2日目、vs合成戦はフル負けしてしまいました↓

連勝がつながれば来週以降の発奮材になったのに、、、疲労困憊で帰路に就いたファンの皆さま
選手の皆さま、本当にお疲れさまでした。

相手のブロック10個に対して東レは20個!東レらしさは見せてくれていたのでしょうか。。。
ボヨビッチの打数&決定率が上がらない、米山くんのコンディションが相変わらず低空飛行?
対角のレフトも安定せず、とっかえひっかえ。勝てば少しは緩和されるイライラ感も、負けると
不満爆発!コバ監督、なんとかしてくださいよ~~~。

ブレが連敗してくれたおかげで今のところ4強のうち2枠を3チームで争う雰囲気になっています。
まだまだ長いリーグは続きます。上昇気流に乗れそうで乗り切れない…。
ファンは選手を、チームを信じて!応援していくだけなのが歯がゆいです。


一週間遅れですが、三島HG関連の未アップ分を貼り付けます。


東レ☆☆☆2月HG連勝で後半戦スタート!


たまりまくってるアロ関連記事、お待たせしてすみません。
これから出かけるので、取りあえず先週分をアップします。

   DSCF2596 (900x675)←日刊スポーツ 2/14


HG前の展望記事、レギュラーラウンド前半は心もとない貯金0で折り返しです。
上位4チームに2勝6敗はいただけませんっ。東レのアクセルとダイナモがコンディション不良で
力が拮抗している相手に対し、エンジンがかからないうちに終了したり競り負ける試合ばかり…
総合力で戦わないと八方ふさがりな窮地に追い込まれています。


   DSCF2594 (1024x645)←スポニチ 2/14

そんな中、内定のリベロ・井手選手が小瀬のサントリー戦第3セットからスタメンで起用され、その
試合はフル負けしてしまいましたが随所で光るプレーを発揮!田辺さん不在の穴を埋めました。
翌週の小牧大会はベンチアウトとなるも三島HGは再びスタメンで。田辺さんレシーバー要員の
シフトが取れ、強烈ジャンサに対する選手起用が概ね上手く回っていました。

久しぶりに御本人のサイン入り記事(^^)2試合とも合格点の内容でご機嫌でした。
どちらの試合もヒロイン受けてもおかしくなかった活躍。
一回り以上違う先輩に対してしっかりボディコンタクトで声を掛けられる、超前向きで強~い
気持ちを持って挑む姿勢が素晴らしい選手です。全く動じず淡々と仕事をこなす、これぞ職人!

内定選手でレギュラー獲得となると7年前の冨松くん以来の快挙です。あの時はMBが
いなくて必然的に起用されてましたが、今回は先輩お二人のお株を奪う活躍っぷり!すごい!
体調管理や怪我等に気をつけて、優勝に貢献&新人賞目指して頑張ってください^^



一旦アップしま~す、続きは明日!明日も勝って連勝が続きますように





半端ない達成感!


メダルには届かなかったけれど…日本女子フィギュア3選手の皆様、お疲れさまでした。

浅田真央選手!!応援してくれた全てのファンに捧げるパーフェクトなFSでしたね。
感極まって涙を堪える姿に、もらい泣きしてしまった人も多かったでしょうね。
Live直後に切り替わった女性アナウンサーも泣いていました。

メダルはSP&FS共に大過失の無かったソトニコワ、キムヨナ、コストナーが獲得。
これは納得のいくメンツでしたが、ソトニコワがホームのアドバンテージを加算された?
ようなGOE爆上げで採点競技の「・・・」に、またしても後味の悪さが残る。

技術面は置いといて、音の捉え方・優雅さ・最後まで限りなくシンプルで美しい演技を貫いた
キムヨナが金メダルでも異論はなかったかなぁと思います。休養明けで、ほぼぶっつけ本番で
ラストまで持たなかったものの極めて高水準でまとめられるポテンシャルの高さに改めて感服!
メダルの色が懸る最終滑走のプレッシャーにも耐え、素晴らしいパフォーマンスの数々は
女王の名に相応しかったなと思いました。悔しいような、ホッとした銀メダル。

真央選手・・やはりピアコンもBGMから抜け出せない。彼女の音の捉え方はあそこまでが
限界なんでしょうね。どうしても全体的に見るとメリハリに欠けてしまう部分が多い。

背中を意識した表現力とか色っぽさとか、欲を言えばキリがないけれど全ての種類の3回転
ジャンプをほぼ成功させ、集大成となった演技をラフマの聖地でお披露目できたこと。。。
SPが本当にほんとうに心残りも、最後はこれぞ「浅田真央」な滑りに全フィギュアファンが
嬉し泣き!真央ちゃんもファンも、皆が笑顔で終われて良かったですね。

鈴木あっこ選手!足の指の痛さに耐えボロボロな状態から踏ん張って、ミスもあったけれど
ファントムの世界は十二分に伝わりました。とっさのリカバリー、切り替えの柔軟さ、氷上の
アーティストを存分に見せてくれたと思います。順位はバンクーバーと変わりなくとも
その後の飛躍、幾重にも積み重ねてきた経験を背景に納得の内容だったと思います。

佳菜子選手はちょっぴり不完全燃焼だったかな。こんなもんじゃない!不屈の精神で再び
チャレンジしてくる気風の良さを楽しみにしたいと思います。

リプニツカヤは自国メディアに潰され、今まで味わったことのないプレッシャーに苛まれ
気の毒な部分もありました。のびのびと雑音のない状態で送り出してあげたかったですね。
シンドラーは神プロなので世界選でもう一度!更にレベルアップしている演技を見せてほしい。

毎日不規則な睡眠につき、寝不足気味&欠伸しながらの雑感で失礼しました。
フリースタイルで女子選手が本大会2つ目のメダル!本命のフィギュアで獲れなかったことは
残念でしたが女子力は健在ですね。


ソチ五輪もそろそろ大詰めです。。。


落ち着いて、冷静に・・・


注目の女子フィギュア。
まさか、まさかの展開に加えてあまりにもヒートアップし過ぎているメディア。
一歩引いた視線で振り返ります。

待ち望んでいた舞台から突きつけられた非情な現実、日本中が耳を目を疑った一日。。。

真央ちゃんは団体戦の時も感じたけれどもう少し、、いやもっともっと音楽を聴いてほしい。
アクセルを含め、エレメンツをこなすことに精いっぱいで音楽と演技が一体化していない。
ただのBGMに成り下がってしまっている。(愛の夢でもノクターンでもおかまいなし)
勝ちたい気持ちが強すぎて心技体をコントロールできない原因のひとつかもしれません。

いつも通りに普段通りに、練習してきた成果をお披露目することがどんなに難しいか。
大きな国際大会を何度も経験している選手でさえ、五輪は特別な舞台なんですね…。

佳菜子ちゃんもあっこちゃんもこのまま終わるわけにはいかない!
順位や点数は考えずに、今できる全てを自信を持って見せつけてほしいです。

真央ちゃん、どうぞ悔いの残らないよう誰の為でもない自分のために最後の一瞬まで!
心を込めてラフマの世界を演じられますように。

眠られない夜が始まります。

大雪お見舞い申し上げます&バレー&体操ネタなど


冬の爆弾低気圧!普段はこれほどまで大雪が降らない地方に大打撃を与えています。
お隣の山梨県は交通網&主要道路がほぼ全て寸断されて陸の孤島になっているとか・・・。

信じられない報道の数々に目を疑う日々。。。去年から想定外の自然災害が何度も続くことは
「異常」ではなく既に「あたりまえになりつつある」と覚悟して今後、生活して行かなければ
ならないのでしょうか?一刻も早く!普段と変わらない日常生活に戻れますように。


   linedoli1.gif


先週末の金曜日、こちら住んでいる街は昼間はミゾレ混じりの雨で雪にはならなかったものの
深夜は台風並みの激しい暴風雨で、でも朝方には収まり曇り空。車はやめてJRでいざ三島へ。
土~日はVプレミアのアロHG観戦してきました

大雪の為、関東地方在住のファンが多数来られないなど空席が目立った2日間でした。
地元新聞記事も取材できなかったのか?ローカルスポーツ紙は月曜の時点で結果のみ掲載。
静岡新聞に少し来ていましたね。また改めて直前記事と一緒に紹介します。
とりあえず地元2連勝でやれやれです。

そう!その前にソチ五輪。

羽生選手の金メダル、葛西選手の銀メダルでここ数日、日本中が喜びに包まれました。
今日はカーリング女子が強敵中国を破って準決勝進出に望みをつなげていますね。
葛西選手のメダル獲得で勢いがついたジャンプ団体戦も大いに期待されますね~。

最後まで決して諦めない強い気持ち!自分を信じて世界トップと戦う多くのアスリートに対し
「感動と勇気をありがとう」とこちらが感謝したいくらいです。おめでとうございます!!

メダル・セレモニーではプレッシャーから解き放たれた最高の笑顔にこころ癒されました。
これから始まる真打の女子フィギュア。筋書きのないドラマはどのような結末に?
寝不足の日々が続きますね。

そうそう、もうひとつは体操の話題^^

今月初め、NHKのためしてガッテンを見ていたら(テーマは五十肩)いきなり冨田さん登場!
肩凝り解消には肩甲骨を動かすことが一番ということで、自慢の肩甲骨と美しい倒立姿勢を
お披露目してくれました。鉄棒ではチヒロくんがアドラーの抜きを見せてくれて、体操選手が
いかに肩回りが柔らかいかと解説していました。平行棒では福尾くん倒立の補助など。

ほんの数分のVTRでしたが、明日の火曜日(18日)午後4:05~午後4:50で再放送されるので
見逃した方は要チェック!スタジオまで来てくだされば最高でしたが、来られたのは恰幅のよい
体操トレーナーのおじさまでした(とても残念・・・)
トレーナーが紹介している肩甲骨体操は是非お試しを!私も毎日やっております。


ここんとこTVは五輪とNews&報道番組を交互に見ている毎日です。


いよいよ中詰め!


タカラヅカのショーで例えれば「中詰め」
出演者全員が舞台に勢揃い、ぐっと盛り上がる場面のことを言います。

ソチ五輪もいよいよ中盤戦に入りました。

雪上のアルペンが冬季五輪の華なら氷上はフィギュア・スケート!ペアが終了し、男子シングルが
日付変わって未明から始まりますね。日本選手の登場は後半の組なのでまだずっと先かな。

一昨日のスノボHPのメダルに続いて昨日はノルディック複合で銀メダル
なんと20年ぶり!以前は「お家芸」と言われていた種目、そうだったか?と思い出せないくらい;
関係者の皆さん、言葉にならないほど喜びもひとしおでしょうね~。おめでとうございます。

一気に3個獲得でこれから出番が巡ってくる選手に勢いがつきますように。

昨晩録画したVTRにスノボHPの表彰シーンが映っていました。
金メダルのボドラドチコフは25歳、平野選手は15歳^^中学校の新米教師と生徒といったカンジ^^
平平コンビ、メダルをもらって漸く実感が湧いてきたかな?はにかみながらも嬉しそうでした。

そうそう(^^)

平野歩夢選手←詰襟制服姿は、航平くんと野々村くんを足して2で割った雰囲気にソックリ。
身長の低さといい、色の黒さといい、全体的な佇まいといい、それぞれ彼らの特徴イイとこ取り!
そしてモチロン溢れ出てくる才能も!

淡々とした喋りは北京直後の航平くんに似てますね~大物感たっぷりな15歳メダリストでした。
そして平岡選手は・・・
またもや体操選手で恐縮ですが、日体大の長谷川くん高校時代に似ているかも?なんとなく^^;

スノボの選手もそんなに体格が大きくない方がBetterでしょうね。横回転&縦回転のワザの応酬
には、小柄な方がボードを履いていることも考えてコントロールしやすいかもですね。

VTRで女子HPを観ました。女子はコーク1080°が最高難度ぐらいになるのかな?
男子はそれこそ、人類の限界に挑戦してますね~。4年前のレビューを読み返すと、あの頃では
大ワザだったダブルコークを失敗する選手続出で前回王者のショーン・ホワイトが危なげなく連覇。

今やダブルコークやマックツイスト以上の、3回転半や4回転の時代になっているんですね。。。
1260とか1440!!!!の世界!4年に一度しか見ないHPは信じられないくらい進化していました。

コメント欄でもお返事しましたが、やはり絶対王者の敗北はショックを受けた方が多かったか…。
予選の一本目を見てしまったら。ああ、今大会もショーンの独壇場だろうなと思わせる圧倒的な
Runでしたからね。あれ見たらやっぱり決勝もLiveで見たくなりますよねー。
真夜中午前3時の視聴率が10%近かったという

彼にプレッシャーを与えたのは紛れもなく、直前に演じた日本勢の華麗なテクニック!
絶対王者の敗北。。。う~ん、あまり深く考えたくない現実です。
ショーンもきっと次の機会は「主役の日」を手繰り寄せて、王者の貫禄を見せてくれると
信じたいですね。

ショーンも航平くんもフィギュアのプルシェンコも五輪を巡る年回りが全く一緒・・・。
夏と冬の違いだけで19歳、23歳、27歳、そして31歳。運命に導かれ、心技体全てがシンクロ
できる年回りかもしれませんね。羽生選手にもあてはまります。
絶対的カリスマの存在はそれぞれ、行けるところまで行って昇天するのでしょうね。

フィギュアの男子シングルがもうすぐ始まります。


ソチ五輪メダル1号&2号、若手が大活躍!


スノボのハーフパイプで日本の若武者2人が銀メダル銅メダル獲得!
只今午前3時過ぎ、LIVEで観てしまいました(^^; 起きてて良かったー!
絶対王者のショーン・ホワイトが敗れるまさかの波乱↓

いや~、解説の尾形さんが決勝が始まる前「歴史を変えます!」と自信たっぷりに仰っていて
ドキドキそわそわ。

金メダリストのポドラドチコフが最終ワザでキャブWコーク1440°を決める!
銀メダルは15歳の平野選手、銅メダルは18歳の平岡選手。日本スノーボード界初のメダル!
おめでとうございます。

平野選手は2本とも90点越え、高さもランディングも余裕しゃくしゃく&安定してましたね~。
平岡選手は1本目は失敗も2本目をきっちりまとめる!

メダルが決まった瞬間、お二人ともキョトンとした顔で、喜びをどう表現していいのか?わからず
とまどっているような仕草が微笑ましかったです^^
嬉しさ爆発させてるポドラドチコフとはえらい対照的でクスクス笑ってしまいました(^^)

ここまで百戦練磨のお兄さんお姉さん選手の方々が「メダルまであともう少し」の壁を破れず
表彰台に上がることができなかった負の連鎖を10代の男の子2人が断ち切ってくれた!
明日は一日、お祭り騒ぎでしょうね。本当におめでとう

さて、今から女子のジャンプを見ます。男の子に続け!!!

am:4時
あああ、、、沙羅選手まさかの台落ちって信じられないオリンピックは難しい。。。


東レ☆★2レグ終了、7勝7敗で折り返し


今日一日、会う人への挨拶は開口一番、「雪、すごかったねーーー

静岡でも海岸線沿いの街は雨orミゾレだったのに対し、東部地区&山間部&中伊豆方面が
けっこう積もったようでした。それにしても何十年に一度の積雪っぷり!

土日だったことと出かける予定のない週でホント良かったな~と胸をなでおろす。
関東圏は交通機能がマヒして大変だったようですね。慣れない雪かき、お疲れさまでした。

さてさて。

合成戦は今季初のストレート勝ち!で喜んだのも束の間、翌日はまたもや2セット連取からの
フル負けっていったい。。。 勝ちきれないもどかしさばかり募りますねぇ…。

なんか、負けても悔しくなくなってきたね・・・これはマズイね。
ベテラン先発メンバーで軌道修正を試みるも最後は競り負け、上昇気流に乗れません。

来週の三島HGから後半戦に突入!地元パワーを注入されて再スタートです。


溜まっていた地元新聞記事を貼り付けます。

ソチ五輪開幕!


もぉ~、静岡でこんなに雪が降るってありえない!朝、起きたら一面銀世界でした。
夕方になって止んで、暗くなってから屋根の雪がドカスカ落ちています。ちょっと信じられない^^;

・・・というワケで今日は一日部屋に缶詰。
小瀬、先週行ってきちゃってヨカッタなぁぁ(冷汗)今週じゃとても辿りつけなかったわ。

ソチの開会式は研ぎ澄まされた舞台を見せてくれたバレエが印象的。さすが芸術大国!
耳慣れたクラシック音楽もふんだんに使われていて見入ってしまいました。
以前から不評だった「クマ」のキャラクター!不気味すぎるっ。

スノボのスロープスタイルは迫力満点でダイナミック!ハーフパイプとはまた違った
面白さがありますね~。大きなマトリョーショカにぶつかりそうでぶつからない。
ちょっとタッチすれば得点アップ?横に回転しながら縦に回る…体操競技を観たくなった^^

モーグルの上村さん、、、またもや4位で本当に残念…御本人、納得のいく滑りだったのに
トップバッターで得点が出難い滑走順だったのが悔しい。それでも清々しいインタヴュー。
目を赤く腫らせながらも、やりきった晴れやかな笑顔に救われました。

フィギュアの団体戦!

羽生選手がSPを任されてトップスタート^^「パリの散歩道」・・彼が活躍する度にゲイリー
ムーアが再び注目されているそうですね。日経新聞に載っていたタイトルが秀逸。

   「魔物は見えた。とらわれなかった!」

自分がやるべきことを一生懸命できたと自画自賛。素晴らしい内容でした。
ペアやアイスダンス組もまずまずの出来栄えで女子のSPは浅田選手。。。

魔物を呼び込んでしまったか?6分間練習からソワソワと落ち着きなく、顔もこわばり
あれだけキャリアのある選手でも過緊張してしまうとは

前後に滑ったリプニツカヤとコストナーに比べると、伸びやかさもスピードも全くなく
萎縮してたように見えました。個人本番は頑張ってほしい!真央ちゃんが沈んだ顔してると
日本中がシュン・・・となってしまうので、とにかく修正が上手くいきますように。

それでも3位のポイントを稼いで日本チームは決勝進出。
金、銀はロシアとカナダの争い、イタリア&アメリカと三つ巴の僅差で銅メダル狙いですね。
フリーは町田選手と鈴木選手が演技するそうです~ガンバです。

それにしてもリプニツカヤ、観る度に大人っぽく洗練されていて格段に良くなってるわ~。
只今絶賛進化中ですね。今大会は個人的にリプとあっこちゃんを全力応援します。
コストナーも相変わらず華やかでステキあのスピード感は誰も真似できませんね。

8年前のトリノ五輪から続いているMy Blogの冬季五輪レヴュー。
カテゴリー内の項一番下の項目に、新たにソチ五輪が加わります^^

複雑に絡み合う事実。。。


うう~ん、人間不信になりそうな事件、、、というか、何というか。

   佐村河内さん代作、新垣氏の会見

音楽に携わる者からしたら、自身が作った楽曲は自分の子供同然、生みの苦しみからくる
何モノにも変えがたい愛おしさは格別なのに、いとも簡単に数十曲も他人名義に手放せる
その神経が信じられない。でも、彼も振り回された被害者のひとりなのですね…。

このゴーストライターの先生は“共犯者”という立場から言葉を選んで、時には“主犯”の
佐村ナントカを思いやる誠実な人柄も垣間見え、同じ愚問、既に明らかになっている事実を
繰り返し質問するレポーターに対し真摯に答えている姿には18年という長い間、服従して
しまった弱さをさらけ出していたように見えました。

あらゆる方面の未曽有の人達を巻き込んだ「事実は小説より奇なり」・・・あり得ない!

穿った見方をした音楽評論家の先生でさえ、ゴーストライターの存在は頭になかったと
仰っていて、専門家でさえ欺く主演男優賞もどきな演技?を貫いた佐村ナントカ
雲隠れしてないで、とにかくアンタがまず謝罪すべき!と声を大にして言いたい。

ただひとつ、『楽曲』そのものには何の罪も汚(けが)れもありません。

せつないメロディ、複数の著名な演奏家やオケが奏でた音色は、とても心地よい響きで
私たちの感性を潤わせてくれました。高橋大ちゃんには何としても頑張って頂きたい!
最初は「なぜ、こんな大事な時に…」と疑問に思ったけれど、こうして事実を知ったことで
メダルへの道が開けるかもしれない!と良い方に解釈したいのがファン心理でしょうか。

多くの人々を傷つけてしまったこの騒動、まだまだ奥が深くなっていく予感がします。



東レ★★負け方が悪い・・・


行ってきました。数年ぶりの小瀬へ。

後から知ったんですけど、この小瀬スポーツ公園体育館がサントの準ホームになって10年目。
今季が最後のHGとなるそうです。来季以降は関東方面にシフトチェンジとか。

甲府市街から少し離れた広大な敷地に複数の競技施設が隣接するスポーツ公園。
アクセスが少々悪いのがネックでしょうか?JRの駅までビミョウに遠いし。

それにしても暖かい数日が続きましたね。凍結&積雪で通れなかったかもしれない山道も
スイスイとノーマルタイヤでぶっ飛ばして日帰り観戦。

東レは相性のいいブレにまさかの2セット先取からのフル逆転負け↓↓↓

スタメンリベロに内定の井手選手を起用!期待に十二分に応え、目を見張るプレーの連続!
おじさん’s レギュラー陣の中に入っても全く怯むことなく、声を出して拾いまくる!
田辺さん離脱?俊介くん前試合で自信喪失?で出番が回ってきた内定くん。

彼のプレーを見て何も感じないような先輩選手は誰ひとりいないことを願う!

1&2セットはちぢきを潰してミスを誘って難なく連取も3セット目中盤、3点リードをひっくり
返されてから流れが徐々に向こうへ、こちらは強力なサーブを打てず、チャンスボールを
決めきれず、逆に相手にチャンスを渡して必殺サーブで崩される悪循環。。。

ブレが3セット目以降は集中していて、つまんないミスをしなくなったのも敗因のひとつ。

う~ん、あまり振り返りたくない。土曜のサント戦も4セット目のデュースを凌いで奪い返し
さあ5セット目、こっから!、、、だったのに米山弟のサーブで崩されジ・えんど。
この日曜日も5セット目、同じようにぺぴちのサーブにやられて連敗。

コバさん!

「観ている人達に感動を与えるゲームをして行きたい」って言ったじゃないですか!
選手は一生懸命やっているんだけど結果が伴わない、大変苦しい現状です。
いつものアロならスト勝ちできた試合だったのに何が原因か、どこが悪いのか?
次につなげる為にも膿を出し切り、とにかくリセットしてもらいたいです。

前半の貯金がなくなって6勝6敗、、、今週末から出直しですね。
スポニチの試合記事、今週はありません。日刊スポーツに特集記事が載りましたが
また次の機会にアップします。



今日から2月。


いつも拝読している某ブログ管理人さまが
「今年もあと11ヶ月となりました・・・」と書き始めていまして、「まさに!」と頷く^^;

そんなこんなであっという間に一年が過ぎ去っていくんでしょうね~。
クリスマス、大晦日は愛犬の一周忌、そして毎度お馴染みの箱根駅伝!
普段と変わらないような、違うような11ヵ月後となりそうです。

明日は丸亀ハーフ別大マラソンがありますね。

BSフジ~TBSのハシゴ録画完了
実業団&大学生の凌ぎ合いが見ものな一日です。
丸亀の高速ハーフで自己ベスト、たくさんの選手が更新できるといいですね~別大もしかり。

明日は山梨の小瀬スポーツ公園体育館のVプレミア観戦に行ってきます!
もう~~~東レはジリ貧状態リーグが半分も行っていないのにベスト4に黄色信号
踏ん張りどころの山梨大会、相性のいいブレ相手になんとか☆を!


大学生アスリート諸君は卒業に向けて退寮シーズンになっていますね。

試験も終わって後は卒業式まで集まることもなく、それぞれの進路先へ生活を移す準備に。
4年間、仲間と過ごしてきた学生寮での生活、数々の想い出と栄光と挫折と。。。
きっと、今まで生きてきた中で一番充実していた日々だったんだろうな。

今、世界ふしぎ発見を見ているんだけど、回答者で出ている本田望結ちゃんって東洋大の
設楽啓太選手に似てるような気がする。彼は嵐の二宮くんとフィギュアの羽生くんを足して
2で割ったような雰囲気。中性的なんですよね。


東洋大の設楽兄弟が母校・武蔵越生高を訪問 箱根駅伝V報告

06.jpg←クリックで埼玉新聞へ

  兄の啓太選手は主将、弟の悠太選手は副主将としてチームをけん引し同大会では共に
  区間賞を記録した。2人は後輩たちから大きな歓声と拍手で出迎えられ、啓太選手は
  「2020年の東京五輪に兄弟で出場するのが最大の目標」悠太選手は
  「社会人としての自覚を持ち仕事と練習を両立させたい」と今後の抱負を力強く語った。


啓太くんはコニミノへ、悠太くんはHondaへ。お二人がもう同じユニを着て駅伝を走ることは…
都道府県以外ではないんだなぁと思うと寂しいですね。それぞれ違う環境で社会人の先輩選手に
食らい付いて!東京五輪、楽しみにしています^^

東洋の箱根優勝メンバーが載っているNumber Do!

BfCp0F2CMAAZ6L7.jpg

表紙はジャージですが巻頭特集では10人が私服姿で「今、走る理由」を直筆で色紙に書いて
持っている写真^^皆でトラックを並んで走っている写真、すっごく貴重な記事です。

私服姿はフツーの大学生なんだけど、ユニ着たら長距離&箱根アスリートに変身!
そのギャップがたまりませんね。大学のV報告会も、講堂は女子学生ばかりでアイドルの
コンサート会場のようだったとか。酒井監督が「選手は勘違いしないように」と釘をさした
そうです(厳しい^^;)苦しい練習&最高の結果を残したご褒美として、ほんの少しの間
ちやほやされるくらいならいいのではないかな~と思います^^

う~ん、こういう雑誌が体操競技にも欲しいわ。せめて本屋の店頭に並ぶ専門雑誌が!
一年に1回でいいから発行して欲しいですね。


そうそう、ソチ五輪まであと6日!わくわくしてきました。