Fairy Tail

7月のキーワード

明日から8月なんですね・・・
月末恒例、自己満足エントリー。検索ワードを調べる日がやってきました。

今月は初旬にたかこ(和央)退団、中旬にNHK杯などのイベントがあったせいか
久々にトータルアクセスが9,000を超えていました。

そんな中でも相変わらず多いんですー(^^; 「ゴリエ杯関連
三好爽ちゃんの名前だけで軽~く100アクセスはありました。

最近は「ワンナイ」見ていないけど、エンジェル達しょっちゅう出演しているのかな?
すでに来年のゴリエ杯募集要項も発表になったらしく、問い合わせているワードもいっぱい。
申し訳ないので8月は番組をチェックしてパワフルエンジェルに触れてみます。

んで、「冨田洋之」今月も僅差で首位をキープ。以下、組み合わされるワードは

筋肉」 「上半身」 「男前」 「世選」 「くびれ」…トップ5の組み合わせワード。
講師」…いくつか来てた。順大でひとコマ特別講義を受け持ったそうですね。
彼女 どんな人」…ん~どんな方なんでしょうねぇ?プライベートはわかりませんって。

そのあとに続く名前は「水鳥寿思」…久々に上位に顔を出しました。N杯効果かな。
大和悠河」 「冨田真央」 「鹿島丈博」 「ミッシェル・ウィー」 「千葉進也」 「花總まり

すごいです!バラエティに富んでいます。タニちゃん(大和)のことなんて何書いたっけ?
思い出せないくらい昔のエントリーに引っかかっているんですね。

笑っちゃったけど「良宏」ってのもあった。そんな~下の名前だけで何検索してんでしょ?
バレーの「八子大輔」も根強く多く来ています。深谷高、インハイも無敵かな~。

えっと、ひっさびさに爆笑ワードがきました(^^) ↓ポチッとどぞ。

県中学総体・体操

ほとんど毎日、日付の変わる前後に更新するMy Blog。

アクセス解析の訪問者時間帯を見ると、圧倒的に夜中の23時~0時台が多い。
みなさま、お肌に悪い夜更かしにお付き合いアリガトウゴザイマス(爆)
次に多い時間帯は、朝の8時~9時台←職場や学校、一息ついた家庭で見てもらっているのかな?

訪問者それぞれの「IP」というものが表示される設定がありまして…
その右横に、重複アクセスを含まない訪問回数がカウントされているのですが、
管理人よりも多く訪れてくださっている常連さんが何人もいらっしゃって(平身低頭 ^^;)
もうホント~に、本当にありがた~く思っている次第です。

そんなわけで(どんなワケ?)
今日は久しぶりに昼間、自宅でまったりしているんで明るいうちに更新!

昨日、午後から静岡中央体育館へと足を運び、中体連・体操の県大会を観戦。
地区予選を勝ち抜いた県内の中学生体操選手が東海大会を目指して競いました。

水鳥体操館所属選手を要する末広中学がダントツの団体優勝。
今年は去年の雪辱を晴らすべく、徳島で行なわれる全中・団体優勝を狙っているので
こんなとこでモタモタしている訳にはいきません。

坂本、塚本、永江兄弟の4選手。
不本意なデキの種目もありましたが、危なげなく次の大会へ順当に進出。
月初めの県ジュニアは弟の賢司くん。今日の個人総合一位は兄の温英くん
兄弟仲良く、静岡県内ナンバーワンの座を死守

特に永江弟くんは全日本ジュニアの出場も兼ねていまして、一年生ながらこれから
週ごとに大会参加があるので、スタミナのつくものを食べて・・・・
あ、でもカロリー控えめなんですよね。ストイックな中学生体操選手の食生活。

大好きなフライドポテトもハンバーグも我慢して体操に励んでいます!と
教育テレビの特集で放映されていました。
賢司くん、夏の大会が終わったら美味しいモノをたくさん食べてね。

8月は全中インハイインカレ全日本ジュニアなど、学生選手の体操競技大会が
各地で開かれます。
そうそう、社会人選手も参加する国体のブロック予選なども行なわれていますね。

時間の都合をつけて、一試合でも多く会場を訪れて色々な選手を観てみたいな~と
スケジュール帳とにらめっこの毎日が続きます。

冨田洋之@幕張メッセ

3年ぶり、3回目のNHK杯優勝おめでとうございます
そして、行ってもらわなければ困るわよ~世選&ア大代表おめでとう
初優勝は平成14年、順大4年生の時なんですね。

長期間日本体操界のトップを突っ走り、冨田の力がこの先えることなんてあるのかな?
って思うくらい進化し続けていて、「本当にすごいな~」の言葉しか出てきませんが…。

【日経新聞】より
欠点(ミス)が少ないのが自分の体操だから(ルール改正はしっくりきている)
【日刊スポーツ】より
昨年は体調不良で(最後に水鳥に)逆転された。今年は!という気持ちだった

去年と同じ失敗は二度と繰り返さない!
うーん、ゆか終末ワザの着地ヨロヨロも、跳馬のしりもちも、つり輪の着地お手つき
鉄棒の逆回転結果オーライ逆手エンドーも、全てご愛嬌のようなブッチギリ一人旅。
Aスコアが高い&他の姿勢欠点が少ないので、これらのミスは蚊に刺された程度?

最近の彼の演技で自分の一番のツボは、
つり輪…屈身ヤマワキ~後ろ振り上がった倒立を、ピタッと微動だになく決める所。
鉄棒…放れワザのヤマワキを行なう直前にエビ反りになる体線
一種の『芸術』だと思います。

テレビカメラに超至近距離で抜かれているのに平気のヘッチャラで、ユニ着替え中の姿
全国放映されてても、全く動じない王者の風格!
いや~、各代表決定発表の直前までも、ウザイくらいな距離でテレビカメラが抜きまくって
いましたが(^^; あの映像は何時、どこで使われるんでしょうねぇ?

携帯電話で誰かと喋ってる姿を見かけましたが、「もしかしてお母さんかな~?」と思って
スタンドにいる冨田ママを見ると、周辺の父兄から祝福を受けてる最中だったので違ったわ。
そのあとマネさんに携帯渡して彼女が喋ってたからセントラル関係の方だったのかも。

早く帰りたくて仕方なさそうだったのに、フロアの出口の前で長い間ずーっと記者の方に
囲まれて取材を受けていましたね。
世選ではディフェンディング・チャンピオンとして去年とは違ったプレッシャーもかかると
思われますが、いつもと同じように…
冨田が冨田であることを証明する演技」でいて来てください。

--------------♪

「vol.6」としてまとめて書いたんですが、せっかくなので一人づつアップ。
もう細かい部分は覚えていませんので、こんなエントリーでお許しを。

今週発売の『Yeah!』と『Number』に、冨田選手メインのNHK杯の記事が載っているそうです。
プロの記者が書いた視点を読んできてくださいね。

水鳥寿思@幕張メッセ

二年連続となる世選代表、そしてアジア競技大会代表決定おめでとうございます
【日経新聞】に載ったコメントが印象的でした・・・
どうやったら(冨田を)上回るのかわからなくなった。差は開いた。
【日刊スポーツ】では
ミスなく演技するのが精一杯だった。ルールに対応した演技構成で世選に臨みたい

二次予選から4日間、ミスも最小限に抑えて今の力を出し切ったと思われますが
常に先を行く‘カリスマ’との得点差は日を追うごとに開いてしまいました。

ゆかは抜群のバネだし、あん馬も腰高でキレイな旋回だし、つり輪も危なげなく力強く
跳馬は迫力満点、平行棒も鉄棒もAスコアは充分な高さ
何よりも、大会ごとに姿勢欠点が少なく、くなっているイメージが強いのに???

ちょこっと小さなミスをすると、しなやかさやツブシが効かない分、主観的なスコアに
予想以上に反映してしまうのかな?本人が「わからない」って言うくらいですから
私ら素人には到底理解できません。奥が深いんですね、新採点法…。

でもきっと、持ち前の「負けたくない!」精神で更なる上を目指して頑張るのでしょうね。
今年の国際大会も去年以上の成果を期待したいですね~。
まずは念願の世選・種目別決勝に出場して表彰台の一番高い所を!

第45回 NHK杯 体操@vol.5

徳洲会桑原選手
見る度にJリーグ・C大阪大久保嘉人選手を思い出すんですけど、最近はあちらが
髪の毛を伸ばしてしまっているのでチョット違ってきたかなー?
年齢は桑原選手の方がひとつ上。
初日の平行棒、バーの上で一回転するワザで詰まってしまい、リズムが悪くなって
点数伸びず、得意種目で稼げなかったのが本当に惜しかった。

つり輪、彼の腕はどちらかといえば猿腕気味だと思うんですが、体操選手にはキビシイ?
自分も猿腕なので普通の人とは違うしなり具合が気になります。
鉄棒はAスコアを上げてきたのにつり輪が二日間とも安定せず、ほんのチョットの差0.525
で、オーフスに行けず(涙)表彰式のインタヴューも開口一番「悔しいです…
この悔しさ、アジア競技大会で晴らしてください!

朝日生命塚原選手
約一年間のブランクから見事復活おめでとう
今回の2次予選~N杯の頑張りは、現在リハビリ中&調整中であるアテネ代表の選手達、
3人にとっても嬉しい朗報だと思われます。励みになるでしょうね。

いつもの定位置に戻り、尚且つ代表キップも手に入れてしまうとは!恐れ入りました。
一番近くにいて、一番応援してくれていた千恵子ママ
代表決定が決まると女子器具のポディウムの谷間を抜けて、あっという間に息子の所に
駆け寄り大喜び!NHKのテレビカメラにも捉えられていましたねー(^^)

いや、これ会場でたまたまリアルで見てましたが、ママすっごい速さでスッ飛んでった(笑)
女子跳馬の助走より速かったんじゃない?千恵子ママも本当におめでとう。

実は直也くんの演技、カンペキにスルー状態(^^; たぶん~お気に入りの選手の演技と
ほとんど被ってしまったのだと…(苦しい言い訳) さっきザーッと見たテレビ中継。
眉毛細め&長めに整えてた?髪型もアカ抜けた雰囲気になっていたわ(←現地で見ろよっ)
ベテランの勝負強さ、再び世界の舞台で見せつけてきてください。

徳洲会中瀬選手
上位2選手から離れることなく、4日間共ピッタリと食らい付いていった安定した演技。
尼崎の全日本個人総合三位の実力は決してフロックではありませんでしたね。

アテネ代表の時も佐野選手と同じくポイント一点差で涙を呑み、去年の鯖江N杯…
当時のエントリーにも書きましたが、代々木2次予選で精彩を欠き失速してしまい、
リザーブ2で結局2日間、クラブの先輩達の補助に汗を流していた一年前とは雲泥の差!

日体大の後輩達が演技している横で、悔しい想いを味わってしまった反骨心から
頑張ってきた結果が報われてよかった。初の世選代表、本当におめでとう

んで、中瀬くんの演技も思い出せないわ。ゆかは観た記憶があるけど、うーん全く印象に
残ってないのは、ポートアリーナの時の方がキレイだと思ったからなのか?
代表に入ることが目標なので、Aスコアにガツガツする演技はわからないわけでもない…。
細かい姿勢の精度を上げていけば鬼に金棒ですね。

・・・どうやら次回で終了らしい。

第45回 NHK杯 体操@vol.4

コナミ小林選手
実はもしかしてコバ研選手の一番の得意技はつり輪なんじゃないかな?と思った。
見た目のさもあるけど、力技がチカラワザに見えないところが
この選手の特徴のような気がします。体重が消えているようにも思える時も。
半年ぶりに見ましたけど優しそうだった顔つき、男らしく精悍になっていましたねー。

二日目の一種目め、そのつり輪演技がピタッピタッと決まっていたのを観て
「今日は調子よさそう」と思って注目してたらビシバシと快調に飛ばしていて
初日のあん馬落下失敗を挽回。いつものヒラヒラ&クルクルとスピード感溢れる演技
(二日目だけの成績だと5位)アジア競技大会の代表決定、おめでとう

コナミ関口選手
初日の跳馬。ドゥリッグスも伸身クエルボとび1回半ひねり(←たぶん)も、着地姿勢の
腰の位置が半端でなく高い!足も半歩~一歩以内に収めていて素晴らしい。
ほとんど直立状態で立ってましたよね?2本とも16点台ってすごーい。
二日目は弱冠み気味でしたがポートアリーナから4日連続ポイント一位獲得!

1980年生まれをお忘れなく!」と大アピール。そうそう、冨鹿水だけじゃないって。
超スポーツ刈り(…っていうのか?)メチャ似合って落ち着いた雰囲気倍増。
去年は種目別ポイント狙いの演技に徹していましたが、今年は堂々総合8位
5~10位のポイント順位もダントツ28ポイント。鉄棒、A&Bスコアの高さがすごい。

途中で15、6位ぐらいに後退してた時があって「ポイントたぶんたくさん獲ってるのに
このままじゃ絶対にもったいないよー」とヒヤヒヤしましたが、無事に世選代表決定。
経験を生かして今年こそ世界の表彰台を!

日体大森選手
去年から左肘にガッツリとテーピングをしていますが演技には支障なかったようですね。
初日の跳馬、ドゥリッグス完ぺき。2本目のロー・ユンもキレイにまとめてガッツポーズ!
鉄棒も今日はコールマン成功したわよ(^^)着地も決めて、これまたガッツポーズ!
大きなミスもなく笑顔いっぱいで嬉しそう。
こういう風に気持ちを素直に表現してくれる選手はついつい応援したくなります。

2日目はあん馬の落下もなんのその、1班で唯一の学生選手でしたが気後れせずに
めの体操を展開。鉄棒、今日の放れワザはシュタルダー伸身トカチェフ。
1回ひねるヤツは成功率がやっぱり低いのかな?またチャレンジして欲しい。
跳馬、2次予選から4日連続2位でポイント稼いでお見事!世選代表入り、おめでとう

コナミ馬場選手
公式練習からエンジン全開!といった雰囲気。自信たっぷりオーラをビンビン感じました。
でも、否定するわけではないけど、Aスコア重視の体操に偏ってしまったイメージが強く
去年観た時の「美しさ」が少し損なわれていたような気が…。

だからなのかな?漠然とフロアを見ていても目に入ってこなかった。
世選の代表を逃したことで表彰式のインタヴュー「悔しいです!」と無念さが滲み出て
いたのも気持ち、わかります。
アジアのトップを目指してひとつづつステップアップしてください。

誰か抜けてる?
あー、今回もコナミ芳村選手スルー状態(^^;ゆかだけ観た記憶が…Aスコアが高い!
と思ったくらいであまり覚えていない、ごめんなさい。
一番キツイ最後だったけど、得意種目を頑張ってアジア代表最後の枠に!おめでとう

-----------------♪

上位5選手はTV中継と協会レポを参照に・・・って言ったらダメ?
あれから10日も経ってしまい、さすがに脳内メモリーも不足し始めました(冷汗)   

つづく

第45回 NHK杯 体操@vol.3

スタンドの入りは…

一日目、指定席は4分の1ぐらい?しか人がいなかったような。
男子サイドは3~4列目まではそこそこ入ってたけど後ろ半分以上はガラガラ。
A席もパラパラといったカンジ。女子サイドの指定席は輪をかけて少なかった。

二日目はスポンサー席、男子サイドの指定席はけっこう埋まっていました。
ギッシリとまではいきませんが大雑把に見たカンジ、6~7割方は入っていたでしょうか。
この日も女子サイドの指定が淋しかったですね。

二日目の男子演技が始まる直前、既にスタートしていた女子の演技。
たまたま平均台日体スワロー和雪梅選手の演技のみ始まり、会場の視線が中。
シーンと静まり返ったなかで、大人の雰囲気たっぷりに何気なく決めるワザの数々。
ふんわりほっこりとした空間の演出を楽しむことができました。

徳洲会仲里選手
初日、一種目めのあん馬!どうしたのか?2回も落下してしまい最悪な出だし。
トップの試技順で緊張感いっぱいだったのでしょうね。
去年尼崎のスタンドで、たまたま日体大父兄の傍に座った時、父兄の方が
なかちゃん、ナカちゃん」って応援されていたので、私もそれから
『ナカちゃん、がんばれ』と心の中で応援してしまう(^^;
得意の平行棒&鉄棒で挽回したけど、二次予選(9位)の順位から後退してしまいました。

二日目の平行棒、途中で大きくバランスを崩し、かろうじて落下を免れてたり、
ゆかも失敗があったようで、さらに失速してしまったナカちゃん・・・
同期のもう一人の中ちゃんに負けずに頑張って!

徳洲会佐野選手
二次予選では立てなかった跳馬の着地は2日間とも成功!練習の成果がありましたね。
でもでも彼の場合は今大会、大過失が目立ってしまった印象が強いです。
初日の鉄棒、二次と同じ箇所(大逆手掴むところ)で落下。ラストのあん馬も2回落下。
終わった後、がっくりと肩を落としていた姿がせつなかった。

二日目は平行棒を成功していれば(これも落ちてたよね?)、余裕で90点台に乗ったのに
初日の失敗といい本当にもったいない!つり輪の安定さが全種目に欲しいですね。

順大星選手
初日のあん馬、フィニッシュの倒立に持っていけずに失敗降り。
終わったあと「あ~ぁ…」と嘆いている表情が本当にしそう。良宏さんもニガ笑い…。
平行棒の降りも今までのえ込みから身に変えてきて、一日目は前へお手つき。
二日目は後ろに重心がかかってしまい着地大きく乱れる。

脚、いですからね~。その分高さとキレがないと屈身2回宙は大変なのかな?
車輪ディアミ、スケール大きくってキレイ。つり輪!もうすぐ14点台突入です(拍手)
たしか鹿島くんも大学三年の時のN杯はここら辺りの順位でしたよね?

鉄棒は2日目の方がスピードがあって素晴らしかった。
誰にも真似できない大逆手エンドーのしなやかな姿勢・・速いからあっという間なんですけど。

   うーん、沖口くんと星くんは次回観戦記で一エントリー書けそうな予感。
   やっぱり自然と目が向きますね。世界の舞台へとはばたいて欲しい二人です。

日体大水鳥一輝選手
二日目のラストの種目ゆか。アジア競技会の代表に入れるか入れないかの境目
ビミョーな順位につけていたのでプレッシャーがかかってしまったのか?
疲労感でいっぱいいっぱいだったのか?

二日間、苦手なあん馬を克服してきたのに最後の最後に悔やみきれない失敗
してしまいました(終末ワザの着地ミス)
「お兄ちゃんと一緒にアジアへ!」の夢、ほんのチョットの差でしてしまい、
観戦された御両親も残念な気持ちだったでしょうね。

--------------------------♪

夕べはテキストエディタを起動させたはいいが、
日頃の寝不足がたたり、ウダウダしているうちにそのまま爆睡。・・・・つづく

第45回 NHK杯 体操@vol.2

初日も二日目も何がどうだったか?脳内HDDがクラッシュ寸前ですので
一緒くたにまとめて各選手、リザルト見ながら覚えていることだけをアップ。

今大会もA・Bスコア&得点記入はあきらめ、初日は試技順を、二日目は初日の
順位表を手元に、フロアだけを見つめてきました。
間違ってる表記があったら教えていただけると嬉しいです。

作新TMクラブ鏡選手
うーん、ジムパンの色が薄~いピンクでしたが以前もそうでしたっけ?
ユニが白なのでビミョーな色合いが気になりました。
ガツガツと上位を狙う体操ではなく、Aスコアも出来る範囲で限りなく儚かった
あん馬、苦手な雰囲気じゃないのに苦労していましたね。
鉄棒、車輪の体線の美しさはいつみてもタメ息モノ…どの種目もホッと癒される演技。

コナミ鈴木選手
予選の持ち点10位通過で臨んだのですが、体調不良だったのでしょうか。
地味ながらいつも上位に顔を出してくるのにどうしたんだろう?と不思議でした。
二日目の鉄棒のAスコアが確か6.7関口選手と一緒!コナミ応援団も大喜び
高得点(15.700)が出たのに初日は失敗していたんですね・・・残念。

日体大水鳥豪敏選手
初日は調子が悪かったのか?低空飛行状態で象徴的だったのが得意の鉄棒
捻りのタイミングが合わず遠くへ放り投げ出すような落下を(ちょっと珍しい)してしまい
マットに突っ伏す姿が痛々しかったです…。でも二日目は挽回してましたね。
レベルアップに励んで、二人のお兄ちゃん達に離されないよう付いて行ってね。

日体大沖口選手
いっちばん楽しみに観ている選手なのですが・・ゆかはポートアリーナ初日の15.750の
演技を覚えているせいか、跳躍がイマイチ物足りない。大きな失敗はなかったけれど
いつもの雄大さに欠けていたように思えました。

ずーっと安定していた跳馬のロペス、初日は着地で前へお手つき。キレがもう一息!
でも二日目は素晴らしかった。あん馬または鉄棒、どちらか必ず落下するお約束
守られてしまいましたが、成功した時の笑顔が気持ちに表れててカワイイ。

初日のあん馬、旋回中にポメルに脚ぶつけて「アラ~」といったカンジで落っこってたり
2日目の平行棒、単棒開脚しながら倒立のところで上がらずに両太股がバーの上に
乗ってしまったり、笑っちゃいけないけど不思議と愛嬌がある選手(^^;がんばれー!

日体大青山選手
初日は飄々と、いつものダイナミックな演技を展開していた記憶が。
特に鉄棒が力強くて見応えあります。彼も苦手種目があまりないAAタイプの選手。
174.5cm、70㎏もあるんですねー(^^; 得意のあん馬、二日目は落下してしまい
点数も初日に比べて全体的に伸びなかったので体力強化の課題が残ったようです。

徳洲会田原選手
初日のつり輪、最終種目だったせいか静止の各所で抑えが効かず、Bスコアをだいぶ
下げてしまい、終了後は跳馬のポディウムにもたれてガックリとうなだれていた姿が
印象に残りました。彼も新ルール対応に苦労している選手の一人なのかな?
二日目のラストあん馬もボロボロになってしまいスタミナ維持が上手くいかないようです。

試合に出場した日体大の選手達、競技終了後のカッティングも仲間と一緒になって
手伝っていました。
試合後で疲れているのに先輩後輩を問わず、仕事をしている姿に好感が持てましたね。

・・・・・つづく

第45回 NHK杯 体操@vol.1

初めて訪れた幕張♪

指定席券発売のおかげか、開場前の列も先頭に日体大生が目立ったくらいで長くなく
あまりにも蒸し暑かったので並ぶ元気もなく、近くのカフェで開場時間までTea Time。

入口前5mぐらいに近づくと、ヒンヤ~リ・・もっのすごい冷気が襲ってきて
イベントホールのロビーは冷房ガンガンに効きまくり。
会場内も適度に爽やかな温度で、選手たち寒くないのかな?とチト心配。

N杯独特のポディウム(演技台)が組まれた会場は、映像では何度も見ている憧れの空間
ところで着ぐるみの「うさぎ」と「くま」は今年もいないの?

数年前のN杯ビデオを見ると冨田くんが、鉄棒か何かの種目の控え椅子に座っている隣に
2個、椅子が並んでて、そこにうさぎとくまがフツーに二匹並んで座っているスリーショット
可愛くって (いや、着ぐるみデカイってー、リアル着ぐるみ‘とみタン’の方がカワイイんですけど)
今年は見られるかな?と思ったのにいなくて残念~。

体操協会HPにも、今はもうアップされてないけど着ぐるみ二匹がポディウムから
頭出してとみタン鉄棒演技、着地の瞬間拍手していた映像ありましたよね(^^)あれもカワイイ
くまだっけ?たぬきだっけ?←さっき引っ張り出して確認したらパンダだたよ。

1班の選手が移動する度にくっついてきてて、演技前の三分アップの時は二匹揃って
台の上に上がって会場に愛想を振りまいていたわ。うーん、コレ生で見たかった!
いや、そんな昔話はどーでもいい・・・

すでに出場選手は公式練習中。
リザーブ1の徳洲会・速見選手も練習していて、その後はクラブの先輩の補助へ。
スタンドには順大OBの斎藤雅史選手村田選手、茗渓クの伊藤選手達が私服姿で観戦。
コナミの山田選手は仲間の補助へ、上田選手はコナミ応援団のお手伝い。

そうそう、ポディウムのおかげでスタンドと器具の距離感がグッと近くなっていました。
特にゆか付近選手の息遣いも聴こえて来そう!でもでも手前のラインがカンペキに死角
反対側スタンドのつり輪周辺はスポンサー席でしたが、演技中の選手と同じ目線の高さ
観戦できる空間。隣の平行棒、手前に着地された時の姿勢がイマイチ見えません。

で、ところどころにスポンサー看板が設置され、電光掲示板とスコア表示板の黄色いヤツが
所狭しと置かれているので、フロア内の谷間あちこちで死角になる場所が発生してて、
お目当てな選手を探すのに最初はちょっと戸惑った。

二日目同様、初日もDJ司会者のノリの良い声と一緒に田中光氏が、競技の進行状態や
選手の気持ちなど、解説を交えて説明してくれたのは目新しい企画で良かったと思う。
でもその会話が交わされる三分アップ時は、オーロラヴィジョンに映し出される途中経過が
気になって、話半分くらいしか耳に入ってこない(^^;

んー、文句ばっかり言ってますな…             つづく

鹿島丈博@幕張メッセ

一日目
会場内に入って席を確保し、公式練習をしているお気に入り選手のいる器具を把握。
その後チェックした場所は、フロアコーナーと出入り口扉の境目の少し薄暗いゾーン

どこの会場にもあるんですね、なんとなく死角になるホッとできる場所・・・
いましたよ~案の定、セントラルジャージを着たアノ御方がっ!

髪の毛、ポートアリーナの時よりもサッパリと短めにカットしていました。

最初は奥の方に立っていたけど、そのうちフロアの壁の角に置いてあった椅子に座って
缶コーヒー(?)を美味しそうにグビグビ飲んでいました。

演技が始まると、三脚&ビデオカメラを持った米田さんと一緒に審判長席の裏に移動。
一種目めは徳洲会メンバーが大勢いた班が跳馬だった為、ビデオの位置取り?に動いた
米田さんにお付き合い。

その後は平行棒や鉄棒を横から撮れる場所、指定S席スタンドの真下に移動して
二人で時々会話をしながらしばらくの間観戦。

初日の演技もそろそろ大詰め
ふと目を向けると、そばにある扉に身体を半分隠しながらフロアを眺めていました(^^; 
「はぁ?入るならはいる、出るなら出て見ればいいのにー?」ってなカンジ(笑)
何をそんなに恥しがっているのかしら?ちょっとツボりましたよ(絵に描きたいっ!)

二日目は…
お約束の薄暗いゾーンに立って、公式練習を見守っている鹿島くん
掌には黄色いストレッチボール、左右交互に持ち替えながらニギニギしていました。
握力回復リハビリを常に実行中。

んで、今日は会場内ゲスト解説者として(昨日は田中光氏)これまた男子器具が
最悪なことに、いっちばん遠くに見える場所に座らされる。

「あんな場所に…それも苦手な喋りを披露しなきゃならないなんて、ガンバレかしー!」
うん、でも会場にたくさん来ている鹿島ファンの皆さんには嬉しいサービスでしたねー。
隠れることができる衝立(ついたて)もドアもないわよ。

初っ端、突然DJ司会者(アルベルトなんとかという名前の人)に話をられてしまい、
頭の中で文章をまとめていなかった鹿島くん。早速カミカミ(^^;
それを聞いてたとみタン、「クスクス笑っていたわよー」とは友人からの情報。

男子1班ゆか演技の時は女子の平均台が邪魔だったらしく、身体を大きくのけ反らせて
観ていましたね。それよりも何よりも、種目が変わる直前になると目が泳いでたわー。

種目を移動する時に流れるポルノの曲の手拍子も忘れず、DJさんからの質問にも
彼なりに必死に答えていましたが、同じ言葉をり返したり、突然言…になったり。

DJvs鹿島丈博@幕張メッセ場内解説」の詳細な会話は相互リンク先である
ホワイトモカさんのHP、鹿島丈博選手応援サイト『Gymnast KASHIMA.com』さんの
BBSにアップされていますので、是非ぜひ、読んできてくださいね。

鹿島選手、ホントにほんと~っに、究極におれさまでした。
終了後はセントラルのチビッコ応援団が座っているスタンドの下に冨田選手と二人、
並んで立ってお礼のご挨拶。

セントラル・スポーツのチビッコの皆さん
この次連れて来られる時はあと二名、村田選手と鹿島選手の名前も覚えてね。
間違えないで応援してあげてね。

ん~、鹿島くんのレポって・・・こんなんじゃなくて早く演技のレポを書きたいですー。
食欲、無事に戻りつつあります。ご心配おかけしました m(_ _)m

小川泰弘@幕張メッセ

ただいまデス。

3日間、東へ西へ大移動!
お会いできた皆さま、おつかれさまでした&いろいろありがとう。

幕張アリーナの二日間が終了し、今季の各競技大会の代表が決まりましたね。
選ばれた選手の皆様、おめでとうございます。

うーん、ワタクシ的にはチト辛いものもありましたが…。

・・・ということで、応援していた小川選手-----------------------------

N杯は二日間共点数を伸ばすことができず、
今年の代表選考会は残念な結果となってしまいました(T_T)

つり輪のAスコアを上げてきたのか、二次に比べて力強くなってて頼もしかったのですが
平行棒以外の種目は二日間、どちらかの日が安定しない演技になってしまい・・・

跳馬の2本目は「伸身カサマツとび」でして(前回のレポ間違えた)Bスコア重視の選択。
空間姿勢はとってもキレイなので初日はまとめてくれました。
1本目の「ローチェ」は初日着地失敗、2日目はうまく立つことができましたが
2本目が着地大きく動く。

平行棒、なんだかわかんないけど減点の点数が表示されてて意味不明な得点!?
ううう;; もうイヤ~(+_+)
鉄棒、初日は硬くてコチコチ(汗)観ているこちらの肩まで凝ってしまうような車輪でしたが
2日目は心機一転のびのび~
滑らかさが復活してて着地も決めてくれて、これは本当に嬉しかった(^^)

その2日目はそれでも頑張ってて4種目めの鉄棒終了時には10位につけていたんです
「もう跳馬やる班ないしー。ゆかを現状維持してラストのあん馬、今日こそ成功を!」
と、誰もが一番キツイこの5~6種目めをクリアすれば、おのずと結果がついてくると
思ったのですが…

ゆかの最初のシリーズ着地大きく乱れ、他も決まらずにBスコアが 8.0 って超悲しー。
あん馬はラストの倒立に持っていく移向が、ポートアリーナからこの4日間で
一番大きく崩れてしまい万事休す。
思いだしたくないけど書き留めてしまった。ゴメンね、本当にごめん(涙)

全日程終了後、いつもの人なつっこい笑顔って…ほとんど見られなかったですね。

7月末にインドで行われる「アジア体操選手権大会」、
順位からすれば選ばれるハズなのですが、彼より下の順位の選手が
繰り上がり出場との発表がありました。う~ん、何かあったのかな・・・。

ファンの立場として今、こころから応援することしかできませんが
体調を整えて、また新たな目標に向って頑張って欲しいな…と願っています。

---------------- (;ヘ;)

体力には自信のある自分ですが・・・
精神的なモノからか?幕張遠征中の日曜朝より、ナゼなのか食事が喉を通らず、
極度の食欲不振に陥り、家に帰ってきたら体重が3kg近く減っていました。

試合後の選手は疲労回復するまで一週間近くかかるそうですね。
それなのに「ただ観てるだけ~」のミーハーがこれじゃホント、情けない(^^;

一番辛い想いをしているのは、悔しさいっぱいで代表の座を掴み獲れなかった
選手達なのにね。
ほんのチョットの差で逃してしまったそれぞれの椅子・・・。

桑原馬場選手。そして、兄弟でアジアに出場したい思いが強かった水鳥一輝選手
次回こそ!その椅子に座れるようにと
再び切磋琢磨する日々が既に始まっているのですね。

いつもの脊髄反射レポ、変則的に始まってしまいましたがボチボチと更新していきます。

更新のお知らせ

ホント、暑かった・・・・(^^;A

まだこの蒸し暑さに慣れていなくって身体がついていけません。
週末の関東地方も厳しそうですね。

えっと、明日土曜日から月曜日まで2泊3日で出かけてきます。
ブログの更新は18日(火)以降になります。

さっき、米田さん出演CS番組をザーッと見てみましたが・・
なんだかんだと一時間ぐらい、いろいろ喋っていますね。

JISSでの様子は基本動作の反復練習。
鉄棒も持ち替えできてたし、ゆかシリーズも手を着いてバク宙してたし。
でもやっぱり筋肉が戻るまで、あまり無理できないような感じ(おっかなビックリ)

それでも11月の全日本復帰を目指しています!とのこと。
順調な回復状態だと思われます。

徳洲会のメンバーも米田さんの肩越しにチラチラ映っていて嬉しい(^^)
詳しいレポは日を改めて書いてみます。

選手のみなさん、明日からの二日間!万全の状態でベストを尽くしてください。

雪組・ベルサイユのばら@静岡公演

ずーっと前から楽しみにしていた全国ツアーを観劇してきました(^^)

そうなんです。東京&ムラへは何度か足を運ぶことはできるけど、地方公演は
近場に来てくれないことにはなかなか行くチャンスがなく、何年ぶりだろ?
わたちゃんトップになりたての頃かな~。もうホント、ひっさびさ。

地元の観劇仲間とは普段はゆっくり会えないので、しばらくぶりに積もる話があり
公演終了がPM9時過ぎだったけど11時過ぎ頃までファミレスでお喋り。
いやー、笑ったワラッタ。近況報告、それぞれの爆笑話ばかりで盛り上がりました。

そうそう、水夏希オスカルを筆頭に雪組精鋭全ツのメンバー。
主要キャストはそれぞれ皆芝居心があり、脇のキャストは一人何役もこなして
人数の少なさを全く感じさせない人海戦術はヅカならでは!満足のいく公演でした。

マリーアントワネット生誕250周年記念」と謳っておきながら、アントワネットも
フェルゼンも出てこないバッタもの(ウソ)の『ベルサイユのばら・オスカル編』ですが。

オスカルとアンドレの出会い~ロザリーの妄想~ジェローデルとの結婚話~アンドレの告白
~衛兵隊と心をひとつに今宵一夜~パリへ出陣アンドレ死す~バスティーユ滑落
~オスカルの~天国で二人再び結ばれる~薔薇のタンゴ~薔薇のボレロ

んんー(^^;
これだけのことを正味2時間半(二幕)の中に詰めこんでいるワケで、そりゃー説明セリフも
多くなるわな…なにかといえば幕前シーンになってしまい状況説明に忙しい。

以下ぶっちゃけひとりごとです。興味ある方だけドゾ。

2時間の生出演??

徳洲会のBBSに‘お知らせ’が書かれていましたが、明日のスカパーの番組内
荻原次晴のスポーツブレイク」というトーク番組に米田さん生出演らしいです。

いやー、テレビに米田ナマ出演って「@サプリ!」以来?
あ、そうそう、最近だと去年の尼崎全日の国営放送ゲスト解説がありましたねー。

この番組って2時間の枠があるんですけど、まさかゲスト一人に2時間も割くワケ?
それはそれで嬉しいけど、他にもゲストがいるのでしょうか?
なにはともあれ荻原さんのウィットに富んだ会話で色々な裏話を引き出して欲しいですね。

で、ウチのケーブルTVも契約すれば『フジテレビ739』というチャンネルが入るので
TELして聞いたところ

「申し込み用紙を郵送するので必要事項を記入して返送、確認終了後に視聴可能」
「ただし、契約は最低3ヶ月から」(1ヶ月間だけというのはダメ)

だと。

そんな手間のかかることしてたら番組終わっちゃうでーヽ(`Д´)ノ
どっちみち一番組のために3ヶ月も料金払いたくないし…
でも、バレーボールの番組や試合も放映してるんだよな~(チト魅力有り)

・・・というワケで今回はCSに加入している生徒の家へ録画を頼んできました。
どんな内容か(^^)またここでレポできれば書いてみようと思います。

------------♪

W杯、ジダン退場のシーンが物議を醸し出していますね。
真相は代理人が近日公開?するようですが、感動と興奮の後味が悪くなってしまって残念・・・

「イタリアvsフランス」

堅守イタリア、24年ぶりの頂点!

本当に、ほんとうに見応えタップリな決勝戦でしたねー(^^)
・・・といってる自分、TV観戦はハーフタイムに入ったとたん撃沈爆睡してしまった
ヘタレですが、さっきやっとVTRを見終えました、ふー。

イタリアの主将カンナヴァーロ最高!175cm/72kgという、日本人より小柄な選手なのに
的確な判断とテクニックと精神力、大きな選手と競っても決して負けない強いフィジカル!
縦横無尽に動き回っている背番号5がピッチでいていましたね~。

お立ち台に立って優勝トロフィーを掲げた瞬間、世界一の喜びに溢れた少年のような
弾ける笑顔を見て、こちらまで嬉しくなってしまった。

セットプレーのコーナーや直接FKを蹴るピルロの、精度の高いキックがメチャメチャ綺麗。
FWトニの、クロスバーに当たったヤツとかオフサイドになったヘッドもキレまくりで素晴らしい。
そして最後の砦、GKブッフォン鉄壁な守護神ぶりも忘れられない。

デルピエロ…日韓大会の時は長髪イケイケの典型的なイタリア兄ちゃんだったのに
今回は頭丸めてフツーの大人しそうな選手になってたのはチトびっくり(^^;
うん、でもドイツ戦のロスタイムのダメ押しシュートは彼らしくてステキでした。
ガットゥーゾvsリッピ監督一触即発なパフォーマンスも楽しかったー。

アズーリ最高!世界一ほんとうにおめでとうー!!

惜しくもPK戦負けとなったフランス・・・
後半も延長戦も押せ押せだったのに運にも恵まれず、あげくの果てにジダンが退場。
フランス国民には悪夢のような瞬間だったろうね。

7試合で2PKを含む9得点は、決定力の面で辛いモノがあったかも。
そんななか、3得点のアンリのゴール前のキープ力の凄さ、マケレレの球際の強さなど
ワクワクさせてもらった。
4年前の一次リーグ敗退の悔しさは最後で晴らせなかったけど、胸を張って帰って欲しい。

------------( ¨)

あ~ぁ…終わってしまいましたね。4年に一度の世界のお祭り
しばらくの間は『W杯燃え尽き症候群』な症状が付きまといそうな人達ばかりでしょうね。
ウチのもすっかり夢中になったクチで、

「ふふふ、夕べは夜9時に寝て始まる直前の午前3時に起きて観たわよ」
「やっとゴールキックとコーナーキックの違いがわかった!」←おいおい
「一番イイ場面の表彰式、お弁当を作んなきゃなんなくてちゃんと見られなかったよ~」

などとノタマッタ超ニワカサッカーファンがひとり増えました(…よく夜の9時に寝られるよなぁ ^^;)

世界で一番熱い夜!

2006FIFAドイツW杯もいよいよ大詰め!

アズーリvsレ・ブルーの頂上決戦が始まります。

ベスト4に残ったのが全て欧州勢というのは、ある意味番狂わせだったかもしれない。
それでも残るべくして残ったイタリアとフランス。
トニvsアンリ1トップ対決は二人とも同い年(1977生まれ)ワクワク感いっぱい!
トッティvsジダンは王子vs将軍&背番号10番対決も見ものです。

国旗の色がモスグリーンかトリコロールブルーの違いだけなように、似ている試合運び。
今大会はどちらも鉄壁の守備で勝ち上がってきたチーム。
どちらに転んでも感動的な試合になることは間違いないでしょうね。

夜中の3時からの試合(^^;明日は日本全国サッカーファン皆、寝不足な一日に。

決勝戦のボール。あの靴べら二つくっつけた形の部分が金色になるのね。
国名もふたつ刻まれているそうです。試合後の行方が気になるところ…

うーん、ちょっと仮眠しとこうか・・・

思うこといろいろ

お天気、グズグズしてますね。

んーと、今日は・・・朝から3時頃まで仕事して、予約してあった整体施術院へ出向き
ついでに友人の家へ寄って来週の観劇チケットを受け取り、
車で30分かかる場所にある旅行会社の窓口で、9月遠征のホテルとJRを予約
あ、そうそう今月の「ぷらっとこだま」のチケも一緒に。

ホント、余裕かましているとすぐに満席&満杯になってしまうので早め早めのゲットを。
旅行友達からメールが届き、8月のクソ暑い時期にまた秘湯めぐりだと。
相変わらず山奥の涼しい場所なので避暑に行きます。

温泉旅行に行く時は基本的になので、旅費は高速代プラス燃料費折半、
宿代も、ひなびている雰囲気の所がほとんどなのでだいぶ安くあがるけれど、
観戦or観劇の遠征では交通費がバカになりません。

ウチみたいな中途半端な田舎に住んでいると、たとえば飛行機を利用するというだけで
余分な時間とお金が費やされます…。

バレーボールも男子ワールドリーグが始まるー(汗)

三重、広島、千葉って…観戦に行くとすれば船橋アリーナ?今年は千葉遠征ばっか!
これは仕方ナイ、日帰り決定。
千葉くん、足首疲労骨折だったらしい。代表のコートに立てるかな?がんばれ~。

最近のニュース、廃部になった旭化成の甲斐選手が豊田合成へ移籍。
センター北川さん、レフトに甲斐くんがいる合成はちょっと魅力いっぱい(^^)
あと、あの宇佐美選手青ロケから松下へ移籍!!←これはビックリ。

うさみんNEC
という図式が自分の頭の中にあり、他のユニ着るなんて考えられなかったけど
怪我etc・・で、今シーズンは日本代表にも呼ばれず、何か想うことがあったんだろうね。
松下も堺Bzも、大物セッターの移籍で来季のリーグ戦が楽しみ♪

そうそう、さっき「ニッポン!チャ×3」の予告が映って来週やっとこさイケメン選手登場!
バレーのコッシー、陸上の末續、バスケの五十嵐、ハンドの宮崎選手の4名。
コッシーも6月いっぱいでサントリーを退社して7月からプロ契約選手となったようです。
新天地&環境を変えた選手達、新たな気持ちでバレーボールを極めていってください。

世界一美しい体操をめざして

CXの木曜夜9時54分から流れる、正味三分半位のアスリートへエールを送る番組
GO!世界への道」の冨田洋之編がON AIRされました。

HP↑に番組内容が紹介されています。
静岡の地上波だと本当は見られないんですが、ウチはCATVに入っているのでセーフ。

短い中にもアテネ五輪~メルボルン世選の活躍をダイジェストに編集してあって
時おり間に挟まれるインタに答えている表情アップや、順大での練習風景では
全種目にトライしている所を見せてくれて、なかなか見応えある番組でした。

体操ファンでない人達が「あ、あの時の選手ね」と、再び記憶にとどめてくれて
一人でも多く競技会に足を運んでくれれば底辺拡大にもなると思うんですが。

JOCのシンボルアスリートにも選ばれて、今まで以上にメディアに出る機会が
増えるかもしれませんね~。

-----------------♪

・・・その後のドラマ、米倉涼子松下由樹というキャストにつられて見てしまいました。
プロデュース&脚本が栗原美和子さんなので、うーん…どうか?とは思うけど。

米倉の、何かというと目をカッと見開く演技が相変わらずハナにつきます。
松下由樹の、銀座の雇われママっていうのもちょっとキツイ。

いかにも!振り回されそうな男性陣もビミョー。
やっぱり!脇で出ている杉田かおる高岡早紀に期待。

もひとつ、アン・ルイスの歌声で「あゝ無情」ムチャクチャ懐かしーい。

-----------------♪

テンプレ、思い切って梅雨ヴァージョンに変更(^^)
今までの雰囲気とは違う、手書き風のキュートなヤツにしてみました。

カテゴリー内、変更しました

疲れた・・・

夜9時半過ぎからPCの前に座り、カテゴリー欄を追加して「レポ&考察」を編集。
管理画面でひとつずつエントリーを選択してカテゴリーを変更するんですが~(^^;
ウチのPCのスペックが足りない&動きがアレなので非常に重い、オモい、おも過ぎ!

雑談」や「メディアれぽ」の中にも、競技会それぞれに関連するヤツがあると思うので、
チェックはまた明日。メルボルン、現地には行ってないけど・・ま、いーか。

変更している最中、プレヴュー画面をチラチラ読んでいると去年の代々木レポなんて
何にも考えずに言いたい放題…(赤面)
さすがにカン違いしていた表記は直してしまいました。

ミーハー丸だしなエントリーばかりで恐縮ですが、思い出した時チェックしやすいように
分けてみた。追々「メディアれぽ」内も編集しようと思っています。

テンプレも『梅雨ヴァージョン』に変更考え中。今日はもうオシマイ。

「カッコイイ」の定義

  今年4月、高校生になった姪っ子と世間ばなし・・・

「ふ~ん、お付き合いしている人がいるんだ~。どんな人?」

  と聞くと、彼女の掌にある携帯電話の、電池を格納する蓋をパカッと開けて
  蓋の裏の角に小さく張られているプリクラを見せてくれた。

「笑うと山ピーに似てるのー」

「やまぴー??ああ、前髪の先がいつも目の中に入ってる子ね」
  (山ピーの笑った顔っつーのが思い浮かばない)

「違う高校に通ってるんだよ」

「へぇ~、でもこんな小さな写真じゃ顔がよくわかんないよー」

「かっこいいんだよ~」

「はいはい。で、どういう風にカッコイイわけ?」

背が高ければみんなカッコイイ!

「・・・」

  なにソレ (-"-;
  じゃあ背の低い人はアウト・オブ・眼中ってこと?
  んー、そりゃ低いより高い方がカッコイイとは思うけど人間、見かけじゃないしー。

  そんなこと、高一の「夢見る夢子」に言っても今はわからないだろうな。
  たくさんの人とめぐり逢って、ひとつずつ階段を上っていくように
  色々な経験を踏まえて、ステキな大人になって行ってね。

----------------------♪

左メニューのカテゴリー。
レポ&考察の部分を去年の代々木から先日の千葉ポートアリーナまで細かく分けたいっ!
先伸ばしにしていた作業、明日行うことに決定。

和央ようか&花總まり☆サヨナラ千秋楽

昨日、宙組トップコンビが宝塚を卒業しました。
スポニチ」 「サンスポ」 「デイリー」から3つの記事を。

和央ようか・・・愛称はたかこ(本名の貴子より)
自分が観始めた頃はまだ、新人公演の主役を務めていた若手売り出しスターさん。
当時のトップ一路真輝の歌唱を真似た、雪組らしいスターさんだな~と思った第一印象。

1996年・初演「エリザベート」雪組公演の皇太子ルドルフ役は確か、大劇場公演の後に
香寿たつきが組替えでどこかの組(←忘れた)へ動き、東京公演で回ってきた大役
一度しか観劇できなかったけど、長身に軍服が映えて金髪が抜群に似合い歌も上手い。
いずれ中央に立つ人なんだろうなぁと感じたのが、つい先日のことのようです。

宙組ができて二番手として迎えられ、ずんちゃん(姿月あさと)の後を6年間(ちょっと長すぎ ^^;)
トップスターとして突っ走ってきたたかこちゃん
不慮の事故がありましたが、コルセット付けたまま務めあげたサヨナラ公演。
激しい動きはできなかったけど、心に響く数々のナンバーは今でも耳に残っています。

長い間、本当におつかれさまでした。
ゆっくり静養し、この次は‘女優’としてまたステキな舞台を見せてください。

花總まり・・・愛称はハナ(←ヅカファンは尊敬?の意を込めて「様」をつける)
もうね~自分が宝塚にハマッた頃から娘役トップを張っているという偉大なる御方。
たぶん~トップ娘役ハナちゃんを客席で観劇、その後音楽学校に入学して歌劇団に入って
志半ばで既に退団してしまったというジェンヌさんがけっこういると思われ。

それでも初演「エリザベート」のタイトルロールは忘れられない。
「鳳凰伝」のトゥーランドット姫も印象に残っています。
色々叩かれてたけど、なんだかんだ言ってもやっぱりトップ娘役の資質はズバ抜けていた。
・・・・「楊貴妃」とか「クレオパトラ」級の大袈裟な役をやんなきゃ辞めないんじゃない?とも
言われたくらい全ての演目、めぼしい役はほとんど制覇してしまったツワモノ。

ホントに、ほんっと~にお疲れさまでした。
狙うはイチロさん勇退後の東宝エリザ座長公演でしょうか??がんばってください。


話は変わりますが、サッカー日本代表のMF中田ヒデ現役引退を発表しましたね。
代表引退はほのめかしていたけれど、まさか現役まで退くとは!
「新たな自分探しの旅」
彼のサッカーに対する情熱を、今後誰かが受け継いでくれることができるだろうか?
カリスマの突然の幕引きに「おつかれさま」と言うにはあまりにも惜しすぎます…。

日曜日のスポーツ観戦

ドイツFIFAW杯もベスト4が決まり、いよいよ大詰め!

夕べはリアルタイムでイングランドvsポルトガル戦を観ましたが
あんなに点が入りそうで入らない試合ってのもめずらしい?
ルーニーベッカムもピッチから離れてしまいイングランド大ピンチ!

もう~、実況アナの声も最後にはうっとーしくなって音声絞って観てましたが
極めつけは両チーム、見事に外しまくってる(止められてるとも言う)PK戦。

ラストはクリスチアーノ・ロナルドが決めたっていうのもドラマティック

ブラジルvsフランス戦はダイジェストでチラッと見ましたが、フランスのベテラン選手の
がんばり
が素晴らしい。パリのシャンゼリゼ通りが狂喜乱舞したセレソン撃破。
アンリの決勝ボレーシュート、まさかもう一枚あそこに走り込めるとは!

セレソン敗退はやはり寂しい…ロナウジーニョは無得点に終わってしまったし、
今大会はちょっと消化不良気味で残念。

-----------------♪

今日、午後から草薙体育館へ県ジュニア体操競技選手権大会を観戦に行ってきました。
中学生チビッコ選手の基本に忠実な演技の数々に感動!
水鳥体操館永江温英選手、鉄棒の開脚トカチェフめちゃめちゃカッコ良かったよー
未来の五輪選手達、順調に育っています。

6月のキーワード

一ヶ月が早い!

・・・などと毎月言ってますが、とりあえずお約束の検索ワードチェック。

6月は一見さんの訪問が普段に比べて少なかったです。
いつもだいたい常連さん割、一見さん割の割合なんですが、今月は割ぐらいでした。
W杯のせいかな?PCに向う機会が減っているのかもしれません。

今月のアクセスワードのトップは「冨田洋之首位返り咲き
で、どこかで話題になっていたんですかね?
名前と組み合わされて「集合写真」というキーワードがいっぱい来てました。
去年の年末、スポーツ大賞の受賞者と一緒に並んで写っていることを書いたエントリーに
ヒットしていましたが、お目当ての情報でなかったらすみません。

ずーっと前にポツンと来た「冨田真央
今月はけっこうな数だったので↑調べたら、バトントワリングの選手でジャニーズにも
在籍していた男の子だそう・・・そうなんだ~、謎が解けたわ。
最近又、メディアで紹介されたのかもしれませんね。
体操&フィギュアファンからみたら、羨ましいくらい素敵な名前ですねー。

ゴリエ杯関連、相変わらずいっぱい来てます。パワフルエンジェルの5人、
今度ゴリエちゃんのPVで踊るとかって、いつだか番組内でやってましたね。
三好 爽(さわ)ちゃんの人気がすごいらしい。

ヅカ関連では「朝海ひかる
退団を発表して、サヨナラ公演のバウ&青年館のチケットが手に入りにくくなっているそう。
ベルばらで大ブレイク!人気沸騰かー?でも本人は今年いっぱいで見納め…。
新規のファンも永年のファンと同じ様に、どこまでも追いかけて行くんでしょうね~。

あと、二次選考会があったせいかピンポイントでこのブログを検索するワードも多かったです。
久々に来られた方々、どうもありがとうございました。

以下、印象に残ったヤツを少し・・・ポチッとどぞ