Fairy Tail

気になることいろいろ

体操競技
19~20日に弘前で行われた東日本インカレの結果が協会HPにアップされない!
いーかげんシビレを切らしておりますー。

日体大のHPも最近になってアクセスできないし、どうしたんでしょ?
それはそうと大学生の体操選手の皆さん「はしか騒動」はダイジョブかな?
N杯出場の選手に何も影響がありませんように…

男子バレーボール
植田ジャパンの皆さま…本日アメリカチームと戦うために渡米しました。
ウィンスコンシン州のグリーン・ベイという所まで←どこソコ?どこらへん?
・・・・地理に疎くて見当つかない
中一日で時差ボケとか体調とか色々と心配はつきませんがガンバレ!

あるスポーツカメラマンさんのブログでJISS合宿の様子を教えてくれていました。

相変わらず終了後はトミー&こっしー、仲良くモッパー。ツーショ写真が可愛かった。
トミーはちょっと痩せましたね~。休日はひたすら身体を休めて寝ているそうです。

今、店頭に並んでいる『 Tarzan 6月13日号 』にガイチ監督、カラーで載ってます(^^)
男性化粧品?の紹介ページ。タイを外したラフなポーズでカッコよく写っています。

タカラヅカ
とうこちゃん東京お披露目公演はパス。のお披露目(エリザ)はチケット次第。
あと「レ・ミゼ」を一公演。新之助ちゃんと宮沢りえの「ドラキュラ」も観劇予定。

旅行
今のところ遠くへ行く予定は入ってないわ…温泉行きた~い。
箱根の紫陽花を見がてら近場でいいのでお茶を濁したい!

ピアノ
あらためてエントリーしますが今年はコンクール、小三、中三 高二がチャレンジ!
今日申し込み完了。来月(6月)からは週2ペースでレッスン開始。

今、NHKで平原綾香と♪千の風になって…の歌手の男性←名前失念(^^;
がコラボしてます。
ってか、もう最近は顔は覚えているが名前が出てこない~~っていうパターン多すぎ!
健忘症の一種なのかね?もうダメね。。。
しばらくして忘れた頃に「思い出したっ」と浮かぶのがしょっちゅー。

平原綾香、不思議な声の持ち主ですよね~上手いのか下手なのかわからない。

テレビ番組
今クールはドラマ…ひとっつも見ていません。よってレヴューはお休み~。
力のある役者さんが主演してたり、話題性のあるストーリーが少ないせいかな?
ジャニーズ所属や若い女優さんの名前を把握するのに精一杯!
漫画原作のドラマが多いようですね。ツッコミどころ満載なドラマを次クールは希望!


新横綱が誕生しましたね(^^)白鵬関、おめでとう
まだ22歳…昭和60年・3月生まれというと今年の大卒新人といっしょ。
でももうすでに奥様も赤ちゃんもいらして堂々とした一家の主!すごいですねー。
この年代も各スポーツ、優秀な選手が多いです。

お気に入りのカテゴリーは?

FC2ブログのサービス内容の中に、Myブログのサイド・バーへ無料で取り付けられる
レンタル投票システム」という機能があるんですがー。

これ、なんだか面白そうだから取り付けてみようかな?

何の気ナシに始めたブログですが、ひとつのカテゴリーだけでは飽き足らず
あちこち顔を突っ込んでは楽しんでいるジャンルを吹聴しつつ2年と5ヶ月。

いつも来てくださる常連の皆さまが果たしてウチんとこの何に興味があって
覗いてくださるのか?ちょっと知りたくなりました。

アク解は月末にまとめてチラッと見るだけで、主にリアルタイムで話題になっている
ワードや、一見さんが残していかれた足跡ワードを把握するのみ。

常連さんになってくださっている方の声をいただいてもバチ当たりませんよね(^^;
投票の理由を書くコメントはHN無しなので、気軽につけられるからいっかな~?

ちょっと検討してみます。

取り合えず~「体操競技」 「バレーボール」 「タカラヅカ」 の三大カテゴリーと
あとは…
「上記以外のスポーツ」 「日常のどーでもいい話」 「ピアノ」←ロクにエントリーしてませんが

こんなもんでいいのかな?

最近はココの体操ファンの数とバリボファンの数が逆転しているんじゃなかろーか…
といった不安も抱いておりまする。

体操はメディアで取り上げられる機会が少なく、ファンブログも数える程しかありません。
反対にバレーボールは・・・とにかーく!大学バレー関連も含めてファンブログ&サイトが
たっくさんあって、本当にお気に入りのところをチェックするのがやっとな状況です。

ファンの絶対数が違うので仕方ないことですよね。
野球サッカー関連などはもう天文学的数字でしょうね~熱く語っているファンブログ。

マイナー・スポーツを取り上げてくれてた雑誌も軒並み廃刊となってしまい
メディアが飛びついて報道する野球&サッカーは別格!あとは若くてカワイイ、または
カッコイイ選手が活躍する競技に限られてしまう現状が悲しいですね。。。

アマチュア競技選手の晴れ舞台、4年に一度のサイクルは短いようで長いです。

第74回日本ダービー

競馬のクラシックは間際にスポーツ紙一面で大きく扱われるのでやはり気になります。

18頭中、たった1頭の女の子が見事に栄冠獲得!
牝馬のダービー出走自体も11年ぶり!同時期にオークス(牝馬限定)が開催されるため
力のある女の子達はそちらへ回避してしまうそうです。

府中のアノ坂を登りきってからの差しっぷり、それも2位に3馬身差ってスゴ過ぎ!
牝馬の優勝はなんと64年ぶりの快挙だそうです。
戦後初!史上最強の牝馬誕生ですね。

四位騎手は念願のダービー初制覇。汗と涙にまみれた笑顔がステキでした。
騎手仲間達が笑顔で祝福の握手をする姿を見て皆に慕われている方なんだろうな…と。
着慣れないスーツ姿の厩務員の方の喜びようも、こちらまで嬉しくなってしまいました。

今年は牝馬が強いみたいですね~。3歳牡馬のみなさん、肩身が狭い?
ダービー馬・ウオッカ←(ウオッカの‘オ’は小文字じゃなくて大文字なのね ^^)の
お父さんの名前はギムレット(^^)こちらはジン・ベースのカクテル名です。

スピリッツそのものの、ストレートな名前が馬の強さに表れたのかもしれませんね。
ちなみに私が好きなウォッカ・ベースのカクテルはモスコミュールソルティ・ドッグ
あんまりお酒に強くないのでサッパリ系のロングを時間かけて飲んでます。

一緒に行く連れには「もしかしてソレ、もう水になってない??」と苦笑されますが(^^;
ウォッカで思い出されるのはスピリタスというポーランドの強烈なヤツ。
アルコール度数96度という、傍で喫煙してたら瞬く間に炎上しそうな世界最強のお酒!

むか~し昔、このお酒をショットガンにして飲んでたおバカな仲間につきあって
本当に「勘弁してよぉ」な体験をしたことがあり、お酒強い人達って競争心旺盛?
まあ若さに任せて意地を張って飲み続けてたってのもありますが…

今後は海外のレースを視野に入れて活躍の場を選択していくとのこと。
男子顔負けな女の子競走馬、これからも注目していこうと思っています。

千葉進也webニュースいろいろ

今日は暑かったですねー(^^;;Aアセアセ

夕方には黄砂のせい?車で通りかかった見晴らしのいいところ…のハズなのに
澱んだ空気で視界がボヤけまくり~、静岡もけっこう舞っていたようです。

んー、都内の大学では“はしか”がトドまるところを知らず大流行
とうとう慶応大学も来月1日まで学校閉鎖だそうです。
来週末の早慶戦、スタンドの応援団に学生の姿はあるのかー?

閑話休題

えっと先日の体操に続き、今度は男バレ全日本キャップ千葉様のweb記事を紹介。
神奈川県・岸根高校のHPにアップされていました。

    「Vリーグ・堺Bz 千葉進也選手との交流会」←BGMが流れます

去年の5月…というと黒鷲が終了した直後ですね。
千葉くんはご実家が横浜なので、帰省の合い間にバレーボール教室を頼まれたのかも。
お父さまも元バレー選手だそうですので地元の関係者には顔が広いでしょうね~。

岸根高校というと体操競技にも力を入れていまして、今年日体大に入学した
石井選手がOBですね。千葉くんはバレーの名門、釜利谷高校出身です。

今、全日本はJISSで合宿中。
美雁さんブログによると「調子よさそう」ということで安心しました(^^)
でもでも、リタイア寸前だった甲斐は結局ダメでチームへ戻ってしまったよう…
残ったサイドのメンバーでなんとか頑張って欲しいです。

そうだ!JISSには徳洲会もいますので~お昼ごはんの時には同期生(米田&小川)
とも喋るのかな~?もうホントに信じられないくらい顔が広~い千葉様ですっ!

あとひとつ、5年前のワールド・リーグのサイト!

    「2002年ワールドリーグ 男子全日本メンバー

いや~若いっ!!この髪型、お気になんですねぇ。
ジャガー
さんあんまり変わってないって。
カトゥは人気絶頂期でしたねー。宇佐美が痩せてる。キータさんもなんだかカワイイ。
阿部ちゃん、高校生みたい(^^)北島くん、この頃から日の丸つけてたのね…

今年と比べてみるとけっこう大学生が多く選ばれているのが目立つかな~監督は幹保さん。
千葉くん、この年の世バレにも出場していますがピンサで起用されるばかりで、自身も
「納得いかなかった…」と、後のインタで語っていましたね。

キャップという大役を任されてますが怪我人が多く、リーグ開催中の合宿予定が
ことごとく中止になっていまして、本当に先行きめちゃくちゃ不安(爆汗)なんですが~
W杯につながるモノを得てきて欲しい・・・それだけを願っています。

体操webニュースいろいろ

あちこち色々探していて見つけたweb記事をまとめて紹介 下線部分クリックどぞ。

和歌山オレンジ体操クラブの田中佑典選手が4月のコトブス国際種目別鉄棒で
銀メダルを獲得した時の地元、和歌山の新聞一面です。

    「 鉄棒で五輪代表を迎え、銀

世界の大舞台で自分の力を90%近くも出せたことは、これからの競技会でも
大きな自信となっていくでしょうね。
スピード感抜群!やかな大ワザがしい体線から繰り出される佑典選手の鉄棒
N杯では改めて注目してみたいと思います。

もうひとつ、メダルを胸に和歌山県知事を訪問した時の写真ニュース。

    「 銀メダル獲得に伴う知事訪問

今年のお正月過ぎにNHKの地元ローカル放送で彼の特集が流れたそうです。
全日本での活躍など、色々な映像がいっぱいだっただろうな~見たかった。
水鳥選手を応援する静岡県のように、今後は和歌山県も佑典選手の成長を
見守り続けてくれるのでしょうね。


あとひとつ、すっごーい昔の記事なんですが~。
セントラル・ユニ姿に金メダルを首から下げた、冨田鹿島選手ツーショ会見の写真!
すでに体操サイトさんや掲示板等などで紹介済かもしれませんがかしさも含めて。

    「 体操金メダリスト・冨田、鹿島が被災地で生徒と交流

この写真&記事、当日の日経新聞・社会面のコラムみたいな場所に小さく載ってて
それは白黒写真だったんですが(切り取って保管済)カラーで見たいなあ…と
思っていたので、見つけた時はちょっと嬉しかったです。

違う表情で映っている写真は別のwebニュースで見た記憶がありますが
この、冨田くん「んふふ」鹿島くん「ハミカミ~」なアングルはちょっと貴重かも。

2005年1月18日付。もう既に二年以上もの月日が経ってしまっているのですね・・・

高齢者の“健康寿命”を支援

お友達から5月21日(月)付の徳洲新聞をいただきました。
(教えてくれてありがとう~ ^^)

記事をひとつ紹介♪4月30日~5月4日の5日間、湘南鎌倉介護福祉センターで
介護予防運動指導員養成講習」が開催され、体操クラブ・コーチの小川さん
介護予防主任運動指導員
として講師を務めたそうです。

看護士や介護士など参加者12名に対し、介護予防概論、高齢者筋力向上トレーニングの
転倒予防、失禁予防の体操、低栄養予防や認知症予防の方法などを指導した。


という記事内容でした。
もう一人の指導員、行本コーチの言葉が印象的です。

楽しく運動することは大切だが、その方にとって本当の介護運動になっているか?
 考えて取り組むことが大切。失禁予防運動でも男女で効果の出るポイントが違う。
 自己学習を重ねて利用者の方に合う運動を提供して欲しい。

介護していく方々も、色々な経験を積みながら日々是精進な職業なのですね。。。

それにしても小川さん、体操競技のコーチ以外にもこのような指導員の資格まで
取得して、医療関係の講習会で活躍されているんですね~。
世間はGWだったというのに5日間もの間、ずーっとお仕事…お疲れさまでした。

少子高齢化がいっそう深刻になりつつある社会ですので、今後もこのような
講習会を開催する機会が多くなっていくのでしょうね。
高齢者の方が活き活きと自立した生活ができるように支援できる介護士さんを
ひとりでも多く、一人立ちできるように助けてあげられればいいですね。

小川さん&行本氏のツーショット・笑顔のカラー写真(3cm×4.5cm)がステキです(^^)
近くに徳洲会病院がある地域の方、是非手に入れて見てくださいね。

建設中の「徳洲会スポーツセンターかまくら(仮称)」も6月末の完成を目指し
工事が順調に進んでいるようです。
地上2階、地下1階建・・・
完成予想図を見る限り、最良な環境で練習に集中できそうだな~と思いました。
今夏オープンということで。。。オープニング・イベントが楽しみですね。

10代のスポーツ選手☆大活躍!

日本時間では日曜日の深夜でしたか・・・
4年後の「2011年体操競技世界選手権大会」の開催地が東京と決定しましたね。
11月に東京体育館で団体・個人総合・種目別と行われるようです。

ロンドン五輪の予選大会かぁ。。。

はぁ~、今年のドイツ世選→来年の北京五輪がこれからなので
いまいちピンときませんが、パスポート持っていない自分としては(^^; 
国内で観戦できる国際大会は素直にウレシイ。

今の高校生&大学生選手が心身とも充実した競技生活を送っている頃でしょうか?
ベテランの域に達する選手も「東京大会までは現役としてがんばろう」というように
新たな目標になってくれればいいですね。

高校生といえば…

日曜日の男子ゴルフツアー大会で優勝してしまった高一のアマチュア選手の男の子!
一躍“時の人”として昨日も今日もメディアへの露出がすごいデス。

ハニカミ王子」ってアナタ・・・

なんでも王子つけりゃいいってもんじゃないけど、元祖王子に佇まいが似てますね。
大会名が「マンシングウェアオープン」だったので、お馴染みペンギンのロゴが付いた
白いポロシャツは主催者側の意向かな?
すっごい宣伝効果ですよね~あの白いサンバイザーも。

月曜日のスポーツ紙はトップ&2~3面共、この石川遼くんと早稲田の斎藤佑樹くん
高校一年生と大学一年生の記事でして、清々しくやかでした。
来週はいよいよ注目の早慶戦!神宮球場周辺は上へ下への大騒ぎでしょうね…。

「エリザベート コンサート ver.」千秋楽@新宿コマ劇場

言葉にならない…今後味わうことがないかもしれない素晴らしい舞台を観てきました!

去年暮のガラ・コン(梅田) 4月のお引越し公演(梅田) そしてコンサート ver.(新宿)
ウィーン・オリジナルキャストに3度も出逢えたことは奇跡に近いシアワセでした・・・

VISAカード会社で注文したチケット。選んだ日(20日)がまさか千秋楽とは思わず
(後半の日付の方が手に入りやすいかな?)などと安直な考えで、対象となる公演の
最後の日をTELで手に入れ、後で千秋楽だったと知りビックリ!

派手な跳ね橋も豪華なセットもゴーカートもドクロのオブジェも観覧車も何にもないけど
まったくもってノープロブレム!
ホリゾント奥に高い平台、両袖に向ってコの字型にスロープが作られ、重厚な金色の
“双頭の鷲”が吊物として効果を示す程度。
いや、かえってシンプルなこちらの方が全てダイレクトに伝わってきたといっても
過言ではないと。

マヤさんが歌う♪私だけに
数え切れないほどこのナンバーは聴いてきましたが、が出たのは今回が初めて。
大阪で観た時は声が前に出ていず、少し残念なコンディションだったのですが
今日はブラ~ヴォ!

とにかく役者さん達の、日本における最後の舞台を盛り上げようとする熱意が素晴らしく
もう本当に幕明けからカーテンコールまで感動のしっぱなし。

2幕のハンガリー・戴冠式の場面♪エーヤンでは観客席ほとんどの人が白いハンカチ
振り続け、舞台では役者さん達が千秋楽ヴァージョンなのかな?日の丸を無邪気に
振ってくれて(^^)会場一体となった演出に鳥肌モノ!

今回の子ルドルフはしっかり音程とれてた。とーっても良かった。マテ兄のメイク顔は
怖いだろうに~ちゃんと目を見て歌っていたのは感心。

ルカスくん…相変わらず片足半分棺桶の中に突っ込んでいるようなかれっぷり。
ママはボクの鏡の歌詞が心に染み入るように伝わってきて、なんとか助けてあげたい!
どうにかしてあげたい母性本能をくすぐられます。

カーテンコールでは今公演出演した子ルド三人が揃って出てきて、それぞれ愛嬌を
振りまき、投げ入れられた花束を役者さん達に手渡したり、軍服を脱いでルキーニや
トートに着せようとする仕草がめちゃめちゃ可愛い。

ちゃんとボケてくれるブルーノさんも、
デジカメで自分ばっかり撮ってるナルシー・マテ兄最高!
子役たち、最後は彼らに肩車されていました。
マヤさんの、クルクル巻き毛のお子さんも飛び入り参加←お人形さんみたいな可愛さ!

闇が広がるを、それぞれファースト~セカンド役者さんが歌い継ぎ、
このナンバーは歌うことのないエリザ&フランツまで歌ってくれて・・極めつけ!
最後の歌詞はマテ兄日本語
「 ・・・シズッムッセ~カイ~ヲ スクッウッノォワ~オマッエッダ
 ヤミガッヒッロォガ~ル コーテールドルフワァタチアガァ~ルゥ」
ルカスくんと一緒に歌ってくれましたー。

ドイツ語の「デェ レツェン ター」の歌詞が今も頭の中でエンドレス・・・

そのあとの♪キッチュもノリノリで。
止まない拍手に最後は左袖口から観客席のフロアにマヤさんマテ兄ブルーノさん
出てきてくれて、最後の最後まで名残惜しそうに笑顔で手を振ってくれました(感動~!)

心から舞台を楽しんでいるサービス精神いっぱいなウィーン・オリジナルキャスト&
スタッフの皆様
二度と味わうことのできないステキな時間&空間をありがとう!
日本に来てくれてホントに、ほんとうに、本当にありがとう~~!(感涙っっ)

男バレ全日本練習見学@NLP 後編

NLPでの合宿は今日19日(土)まで…

でも今日は昼前から関東大学バレーのリーグ戦が組まれているので、たぶんボール練習は
やらないだろうと思い、前日の18日(金)に行く事に決めたのが2日前の水曜日。

仕事、ぜ~んぶ土曜日に押し込んで「よぉし、これでOK!」とタカを括っていたらひとつ!
整体師さんへの連絡を忘れていてキャンセル料を取られるハメに・・・(悔)

毎度のことながらぐだぐだと。興味あるかた、どぞ。

男バレ全日本練習見学@NLP 前編

今日(金曜日)の仕事を全て明日の土曜に振替て、とうとう行ってしまいました。
青ロケの聖地!NECニューライフプラザまで~(^^)

いや、青ロケ見に行ったんじゃなくて植田ジャパン練見に。
あさっても東京行くので旅費節約を前提に新幹線を使わないで行ったら
見学していた時間より、JR&私鉄に乗っていた時間の方が倍以上の長さ!

さっき帰ってきました~府中市内の多摩川のホトリ…住宅街を抜けたのどかな場所から。
えっと、詳しいレポはまた明日。

全日本メンバー18名のうち、隆弘が膝の手術で辞退。
ヤマコフノブコフ阿部ちゃん姿が見えない…故障etcで戦列を離れてしまったよう。

で、残ったメンツ14名なんですがー

甲斐が午前も午後も別メニューでリタイア寸前???まったくも~~(-_-#)
クールダウンを見ていたら右手を全く使っていなかったので心配・・。

千葉くんもレセプション&レシーブ練習は参加していたけど午後はトレーニングROOMへ。
練習後のアイシングは脚に3ヶ所も!
盛重さんも途中からいなくなって、出てきた時には足首に巨大アイシング。

どうしよう…WLそれぞれの大会、12名登録して戦うっていうのに人数揃わないじゃん!
MBが3人(松本、川浦、トミー)しかいないから6対6のゲームができない。
オギさんもいないし、ただでさえ薄いWSも心細い限りです。。。

いきなり練習後の話


ぃゃぃゃぃゃぃゃ…千葉様、すっごい人気ですわー。
今日はファン100人位来てたかも?その内の半分以上が群がっていました。
まあ、リーグ中にも民族大移動を何度も見ていたんで今さら驚きませんが。。。

去年、4月初め頃だっけかな?

埼玉県内の小さな町で行われていた全日本の合宿見学に一日だけ行った。
まだ春休みだったせいか、こっしーファンの高校生数名と家族連れ。
あと女性ファンがちらほら。モチロン千葉くんは大ブレイク前なので、まったくのフリー

今やファンが殺気立つ雰囲気も当時は皆無。バスに向って手を振っても会釈一人占め(^^;
そんな和やかなムードもへったくれも今は遥か彼方追いやられてしまっています。

全国区な人気者になってしまった千葉くんですが、ファン応対は相変わらず物静か
かかえきれないプレゼントを手に、アイシングも痛々しくちょっと心配でしたが
練習中はキャップらしい頼もしい姿が見られ、しっかり目に焼き付けてきました。

サントのこっしー、東レのトミーに人気が集中していましたね。
大勢のファンに囲まれてニコニコ、二人ともとっても可愛かった(^^)

以上、練見後の花道レポでした。

4月のキーワード

2次選のレポに振り回されていてうっかり4月のキーワードをスルーしてました。
既に半月以上経ってしまいましたが、とりあえず毎月やってきたので手短にアップ。

んーと、バレー関係がやっぱり多かったかな~?
千葉くんは相変わらずですが、ファイナルに向けて東レのことを色々書いてきたせいか
アロメンの名前も多かったデス(^^)<ウレシイ 
トミー恭平ちゃんの名前がけっこう来てました。

そんな中で笑っちゃったのが

東レアローズ篠田歩の恋愛

う~ん、シノの恋愛は・・・まぁ色々噂は耳に入ってきますが、どーなってるんでしょうね?
先シーズンは何かと賑やかでしたが今季は全くといっていいほど静かでした(^^;

いい恋愛をしてくれているといいな。。シノが打つ鬼のようなクイックも独特なキャラも大好き。
キャップ2年目おつかれさま。全試合&ほぼ全てのセットに出場!ホントおつかれー!

長文ワードで情報収集できてしまったのが

今日は同期のゆりちゃん(天海祐希)と食事!絵麻緒

なるほど(^^)ブンちゃん(絵麻緒)とゆりちゃん、時々会っているんですね~微笑ましい。
昭和62年初舞台の73期生はトップスターが何人だっけ、4人輩出で合ってる?
ゆりぶんチャーリー(匠)、ずんこ(姿月)

自分、宝塚観劇に一番夢中になっていた時にスポットライトを浴びていたジェンヌさん。
みなさんそれぞれ舞台にテレビに、マイペースな活躍をされています。

今月のフェチ

心電図フェチ」…    アノ冷たい吸盤が肌に触れる瞬間に萌えるのでしょうか?

ワキ画像 ふともも」 「ふくらはぎの画像」…見えたり見えなかったりする所がいいのかな?

小学生の男女混合の水泳大会動画」…  なかなか条件にこだわりがあるようで。

体操シーズン突入のせいか、5月はやはり「アノ御方」の名前が多く来始めています。
あと「注目の若手選手」の名前もちらほらありまして、とーっても嬉しい!

そうそう「大分遠過ぎ」ってのが来てました。
サッカーのサポーターが嘆いているのでしょうか?
も~田舎に住んでいる身にしてみればどこに行くにも遠過ぎですわー。
旅費遠征費をいかに安く上げるか?スポーツ観戦ファンには頭のイタイところですね。

5月もまったりとお待ちしております。

2007 男女全日本始動!

もうすぐ始まる男子ワールドリーグ、秋に開催されるワールドカップに向けて
バレーボールの男女全日本チームが始動しました。

まずは女子

んー、久しぶりにメグカナ揃い踏み
…ってか、メグのデカさにビックリ!いつのまにかマホより背が高くなっているんでは?
リベロ、なんでこんなにたくさんいるのー?だから某姫いらないって。

あちゃこ(多治見)が選ばれたのが個人的に嬉しい(^^)
五輪を経験している選手として、先輩のトモさんの精神を受け継いで
おサキさん(先野)と一緒にみんなを引っ張っていって欲しいデス。

嶋田選手って、リーグ戦は活躍したのかな?柳本監督のエライお気に入りですよねー。
今季は女子の試合、ほとんど観なかったのでリサーチ不足。。。
これからボチボチ注目していきます。

そいでもって男子

川浦さんも島野さんも阿部ちゃんも剃ってさっぱりー(^^)
そうそう、全日本は長髪&カラーリング&髭はご法度ですからね。

今ポイの髪はどうなってんのか写真ではわかりづらいけど、そこそこ短くなってる??
オギさんに代わってキャプテンマークを付けた千葉くんも全日本仕様な雰囲気に。

嬉しくてウレシクテたまらない!笑顔のトミー、赤ユニが初々しい。
甲斐もリタイアしないで最後まで千葉キャップを助けてあげてよー。
ゴッツくん、ブラジル仕込みのプレー爆発願う。

隆弘が怪我で辞退してしまったのでOPは直弘ひとり・・・このチャンス逃さないで。
で、元祖フライング・ドラゴン(盛重)が復活しているんですけど
直弘のキャッチフレーズ、どうなるのかな~?興味しんしん。

ところでまた白装束を着て滝に打たれるパフォーマンスはあるのでしょうか?
悲願の北京五輪出場に向けて・・・

体操・世選&ユニバ 第2次選考会 epilogue

PC画面に向ってブツブツ言いながら早2週間っ!
いーかげんにとっとと切り上げます~2次選考会レポ。

そのあいだ・・・

来月に行われるNHK杯の入場料が発表になっていましたね。
あと、全日本選手権の日程修正案も。
一日目の個人予選の成績がそのまま「種目別決勝」を兼ねてしまうのですね。
選手の負担を考えると最善な方法なのかもしれません。

今まで行われていた3日目の種目別決勝。
会場内全ての視線を一身に集めて演技する機会はなくなってしまいました。
その変わりに団体戦が組まれることに。

懸念された団体戦後の個人総合決勝一発勝負!?が回避されたことで
初日・個人予選通過→2日目・個人決勝→上位入賞ナショナル強化選手
といった選考方法で公平になりますね。

団体戦がどういう結果になるのかわかりませんが…
結局のところ、、力のある選手は3日連続の演技が続いてしまうワケでして
疲労困パイとなり、観ていて切ない内容にならないことを祈っています。

今週末は青森で東日本インカレがー。弘前に行きたい!
男バレ全日本の合宿も始動ー。NLPに行きたい!
友人から「星組のチケットあるよー」との連絡も泣く泣くお断り・・(T-T)

・・・新宿コマでの「エリザ・コンサートver.」をゲット済なのでコレやっつけます。
見事にブッキングしまくりました。

えっと、【2次予選総活

一番印象に残っている演技は初日、沖口選手跳馬!(16.750)
この跳躍、このあいだの米田さんの特集番組「バース・デイ」に収録されています。
めずらしく正面からのアングルで見れましたね~。
完全に捻りきって高い腰位置で着地しているのがわかります(^^)

世界の桧舞台で是非!お披露目できるといいな。。。

米田さん、「沖口すごい!めちゃめちゃ強いっすね」と絶句していました。
そーいえばポトアリでウザイくらい付きまとっていたカメラ撮影班はこの番組だったのねー。
集音マイクが一体化されたハンディカメラみたいなヤツに密着されてました。

彼が得意としているゆか跳馬
活きのいい若手選手達が台頭してきていまして厳しいところですが、できるところまで
頑張って挑戦して行ってほしいですね。

得意種目のAスコアをがっつり上げ、得点アップを狙ってくる選手が多かったように
感じました。でも、その反動によるミスも少なくなかったのはとても残念です。

美しく動くもの」に目を奪われてしまう体操競技。
どれだけAスコアが高くても、その演技が美しくなければ心に響いてきません。
本当に奥の深い競技なんだなぁ…と改めて感じた2007年・第2次選考会でした。

田中佑典@’07千葉 2次選考会

去年(2006年)一年間の国内主要大会の成績は

3月・高校選抜   (高一)…14位  
7月・高校総体   (高二)…24
8月・全日本ジュニア(〃 )…

11月・全日本選手権 (〃 )…

全日本ジュニアは体調が万全な状態ではなかったようですが、一桁の順位内に入り
11月の全日本選手権出場の切符を手に入れ、高いモチベーションを保ちながら
その後、トップ選手の集まるシニアの大会でここまでの成績を残している佑典選手。

協会HPに載っていた全日本初日終了後、個人総合決勝に向けてのコメント内で
「出口選手(清風)に小学生の頃以来、久しぶりに勝ってうれしい」
と語った素直な気持ちがとても微笑ましく、印象に残りました。

史上最年少でナショナル選手に。
今年の3月・W杯予選のコトブス国際では鉄棒銀メダル獲得!

現在は大学生&社会人選手が幅を利かせている男子体操界ですが
中学生選手が活躍している女子のように、今後は男子も低年齢層の選手が
台頭してくるのかもしれません。

体線&捌きが本当に美しい選手です。ちと長いですがどぞ。

内村航平@’07千葉 2次選考会

去年8月、横浜で行われた全日本ジュニアの演技にヒトメボレ
国体@尼崎~全日本@代々木を経て、そして今回の2次選考会が4度目の観戦。

そういえば昨夜の「バース・デイ」、米田さんのアドラー1回ひねり~ヤマワキの
練習風景が映っていまして、もうひとつの手放しワザ、コールマンを掴む瞬間
指をバーに激しく打ちつけてしまった様子が何度もリプレイされていました

【ジュニア体操・2006REPORT】という機関誌に
去年の全日本ジュニアで優勝した時の内村くんの『よろこびの声』が載っています。

まだ自分では美しい体操ができているとはいえないので、ネモフ選手や
 米田選手のような、美しい線が出せるように努力していきたいです
」(一部分抜粋)

お二人のように、長身から繰り出されるダイナミックで華やかな演技を
目標にしているようです。
自分とは少しタイプの違う、持って生まれた才能を存分に発揮している選手に
憧れる気持ちがあるのかもしれませんね。

目標とする米田さんは今、自分との戦いを強いられていますが
内村くんもここにきて、ステップアップにおける段階の苦悩が伺い知れる大会でした。

世界へ羽ばたこうとする若手選手のひとりです(^^) 興味ある方、どぞ。

水鳥3兄弟・北京へ飛躍のシーズン@「おは・スポ!」第2次選考会 初日

お待たせしました!さっきVTRを見ながらの文字起こし、やっつけ完了。
そうそう、今晩未明からTBS系列で米田さんバース・デイ後編が放映されますね。
寿思兄弟が映るかもしれません。

大会二日目朝に静岡ローカルで流れたプレヴューに加えて感想を書いてみました。
弟さんたちの映像もしっかり撮ってくれたテレ静に感謝。
ワザの種類はもしかしたら間違っているかもしれません。指摘して頂けたら嬉しいデス。

スタジオの女性アナウンサーの前説以降は折りたたみました。
相変わらず長いですが…どぞ。




体操の世界選手権に繋がる国内2次選考会が千葉市で開幕し、静岡市出身の
水鳥3兄弟が揃って登場しました。

永井アナウンサーが現場に取材に出ておりますので、早速初日の模様を伝えます。

鹿島丈博@’07千葉 2次選考会

出場した公式戦を遡ると…昨年末のW杯決勝@サンパウロではあん馬のみ。
その前は一昨年11月に行われた世界選手権@メルボルン(個人総合&種目別大会)

この時は種目別・鉄棒のエントリーを断念して平行棒とあん馬を。
あん馬で見事、銅メダルを獲りましたね。

国際大会に二つ出場した間の国内の大会は左肩故障の為、全て欠場・・・
一昨年9月全国社会人大会@宇都宮以来となる国内公式戦でした。

えっと、他の選手のことも書いてしまったので長いです。
折りたたみますので興味のある方、どぞ。

冨田洋之@’07千葉 2次選考会

初日には姿を見かけなかった冨田選手が来ていました。
終了後にはN杯の班編成抽選会がありますからね。

なんだか「ご機嫌♪」といったカンジでけっこう笑顔を見ることができたかも~。
試合中は少し段差のある場所に作られた本部席で森泉コーチと並んで観戦していました。

Ⅱ班出場選手のアップ中、壁際の通路に立ち止まり、ゆかの練習をしていた
内村選手に色々と話し掛けていたのがちょっと目新しく映りました。

自分の後を継ぐであろう‘新次代のエース’を意識しているのかな?
その後も内村くん、本部席に座っている彼のところへ寄ってきては談笑してたりして
大先輩に臆することなく和気あいあい(^^)

KONAMIの佐々木さん山田さん芳村選手と仲良し…は、いつも見る光景。
そうそう、会場中の冨ファン全員が見たのではないかと思われますが
机に置いてあった冨田飲みかけペットボトル(水か微炭酸)を小川くんが手に取り
ちょ~だい?」と言いながらゴクゴクんでたシーンは小川ファンもしっかりチェーック!

試合後はモチロン、鹿島くんも本部席前に来て笑顔で話されていました。
もうアレですね。冨田を中心にした相関図は完ぺきに把握してしまいましたね。
心を許せる仲間に向ける笑顔、是非ファンもおこぼれに預かりたいものです。。。

冨田くんファンの友人から聞いたのですが、試合中は鹿島くんの演技にはすべて
小さく2~3回、パタパタと手を合わせる感じの拍手をしていたそうです。←カワイイ♪
あと順大の坂本選手の演技も注目されていたそうですよ。
(教えてくれてありがとう ^^)

全日程終了後、フロアのカットが始まり関係者や選手の姿もまばらになり始めた頃
一度会場から姿が見えなくなったセントラルスポーツ御一行さま
再び、ゆかフロアのコーナー付近に現れました。

なんと、冨田くん私服姿!!
鹿島くんはセントラルジャージ姿でしたけどね~。アイシングしたままだったからね。

遠目であまりよく見えませんでしたが、上はカーキー色のブルゾン?に
下はベージュのカーゴパンツみたいなヤツ。
全体的にダボダボッとした格好で洗練されている・・・とは言い難い(^^;

すぐまた引っ込んだので、正面玄関とは違う出口からたぶん帰られたと思われます。
はぁ、相変わらず鉄のカーテンは頑丈そうですわ。

ん~、演技をしていない冨田レポを書いたのは初めてですが、いつも必ずそこにいて
常に無敵に近い強さを見せてくれてた彼の存在が当たり前過ぎて
初日、この場に姿が見えないことが本当に不思議に思えました。

それでも一日だけでしたが、元気そうな姿を長い時間お披露目してもらえた事
会場内にいた冨ファンの皆さん満足されたのではないのかな~と思います。

あとは6月のN杯に向けて、ピークを上手く調整して持っていけるよう
今年も体操ニッポンのエースとしての誇りと実力を見せてほしいですね。

明日は鹿島選手に注目!

体操・世選&ユニバ 第2次選考会 vol.5

二日間の感想は・・・

ただただ、あん馬を失敗する選手の多さに「この先、どうなってしまうの?…」
他人事ながら不安いっぱいな気持ちにさせられました。

満足いく内容で通せたのは上位に入った選手と、あと数名いたかどうかくらいかも。
本当に皆さん苦労していた様子でした。
体操関係者の方々の目にはどう映ったのでしょうか。

KONAMI上田和也選手
去年はN杯に出場することができず、悔しい想いでKONAMI応援団の「お世話係」
として幕張メッセのスタンド通路に立ったままフロアを見つめていた上田さん。

二日間とも気合が入った素晴らしい演技を見せてくれていましたね。
つり輪もすっごく力強くなっていて、気迫がこちらにも伝わってきました。

彼も去年の全日本では個人決勝で失速してしまった無念も含め、他の
チームメイトと一緒にリベンジ目指して励んできたのでしょうね。
「勝ちたい!絶対に負けたくない!」という気持ちが誰よりも強かった選手だったと
思います。N杯も自分を信じて頑張ってください。

えっと、ちなみに去年のN杯出場者と今年の出場者を比べてみると
24人中10人が入れ替わっています
新しい顔ぶれは
上田さん、田中選手(日大)、鹿島くん、坂本選手(順大)、速見選手(徳洲会)
内村くん、佑典くん、稲寺選手、岡村選手、西村選手(順大)

総合計得点だけ見ると、去年の方が僅差で競っていたし点数も高かったです。
それだけAスコアを上げたことによるリスクが各選手の演技に微妙に影響している
ように見受けられました。

日大田中和仁選手
ホントにもう~、当然ですが兄弟揃ってコピーのように身体つきがそっくり
弟さんの方が一回り小さく感じますが、ガラス細工のように繊細で儚い雰囲気の中
やはり締めるところ、見せるところの正確な演技はそのまま、Bスコアに反映されて
いるように思います。

二日目の鉄棒Aスコアは6.4。車輪をしているだけでもうっとり(15.200
Aスコア6.0ゆかもラインオーバーがもったいなかったのですが、派手さはないけれど
シンプルでブレのない跳躍はとても好感が持てます(14.850
平行棒は得意種目でしょうか?Aスコア6.1でして、とにか~く捌きがキレイ(15.200

鹿島くんと同じく同点7位でN杯へ。お二人共Bスコアが高い選手の象徴ですね。
彼も上田さんと同じく、去年は2次予選で敗退してしまい先へ進めませんでした。
これからも体操ニッポンの原点とも思えるような美しい演技を貫いてくださいね。

徳洲会桑原選手平行棒
もともと得意種目ですがボーナス点が入って7.2のAスコアは驚異!(楊威もビックリ)
全部で個くらい放れてましたね~。小川くん直々の伝授でしょうか(^^;
去年はあと一歩で手が届かなかった世選代表の切符。今年こそ掴めるといいですね。

徳洲会仲里選手あん馬
どうしても苦手なイメージが払拭できないようで苦労が伺えます。
失敗の仕方も投げやりなカンジに見えてしまい、本当に難しい種目なんだろうな…と。
ひとつの不安があると他の種目にまで影響しかねないので、何とか踏みとどまって
頑張って欲しいなぁと切に願います。

KONAMI良太さん鉄棒
Aスコアが6.9、アドラーひねり系を手放しワザと組み合わせていましたが
う~ん、車輪がブレてしまった時の修正がうまくいないまま次のワザをこなすといった
カンジが続いてBスコアが伸びなかったのが残念です…(15.100

KONAMI森選手つり輪
十字倒立に挑戦していました。Aスコアは5.7…肘の状態は大丈夫なのかな?
去年はポイント獲得で代表に入った彼ですが、オールラウンダーへの道を
着々と歩んでいますね。

はあ。。相変わらずキレイだのスゴイだの、そんな主観的な感想しか書けません。
もっとワザの名前を覚えなければ・・・。

明日は二日目に【審査本部長】席に座っていた冨田先生を。

体操・世選&ユニバ 第2次選考会 vol.4

日体大沖口 誠選手
初日は跳馬からのスタート!いきなり16.750などという前代未聞の高得点をゲット。
ほぼ完ぺきに近いロペスはAスコアが7.1(内規のボーナス点がプラス0.1
距離も充分、腰高な着地で片足半歩引いたくらいかも。
着地の瞬間にはもう両手でガッツポーズ出てました~素晴らしい!
去年の全日本@代々木の初日から安定感抜群ですね。

鉄棒のAスコアを見逃しましたが全日本ではいっぱいいっぱいだったヤマワキ
高さが出ていてビックリ。他の捻るヤツも安心して見ていられました。

ゆかはAスコア6.8というハイスコアで一本目のシリーズにロウ・ユン持ってきて
臥せのワザと組み合わせていた。相変わらず短い助走で行う3回ひねりとか
ラストの伸身ドッペルとか、とにかく捻りの速さ&高さがスゴイ

あん馬もつり輪も無難にこなし、大過失のなかった初日の順位は上から番目ー!!
初の90点越えはパーソナル・ベストっていうやつ?
きっと必死な想いで努力したんでしょうね。。。自信を持ってN杯も頑張ってください。

二日目は他の注目選手と重なってしまい、あまりチェックできませんでしたが
少々ミスがあったようです。でもゆか&跳馬の2種目で2日連続最高点!
このまま崩れずに代表枠に入って欲しい…体操ファン皆が願っていると思われます。

KONAMI小林研也選手
初日の跳馬
入りの部分を見逃すが、空中姿勢が沖口くんのロペスと同じ様な軌跡だったので
!?
距離はあまり出ていませんでしたがほぼ着ピタの跳躍のAスコアが7.1!(16.400
その時、一昨年の尼崎の全日・種目別でヨーⅡを跳ぼうとして失敗したとの協会レポを
思い出し、「たぶん正面から両手を着いたかも、、、明日確認してみよう」と。

2日目もコピーを見るような見事な跳躍。ヨーⅡ(前転跳び前方伸身宙返り5/2ひねり)
この日はどの種目も納得!という出来栄えでガッツポーズをたくさん披露していましたね。
KONAMI応援団も大騒ぎ。二日目だけの順位は中瀬、桑原選手に続く3位でした。

彼も去年の全日本は不本意な成績で個人総合の決勝に進めなかった悔しさをバネに
この日に合わせて人一倍努力してきた選手の一人。
少年っぽさが抜けて精悍な顔つきになっていたのが印象的でした。
この好調を維持し続けて頑張ってください。

順大星選手
何がビックリってつり輪倒立の力強さに嬉しい悲鳴…(^^;
Aスコア5.5は全日本と変わりませんが、細かいブレがほとんどなくなり安定していました。
開脚前挙支持など足の長さを活かした構成でスケールの大きさをアピール^^(14.350

初日の鉄棒はワザを増やしたせいか?(Aスコア6.5)あともう少しでフィニッシュという所で
バーを握り損ねての落下は悔やまれます。その後のゆかでは落胆の色が隠せない・・・。
まだちょっと気持ちの切り替えが上手くできない部分がもったいないなぁと思いますが
苦手種目がなくなりつつあるレベルアップはとても頼もしく思えました。

日体大岡村選手
つり輪のAスコアが内規適用7.3!力ワザ連発の内容も文句なく素晴らしかったですが、
実は彼の鉄棒を見るのが好き。
両手がバーから離れる独特の捻り方がスリル満点で見応えあります(^^)
二日間ともあん馬で失敗して点数を伸ばせず、初日も二日目も23番目の順位でしたが
ぎりぎり最終選考へ。

日本の弱点であるつり輪の強さはダントツですが、ポイントを獲っても総合12位以内は
現在のところキツイかな…でもあきらめないで!

競技終了後、N杯の班編成抽選場所に遅れてしまい、進行役の男性から
「岡村選手、いませんか~?お父さんに(クジを)引いてもらいますよ~」
と突っ込まれてました。お父様は仙台大学の教授をされていて今大会のプログラムでは
副委員長の欄にお名前がありましたね。(息子さんの成績にちょっとヒヤヒヤだったかな?)

そうそう、平行棒B審判紹介欄に木下紘一郎氏のお名前が。
去年の全日本では順友クラブ所属選手で、確か院生だったかと。
引退されてしまわれたんですね・・・。
ひっそりと、関係者として、裏方さんとして体操界に身を置かれていく選手が
観戦歴が長くなるにつれて少しづつ増えてしまうのでしょうか。

あ~なんだかもう初日も二日目も頭の中でごちゃごちゃです。
まだ名前が出てきてないご贔屓選手は別枠でアップしますー。

体操・世選&ユニバ 第2次選考会 vol.3

Ⅰ班終了と同時に関係者入口に待機していたⅡ班出場選手がフロアへ。

徳洲会佐野さん、足を庇うような歩き方をされてましたが、米田さんと一緒に
元気そうな表情をファンに見せてくれていました。
公式HPに寄せられたコメントでは「アキレス腱を切ってしまった」・・・と・・(T-T)
うーん、神様は非情過ぎます…。復帰戦に向けてリハビリ&練習、がんばってください。

米田さん…アップ中も演技中もゆか側の壁際でフロアを見つめていました。
髪の毛、いつものようにワックスで立ち上げていなかったので佇まいが女の子のよう。
鹿島くんの見事な復活演技を観て、色々な意味で刺激を受けたのかもしれませんね。

試合前練習では平行棒の順番待ちの時、渡邊恭一選手内村選手が隣合って並び
内村くんの腰にグルッとチューブをひっかけて腕のストレッチをし始めた恭一くん。
されるがままの内村くん←めちゃめちゃカワイイ。

それぞれ進んだ大学は違うのですが、ジュニアの頃から一緒に海外の大会に派遣され
気心知れあっていて本当に仲が良い二人なんですね。

順大西村選手新島選手の区別がつかなくって、「似てるんだけど違う・・・」
探していた新島選手は棄権された模様。あと朝日生命の芳克選手もいませんでした。

Ⅰ班の時も思いましたがつり輪十字倒立を入れてくる選手が一気に増えましたね。
肩の位置が微妙にキツそうで、観ている分には「うわ~、すごっ!」ってワクワクしますが
もう本当に選手は死に物狂いで実施しているワザなのでしょうね。
仙台大峯選手のつり輪、力強かったです~静止姿勢のアピールの仕方がすごい!

あと鉄棒アドラー1回ひねり~ヤマワキの実施も前回に比べたら多かったかも。
加点を取りやすい組み合わせなのでしょうね。
そうそう、昨日書くのをうっかり忘れていたわ。Ⅰ班の日体大1年生稲寺選手
得意種目の跳馬と平行棒でしっかり得点を稼いで初日は堂々20位通過!

結局二日間大崩れすることなく、内村&佑典くん@ナショナル最年少コンビと共に
来月のN杯出場権を獲得!本当におめでとう~~すごーいっ!

坊主頭がまだ高校生のような初々しさですが、ベテラン選手顔負けな演技の数々は
観ていて本当に頼もしかったです。
二日目は清風吉田先生出口青山選手も観戦に来ていて、先輩達の勇姿を
スタンドから見つめていました。
彼らもきっと来年にはこの舞台に立ち、凌ぎを削っているのでしょうね。

徳洲会小川コーチ(^^)
なんだかチョットこっぱずかしい肩書きですが~年度も変わり、本格的に補助役に。
初日は徳洲会・つり輪担当として各組で回ってくるメンバーのセットアップに大忙し。
でもさ~、彼よりガタイがいい&身長が高い選手の方が多いもんでちょっとキツそう。

動いているつり輪を静止させる棒の扱いにも慣れていなくて四苦八苦…(^^;
こちらも初々しさに溢れたコーチ業デヴューでした。

つづく・・・

体操・世選&ユニバ 第2次選考会 vol.2

初日、Ⅰ班ほとんどが大学生選手なので練習風景を見ても顔と名前が一致せず
ユニに着替えてゼッケン確認して「あ、思い出した!」とやっと認識できたり。

協会推薦でこちらの班で演じる鹿島くん良太さん芳村選手には社会人の貫禄が。
三選手とも演技内容の充実さで他を圧倒していましたね。

去年の全日本から感じましたがA得点アップのしわ寄せが振動系種目の落ちまくり現象
生んでいるのか?とも思えるくらい、鉄棒あん馬は多くの選手が失敗していました。
観ている私達にはわからない、計り知れない負荷が両腕にかかってきているのでしょうね。

特にあん馬は1度だけではなく2度、3度と失敗してしまう選手が何人も出てしまい
本当に…観ていて切なくなってしまいました。

日体大太田晃輔選手
1種目めのあん馬は緊張してしまったのか?3度の大過失で最悪な出だし…(10.650
でしたが、少しづつ盛り返していって鉄棒では手放しワザ2連発を完ぺきに決めて
日体大の応援スタンドが盛り上がっていましたね~(^^)

チョットあやふやな記憶ですがトカチェフから直ちにデフだったかな?
本当に素晴らしかったです。
15.250は初日の鉄棒順位4番目ぐらいかも。Aスコアを見逃したのが悔しいです。

日体大斎藤優佑選手
なんといっても跳馬の伸身クエルボとび1回半ひねりが切れ味抜群な捌き。
身体、小さいんですけど距離もあってスケール大きな跳躍は見応えありました。

1年生とは思えないくらい落ち着いてて、二日目もⅡ班で演技していましたが
3種目めのゆか演技前3分アップ中にどこか痛めてしまったようで畠田コーチに
抱きかかえられ通路で様子を伺っていましたが、そのまま棄権となってしまいました。
たいしたことなければいいのですが…大きな怪我でないことを祈っています。

日体大石井政弥選手
筋肉付いてきたのかな~?身体が一回り大きくなったように見受けられました。
彼も鉄棒手放し2連発がキレイでしたね。トカチェフ、直ちにギンガー。
リスクの高いワザを大舞台で決められる度胸はこれからが楽しみです。

あとⅠ班で必ず目に止まる選手がいて、サンフルトスポーツクラブ山口悠樹選手
スコアは控えていませんがキレイな体操をするな~とゼッケン確認すると彼の名前でした。
案の定、二日目はⅡ班で演技していました。静止時の体線が美しい選手です。

日体大山室選手は初日、得意種目で失敗が重なってしまい残念。
あん馬の時は演技前から顔面蒼白で、見ていて気の毒なくらい…。
Aスコアをだいぶ上げてきていたのでしょうが、心と身体のバランスを保つ事って
本当に難しいですね。
二日目は大きなミスもなく盛り返していたので初日の失速が本当に悔やまれます。

初日、Ⅱ班へつづく・・・

体操・世選&ユニバ 第2次選考会 vol.1

5月に入ったというのに今日は小雨混じりの天気で肌寒かったですね。

行ってきました「千葉ポートアリーナ」二日間。
現地でお会いした皆さま、お疲れさま~お世話さまでした(^^)

バリボ選手のありえない身長&厚みのあるガタイに加え、ウロウロしている関係者も
デカイので、狭い体育館では酸素不足&呼吸困難になった3ヶ月間から一転!

時間が経つに連れて視界がボヤボヤ~ッと白くなり、薄っすらと粉が積もる青い椅子も
咳き込んでしまう乾燥した館内の空気も、約5ヶ月ぶりのかしさでした。
こじんまりとカワイイ体型の体操選手の姿を見ると何となく安心してしまいます。

今回の大会は色々な意味で興味深いことが重なりました。

・第一人者の冨田選手が欠場となり、ポイント制では各種目1枠づつがったのかな?
 (N杯では絡んでくるのでしょうが…)
・上限なしの新採点方式から2年目。漸く2桁得点にも慣れてきました。
・約1年半ぶりの公式試合となる鹿島選手復活
・去年、悔しい想いをした選手達の捲土重来

結果&詳しいレポは協会HPにアップされていますのでそちらを。

去年、選考会に出場できなかった選手やナショナルを外れてしまった選手、
世選代表にあと一歩届かなかった選手などの頑張りがとっても印象に残りました。

特にKONAMI所属選手の皆さん踏ん張りが目につきましたね~。
リザーブとして世選の会場で観戦していた徳洲会桑原選手反骨精神
得意種目は他の追随を許さないくらい抜群なのですが、苦手種目が安定せず
なかなか上位に食い込めなかった日体大沖口選手の見事なまでの確変

二日目の1組で回っている選手達の集中力は本当に素晴らしかったですね。
モチベーションを高く持ち続け、決して諦めない演技の数々には心打たれました。

鹿島くんの美しい演技をまた観ることができてシアワセ。。。
彼に続くのは田中佑典選手内村選手星選手、そして佑典くんのお兄さん和仁選手
結局自分が好きなタイプなんですがー。

スタイル抜群体線がキレイ←このふたつは外せません!
限りなくくてシンプル繊細美しい体操をする選手に憧れます。

ワザの派手さや力強さはあまりないけれど、究極の美しさ&「Simple is Best」を貫き
タフなスタミナやA得点がさらに上がって安定感がせば鬼に金棒ですね。

んーと、プログラムには自分の目で観た選手の演技だけA得点などをメモってきました。
あとは瞼の奥に焼き付けたウロ覚えな残像だけですが…
明日からボチボチと綴ってみます。