Fairy Tail

種目別選手権、直前!


明日から2日間、東京体育館で体操種目別選手権が開催されます。
ベルギー世界選代表メンバーを決める初の試みとなる今大会、会場練習の様子が映った
昨晩の neo sports の動画がアップされていたのでお借りします。





いや~。いつもほとんど航平くんなので、このメンバーは新鮮で嬉しいですね^^
派遣標準得点に達する・・・かもしれない植松くん、健三くん!

植松くんはコールマン~コバチ~コバチハーフの連続!コバチハーフは去年、星くんが予選で見せて
くれて成功したのに、後半のひねりワザで息切れて落下してしまいました。
難度の高い手放しワザひとつが、後半に向かってエネルギーを消耗させてしまいます。
究極なるパワーが最後まで続くのか?一発逆転勝負ですね。

健三くんのゆか。15.900は、もしかしたら一番突破力のある演技かもしれません。
7.2、もしくは7.4で攻めてEスコアをなんとか8点台後半でまとめる。
きっとこの日の為に、練りに練って精度を上げてきたプログラムで攻めてくると思われます。
多くの関係者が彼に夢を託しているので、是非とも頑張ってほしいですね。


選考ルールは色々と複雑で、吟味する時間もなくなってしまいすみません。
でもたぶん、選ばれたメンバーは今、一番勢いがある選手の皆さんだと思われます。
きっと納得いく代表メンバーが選考されると信じて!見守っていきたいと思います。

協会の公式Facebookに各選手のコメントが詳しくアップされています。
女子の選考も目が離せませんね。皆さんどうぞベストを尽くした悔いのない演技を!


2013NHK杯 epilogue


梅雨の中休み・・意外な程涼しくて、過ごしやすい日々が続いています>静岡


跳馬のDスコアが今シーズンから1点ダウン!という流れも漸く感覚が慣れてきました。
6種目それぞれ、限りなく15.000に迫る得点を重ねていけばトータル90点!
すっきりとわかりやすく、平均値が整いましたね。
世界王者への挑戦権はとにかく総得点90点越えを目指すことからです。
内村1日目のDスコア合計38.8、2日目は難度を下げても37.6!!!

2位~4位に入った加藤、野々村、田中の上位陣が36.937.1
コバ研36.6、神本35.8、チヒロ35.4、佑典35.5、瀬島35.3、石川35.7
全体的に35点台半ばの選手がけっこう多いです。

せめて36点台後半がないと上位5傑に入れない雰囲気ですね。あと、目立つ選手は
高校生の早坂くんが36.1!去年から今年にかけて大きくDを上げてきた選手の一人です。

各種目をそれぞれ15点台って・・・厳しいのはやはり、あん馬&吊り輪の2種目。
跳馬もD5.6が着ピタで14.900~15.000が精いっぱい。6.0を跳ばないとキツイかなぁ。
この3種目を14点台半ば~後半で凌いで、他3種目で目いっぱい上乗せしてって、、、
それでやっと大台に届くかどうかですからね~。それも6種目ノーミスで!

数字から見ても、いかに航平くんが全てを超越した凄まじいレベルなのかがわかります。
今すぐ追いつくことはできないけれど、少しずつでも歩み寄ることができれば!
まだまだ、下のカテゴリーからも這い上がってくる選手がたくさん控えてますからね。
伸びシロいっぱいの元気な若手に夢を託して行きたいと思います。


まとめます。今大会の・・・


2013NHK杯 @ 代々木 vol.8


今週末が種目別選手権ですね。なんとかN杯レポは終結できそうです。

公式Blogで出場選手の背番号が発表され(ゆかのシード選手から順に)その差し替えpdfにも
航平くんの名前がなく、先日のJOC最優秀賞受賞の取材でも「種目別に出る予定はない…
とのコメントが出ました。せめて一種目だけでもと、無理を承知でお願いできないのかな?

オープン参加でもいいので、できれば「鉄棒!」観てみたいですね。

えっと。

vol.6のエントリーで、今年度のナショナル強化指定選手がN杯最終順位の10位まで?
などといいかげんなことを書いてしまいすみません。例年通りだと上位12名までがナショナル
入りとなります。(毎年コロコロ変わる選考方法に釣られてしまい、記憶もあいまいになっています^^;)
あとは協会推薦枠でロンドン五輪代表の山室くんが入ると思われます。

内村、加藤、野々村、田中、小林、齊藤、神本、吉岡、田中、植松、山本、瀬島

初のナショナル入りは神本雄也くん、吉岡くん、マサヨシくん!瀬島くんは返り咲きですね。
結局、大貴くんとはユニバとナショナルで明暗が分かれてしまいました。どちらも僅差
KONAMI 4名+1名、順天堂大 3名、徳洲会 3名、日体大 2名
各所属先で今現在、最も強い皆さんが順当に入りました。バランスも良くていい感じ^^


ラストスパートで!

母校でバレーボール教室を見学・・・


久々にバレーボールねたなど^^

体操エントリーが多い中、それでもバレーファンの方が毎日来てくださっているようで
申し訳ないと思いつつ、本当にありがたいことで恐縮です。

先週の土曜日!(22日)

近所の中学校(我が母校)で東レアローズ男子選手によるバレーボール教室が開催されると
聞いたので、ちょっくら覗いてきました~。

私が通っていた頃の校舎は跡形も無く、すべて鉄筋校舎に変わっていて面影もない…。
ウン十年ぶりに校門をくぐって体育館へ←(当時はコレさえもなかった)
その当時、運動という名の部活動はほとんど屋外でやってた!
(剣道&柔道のみ、講堂という名の狭い建物内で)
バレーもバスケも土埃の舞う外のコートで、、、雨の日は校舎の廊下でトレーニングって
どんだけ~。でも懐かしいわ~、そんな時代もありました。

そんなことはどうでもいい話で。

市内数校の中学生男女50~60名を対象にアロメン3人(俊介、角田、黒木)が、対人パスや
スパイク練習のお手本を見せながら、流れ作業的にミニゲームまでの約2時間半くらい。
最後は記念撮影とサイン会で親交を深めておりました。

3人だとなかなかマンツーマンになれないので丁寧な指導とまではいかず、ちょっと大雑把。
俊介くんが指揮を執って角さん&新人くんがフォロウ役。中学生達、何か掴めたかな?

ひとり、185cmはあるアローズ・ジュニア所属の中学生がいて、やはり抜きん出た存在。
サーブも強烈でレシーバーの角さんたじたじ^^;高いレベルで練習している片鱗を見せていました。
コートの中の動きが大人と子供のような差だった。いずれアローズに入るのだろうか?

この日は県内4会場の中学校にそれぞれ数名ずつ、アロの選手が派遣されていたようです。
米山くん、近藤さんは全日本に招集されWLの闘い真っ最中。富松くんはアロで調整?
福島でのバレー教室には参加していたようですね。後半の合宿等から合流するのかな…。

新監督の元でスタートした日本代表チームは上手く機能しているのでしょうか?
今年はユニバもあって掛け持ちとなる若手の選手は大変ですね。
皆さん、怪我しないよう乗り切って欲しいです。


週末いろいろ


富士山&三保の松原が世界文化遺産に正式登録決定!

日本一!! 2008_0728(015).jpg
 
霊峰のお膝元に生まれ、育ったことを誇りに思います。
ありがとう、そしておめでとう!三保の松原も大逆転で遺産登録されて、地元静岡では
そちらの話題で持ちきり^^ロビー活動の成果、関係者の皆様の熱意が伝わりました。

      line89.gifline89.gifline89.gif


22日、体操@千葉県インハイ最終予選があり団体は市立船橋が習志野を抑えて優勝!
どちらも3番手、4番手が勝負と思われましたが市船がきっちりと調整してきたようです。
今年の全日本ジュニアでは千葉県勢2校の表彰台も夢じゃないですね^^

フロアを離れれば仲の良い両校、今週末は東体で種目別に出場する両エースの応援です。
少数精鋭!高校生選手の存在を見せつけちゃってください!

スカイホール豊田で西日本インカレが開催。観戦に行かれた方から結果報告、頂きました。
ありがとうございます。福岡大学の2年生、鈴田佳祐選手が跳馬でリ・セグァンを跳んで着ピタ!

盛り上がったことでしょうね~。それにしてもD6.4の大技を大学生が試合で成功するとは!
どうぞ今夏のキタキューで観られます様に。創成館出身で2年生ということは北川選手の後輩。
その隼太くんは個人2位に入りました。少しずつ安定感高めて本番に備えてください。

団体優勝は鹿屋体大、個人優勝は小山仁寛選手。予想通りですね^^おめでとうございます。
鹿屋は年々強くなっている印象。1部の常連校もうかうかできませんね~。

      line89.gifline89.gifline89.gif


プロ野球!通常のリーグ戦が始まりました。ヤクルトの小川泰弘投手が完封で7勝目!
いやもう同姓同名っていうだけで、ちゃんとピッチング見たことないんですがー(^^;
勝ち星重ねてくれるだけで嬉しいです。巨人の菅野との新人王争いにも注目です。

ロッテはイーブンでスタート。なんとしても二桁貯金はキープし続けてほしいわ。
今日も逆転の1点差勝ち!が、しかしこれから熱くなる夏の戦い方が心配なところデス。


ザックJAPAN、コンフェデ杯は残念な結果に終わってしまいましたね。
いつも思うけど、サッカー人気の凄まじさが羨ましい。。。


N杯レポは明日に回します。


2013NHK杯 @ 代々木 vol.7


その前にTV情報。

     SASUKE  Rising 2013   【TBS系列

来週、27日(木)の夜7時からSASUKEがON AIRされます~。
半年ぶりの登場!23日の日曜にはメイキングも流れるそうなのでチェックしなくちゃ。

「SASUKE RISING 2013」 <ナビ番組>
 6月23日 (日) 午後4時30分~5時

SASUKE RISING 2013
 6月27日 (木) 午後7時~9時49分

体操関係は功貴くんが前回出場した縁でしょうか、体育塾の小林さんと中野大ちゃんが出演。
あと、コバ研くんと同期の橋本亘司さん(元ファイナリスト)、奮わなかった前回のリベンジなるか!

トランポリン界から久々に長崎峻侑選手!弾丸ジャッキーのヲラキオ奥山さんも。
菅野くんはもうお馴染みですね~更に痩せてくるのか?44歳になる弘道お兄さんも^^
オールスターズも元気そうです。山田さんの名前はなし…。あと、ゼッケン番号90番台をもらった
慶大生2人が不気味です~~何者?

予告のムービーで中野大ちゃん、ジャンプハングで落ちてるんですけど(ネタバレバレ)
漆原@新世代vs長野@レジェンドの闘いも楽しみです。

もうひとつ、寺本 明日香選手がピックアップされます。
アスリートの輝石」 23日(日)22:54~23:24 【BS日テレ

そういえば・・・
代々木では明日香ちゃん大応援団のオジサマの声が、いつも以上に大きく響いていました^^
レジック出身の選手を全員応援されていましたね~独特なエールで皆さん、心強いでしょうね。


つづいています。

2013NHK杯 @ 代々木 vol.6


台風が西日本に近づいています・・・静岡も雨量が増えてきました。
カラ梅雨から一転、あちこちで大雨警報が発令されそうです。どうぞお気をつけて。

これからの時期、各地観戦予定を立てる機会が多くなりますが、気象条件等による
交通機関の乱れが心配です。過去にも色々と冷や汗タラタラ振り回されたことがあったので
もうこれは運というか「どうか大きいヤツが来ませんように」と祈るしかありませんね。

ザックJAPAN@サッカーの勝敗に一喜一憂。まだまだ、日本は平和です。
それはそうと、ご当地ブラジル国内が物騒なことになっているようで。
抗議デモを起こす人達の言い分も色々と深刻そうなので、沈静に向かえるのでしょうか?

プロ野球は交流戦が終わって明日、21日からリーグ戦が再開します。
ロッテは交流戦3位タイ。リーグ順位はトップのまま安泰ですが仕切りなおし!
終了間際の4連敗がもったいなかったな~。とにかく去年の二の舞だけはゴメンです。


体操とは全く関係ない話題で失礼しました。
N杯、つづけてみます。


2013NHK杯 @ 代々木 vol.5


それにしても蒸し暑いですね・・・
全国的に熱中症で倒れる人続出だそうです。こまめに水分補給、気をつけましょ。


そういえば
1日目の試合終了後、夕食に行こうと渋谷駅方面に続く雑踏の中を歩いていたら
目の前に!KONAMIジャージ姿&リュックを背負った航平くんと植松くんの姿が^^

世界チャンプの隣には、初めて見るガード役の女性関係者が一緒でした。
宿泊のホテルに帰るところだったようです。周辺にファンらしき人達はいなかったので
体育館を出た直後から、ガード役女史が目を光らせていたのかもしれない(^^;

ロンドン五輪前後から付いているのかな?東京世選の頃はいなかったからね。

試合以外の余計な煩わしさから選手を守るのは大事なことだと思いますが、少しばかりの
ファンサービスはお願いできないものなのかな~と、、、冨田さんの頃の某女史の存在を
思い出しました。鉄のカーテンがあまりに凄くて、次第にファンが遠ざかっていったので…。

どこで線を引くのか?むずかしいところですね。。。


つづけます。

2013NHK杯 @ 代々木 vol.4 ※追記しました

Number Web編集室のオリンピック・コラムです。

“安全運転”で体操NHK杯5連覇。内村航平の本当の目標は東京五輪

2020年東京五輪開催決定が、息の長い選手であり続ける為のモチベーション維持に
つながり、それと平行してリオ五輪では理想の演技と融合するように団体戦の金メダルを
手に入れることができれば!太く、長い体操人生を選択しつつある航平くんです。

ただ、団体戦は自分の力だけでは勝てない・・・。どのような育成&選考方法が一番いいのか?
試行錯誤の日々が始まっています。彼を取り巻く改革が少しずつ実を結ぶといいですね。


今夜、追記します。
追記しました。


2013NHK杯 @ 代々木 vol.3


理恵ちゃーん^^日本時間でもうすぐです。
スイス・ローザンヌで行われる五輪招致活動のプレゼンテーションガンバです!
現役選手からのメッセージ、聴き手のこころに上手に響き伝わりますように。

2020年夏季五輪招致 田中理恵選手が意気込み語るTV asahiの動画News

  line hbln01

蒸し暑くなってきましたね~。西インカレや各地インハイ予選、地区総体、国体予選などなど
今後は毎週末、国内各地で大会が開催されていきます。選手の皆さん、まだ身体が暑さに
慣れていないと思うので、熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。

そうそう、陸上モスクワ世界選手権代表が週明けの10日に発表されました。
リンク先↑のライターは増島さん、今回は陸上を取材。小川 勝氏も味スタに行かれていたようで
今年は体操とブッキングしたためN杯記事のコラムは紹介した椎名氏だけかもしれない…。

長距離で宇賀地くんが選ばれたのはサプライズ!ここ数年、常に安定したレース運びが
評価されての代表入りですね^^おめでとうございます~。
悠基&大迫と3人でタッグを組んで魂の走りでアフリカンを一人でも多く蹴散らしてください!

あと短距離で高瀬くん、飯塚くんが順当に入りました。桐生&山縣と組む4継もガンバです。
桐生選手、インハイ近畿予選は向かい風で10秒17!!!!!!!!速い!はや過ぎる。静岡県人としては
彼と同期の全中チャンプ、日吉くんに頑張ってもらいたいけど水を開けられてしまった…。

女子の4継は派遣無し・・・。男子マイルリレーで追加登録があるかも、だそうです。
ヨンパーの岸本くん復活も嬉しかったです。どうぞ本番まで怪我しませんようにー


N杯レポつづけます。

2013NHK杯 @ 代々木 vol.2


Gymnastics Loversの管理人、椎名桂子氏による加藤vs野々村のN杯レポです。
当時の光景が目に浮かんでくるような、こと細かな表現で描かれています(^^)

第52回NHK杯 2位・加藤凌平/3位・野々村笙吾(順天堂大学) 「ふたり」  <前>

第52回NHK杯 2位・加藤凌平/3位・野々村笙吾(順天堂大学) 「ふたり」 <後>

  今回だけではない。

  おそらくこの先も何回となく、彼らのこんな凌ぎ合いを私たちは目撃することになるだろう。

  そして、そのたびに、彼らのことを頼もしく感じ、せつなくもなるのだ、きっと。


まさしく・・・このたった3行のメッセージに彼らに対する全ての想いが込められていますね。
来年こそ!どちらも代表になれるであろう選考ルールに切り替わってほしいです。

高校3年になったばかりの2011春、ジュニアの枠を飛び越えてシニア選手たちと競う全日本から!
彼らの凌ぎ合いは続いています。

全日本ジュニア王者&東京世選の補欠選手として先に一歩を踏み出した笙吾選手。
翌春の選考会を勝ち抜いて五輪メダリストとして活躍した凌平選手。

そして大学2年生になった2013春、ベルギー世選AA1枠をめぐるハイレベルな争い。

    いつ負けてもおかしくない。

    そんな存在が、すぐ近くにいる。


最後まで攻め、清々しく散っていった笙吾選手。強い意志で必死に粘り抜いた凌平選手。
お互いを認め合い、高め合える存在として。良きライバル、良き理解者として。
体操ニッポンを支える中心選手となっていく彼らを、温かく見守っていきたいと思います。

2013NHK杯 @ 代々木 vol.1


早くやっつけて行かないと種目別が月末に来てしまいますからね!
その種目別のエントリーも早々に発表されました。

何か淋しい???と思ったら高校生がN杯に出た2人とゆかの健三くんの計3人しかいない!
せっかく去年から全ジュニの種目別上位3名ずつが出場できる規約になったのに…
DVD審査もあるけどインハイ前で無理して怪我でもしたら大変ですからね。
順大ユニバ組も日程の関係上参加できないようなので、今年は仕方ないか~。

まあ今回の種目別選手権は今年の世選代表を決める大会なので、来年からはまた秋に
戻ると思われます。そうすれば高校生もたくさんエントリーされますね。
それにしても意外な選手が意外な種目に顔を出していて面白そう^^
こちらも間際になったら「勝手に展望」してみたいと思います。


場内解説は中野大輔氏。各選手が1種目めの審判前挨拶に並んだ時、DJが背番号順に
選手紹介^^選手は手を挙げて場内に挨拶。これって毎年やってたっけ?以前は場内ビジョンに
各組ごとに選手の顔写真と名前を映すのみ、、、だったような。記憶違い?これは嬉しい演出。

女子は上村美揮さん。DJ共々、時々放送事故っぽくなる解説がヒヤヒヤものでした。

中野大ちゃんは2回目?3回目の登場か?これといって特徴もなく当たり障りもなく。
ロクに聴いてなかったけど、「ボクの好きな体操をする選手ですね。」と、野々村晃司選手を
誉めてくれたのは嬉しかったですね~。そのあとも吊り輪演技などガン見してました。
晃司くん、アテネ金メダリストからお気に入り登録されましたよ^^


まずは順位を追って。

2013NHK杯 感動をありがとう!


内村航平選手!NHK杯5連覇、おめでとうございます。

いやはや、別次元などという言葉だけでは語りつくせない。2位とは7.5点差ぶっちぎり優勝。
ひとりだけ悠々自適に雲の上の遥か彼方、宇宙空間で舞っておりました。

背中も見えない、影も踏めない。せめて雲の辺りまで降りてきていただかないと^^;
頂点に上り詰めても尚、貪欲に理想の体操を追い求め続けている姿に魅せられてきました。

そして、残りひとつの世界選個人総合の代表枠。2人の大学生の熾烈な2位争い。

ありえない強さの世界チャンプはもう殿堂入り扱い&世界選AAはシードで無条件出場!
よって、日本からは彼以外に2人のオールラウンダーが出場できる・・・というルール変更に
ならないかなぁと、あまりに惜しい野々村笙吾選手の実力にジタバタしている次第です。

あああ、、、

去年、ロンドンを逃したので今年こそはアントワープに行かせてあげたかった。。。
行ってほしかった!けれど相手も必死!勝負の世界!本当に非情です。

でも、「ユニバと東アジアの代表を勝ち獲る!」といった最低限の目標は達成できたので
(東アはAA枠ほぼ確定)ご本人の中では納得いく部分もあったかもしれません。
思うように練習ができなかったけれど、短期間で選考会に合わせられた調整力も
今後の経験に活かして、もっともっと更に強く大きく成長を遂げて行ってください。


ベルギー世界選の個人総合代表枠、男女1名が決まりました。
加藤 凌平選手、寺本明日香選手。代表入り決定!おめでとうございます。

また少しずつ振り返って行こうと思っています。

N杯@個人総合1枠決定 & 日本選手権@陸上


おもいっきりブッキングしてます~~体操と陸上!
日本を代表する選手の名前と顔を覚えて世界陸上@モスクワも楽しみましょう^^
TV情報は5月23日のエントリーで確認してみてください。


まずは体操競技。試合前のプレス記事がwebにたくさんアップされています。
加藤凌平選手、やはり厳しい体調のようで本当にいたたまれません。。。このピンチを
乗り越えて結果を残すことができるのでしょうか?くれぐれも無茶だけはしませんように。
凌平くんの類稀な運の強さを信じて!見守って行きたいと思います。

TV情報は  6月9日(日)14:3017:00 【NHK教育】
女子の方が早く終わるので前半は録画で女子、後半はディレイ or Liveで男子でしょうか。
相変わらず平行棒&鉄棒の映像だけかもホント体操は6種目あるのに・・・。

内村航平選手

  右肩、右足首痛からの復帰初戦だった5月の全日本選手権から約1カ月たつが
  完全には疲労が抜けていない。「2日目に体力がしんどいときは構成を落とす。
  6種目ミスなく着地まで決めていくことしか考えていない」と勝負に徹する構えだ。


体力回復が遅れているというのは、今まであまり訊いたことのない不安要素。。。
2日目、ある程度の点差が開いていれば難度を落とし、連覇を狙っていくということで
賢明な選択だと思います。こだわりの着地を決めて!気持ち良く表彰台に立ちたいですね。

そして陸上競技^^

今日(金曜日)男女100Mの予選が行われました。なんとなんと!!!

4連覇している江里口くんが予選落ちっっ5連覇は厳しい現状だけど、決勝進出は間違い
ないと思っていたのに信じられませんっ。足と手の動きがバラバラでした…これがスランプと
いうものなのか。指導される朝原さんもショックだったことかと

スランプといえば女子のモモちゃんも久しぶりに走って12秒台で予選落ち。。。
福島さんは追い風絶妙のコンディションだったのに、またもやB標準さえ切れない
男子のレベルの高さから見ると女子は寂しい内容です、土井あんなちゃんもB標準に届くか
どうなのか微妙。市川さんも予選落ち。女子がんばれ!

男子は10秒4台が出てもタイムで拾ってもらえず予選落ちですからね。ひとりの高校生の
出現が超ハイレベルな戦いを繰り広げています。桐生選手、危なげなく決勝進出。
派遣標準を突破しているので明日、何位になろうとも走りきりさえすれば世選代表決定!
インハイも走るのかな…。壊れることのないよう気をつけて頑張ってほしい。

高瀬くん、いいかんじの2位通過。ツカハラさん復活はびっくり!身体が絞れていましたね。
山縣くんの充実っぷりが頼もしい。高校生には負けられませんね!
4継のメンバーも気になるところです。200Mは飯塚くん大本命!
200Mの高瀬くん、連覇を意識せず自分の走りでしなやかに駆け抜けてほしい!

明日は100M決勝の前に男子10000M!何人かDNSがいるようです。設楽兄弟ガンバ!
女子10000Mは新谷さんブッチギリ!代々木から味スタへワープしたいくらいです

ドキドキ&そわそわの6月の第2週末。選手の皆さま、どうぞ悔いの残らないレース&演技を

2013全日本個人総合 epilogue  ※追記しました


日本中がサムライ・ブルーの歓喜に染まった夜でしたね~。

ブラジルW杯出場おめでとう!
ホームで決めることができて本当に良かったですね。

普段、サッカー観戦しない人達も巻き込んでしまうようなお祭り騒ぎ^^;
めでたいことは皆で喜び、感動を分かち合うこともたまにはいいんじゃないかな。

ここがゴールではなく、次へのステップとなる闘いは永遠に続きます。
1年後の本番に向けて!ザックJAPANが成長していく姿に期待を寄せていきたいですね。

  line hbln06

今週末は操のNHK杯上の日本選手権が重なります^^
特に陸上はモスクワ世界選の最終選考会なので手に汗握る結果に一喜一憂しそう…
あと、私的にプロ野球の交流戦の勝敗にも興味津々デス。

N杯はポディウムが組まれると思われるので基本、器具配置は去年と同じだと。
今回の入口も全日同様、原宿口でいいのかな?男子の場合はAA枠1名が決定します。

今、気がついたけど女子の世界選代表は4人だけなのですね!?(うっかりっ)
今年は団体を実施しない大会だからですね。
N杯では男子と同じくAA枠1名が決定、月末の種目別で残りの3名が決まるようです。

東アジア代表はAA候補者3人がほぼ把握でき(個人総合順位の上位に付けること)
全日~N杯の種目別ポイント化で上位3人が決定、、、ですが、ベルギー世界選代表と
東ア代表は重複できないので、これも月末の種目別選手権が終わるまでわからない?で
いいのかな。全日プログラムの説明はそんなカンジ。
世界選代表の種目別選出方法は複雑なので、また次の機会にします。


協会HPを見たら来年の2014ユース五輪選考方法のお知らせが早々とアップされていました。
今回、選考会は1試合のみですか・・・。それにしても4年経つのが早いわ。

2010年は全日とN杯の前座試合で予選・決勝が開催されていました。
この試合も今思えば、すっごいメンバーが揃っていましたね。
ジュニアの試合で午前中だったので、スタンドには父兄&関係者ぐらいしかいなかったのが
もったいなかったくらい!

本年度の高校2年生@早生まれの選手と、高校1年生、中学3年生が対象となります。
(来年度の高1、高2、高3早生)
栄の加藤、清風の松見、関西の堀内、鶴見ジュニアの湯浅、池谷体操クの神本各選手などが
中心となりますね。
今年の大会から一試合、一試合が勝負となります。あと、来春にはアジアジュニアもあるし
国際大会に出場できるチャンスに懸けて、一人でも多く権利を掴み取って行ってほしいですね。


すみません。全日レポは追記で夜に回します~お昼休みにポチッと送信。
追記しました。

2013関東高校選手権大会@甲府 ぷちレポ&感想


ひたすら林道を走って抜けて、途中で道に迷ってたどり着きました>緑ヶ丘スポーツ公園。

野球場や陸上競技場などがある複合施設は、地方の体育館ではありがちな土足厳禁。
車に上履きを積んでいたので事なきを得ましたが、某大学のコーチは靴下で歩いてた^^;

インハイだけではなく地方大会にも足を運ばれるんですね。各大学の監督&コーチの皆さまが
金の卵の発掘に鋭い視線を投げかけていました。遠い県からもいらっしゃってました~。

男子団体優勝市立船橋(254.050)。2位習志野(253.500)、3位埼玉栄(245.150)

市船メンバーの皆さま、団体優勝おめでとうございます。2位との差が僅か0.550点!
納得いかな~い顔がいっぱい並んでしまいましたが、ラスト2種目の出来栄えはお見事でした。
ひとつひとつの失敗が次への成長の糧になりますね。

とりあえず部活に戻ったら真っ先にあん馬の練習、がんばりましょ^^

市船はワンローテ休みのゆかスタートで、ポイントゲッターの早坂くんが2節目で難度を落としてしまい
得点が伸びなかった以外は順調な滑り出しも、次のあん馬でまさかの3人落下…
トップバッターが2回落ちてしまったので失敗できないといった緊張が悪い方に出てしまう。
元気が売り物の市船応援団もさすがに絶句してました。

が、しっかり切り変えて吊り輪はノーミスで乗り切る。跳馬はひとり、お手付きがあったけど
他はまとめ、平行棒&鉄棒は体幹の強さを見せ付ける倒立やパワフルな車輪で盛り返す!
着地も皆さん、キッチリ止めていましたね。ラストスパートの鬼のような強さはさすがでした。
今回のように最後まで諦めない気持ちを常に持ち続けてほしいなと思います。

習志野は跳馬スタート。エースの和磨くんがドゥリッグスほぼ着ピタでメンバーの意気が上がる!
鉄棒で1人落下があった以外は皆さんほぼノーミスで、市船とはたぶんプラマイ互角な内容。
スコアは全くつけていませんでしたが市船があん馬で撃沈した分、「どちらが上に行っても
おかしくない僅差」と感じました。惜しかったけれど、これも大きな自信になりますね。

個人総合は習志野の萱 和磨選手(86.350)が優勝!おめでとうございます^^

2種目めの平行棒の倒立でブレて少し歩いた以外はノーミス!とにかく動きに無駄がない!
体線の美しさを全面に押し出す繊細な中にも、力強い演技の数々が素晴らしかったです。
去年の国体での活躍、そしてセンバツ、全日本と、確実に階段を急ピッチで駆け上がっている
姿を、来週のNHK杯でまた見せていただきたいなと思います。

2位、早坂 尚人選手(86.150)最初の2種目、余計な力が入っちゃったかな…。ゴメンネお祈り
ポーズはあまり似合わない。吊り輪の直後からやっといつものガッツポーズ出ました^^
立ち上がりのミスを後半種目でカバーできたのは、力がついてきている証拠だと思います。
N杯は入れ込み過ぎないようにガンバです。

3位、市立船橋の谷川 航選手(85.450)久々に見たら身長も体格も一回り大きくなっていて
準エースとしての貫禄もすっかりついていて、苦手の見えない演技に関心させられました。
跳馬が惜しかった以外はノーミス。ドゥリッグス跳べてたんだけどお手つき、もったいなかった。
このまま安定感を磨いて更に上を目指してほしいです。

4位、岸根の白井 健三選手(84.850)吊り輪からスタート、跳馬は雄大なシューフェルト。
鉄棒の手放しワザは大逆手からのポゴレロフでいいのかな?ファビアンや中国の鄒凱が
やってるヤツ。キレイに決まっていました。
ゆか以外のDスコアは低いなりにも大きなミスなくまとめ、安定した内容でした。

注目のゆか!D6.7、E9.100 15.800は異次元の得点!

たぶん普段はD7点台のプログラムを練習していて、少し落としたD6.7は余裕しゃくしゃくで
気持ちよさげに、身体もしっかり開いて着地を取っていました。4回ひねりは封印で。
ひねりのスピードが尋常じゃない!!!7点台のプログラム、本番で成功しますように。

5位、習志野の梨本 隆平選手(84.600)足が長くてスタイル抜群でEスコアで勝負する丁寧な
演技。去年の国体は千葉少年チームの補欠帯同で、少し寂しげな表情が印象的でした。
悔しかった想いを全て演技にぶつけて!まだまだ伸びシロいっぱいありそうな雰囲気です。

6位、習志野の森 拓久馬選手(82.600)彼はひとつ前の班で、個人枠で出場していて
その中でも動きが一際シャープ!!特にゆかの演技が抜群だったので印象に残っています。
「何で個人出場なんだろう?」と不思議なくらいでした。プレッシャーもなく、のびのびと
楽しめたのが6位入賞という結果につながって良かったですね。

埼玉栄の1年生。凌平くんの弟、加藤裕斗選手が11位につけました。ゆかはD6.3で臨むも
後半息切れしてしまいお手付き。あん馬でも途中で台上落下、スタミナが課題かもです。
後半の種目は引きずることなくしっかり演技できていました。うんうん、これからですね。
失敗は成功のもと!次へとつなげてほしいです。

栄はエースの源一郎選手を怪我で欠いているため、非常に苦しい戦いでした。
キャプテン、インハイに間に合うといいですね。祈っています。

ジュニアの闘いは始まったばかりですね。体調に気をつけて、試合が続く熱い夏を
頑張って乗り越えて行ってください。佐賀インターハイ、楽しみにしています。

大会に関わった全ての皆さま、おつかれさまでした。

2013全日本個人総合 vol.6


最近、体操協会のfacebookで知りました。既に3月に発売されていたんですね(汗
田中さん監修の本です。

明日はもっと強く、美しく ― 体操・田中和仁 ― 』 (スポーツが教えてくれたこと)

51btoRlZ6PL__SS500_.jpgAmazonに飛びます。

    「技をおぼえるのって楽しい!」庭には鉄棒。家の中にはトランポリン。
    遊ぶように練習を続けた少年は、やがて“兄”として、“主将”として
    日本の体操をひっぱっていく。田中和仁の“美しい体操”は世界へ羽ばたく。
    その歩んできた体操の世界を、家族やチームの話とあわせて紹介。


ちょっと~、これってホント徳洲会のHPで真っ先に紹介してくれなくちゃ!
最近になってやっと選手&スタッフのプロフィールが一新されていました。
N杯出場選手と種目別選手権出場選手を、予定選手も含めてピックアップしてくれています。

そういえば…
選手紹介から寺尾くんの名前がなくなっていました。代々木ではジャージではなく私服姿で
ビデオを回していた姿を見たので、クラブは離れたけれど今回はお手伝いだったのかな。
お疲れさまでした。。。

「究極の美しい体操」が代名詞と言える田中さんの体操人生!読み応えがありそうですね。


全日本、ラストスパートで!