Fairy Tail

第61回全日本体操競技@代々木 vol.2

初日から色々なドラマがあった3日間でした。

本年度の個人総合チャンプ冨田選手!おめでとうございます。
初日の五輪一次予選もトップ通過。
4年連続6回目の天皇杯獲得!今年も牙城は崩れませんでしたね。。。
高いAスコア&ミスを最小限に抑える、熟練の域を極めた演技は別格でした。

表彰台の位、位には田中さんとくんが上ってくれました(^^)おめでとうー。
沖口くんも4位に入り、黄金世代トップ3が北京五輪前年に頭角を現してきて
ファンも関係者の方々も、若手の躍進を嬉しく思えた大会でしたね。

こっから私的目線で…

第61回全日本体操競技@代々木 vol.1

代々木第一体育館・全日本3日間、皆さま本当にお疲れさまでした。

疲労が蓄積されるであろう最終日、団体戦の演技内容が懸念されましたが
そのような心配は杞憂に終り、各チームの選手が前日までの個人戦から
しっかり気持ちを切り替えて臨んでいて、団体優勝を勝ち取ろうとする気迫が
観ているこちら側にも肌で感じられ、ミスを恐れることなく果敢に攻めた演技も
たくさん観ることができたのに・・・・

オーラスの「まさかっ!」の展開を誰が予想できたでしょうか。。。

スポーツナビより「男子団体は最終演技でまさかの逆転劇
体操協会HPのレポも上がっていました。

沖口選手…

2日目のAA決勝・ゆかで一本目のロウ・ユンからの切り返し前宙臥を抜いたのですが
初日の予選Aスコアが7.06.70.3)だったのに、AA決勝は6.1 得点15.300でして
予定していた他のワザの難度も落としていたのは上位に付ける為の作戦なのかな~?
とは思っていたんですが。。。

昨日の今日ですが、ボチボチと思い出しながら。

第61回全日本体操競技選手権を勝手に展望 後編

先に言っておきます…(^^;

26日(金)~28日(日)と出掛けますので、ブログの更新28日以降となります。
帰宅後の疲れが、心地よければ嬉しいんですけどね。。。

金曜の仕事を水&木曜日に押し込めてやっつけたので、夕飯は車の中で済ませました(悲)
でも不思議なことに夜、PCの前に座るとキーを叩くのは苦にならないんですよー。

液晶画面を長時間見つめる日常から…3日間だけ逃避します。

そうそう、昨夜書き忘れたのですが協会HPに事前記者会見がアップされていました。
ニュースなどで冨田&虹子ちゃんのインタは見たのですが、航平くんも呼ばれてたのね♪

美しい体操を意識して取り組んでいるのでそこを見てほしいと思います。

決してワザに溺れることなく、志(こころざし)高く、Bスコアを意識した演技を貫いた
インカレの2日間は今でも目に焼き付いています。
カリスマの聖域に少しでも近づくことができるといいですね。期待しています!

あれ?日体のジャージがピンクからブルーに変わったのって、いつだろ?
そういえばインカレの時には既にブルーだったような…桜の模様はそのままみたいね。
フロア内、再び【青×白】の色合いが増えますね~。

昨日の続きです

第61回全日本体操競技選手権を勝手に展望 前編

以下、シロウトが好き放題に呟いているだけなので大目に見てくださいませ。


えっと、10日のエントリーの補足みたいなカンジになります。

今年から最終日の種目別決勝がなくなり、初日の演技得点で順位が決定。

よって「優勝者の演技を見逃してしまった!」というケースが出てくるかもしれません。

体操協会、DVDはどうやって発売するんでしょうね~?初日の演技、全員バックアップか。

・・・と思ったら今日、協会HPでDVD販売のお知らせがアップされていました。

特別企画 世界に挑むトップの技ダイジェスト】と銘打って発売するようです。

スローやクローズアップの映像に加え、解説などがテロップで挿入されているようなので

今までのような通し映像と得点のみ表示といった不親切な中味とは異なるのですね。

ワザの名前とか組み合わせ加点とか、Aスコアも全て教えてくれると嬉しいですね。


取り合えず~種目ごとに注目する選手を上げてみようかと。

個人的嗜好入りまくりですが・・・興味ある方どぞ

有閑倶楽部 第二話

体操の全日本選手権を「勝手に展望」でも書こうかな~と思った夜10時前

ハタッと今日は火曜日だったということに気がつき、懲りずに見てしまいました。

悠理の誘拐エピって2~3話あったっけ?それらをミックスさせたような脚本かぁ。

もう原作にこだわることは取っ払っていいかもしれないねぇ。。。

20数年前と今では身の回りの機器もエライ違うしねー。

悠理が落としたデジカメって、原作ではタマ&フクのバッジだったし
(多満はともかく富久娘はもっとデブな猫を調達してよっ!)

清四郎が悠理に口止め料の変わりにコンピュータが欲しいって言ってたエピあったよね。

当時は一般人には手の届かない代物だったから、今だったら何要求するんだろう(^^;

来週の予告を見ても何の話か全くわかんなかったよ(絶句…)

魅録以外の5人はそれとなくキャラを出そうとしているのに、アカニシナントカだけが

俺流な演技で違和感ありまくり

原作知らないファン=アカニシふぁん対象のコメディだね。

男性陣の背の低さもいただけない、清四郎のカリスマ性のなさ、品のなさも許せない。

可憐も、もっと姐御肌でサバサバした気風のよさが欲しいんだけどなぁ。

取り合えず今は文句しか出てこないので、しばらくレヴューは休止します。

楽しみにしていた原作ファンには相当キツイ内容でホント残念。。。

明日はまた体操モードなブログに戻ります。

初の体操競技観戦あれこれ

ここに来られる多くの体操ファンの皆さんは、何度も競技会場に足を運ばれて

体操観戦の醍醐味を、ご自分なりに堪能していると思われますが

先日の世界選手権で興味を持ち、「初めて観戦に行きます!」という方も

いらっしゃるようなので、ナマ観戦のアドバイスなど…

参考になりますかどうかわかりませんが、書いてみようかと。

思いつくまま順不同に

気持ちのよい秋晴れ

朝から澄んだ青空が広がり、久しぶりに瑠璃色の富士山がくっきりと浮かび上がって
頂上には薄っすらとが積もっていました。

昼間は汗ばむくらい暑かったですね~9月半ばころの気温だったそうで。
来週末もお天気だといいですね。

今週はボケボケな一日がありまして・・・

昼間、自宅車庫に車を入れる時、いつもその時間帯は隣のスペースは空いているので
その日もてっきり空っぽだと思い、後ろをよく見ずにバックしたらガガガッッと衝撃がっ!

母親の車の後ろフェンダー部分を思いっきり引っ掻いてしまいました。
「忘れてた!今日から3日間旅行中だから車、置きっぱなしだったわ。」

私の車はたいしたことないんだけど~動いてないヤツの方がダメージ大きいね。

で、買い物して帰ってきて、2階の洗面所で使う歯磨き粉を買ってきたハズなのに
寝る前に使おうとしたら、どこを探してもない!
スーパーで袋に入れたのは覚えているのに~~見当たらない。。。

次の日、キッチンの調理台の隅のラップを置く場所に立てかけてあったわ>ハミガキ粉
無意識のうちに箱を手にとって、そこに置いてしまったのね>ぢぶん

注意力散漫になっているとロクなことがない・・・気を引き締めて過ごしたいものです。

-----------♪

バレーボール・W杯

最初は女子から開催されるので、番宣兼ねてメディアに出る機会が多くなりました。
男子も同じように出てくれるかな?風当たり、厳しいから無理かなぁ。

芦別が終了して、今日から堺で合宿ですね。見学行きたい~。
いやいや、それよりも何よりも!体操の全日本選手権が待ち構えています。

体操ニュースいろいろ

昨夜、PCを立ち上げると同時に検索を開始するRSSにヒットしたニュースで
寿思選手が怪我をしたと知り、ビックリ!
体操協会HPにも、時を同じくしてお知らせがアップされていました。

今日になって御本人のブログも更新されていまして、
(剥離)骨折といっても、そんなたいしたことはないです」という書き込みに少し安心しました。

応援してくれる人にはとても申し訳ない…」と、何よりも先にファンを気遣ってくれる言葉が
彼の人柄を表していまして、こちらの方が恐縮してしまいますね。

特に今年はオーバーワーク!なんて生易しいもんじゃありませんでしたからねー。
・・・っていうかアテネ代表6人の中で唯一、五輪後の国内主要大会は全て皆勤賞!

尚且つ!世界選手権も三大会連続出場といった、スーパーハードな三年間を
まるまる突っ走ってきたワケでして、、、
『ここらで少しオーバーホールをしましょうか…』と言った体操の神様から
休息を与えられたと、前向きに受け取った方がいいかもしれませんね。

12月の豊田国際には出場できる見通しのようですので、ホッとしました。
いくつかアップされてたwebニュース内では
来春に行う2次選考会へ直接出場させるなどの救済措置を検討する
と書かれていましたので、再び進化している姿を楽しみにしたいと思います。

そうそう、13日のエントリーの補足ですが…(重ねて補足ばかりだわ、最近 ^^;)
2次予選・協会推薦枠の6名とは【最高6名まで推薦できる】という意味だそうでして
推薦される人数によっては【30位+アルファ】があるかもしれません。

今のところ、鹿島くんと寿思さんは推薦枠で出場できると思われますので
微妙な順位に付けてしまった選手は針のムシロ(?)でしょうか。

それよりも何よりも!

先日、たまたま見つけたwebニュース佑典くんのことが書かれていまして。。。
国体・少年男子の和歌山チームに彼の名前がなかったので、心配していたのですが
春先からずっと具合が悪そうだった右手首、やはり思わしくないようで・・(T_T)

大事をとって回避したと願いたいのですが、どのような状態なのか本当に不安です。
もしかしたら、、、思い描いている演技はできないかもしれないけど
決して無理せずに、2日間を乗りきってくださいね。

気分はすっかり保護者です。。。

思うことツラツラと・・・

帰宅してテレビ付けたらサッカーやってた。
ん?オシム・ジャパンのゲームなのね、ひさしぶり。

憲剛くんの素朴な雰囲気、好きです。プレーもCleverでシンプル。
欧州にいる代表組が加わると控えに回ってしまうのが本当にもったいない。

大久保選手、代表初ゴールは意外!っていうか、シュート打っても打っても
ゴールポストに嫌われて入んなかった試合が走馬灯のように思い出されるワ。

ボクシング亀田親子の謝罪…(-_-#
息子さん、もしかして‘朝青龍病’かしらん?
ブイブイ言わせていた人達が借りてきたネコのようにショボーンとしている姿はチト滑稽

ゴルファー石川 遼クン
毎週っていうくらい試合の連続で、学校へは・・・なかなか行けてないんだろうな~。
Titleistのサンバイザー、すっごい宣伝効果ですよね。

そうそう、今年のNコン。高校の部は彼が通っている高校が優勝しました。
「どう聴いても一番は他んとこだよな~」と、VTR画面に向って突っ込みまくったのですが
ぜ~ったいNHKホール内もざわめいていたと思うよ、ホント。
んー、主観が入る採点審査はワカンナイ!体操の採点もわかんない!

優勝校の伴奏者、プロのピアニストだったしー。あれはちょっと…
テナーも全然歌えていなかったのに最高順位??には、首をかしげる結果でした。

合唱は素晴らしいのに、女子高校生の伴奏が「…」の学校とか、、、
伴奏者の制約は必要かもな~。
あ、遼クンには全く関係ナイ話になってしまいました、すみません。

TVでは反町・ジャパンの戦いが始まっています。

有閑倶楽部 第一話

もうイヤ・・・何?このテンポの悪さ??

キャストはともかく、魅録メインでストーリーが進む事が不自然!!
魅録といえば・・・男気たっぷりで、清四郎の片腕的存在で、恋愛うんぬんのエピは
一話ぐらいしかないくらいメッチャメチャ硬派なのにーーーー(怒)

赤西ナントカの佇まいが、そもそも許せません。誰かどうにかして~!
最近わかったけど清四郎役も、美童役の男の子もジャニーズなんですね…

もう~~美童色モノ担当として100歩譲ったとしても、清四郎がダメ・だめ・DAME
一生懸命役づくりをしている努力は見えるんですけどね。

凛とした知的さも、クールさも、和装の着こなしetc…ぜ~んぶ×なんですけど…
髪型も彼の象徴であるオールバックの簾アタマでなければいけないのに~何アレ、ヅラ?
難しい役ドコロなんで「この役者さん!」っていう例えもパッと思い浮かばないなぁ。

原作はあんなに面白いのにぃぃ(涙)

プロローグはまあまあ良かったのよ。一巻の一番初めの生徒会室のコマ割が出てきて
「わぁ~有閑倶楽部のメンツが動いているよ」とチョット感動。

男山多満自慢富久娘アケミサユリも出てきてくれて、それはしい。
万作さん、時宗さん、あと時宗さんの部下二人がいい味出していたのは頼もしい。

悠理はピッタリ!(悠理役の美波、フランス人と日本人のハーフなのね)
粋がって目を剥く表情とか、髪型とか、小柄で動物的な仕草などは及第点だと。

可憐はビミョー(…っていうか、美童と身長がたいして変わらないってありえない)
喋り方がイメージと違う、もっとこう華やかで自身に満ちた、ハキハキしたセリフ回しを願う。

野梨子もイマイチ~もっとドン臭さを前面に押し出さないと、いざという時の大胆な行動が
活きてこないよね。大和撫子というよりエキゾチックな顔立ちが野梨子のキャラとはズレる。
でも香推由宇の芝居ゴコロに期待したい。

最悪な演出&脚本も中途半端な社交ダンスネタと、ワケわかんない魅録の恋愛モノ
元ネタ知らない視聴者が見ていても、きっとイライラしてただろうなー。

うーん、どうしよう。。。
とりあえず2話、3話まで見て改善されないようならリタイア。
いや、怖いものみたさで見続けても、あまりにもしょーもなければレヴューは止めときます。

復活したHP

今年の5月半ば頃から一時、閲覧できない状態だった日体大・体操競技部のHP
9月の初旬頃から見られるようになっていました。
扉ページの写真・・・【日体大のシンボルの後ろ姿】というのがですね。

ユニバ関連のリザルト&出場選手のコメントと一緒にアップされてた集合写真を見て
現地のスタンドから眺めていたことを色々と思い出し、和んでしまいました。

選手と男子チームのスタッフが一緒に映っている写真の後に、表彰式のプレゼンターを
務めていた民族衣装を纏った大勢のタイ人女性に囲まれて、選手5人が記念写真を
撮っていたのですが、皆さんかしそうな、しそうな笑顔でとても微笑ましかったです。

金メダルを多く獲得した寿思さんがやっぱり一番人気でして、大勢のタイ人スタッフに
囲まれてしまい、応対に戸惑っているようにも見えました。

そんななか、最年少の航平くんは現代っ子ぶりを発揮してまして(?)タイの女性と言葉が
通じているのか、いないのかわかんないけどコミュニケーション取ってましたね~(^^)

御本人…コメントでは悔しい気持ちばかりで、反省の色合いが強い内容ですが
種目別のゆかは、レポにも書きましたが失敗を恐れずに本当にのびのびと演じていた
リベンジ狙っていたインカレは団体も個人でも優勝を成し遂げて、まさしく有言実行!

最近の読売新聞に載った記事では「全日本では3位以内に入りたい」と言ってますので
これも勢いで突破しそうな予感がします。

2次予選のところにアップされている、指導部の先輩と一緒に写っている写真の表情が
とってもステキなので、充実した競技生活を送っているんだろうな~と。。。

「自分の演技をすれば結果がついてくる!」敵は誰でもない、己自身なのでしょうね。
全日本では多くの関係者やファンから注目されるプレッシャーを跳ね除けて、
ひとつでも上の順位を目指して、頑張ってくださいね。

世選の沖口くんのコメントや、インカレのリザルト&写真アップも待ち遠しいところです。
(管理人さま、全日本が始まる前に是非ともヨロシクお願い致します~)

正確性よりダイナミックさを評価

水曜日(10日)のエントリーの補足ですが・・・

さっき新聞をバサバサと拡げていたら、926日付【日刊スポーツ】の紙面・半分程の
体操記事内に「北京五輪への道」として、説明文が載っているのを見つけました。

えっと

  全日本の初日、72名が出場し、上位30人+日本協会推薦
  来年4月の第2次選考会(代々木)に進む見通し。

  選考会は18名が突破得点半分を持ち越して、最終選考会を兼ねた来年5月の
  NHK杯(岡山)の全得点と合計して、五輪代表の枠を競い合う。

これ、たぶん体操協会HPの理事会の議事録のどこかに書かれているものだと思いますが
詳しい選考方法は流動的で、今の段階では決まっていないかもしれません。
全日本のプログラムには現時点でどのように書かれるのか?興味ありますね。

特集記事は「体操ニッポンに難題 採点のずれ」と題して、国内選考法と
シュツットガルト世界選の採点基準のずれを分析していました。以下↓要約



  補欠から繰り上がって活躍した寿思選手…世界選で抱いた感触のコメント
  『海外はパフォーマンス重視で、すごい演技をすればB得点を引かない傾向にある
  海外でやれば、美しさが持ち味の選手と勝負できる



  新採点法になった’06年以降、厳密に正確性を追求した日本と、観客を
  沸かせるようなダイナミックさも評価する、世界の“目”にズレが生じていた。
  北京の採点は当然のことながら“世界基準” 基準を世界に合わせる努力が求められる。


  塚原強化委員長…軌道修正の必要性を強調したコメント
  『雄大さにもきちんと得点をつけるように(審判に)指導しないといけない。
  選手選考の序列が狂わないようにしなければ。



  全社で12位に入った中野大輔選手…自信を得たコメント
  『ダイナミックな演技でB得点が出ることがわかった。ボクの体操が通用すると思った。


うーん、私としては・・・

体線のしさは言うに及ばず、ワザが地味でも堅実で、シンプル&スケールの大きな
捌きが持ち味の、スタイリッシュな体操が好きなんで、
少々ガサツでも派手さ&力強さを前面に押し出したイケイケな体操はイマイチ苦手~。

観客を沸かせる=ガサツとは違いますが、世界大会に出場している一部の外国人選手に
イケイケな演技の傾向が強いかもしれないなぁ…とは感じます。。。

新聞記事は

   “世界向き”の選手が代表選考に波乱を呼ぶかもしれない
  
・・・と締めくくられています。

なんだかな~。
「世界基準のBスコアの修正、見直しを余儀なくされる」という意味はわかりますけど…。
どこかで何か“カン違い?”が起こらなければいいのですが。
今回は全日本のBスコアの動向を注目してみようと思っています。

ココロはすでに12月…

バレーボール・World Cup 200712月の一週目で終了。

二週間後の15日(土)から2007-2008年のV・プレミア LEAGUEが始まります。
そういえばバスケの日本リーグも名称を「JBL」と変更し、昨日スタートしたようですね。

へ?平日なのにー。

それでも5,700人以上ものバスケファンが東体に足を運んだとのwebニュース
TVのスポーツニュースで見たけど、205cmの双子の兄弟って、、、、すごい!
小さい頃から注目されてきたんだろうね。何食べればそんなに大きくなるのかなぁ。。。
二人とも日本代表選手ですが、国内では別々のチームだそうです。

話、逸れました。

男子は今季も東レメインに県内の会場は日帰り強行日程で、行ける範囲で観戦予定。
北九州市の堺BzのHGにも東レ戦が組まれているので、これは迷うことなく遠征決定。
山梨もあるし、東体も一週組まれているし、東レファン、今年は動き易くてウレシイね(^^)

1LEG2週目、22日(土)23日(日)の草薙・・・

日曜日の試合は三試合目に女子東レvsパイオニアといったお得感一杯なカードが!
静岡で佐々木みき選手&パイの試合を観るのは4年ぶり。
女子のプレミア観戦も久々なので今からワクワクしてます。

12月は大忙し!

寿美礼ちゃんのサヨナラ公演もあるし、帝劇観劇、男子・W杯最終戦
V・プレミア開幕・・・と続き、既に土・日はぎゅうぎゅう詰め。
そんなワケで・・・2週目に行なわれる「豊田国際体操競技大会」はパスします。

豊田よりも北京のプレ五輪に行きたーい!でも日程が平日で月末なんだよねぇぇ(ToT)
それだけがネックでメチャメチャ悔しい。

スケジュール帳を見ながら、計画立てている時が一番シアワセな自分がいます。

今クールのレヴュー

やっぱり今回も漫画が原作のドラマが多いのかな~?

坂口憲二が主人公の病院のヤツとか菅野美穂ちゃんのも漫画が原作ですよねー。
読んだことないのは興味ないんで、今クールは迷うことなく「有閑倶楽部」!

単行本は取りあえず全巻持っています。
そうそう、単行本といえば「のだめカンタービレ」まだ全部読んでないよ。
ドラマ見てしまったら、自分の中でお腹いっぱいになっちゃったんだろうな。。。

有閑倶楽部のキャスト・・・

魅録役の赤西ナントカと野梨子役の香推由宇は認識できた!
がっ、他の4名がワカリマセン。でもって何で魅録が主人公なの??
漫画では悠理清四郎がメインだと思うんですがー。
美童はどーしてロン毛じゃないの?制服の色使いがなんだかアヤシイ…
HPの扉絵だけでツッコミどころは多々あると見ました。

んんー、今流行りのセレブ感をいっぱい散りばめた内容から、オカルト&誘拐→身代金
色々ひっくるめたドタバタ・アドベンチャーといった、スケールの大きなネタばかりですので
果たしてどれを引っ張り出してくるのか(^^)ちょっと楽しみです。

予想としては魅録の友人(ユウヤ)登場、野梨子さん初恋のヤツやるかな?
もちろんユウヤはジャニーズの誰かが特別出演で。(どーでもいいけど)
時宗さん所有のポルシェを派手に壊滅させるシーンとか、セレブならではのネタ満載!
あまりにもわかりやすいかも~

来週から始まるのね。火曜日夜10時、日テレ系列だそうです。

全日本の班編成

10月26日(金)~28日(日)に行なわれる第61回 全日本体操選手権大会
初日、個人総合予選の『班編成』が発表されていました。

1日目が2008年に行われるオリンピック競技北京大会の第1次予選の成績となる
と謳っているので、ここで上位に入らないと来年の2次予選に進めないのでしょうか?

ん~、一発勝負の厳しい世界です。2日目が本年度のNo.1を決めるAA決勝戦
持ち点なしなので、初日の気持ちをリセットして臨むことができますね。
んでもって最終日団体戦です・・・。

例年とは違うタイムテーブルなので、この新採点法の疲労をどこまで打破できるのか?
各選手&チームとも、体調維持やスタミナ確保の方法に余念がないと思われます。
6-5-5制なので3日連続演技をする選手が多そう、、、がんばって欲しいですね。

Ⅰ班とⅡ班の境界線は、大学生&社会人の個人順位の上から31位までの選手+
全日本ジュニアの位以内の高校生選手、計36名がⅡ班に振り分けられています。

跳馬から始まる組に米田さんと今年の高校生ワン、ツー、佑典くん&小泉くんが一緒。
ちょうど一回り(12才)の年の差。。。ベテランと新しい世代の戦いも見ものです(^^)
つり輪から始まる3組にも直也くんと、高校生の今井くん&出口くんがいます。

アテネ・メダリスト&最年長選手としての貫禄を見せてくれることも期待したいですね。
インカレと全社の覇者、航平くんと冨田くんが「ゆか」からスタートってのも面白いかもー。
(航平くんがゆかで飛び出し、あん馬&つり輪で逆転され、跳馬で再びリード??)
沖口くんも同じ組なんですね~後輩に負けられませんね。

「勝手に展望」なるエントリーは、また日時が迫ってきた辺りに呟きたいと思います。


そういえば先日、ひたちなか市で行なわれた社会人大会…
アテネ直後の仙台市で行なわれた全社から数えると、ちょうど4大会目だったんですね。
仙台宇都宮北九州ひたちなか

アテネ五輪で体操に興味を持ったファンの方々は、ほとんどの大会に足を運んでいると
思われますが、とうとう4年目に突入です(^^; 仙台で行なわれた全社、懐かしいですね~。
(何が一番驚いたかといえば、無料で観戦できたことにビックリ!)

よって全日本の観戦も4年目!
代々木尼崎代々木代々木

やっと米田さんと中野大ちゃんが加わり、揃って元気なアテネ・メンバーが見られると思ったら
また鹿島くんがいない・・・・。鹿島くん、全日本は4年連続欠場となってしまいました。

2004年、アテネ五輪人気で盛り上がっていた代々木第一体育館
スタンドの下で隠れながらフロアを見ていた彼の姿が、つい最近のような気もしてしまう。
月日の経つのは本当にあっという間ですね。。。

宝塚歌劇団×SMAP

2日連続ヅカネタ行ってしまいます。
スマ☆スマの「スペシャルレヴュー!!

2時間の特番だとは知らず、10時にTVの前に座って見始めて焦ったけど
見たいヤツは番組ラストだったおかげでセーフ!

いやー、中居くんの【テロテアリーナ】笑ったわー。
やらされている感100%なのに本番はマジになるトコ、好きよ。

んでもって宝塚歌劇団とのコラボ!

これまたタニあさこといった小顔&足がい&10頭身なトップを持ってこられ
さすがのスマップ5名も横に並ばれるとキツイー。

で、この大階段!スマ・スタッフが作ってくれたんですね~(^^)すごい!
電飾まで付けてくれてヅカファンは超感動~~。

以下ネタばれ。まだVTR見てない人は気をつけて。

宝塚観劇&お見舞い

今日は東宝劇場のマチネ、月組公演を観劇後、川崎市内に住む友人が入院したとの
知らせを受けたので、お見舞いがてら2年ぶり!に会いに行ってきました。

月組さんは初日が開いて3日目。最初が謝先生のオール・プロデュース作品
ヤマトタケルをモチーフにしたスピリチュアル・シンフォニーといった
訳わかんない前振りタイトル。【MAHOROBA

お衣装←PCで「おいしょう」と変換すると、まず「追証」と出てくる(^^;
ヅカ用語は何でもかんでも「お」を付けたがる。
その、お衣装がだいぶ以前、遥か~な昔に見たことあるヤツばかりで虫干し状態。

ヤマトタケルの恋人・オトタチバナが海の神の‘怒り’を沈める為に、投身自殺
そのあとを追うように彼も命を絶ち、ラストで鷺になって大和の国へ帰って行く・・・
といったクライマックスで、「ああ、確かそんな物語だったね~」とやっと思い出す。
ニブ過ぎ>ぢぶん

遼河はるひが場面をひとつもらっていた。一緒に出ているのは龍 真咲ですよね?
二人とも背が高くてがあった。
祐飛くん…お芝居もショーも、その他大勢な扱いに「」存在感は抜群なのに…
越乃リュウ…素顔は知らないけど舞台姿は間違いなく!嫁2~3人いてもおかしくない

あさこ(瀬奈)…歌に抑揚が出てきて上手くなったな~と思いました(音程はアヤシイけどね)
滑舌も相変わらず速過ぎて、何言ってんのかワカンナイ歌詞&セリフが時々気になる。


休憩を挟んでミュージカル【マジシャンの憂鬱】・・・うーん、タイトルに突っ込みどころ満歳!
オープニングにカードゲームをチラッと披露してくれたので、
「おお~、あさこちゃんが色々なマジック見せてくれるのね~」と期待大で観てたら大間違い。
最初だけー

で、誰が「憂鬱」だってー?っていうくらい、お気楽極楽なオチャラケ内容でして
ミュージカルというよりはドタバタコメディ??取って付けたようなレチタティーヴォに苦笑…

あさこにはこんな中途半端なコメディじゃなくてガッツリ大爆笑を誘うヤツ、やって欲しいよ。
っていうか、次のミーマイも役どころが似通った雰囲気なんで、ファンはストレス溜まりそう。

まぁホント、あさこの立ち姿が10頭身(?)異常なくらいの顔のちっちゃさに毎回ビックリ!
で、路線男役8人口のシーンの真ん中に立つと、なんと彼女が一番背が低い(除:きりヤン)
宙組も大きいけど月組もみんな大きいですねー。あさこ、花組の時より縮んでしまった(汗)

睡眠をしっかり取って観たせいか、久しぶりに眠くならない舞台でした、マル。

 日(月)のSMAP×SMAP組&組ジェンヌが多数出演!
  パロディってた「竹の塚」とは違う本物との共演、乞うご期待!(^^)

-------------♪

あさって、火曜日が手術日と聞いてきたのに、メチャクチャ元気な友人(^^)

しょっちゅうメール交換しているせいか、2年ぶりの再会も顔見た瞬間から爆笑話が始まり
病室で声を押し殺しながら喋り倒してきました~。あー面白かった。

彼女の顔見たら泣いちゃうかも・・・・と思っていったのに。。。

あまりの明るさに拍子抜けでした、が、、、事態は深刻。
でも、しっかり完治させて予定している計画を実行することを目標に病気と闘おう!
といった前向きな気持ちを持っていることがわかり、救われました。

すでに流動食を食べ始めているのにー!

  「あ~、お腹空いたからお菓子食べちゃいたい!」などと言い出したので、私が

  「おいおい、勝手にそんなの食べて先生に怒られないかな?」

  「いいんじゃない?もう知らないよ~。持って来てあるから食べよう ^^

二人で‘うなぎパイ’をバリバリ食べてきちゃったよ。うんうん、美味しかったね。
一日も早く退院できるといいね、がんばって!また顔、見に行くからね。
くだらない爆笑話に付き合ってね。

今、学生スポーツが熱い!

順天堂大学・体操競技部HPインカレのレポがUPされていました。
主務の真壁さん、キャップの西村さんが書いてくれています。

そっか…。

ラスト6種目め・・・あん馬が始まる時点で日体大に点も差をつけていたんですね。
応援団の雰囲気から「リードしているんだろうな」とは思ったけど、それまでの5種目、
最高の演技をしていた順大メンバーが【優勝】という文字を意識した途端、崩れてしまった。

全日本の団体でリベンジ!」西村さんの言葉に期待したいです。

順大スポーツWEBでは写真入の結果が既にUPされています。
腰に手を当てているのは…西村さん、だよね?(んー、どっちだかアヤシイ)
坂本くん、星くんのスタイリッシュな脚前挙姿勢。ずーっと見てても飽きませんね。

全日本の団体戦、どのチームも同じ条件ですが選手層の厚いチームが有利かな?
個人総合直後で2次予選進出の結果もわかり、悲喜こもごも(-"-; 
最終日まで、しっかりモチベーションを保てるといいんですけど…
体力&気力勝負となりそうですね。選手の皆さま、ガンバ!です。

バレーファンのブログは今、シニア選手よりも大学生チームのファンブログいです。
秋のリーグ戦も始まっているし、インカレも待ち構えていますので燃えていますね~。
皆さん、本当にバレーボールが好きなんだなぁ・・・と感心してしまいます。
貴重な休日の時間をやりくりして、体育館へ足を運ぶ熱心さに学ぶものがあります。

学生の競技会って、本当に、観ているだけで心が洗われますね。
箱根駅伝がナゼあんなに人気があるのか、わかるような気がします・・・。

体操競技…一部のトップ選手のファンの皆さんにも、大学生や高校生の選手達が
成長していく姿を、もっともっと注目してもらえればいいなぁ、、、と思っています。

国体@体操競技・少年団体決勝!埼玉が優勝しました。

栄を中心にしたメンバー、宗像くんは国際ジュニアに続いてお疲れさまでした。
2位は大阪小泉くんも2週間前、2日連続6種目こなしたのに!秋田でも活躍。
タフですね~「寿思2世」!?(^^)本当に頼もしい存在です。

全日本でも良い演技ができますように。。。

W杯とか国体とか

11月から始まるバレーボールW杯のチケットをそろそろ購入しなければ…
で、組み合わせ表(←pdf)を見て迷うことなく12日!東京体育館のブラジル戦を。

前日のブルガリア戦も観ようかな~。ニコロフ大先生がいらっしゃるだろうし
アロメン…たぶん全員三島から駆けつけるでしょうし、トミーvsニコロフ見たいし。

って何?19:30試合開始って!?これじゃ当日中に家に帰れなーい(涙)
日のブルガリア戦を観て一泊して次の日は家帰ってテレビ見ろ!ってヤツ?

で、スケジュール帳をみたら12日は帝劇でソワレ「モーツァルト!」観劇予定が!

ダメぢゃん・・・凹

せっかく東京に来てるのに、ブルガリア戦もブラジル戦も観られないのは悔しい・・
根性でブラジル戦をギリギリまで観戦して途中で抜け出します。

アリーナ指定が10,000円って、「これでもかーっ!」てなくらい吹っ掛けてますよね。
これってサイドもエンドもないのね。ここは大人しく3,900円のスタンドA指定で。
あ~、でもジャニーズのなんとかっていうグループ目当てのファンも多いんだろうね。

4年前、男子は本当に切ない試合が多くって・・・最後の方はあんまり観ていなかったな。
初戦に勝って、ヒーローインタを受けたカトゥが抱いてた赤ちゃんも4歳かぁ。
月日の経つのは本当に早いですね。。。

----------♪

秋田で開催されているわか杉国体

今日は体操競技・成年団体決勝が行なわれたようです。優勝は岡山
メンツが関西OBで豪華でしたね。立貴くん、出場したのね~(^^)

インカレは個人枠で登録されていましたが、当日団体メンバーから振替えられた選手が
入ったため、フロアに姿はありませんでした・・・。
田窪選手、立貴くんと演技が続く岡山チームのあん馬はしばらくの間、最強でしょうね。

静岡は6位でした。一輝選手、演技できたのかな…。
明日は少年団体決勝が行なわれます。

9月のキーワード

8月はうっかりスルーしてしまったアクセス・ワードのエントリー。
9月分を忘れないうちにアップ。

ドイツ世界選手権のおかげ?で、トータルアクセスが久しぶりに1万2千近くまで伸びました。
以前いらしていた方や、新規の方に過去ログを読んでいただけたようです。
拙いエントリーのお目汚し、恐縮しております・・・。

そして何と!今月一番多かったワードは「冨田洋之」を抑えて「沖口 誠」がトップ

いやー、N杯放送直後からジワジワと増えてきていたのですが
世選のNHK地上波放送終了後に一気にブレイク!
人懐っこい笑顔と、スペシャリストとしての脚力に興味を持った人が
多かったのかもしれません。

沖口くん見てるとサッカー選手になっても大成していたんじゃないかな~と思いますね。
SBでガツガツ当たって、ライン際を一気に突っ走ってくれるチャンスメーカー!
イメージぴったりです。
元々サッカー少年だったようですしね~体操競技を選んでくれてありがとう!

そうそう、4年前の2003年に横浜で開催された国際ジュニア
選手として試合に出場したのは同じ日体大の青山くん、日大の田中さんでして
沖口くんはオープン参加の選手だったんですね。
ちなみにAA優勝ファビアンくん(当時は16歳!) 田中さんが位入賞でした。

同期生4名、それぞれ各大学のエースとして活躍しつづけた4年間。
世選やユニバ代表選手となり、憧れの五輪代表選手の夢に着実に近づいていると。。。
新しい環境で迎えることになる五輪予選会、上手に乗り切って欲しいなぁ…と
切にっています。

二人に続くのが航平くん、米田さん、千葉さま、佑典くん、くん、寿思くん、ファビアン・・・
あ、ファビアンはハンビュヘンで来てます。千葉さまネタ、全然書いてないのに根強いなぁぁ。
芦別キャンプ、頑張っているようでなによりです。
バレーファンさんのブログに色々とアップされている写真などを見て、癒されています。

以下印象に残ったヤツを少々・・・

投票結果、まとめました

今日から10月。。。

いつぞやの蒸し暑さがウソのように肌寒い衣替え初日となりました。
・・・ということで、テンプレもお色直し。

薄い紅色モスグリーンブルーグレー、好きな色でまとめてみました。
まだまだ紅葉のシーズンには早いということで…初秋の雰囲気、出てるかな?


2ヶ月に渡って初めて行なった投票企画!たくさんのコメント、ありがとうございました。
やはりシーズン真っ只中ということで体操競技へと数多くの票をいただきました。

体操…           25
バレーボール…     
宝塚…           
テレビ番組レヴュー… 
他愛もない日々の話… 

レポートを楽しみにしています」という言葉が本当に、とっても嬉しいです。

観戦に行きたくても行けない方々や、観戦された方々にも共感してもらえたらいいな…と
少しでも会場の雰囲気が伝わるように、それでも書きなぐり状態で申し訳ないんですが、
楽しんでいただけている声が聴けて本当に嬉しいです。

いや~、以前も言いましたが冨田選手ファンの皆さんが多く訪れてくださっているのに
彼に関するエントリーは毒づくことが多くってホント失礼しちゃいますよね、まったく(汗)

どれもそれも、王者であるが故の『敬意』を込めて書いていることをお察しくださいませ。
もし気分を害したことがありましたら
「アンチが何か言ってるよ・・・・」と鼻で笑って立ち去ってくださいね(笑)

あと、選手の御家族の方にも投票していただき、誠に恐縮しております(マコトに… ^^;)
世界選手権→インカレといった強行スケジュール!本当におつかれさまでした。
体操ファン皆が期待していますので、北京五輪へ向けて尚一層のご活躍を
心より祈っております。

バレーボールにも多くの投票、ありがとうございました。

レオも忘れていませんよー。あのWC・キューバ戦、韓国戦からもう4年経つんですね…。
今年は残念ながら選ばれていませんが、パイ&レオのことは今後も注目して行きます。

モチロン、千葉さま&とみーも!

来年の2月、北九州のブレHGに東レが参上しているので今から行く気満々です。
シーズンに入りましたら自然とVプレミアのエントリーも増えて行きますので、また一緒に
盛り上がって行けたらいいな~と思っております。おっと、ソノ前にWCがありますね。

数少ないカテゴリーにも清き一票、ありがとうございます。
うんうん、誰がしてくれたか一目瞭然!いつもアリガトね(^^)

次の投票企画も温めておりますので、設置した折には又ご協力よろしくお願いします。

秋田では国体も始まっていて「スポーツの秋」たけなわですね。
これからも~くだらないことやら文句やら、いっぱい呟いて行くつもりですので
こんなんでよろしければ今後ともお付き合い、どうぞヨロシクです。
ありがとうございました。