Fairy Tail

2月のキーワード

2月は28日で終りでしたね。
うっかりやり過ごすところでした~月末恒例のアクセスワードをチェーック。

トリノ五輪のおかげで、普段より3日少ないけど今月もトータル10,000アクセス突破!
おおよそ毎日、一見(いちげん)さん4割、常連さん6割ぐらいの比率。

いやー、毎月トップアクセス数を誇っていた「冨田洋之」が、まさかの定位置滑落!
体操界オフシーズンの影響もありましたが、おそるべしトリノ五輪関連ワードの数々!
ダントツアクセスワードは3点セットで「カーリング まりりん 刈屋」でした(^^;
さっき報ステ見て思ったけど、林選手って神木隆之介くんに似てますね。

美人」「実況アナ」「ポエムアナ」「小野寺」「」「おやつタイム」「まりりんダンス
などなど、ほんっとーに沢山な数でして、カーリング女子チームひとり勝ちです。

刈屋アナフィギュアのワードとも組み合わされて、金メダル後にも多数来ていました。
フィギュア関連はスルツカヤのFSの作曲者、ジェシー・クックのワードや中国ペア、
張丹 張昊(Throw Jumpで怪我→中断)の動画を求めるワードもけっこう多かったです。
刈谷」「荒川静香」「イナバウアー」「アイスダンス アメリカ 美人」「ナフカ M字」など。
(ナフカ姐さんのM字もスゴイが、支えるカスタマロフのM字も超強靭、オドロキ!)

この二つの種目を主にエントリーしていたので、ワードが多くなるのは当然でしょうか。
トリノ五輪2週間…涙あり、笑いあり、本当に色々なドラマがありましたね。
まとめとして『報知が選んだトリノ“想定外”10大ニュース』で締めくくります、納得!

他は相変わらず多い体操関連
米田功 公式ブログ」は、今でこそ検索エンジンのトップに来ていますが、最初の頃は
本家本元よりも、My Blogが一ページ目の上の方に来ていてメチャ慌てましたよ(大汗)
熊本 体操」も、月初めの頃はいっぱい来ていました。

今月の「季節」ワード

合唱曲」「MIDI」「未来へ 伴奏」「旅立ちの日に 楽譜」など、先月はほとんどなかった
卒業式に歌う合唱曲のタイトルや、解釈などのワードが今月は非常に多かったです。
シーズンを迎え、式で歌う曲を選んでいた人達が大勢来てくれたようです。

今月の「長文」ワード

バレーのジャニーズジュニアと同じジャージ
「ジ」や「ャ」が目に入った時、新種の早口言葉かー?と思いました。

バレエの時着る服装の専門用語
ん~、レオタードとかチュチュのことかな?「バレエの時着る…」っていう言い方は
たぶん小学生が検索して来たのではないかと。

女子バレー東レアローズが泊まるホテル
地方開催の時は、選手とファンが同じホテルに宿泊する確率は高いですね~。
バリボファンは朝食時やロビーで遭遇しても、ちゃんとマナーを守っているようです。

今月の「傑作」ワード

イナバウアーって難しいの?
「?」付けて訊かれても…(^^; 荒川選手御本人に尋ねてみてください。

村主 フラメンコ 局 SP
・・訊いてることは分かりますが「局」って~。それでもヒットしちゃうMy Blog って~。

イケメンのいるマッサージ
そうですね~せっかく行くならオジサンや女性よりもイケメンに担当してもらいたいね。

今月の「」ワード

レオタードテレビ体操動画」 「生着替え」 「中学生男子画像
画像だの生だのと、他に考えることないんでしょうかねぇ。

佐藤ゆか 眉毛
いや~~~、昨日佐藤さんNHKにチラッと映ったので眉毛チェックしてしまいましたよ。
そんなにヘンですか?んん~、カーブ描いて黒々としていました、はい。

だってミーハーなんだもん フルート ブログ さだまさし
・・・どういった文脈なのか?全くワカリマセン。
さださんお得意の、コンサートMCの内容でしょうか(^^)

来月もたくさんの爆笑ワード、お待ちしております。

冨田洋之@メダリストは見た!!!アルペン男子回転

    
    皆川が与えた自信と“ものさし”

荒川選手の金メダルで日本の雰囲気も大きく変わり、アルペン男子回転を楽しみに、
 正直言って初めてじっくりと見た。
100分の3秒差の 4位
 表彰台を目指して戦っている選手にとって、これ以上悔しい順位はない。

・今まで自分達の実力がどこまでやれるか不安で、勝手に限界を作っていたことも
 あったと思う。
・アテネ前も自分達が世界のどの辺りにいるのかわからず、物差しを失った状態だった。
・演技そのものに不安はなかったが、どう評価されるか分からない不安があった。

・五輪以外の国際大会で経験を積み重ね、自信をつかんで行ったが、やはり
 五輪の大舞台でつかんだ自信は本当に大きいものだと今、振り返って思う。
皆川選手4位は本人とって大きな自信になったし、それ以上に周囲に与える影響も
 大きい。周りに自信を与え、やる気にさせたと思う

・前評判の高い選手がリタイアしたが、今回の日本人の躍進とは関係ないと思う。
攻め続けギリギリの勝負をしなければてない競技。
・1回の小さなミスも、後々のリズムに大きく影響するところは体操に似ているので、
 これからも注目して応援していきたい。

_____________________________________


前回の男子フィギュアに続き2度目の登場が嬉しいです。
アテネ種目別のつり輪、僅差で4位となった悔しさと、今回の皆川選手の無念さを
ダブらせて語っているように思えます。

この大舞台での経験が、これからの競技生活に必ず大きな自信となって反映される。
コンスタントに結果を出している冨田くんならではの言葉で、説得力がありますね。

7位入賞の湯浅選手と共に日本勢50年ぶりの入賞!その50年前に銀メダルを獲った
猪谷千春氏が、IOCの副会長としてプレゼンターを努めました。日本人の表彰台を信じ、
「自らメダルを手渡したい」と立候補されました。
夢はかなわなかったけど、頼もしい選手達が複数いることに喜んでいたそうです。

アルペンの回転って、スキー競技の中で一番オーソドックスな種目だと思います。
ジャンプやスノーボードのような派手さはないけど、スキー本来の基本の滑りを、
いかに誰よりも速く滑りきれるか。
攻めろ、攻めろ!」と声を嗄らして叫んでいた解説者の言葉が印象に残りました。

Passion lives here
感動に溢れた、筋書きのないドラマをたくさん見せてもらいました。
4年後のバンクーバーで、また新しいヒーロー&ヒロインが現れることを期待したいですね。

さっき、ステキなBlogを見つけました。
東京FMの柴田幸子アナウンサーが綴る、トリノ五輪取材記事が満載です。
Shibasachi BLOG』←現地の息遣いが聞こえてきます~(^^)

輪舞曲~第7話~

はぁ?何コレ??←先週と同じ出だし

警察は神狗のトップだけ逮捕して息子以下、幹部の連中まで一網打尽には
できなかったってワケか~。
んで、父親が座っていた椅子へ息子役の速水もこみちが座るんだけど、親の悪事を
捏造してワザワザ警察へリークしたりして血も涙もないよね、こわー。

木村佳乃ジウの一対一の場面は、火花が散ることを期待していましたが
なんだか和やかに丸め込まれちゃって、視聴者もあんたらも騙されすぎデスって。
ペンダントの件で一度は疑ったが、結局その後色々とボロが出てきてしまい、
ジウ悪役へまっしぐらな展開

竹野内の前で「サランヘヨ」(愛してる)のセリフ、涙流して大安売りだったのにー
掌返したように、向こうの人間側に翻る変わり身の速さっ!
冷たい表情で「あなたを愛したことなど、一度もない。ただの一度も!」と
捨て台詞言い放ち、振り返りもせず去っていくシーン。

竹野内じゃなくても「おいおい、それはナイだろ~」とボヤいてしまった。

杉浦直樹の腕の銃痕は最近のモノと知り驚く…「父親の仇ではなかった」
神狗の優秀なハッカーがジウだったなんて…「きれーにダマされました」

毎度よろしく絶体絶命のシーンを傷ひとつ負わずにスリ抜けている竹野内
なんだかな~見続けるのがだんだんイタくなってきました。
このレヴューも最終回まで続くかどーかわかりません(^^;

そうそう、やっぱりジャスティス可愛い!久々、かまやつ兄さんとベッキーが登場!
ちゃっかり“ボステリブーム”を宣伝してたわ。グッズまで売れてんのね~おそるべし。

--------------------♪

来週(3月5日)冨田くんジャンクスポーツに出演しますね~予告にチラッと映りました。
白い開襟立てて黒のテカテカジャケット姿。一番おいしいメインの場所に座っていましたよ。
テーマは「ショーマンシップ」だそーです。

toto 』のサイトにも単独インタヴューが来てました。
あくまでも「美しさ」にこだわり続ける演技…今回の荒川静香選手の金メダルにも
きっと、相通じるものを感じたことでしょうね。

ちょっとブレイク

さっきまで天海のユリちゃん主演のドラマ見ていました。

彼女がスーツ着てキャリアウーマン役やってると、離婚弁護士の「間宮貴子」そのまま。
ましてダンナ役が佐々木蔵之介って・・・(^^; 勝村さんともよく競演してますわー。
来クールは月9のヒロインだそうで、いっとき舞台中心だった期間があったけど、ここ最近は
テレビの仕事が多くなっています。

お母さん役をするなら、今回のようなコメディタッチの方が彼女らしさが出ていていいかも。
色々映っていたお料理の数々、作って食べてみたい!と思うようなモノから、朝の忙しい
時間帯にあんな優雅な食卓はテレビの中だけの世界と思われるけど、ん~憧れますねぇ。

最近、松坂慶子のセリフまわしがなんだか鼻に付く…。上手いのかヘタなのかわからん。

----------------♪

昨日は朝から晩まで、今日もメディアの露出がスゴイ!金メダリストの荒川静香選手
TVの特番も急遽組まれていて、一躍「時の人」となっています。
今週の「アエラ」の表紙が彼女ですね。
「ペンダントの“”は、スケート命!のではないですよ~」(笑)と、おどけています。
新聞もオールカラーでスポーツ紙も一般紙も大きな扱い。
荒川&フィギュアファンは新聞を買い占めてるんでしょうね。

体操ファンとしては、アテネ団体金の翌日とか、去年の世界選手権直後を思い出す。
悲しいかな扱いの大きさがハンパじゃなく違います、フィギュアファンが羨ましい
ずーっとメダルゼロで来ていて、メディアが待ちに待ち焦がれた金メダルですから
アジア初のフィギュア金メダルですから…当然ですね。

荒川選手の凛とした佇まいは“天海祐希”に似ている部分があると思います。
氷上の圧倒的な存在感と、舞台で輝いている存在感が共通していますね。
ユリちゃんの舞台もまた、観てみたくなりました。

今朝、放映されたEXの録画はまだ見ていません。
今日は早めに仕事を切り上げ、夕方から夜7時頃まで爆睡!
毎晩遅くまで、TV画面にくらいついているシワ寄せで睡眠不足の毎日…
今、男子回転が行われています。
途中棄権者などが相次げば日本の選手にもチャンスあるのかな?

明日でトリノ五輪も終了。
こんなに夢中になって冬のオリンピックを観戦したのは久しぶりかもしれません。
こうして即座にネットで情報を集めることができたおかげで、毎日書くブログのエントリーに
格好な題材にもなりました。

でもネットの世界…便利になったのと同時に言われようのない、聞くに耐えない情報も
あちこちに氾濫しています。
理不尽な被害を被っている人達は本当に辛いことと思われます。

どこまで流してどこまで信じるのか?自己判断に迫られることも多くなってきています。

-------------♪

Vリーグもいよいよ大詰め!

男子東レ…青ロケに勝利し、首の皮一枚でファイナル進出につながりつつあります。
女子パイアオニア…久光にスト負けって(ToT) 良くも悪くもフランシー次第なチーム。
モロに結果に出てしまいました。
明日の武富士戦。なんとか勝利をつかんで来週の決勝戦へー!

おめでとう☆金メダル!

「トリノのオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました。
 ニッポンの荒川静香メダル!アジアで初めて、アジアの選手が初めて、
 冬のオリンピック、フィギュアスケートの頂点に立ちました!!!」 by 刈屋アナ

いやー、凄いモノを見せてもらいました。

こんなにプレッシャーのかかった大舞台なのに、気品に満ち溢れ、のびのびと滑っている
彼女を見ていて、感動でほんっと~に胸が熱くなりました。

どのジャンプが何回転していようと全く気にならない。氷上の存在感がズバ抜けていて
「誰も寝てはならぬ」どころか、世界中の目をましてくれましたよ~素晴らしい!

音楽コスチューム振付構成、そしてテクニックの全てが世界トップレベルの域に
達し、心技体パーフェクトにピークを持って来られた強さも女王に相応しかったですね。
Y字スパイラルの手離しラスト、ふわぁん・・と背伸びするようにポジションを戻した時は
背中にゾクッと鳥肌立ちました。

手先まで計算され尽くした、優雅でスケールの大きい大人の滑り。
最高の舞台で最高の輝き!トリノ五輪金メダル獲得、本当におめでとうございます。

金メダルが決まった時、安藤ミキティがお祝いのハグをしてきて、彼女の頭をポンポンと
たたいていた笑顔がステキでしたね~後輩をねぎらう気持ちも忘れない。

その安藤選手…4回転サルコーは失敗したけど、挑戦したことに意義があると思うので
この経験はきっと今後に生かされるハズです。めげずにガンバレ!

村主選手…4分間のドラマがとっても短く感じられた。メダルには届かなかったけど
私の中では差は無いに等しい!「彼女にもメダルをあげたい」と心から思いました。

観客を魅了する、流れるような綺麗な滑り
Simple is Best …本番でそれができるという事は何と難しいのだろう。

メダルを獲れたらいいな・・と、チラと思ったけど、欲を考えちゃいけないな」 by荒川静香
ライバルとは対照的な、無欲の勝利でしたね。
メダル無しの危機を救ってくれたヒロインに惜しみない拍手を、そして感動をありがとう!

忘れてはいけません、体操ファンにはお馴染みの刈屋アナ
ほんとうに…続けてきて良かったですねぇ…
しみじみと言われたその言葉を聴いて、またひとつ伝説作ったな(^^)と思いましたよ。
縁起の良い、スポーツ実況アナウンサー王道ばく進中!
明日のエキシビも楽しませてください。

フィギュア女子シングルFREE SKATE←ステキな写真がい~っぱいあります。

カーリング娘・大ブレイク!

さっき、一週間ぶりぐらいにアクセス解析見てきたら、んもぅビ~ックリッッッ!
カーリング女子日本代表
↑どっかのWebから拾ってきました(^^)みんなカワイイ!クリックすると大きくなります

オリンピック関連のワード、特に「カー○ング」と「まり○ん」がすっごい数で来てますキテマス!!
(恐ろしくなってきたので伏字で…)←もう無理
最後の対スイス戦終了後から、もっっのすごいワードの数デス。

勝利したイタリア戦の視聴率は夜中だったにも関わらず二桁の数字を記録し
望みを賭けたスイス戦は、終了後の彼女達の涙の記者会見が印象的でした。

小野寺選手林選手が大粒の涙を流しながら「このチームで戦えて良かった…」と
努めて明るく振る舞う姿に、“もらい泣き”された方も多かったと思われます。

ひとつの物事に集中しているひたむきさ、投げた後にストーンを見つめる表情の美しさ
各選手がピンマイクを付けているので会話の内容を聞くことができ、ルールの奥深さや、
サークル内での駆け引きの様子などなど、普段見慣れない競技にもかかわらず
夢中になりながら夜、遅い時間まで画面に釘付けになってしまいました。

解説された小林さんの的確な戦略と、カーリングに対する愛情も心打たれましたし、
刈屋アナの、伝説に残るであろう実況の功績も大大大です~(^^; 

にわかミーハーも含め、老若男女が一喜一憂したカーリング女子日本代表チーム。
タイムリーなことに、ソルトレイク五輪代表だった小野寺&林選手をモデルとして作られた
シムソンズ」というカーリング映画も封切られているそうです。

第5エンド終了後のおやつタイム(ハーフタイム)に選手が何を食べているのか
調べてみました。
正式名称ではなく今後の作戦を練ったり、糖分を含む物(フルーツやスポーツ飲料)を
摂取し、体力回復に使われる時間です。

ウイダーinゼリーポッキーカールなどを食べる選手達…そんな中で本橋選手
一人で、板チョコクッキーポテチ大福ようかんバナナコーラ

・・・まりりん、いくらなんでも食べ過ぎですってば(^^; 
う~ん、あの体型を保つ為には必要不可欠な摂取量なのかー?!
ダイエット?しているのかな、目黒選手都こんぶを。

あと、日本カーリング協会公式HPにも行ってみてください。
青森で行われる3月の全日本選手権、きっと盛り上がることでしょうね。
日本に帰国したら大騒ぎになっていることに驚かれるかもしれませんね~。
日本代表=チーム青森』の皆さん、本当にお疲れさまでした。
小野寺&林選手には是非、現役を続行されて底辺を拡げて頂ければいいなと思っています。

------------♪

いよいよっ、明日早朝に迫りました。
日本女子フィギュア選手のメダル獲得なるか!学校へ、仕事へ行く前の朝食時間帯に
全国民が注目する最終グループの滑りが始まります。

女子フィギュア・SHORT PROGRAM

あちこちで賛否両論続出、安藤ミキティの衣装!!
コスチュームだけならまだしも、手首から爪先まで肌を全て隠した黒づくめ(鎧みたい)
デザイナーの方に文句言う筋合いは毛頭ありませんが、あのデザインでOKを出した
ミキティサイドに疑問ありまくりです。(スカートの生地、いったい何使ってんのよーワダさんっ!)

ただでさえゆったりした「戦メリ」のメロディなのに、キレがいいとは決して言えない滑りが
さらにマイナス方向へ、重々しくイメージされてしまいました。
身体も柔らかいほうじゃないので、ひとつひとつの動作も優雅さに欠けます。
直後に滑ったエミリー・ヒューズの若々しいアピール度に比べると、少々物足りなさも。

でも、色々な重圧に耐えて崩れることなく、しっかりと滑りきったことには拍手を送りたい
最終グループに入れなかったけど、返って気が楽になり4回転に挑戦し易くなったかな?
技術的なことはよくわからないけど、ところどころ垣間見られる表現力を最大限に生かして
迷うことなくFSに臨んでほしいですね。(衣装はエメラルドグリーンだそうで、黒よりはいいかー)


曲をFSで使っていた「幻想即興曲@弦楽器 ver.」に変更した荒川選手
4分近くも流されるとイライラ感増長したアレンジも、SPの長さではあまり気になりません。
自分、パガニーニとB&Wの衣装の方が好きですが…。
存在感たっぷり、彼女お得意のスパイラルY字バランスから手離しへの見せ場も美しい

大柄なんだけど柔らかい身のこなし、難しいであろうワザをサラッと披露するのが
クール&ビューティーの真骨頂!フィニッシュの笑顔が出来栄えの満足度を表してました。
TCEの点がステップ以外は全てレベル4という高い評価でパーソナルベストも更新。
キスクラでのモロゾフコーチも嬉しそう~(^^)FSの振付が楽しみですー。


繊細な表現力で魅せてくれました、村主ワールド!
日本の三選手の中で、彼女の滑りが一番好きです。
派手さはないけど、音楽を捉えて両手をビシッと小気味良く決めるタイミング
ダブルアクセルの着氷など、フラメンコギターのカッティングに振付がピタッピタッとマッチ
して素晴らしい!…と思ったのに、PCSが伸びないの~マカ不思議。

誰かに、何かに似てる?と考えて、ふと気がついた。
春野寿美礼(花組トップ男役)の「ダンスは顔で踊っている!」と思う感覚。
村主選手もぐいぐいと、顔力で滑っていますよね。
寿美礼ちゃん、踊りは特別上手くないんだけど雰囲気と表情でがんばっています。
…似てます。

表現力は上位の選手の中では一番だったと思うんだけどな~。
採点競技は本当にワカリマセン。

スルツカヤ…「いつもと同じ様に滑りましたけど、なんか文句ある?」
コーエン…「銀メダルコレクター返上するつもりで滑ります、よろしくって?」
ヒューズ…「お姉ちゃんの応援がプレッシャーですが、がんばりまっす!」
コストナー…「手足の長さとスピードは誰にも負けません、フリーは見ててね♪」

刈屋アナ頬ゆるみっぱなしセクハラ実況から一転、ポエム程々いつもの刈屋氏に
戻ってましたね(^^)解説の佐藤さんとは、ペアの時はイマイチ噛み合っていなかった
会話の流れも今日はあまり気になりませんでした。

それにしても今日一日、朝から晩まで女子シングルSPのVTR、いっぱい流れ過ぎー。

少々オーバーヒート気味

最近、体質が変わってしまったのか鼻炎の症状が出るようになってしまった。

全く気にならない日と、ティッシュペーパー使いまくりな日と、両極端な日々が続き
今日は朝からチョット最悪です。

本当はアイスダンスのレヴューをがっつり書く予定だったのに、明日以降に回します。
う~ん、でも今夜未明からは女子シングルも始まるー。

カーリング女子日本代表チーム、おつかれさまー。そして夢をありがとう
以前の記事も読めますよ~。

メダルがなかなか獲れなくって盛り下がり気味だった五輪中継の中、話題の救世主
競技の面白さを日を追うごとに、~くせてくれました。全試合中継したNHKも素晴らしい。
(あ、でも昨夜はフィギュアファンが生中継がブッ飛んだと文句言ってましたが)
まりりん実況炸裂!刈屋アナもアテネに引き続き、伝説作ってくれました(笑)

氷上のチェス』、個人種目が多く、わずか数十秒~数分の登場で終わる競走とは違い
じっくりゆっくりとゲームが進行し、インターバル(おやつタイム)まであるというユニークさ。
スノーボードクロスと共に、この大会で最も印象に残った種目だったと思います。

青森へ、胸を張って帰ってくださいね。

----------------♪

今夜は早めに布団へ…  連日の寝不足もキテマス、はい。

カーリング女子&アイスダンス・OD@トリノ

いやー、カーリング女子の「まりりん大好き@刈屋アナ」の実況を聴きたくて、昼間の
アイスダンスのダイジェストから延々と、カーリングLIVE終了時まで録画予約したのに、
女子フィギュア中継の準備だとかで違うアナウンサーに変わってたわ。
ざんね~~~ん。

刈屋アナ、カナダやスウェーデンの放送局に本橋選手のことを“まりりん”と紹介するよう
お願いしていたらしいっすよー。よっぽどお気に入りなんですね(^^)ニヤニヤ

そのカーリング女子日本チームイタリア戦に勝利!で4勝4敗。
10ゲームのラスト一投で勝敗が決まった劇的な幕切れで、解説者も実況アナも
感無量となり、嬉しさで言葉が震えていましたね。

小野寺選手の、さすがスキップ(主将)としての集中力の素晴らしさにも脱帽。
カーリングのルールも、とにかく中央に一番近い場所に自軍ストーンがたくさんあればいい!
という大雑把な解釈だけで見ていますが、真剣な表情でストーンを見詰める選手達が
成功&失敗を繰り返し、最後には笑顔に変わる緊張感の弾けっぷりが清々しいです。

青森のみんな~やったよ~、ありがとう」とTVカメラに向って笑顔で手を振る小野寺選手
青森県民じゃないけど、なんだか目頭熱くなってきました…。
決勝進出までまだまだ予断を許しませんが、一戦ごとに強くなっている女子チーム。
最後まで望みを捨てずに頑張ってほしいですね。

アイスダンス・ODは上位選手達しか見ていませんが、めったに起こらないリフトの落下
たくさん見てしまって…連鎖反応なのかもしれませんがビックリでした。

前走2組が相次いで転んでしまったところで登場の大本命!ナフカ&カストマロフ
それにしてもアイスダンスの男性の皆さん、ギンギンギラギラ&いやらし~いお顔の方ばかり。
ナフカ姐さん、倖田來未も真っ青な露出の激しい衣装&浜崎あゆみバリの黒目の大きさ
イケイケアピール度全開!とても一児の母には見えませんわー。

ストレートラインステップが華やか~。リズム感も抜群でやってることが複雑で速い!
FDの「カルメン」早く観たいよ。リンクにキスするナフカ姐さん、感謝の気持ちも忘れない。

トリノ五輪一の美人と名高いベルビン&アゴストのアメリカ組。アゴストって20代前半だっけ?
まだ若いのに、今からあんなにヤらしい顔つきでオッサンになった時がこわいよー。
ベルビン、赤のコスチューム似合っててカワイイ。ステップが軽やか弾けて観ていて爽快!
ロシア組に迫る勢いで滑りきりました。こちらの組もFDが楽しみ。

CDトップのイタリア組…ラストのリフトを失敗し、リンク中央で二人睨み合って憮然・・・。
うわー、なんだか見てはイケナイものを見てしまった感じです。
地元の観衆の目前であの態度はいただけませんが、とりあえず笑顔に戻ってご挨拶。
キス&クライでは、フーザルポリそっぽ向いちゃっててマルガリオを無視してるーこわっ!
FDには関係修復されてることを祈ります(^^;

輪舞曲~第6話~

ん、ん~、もう何がなんだか…。

このドラマで数少ない、次元の違う輝きを放っている杉浦直樹=「神狗」の首領。
偽札造りが暴かれて連行されるシーン、娘に見せた父親としての表情の後に豹変する
ものすごい存在感冷酷な視線の先…背筋がゾクッとなった。

気のイイお父さん役もお得意な方なので、同一人物とは思えない「役者の顔」に感服です。

ツジツマの合わない時間設定も気になるー。
一番の「?」は橋爪功に追い詰められた現場、ほんの数分前に竹野内がポケットに忍ばせた
携帯からメクラで暗号メールを石橋凌に送信したのに、直後には既に“今夜”になっていて
警察は港を完全包囲し、SWATまで待機させてたよー。

韓国マフィア共々正体を暴かれる絶対絶命のアノ現場も、命を奪われなかったのがフシギ。
まぁ~主人公死んだらドラマ、続きませんからね。
警察署内にいるモグラが、連中の目前で石橋凌に襲い掛かかろうとしたのも理解に苦しむ。

竹野内ジウに「自分は韓国人だ」と告白したが、今後のストーリーに何か絡んでくるのか。
ジウの携帯に、捜しているという父親から電話がっ!行方不明じゃなかったのー!
密通していたのか?ますます脚本読めません、ジウはどっち側の人間なのか?

やっと父親の仇を討った竹野内に、今度は石橋凌を殺した犯人を追いかけるという試練。
ヒヤヒヤものの滑舌、階段昇りながら携帯電話で話しているセリフの一部が聞き取れないわ。
ジウとのシーンも、二人の演技に温度差が有り過ぎて見ていてツライものがあったよ。

ネックレスのキーワードも、造幣局→料理人という設定のジウの父親がスナイパーって
いうのも無理あり過ぎだし・・・
いや、この脚本ならこの際なんでもOKなので有り得るかも。

今日の新発見!竹野内豊は左利きだったんですね。

--------------------♪

昨夜未明のカーリング、日本vsスウェーデン戦。BSへとチャンネル変えたら丁度接戦中。

おおー、この声は刈屋さんね(^^)
でもでも「キタキタキタキタキターッ」 「来ましたね~来ましたキマシタッ!」などと、テンション低目な
競馬実況アナとしてました(爆)
マリリン、まりりん」と、本橋選手の名前を連呼する刈屋アナ。今度の体操実況の時は
是非ぜひ「トミタン、とみたん」の連呼よろしく!←その時は刈屋さん壊れちゃってる

今もイギリス戦の実況してるけど刈屋さん、本橋選手が投げる時は声が嬉しそう~(^^)
ご存知、まりりん」って、ご存知じゃない人の方が多いかもなんですけどー。

冨田洋之@メダリストは見た!!!フィギュア男子シングル

       
    分かっていても難しい最初の技

・プルシェンコの演技には、見ていて引き込まれていくように感じた。
・高橋くんの無念さは痛いほど伝わってきた、硬さが取れず本来の演技ではなかった。
・選手にとって辛いのは、その順位以上に自分の力を出し切れないこと

・自分もそうだが、最初の技で失敗すると「次で取り返さなければ」というプレッシャー
 「次も失敗してしまうのではないか」…という不安がわき起こる。
 それは全て余計な感情、だから最初の技は大事にする。

・前半より後半の方が会場も盛り上がり、点が出やすい雰囲気になるが
 最終滑走者の高橋くんにとっては、を滑った外国勢が高得点を出していたことと
 日本勢が彼一人だけということが大きな重圧だったのかもしれない。

・アテネの団体鉄棒の時もプレッシャーはあったが、他の2人が完ぺきな演技を
 こなしてくれて、気分的に盛り上がった。自分は(演技の順番が)後半の方が好き。

・プルシェンコは確かに凄かったが、高橋くんと外国人でそんな差があるとは感じなかった
・体操では、身体能力の高い外国勢に対して日本は爪先まで意識した繊細さで対抗して
 いる。フィギュアスケートもその方向性は変わらないと思う。

___________________________

同じ分野の採点競技であるフィギュア男子シングルを、的確冷静に分析しています。
最初の技が決まれば、後はリズムに乗って盛り上げながら次々と繰り出される技を
順番にこなしていくスケーティングと体操の演技、共通する部分が多いようです。

失敗して余計な感情が生まれれば、後の演技に支障をきたしてしまうのは否めません。
身体能力でかなわない外国勢との差を、研ぎ澄まされた繊細なポジションと表現力
補って行く…。同じ方向性を持つフィギュアスケートを興味深く語ってくれました。

同じ紙面上にソルトレーク五輪代表の竹内さんの観戦批評も載っていて、そのなかで
現在の採点システムは失敗に対する減点というリスクが非常に高い」という言葉が
印象に残りました。
高橋選手の今後は、難易度の高いジャンプの完成度を高めることが課題だそうです。

同じことが体操の新ルールにも当てはまるのでは…と思われます。
冨田くんも、自分が演技しているイメージに置き換えて、トップ選手達の滑りの採点を
体操と比較しながら観戦していたのかもしれませんね。

---------------------♪

フィギュア・アイスダンスのCDを録画してチラッと。
なに?何、なにごと?あの観客の多さっ!昨日までは空席が目立っていたのに~。

んで、プロから再びアマチュアに戻ったというイタリアのベテラン組がトップ。
そんなにスゴイっていうか、ずば抜けた印象は受けなかったからご当地ボーナスかな。
まあ~コンパルソリー自体が、素人には差が分かりにくい規定ダンスでした。

アイスダンスはワクワクさせてくれるステップと、女性の奇抜な衣装を見るのが楽しい。
抹茶色の衣装もビックリだけど、品性を疑うようなピンクにも閉口(^^;
肌襦袢も最小限に生身の素肌をビシバシして踊るお姉さま方、ステキです。

男子フィギュア・FREE SKATE

今日は朝から頭の中でラフマのピアコン2番、ずーっとぐるぐるリフレイン。

フィギュア男子FS、高橋大ちゃんほんと~にお疲れさま!果敢に攻めていたスケーティング。
んん~、でもちょっと余裕がないカンジ?緊張しているのが伝わってきた。
4回転が失敗しても、他のエレメンツで挽回できればと思って観ていたんだけど
得意のステップもフラついてしまうとは、身体に余計な力が入ってしまったのかな…。

夜、NHKのハイライトで恩田美栄ちゃんが「やばいっと思いました」とか「え~~?」とか
オイオイ~な解説してたけど、滑っている最中の選手の本音なんだろうね。
この経験が心も技術面も次への飛躍の糧となるはず!さらなる上を目指してがんばれー。

あのプルシェンコも前半は「無敵です!」だったけど、後半はめずらしくジャンプで
想定外の事が起こってからは流してて、最後のスピンは音と合わず、あっぷあっぷ状態で
フィニッシュ。彼でさえ「ナーバスになった」と言わしめたくらい、五輪の舞台は他とは違う、
特別なプレッシャーがかかったのでしょうね~。
SPの、炎のような演技を見た後だと少し物足りない気もしましたが
金メダルを獲るための滑りをした」…4年前の悔しさをバネに見事獲得!本当におめでとう。

『ジェフくん、かわいいー(^^)』
などとハイテンションなメールを友人からもらったんだがジェフくんって誰やねん?
男子フィギュアはあんまり詳しくないからわからないわよー。
バトルくんの事だったのね。滑っている時の表情がいい!スタイルも儚くって思わず
守ってあげたくなる?スピンも最終組の選手の中では独創的で一番キレイだと思う。
キス&クライの表情豊かな可愛い笑顔にファンはクラックラでしょうね。
顔ちいさーい、鹿島くんと並ばせたい。SP6位から見事銅メダル、おめでとう。

ジャンプの種類とか色々なステップの名前とかニワカうろ覚えなので、まともなレヴューは
書けませんが、やっぱり氷上に「アクトレス」がいないとつまんないなー。
男子シングルの技術を見るのは楽しいけど、流れる音楽にストーリーが浮かぶペアとか
アイスダンスの方に魅力を感じますね。ロシア勢3つめの金メダル、期待しています。

---------------♪

昨日の雨で富士山、頂上から中腹辺りまで見事に真っ白な厚化粧。
まだまだ寒い日々が続きます。

PCに向う毎日…

さっき行ってきました。

米田さんと寿思くんのブログ、二人仲良く更新されててトリノ五輪の話題。
それぞれのキャラが伝わってくる、ほっこりモードの言葉で綴られていてみますね。

でも…二人ともなんであんなに行間あけて書くのかな?

投稿前は普通に書いていて、アップすると広がってしまうのかな~?よくわかんない。
行間も句読点も少なく、キツキツに詰めて書かれるのも読む気力を一気に失うけど
『スクロール、スクロールよろしく~』も、話の内容が散漫になりそうな気もする。

このブログがあんなに行間あったら読む方はきっとたまんないだろうねー。
永遠にスクロールしてって~ってカンジ(^^; 指先疲れさせてすみません・・だよね。

あと、自分は「続きを読む」という機能が、どーしても好きになれません。
このブログでも、ネタばれになってしまうようなレポや話題に3~4回使っただけで
他はすべて、全文一括アップ。

ブログがブームになり始めた頃、よく覗いてたサイトさんの「続きを読む」をクリック
すると、サーバーの影響か何なのかわからないが、なかなか開かず重たくって…。

イライラ~とストレス溜まりそうになり、結局そのブログも覗かなくなってしまった。
色々なPC環境の人もいるだろうし、自分もそんな経験があったのでクリックするアレ
極力使わないようにしています。

自分自身が読みやすいように書いているだけなんだけど、「続きを読む」機能を使うと
その日のトータルアクセスが、使わない日に比べて1.5倍くらい増える
アクセス数を増やそうとしている人は、たぶんこの機能をたくさん使っているんだろうね。

ほぼ毎日、トータル300~400近くのアクセスは純粋に記事を読みに来てくれたり、
コメント欄を覗いてくれたりした人の数なんだな~と、ありがたく思っています。
先月一周年を迎えましたが、トータルアクセスが110,000を超えました。
「続きを読む」の機能をいっぱい使っていれば、もっと数が行ったのかな?

有名人や人気ブログのアクセス数やコメント数には到底かなわないけど、まぁとにかく
細々と、自己満足で続けていけたらいいかな、と思っています。

-------------♪

五輪初競技のスノーボードクロスっていうヤツ。ーっ!こわーーっ!ぬーっ!
…っていうか、後ろにも目が付いてる??パジャママン・アメリカ勢は本当に強いー。

アメリカの獅子舞なのか?応援席のホワイトライオンだか犬だかの被り物が笑えた。
そーいえばスピードスケートの会場でも「合格」のハチ巻きして応援してた日本人?
いたよね。気持ちはわかるがなんだかな~(爆)


米田 功@ココセレブ

今、BSではフリースタイル・男子モーグルを放映中。

何のギモンも持たず「うわー、すっごいー!」「カッコイイー!!」と、口あけて見てますが
先日のハーフパイプもそうだけど、いつから冬のスポーツ、フツーに滑降するだけでなく
体操競技・鉄棒の放れワザ降りワザのような、「エア」というモノが出現したんでしょ?

これから行われるエアリアルはホント、究極の“跳馬”といってもいいかも。
試技は2回、ワザを2種類そろえるのも種目別と一緒。
なんでも一流選手で「三回転4回ひねり」ができるそうです…。
体操選手が誘われたり、転向したりする機会が多いというのも頷けます。

そーいや米田さんも「友人に誘われた」とかって言ってましたね。
そのヨネダさん。今日一日、RSSリーダーでヒットしまくってますわー(^^;
ココセレブNews」や「ココセレブ有名人」のページでも紹介されてます。
公式ブログ、ようやく始動されましたね~おめでとうございます。

ついでに「VS.」はバタバタと立ち読みで。
五輪で団体金メダルを獲るために、主将として言葉ではなく行動でチームメイトを
まとめあげ、人一倍練習に励んできた彼のキャプテンシーを讃えています。

あーでも今月号、男バレ・JTのカトゥ、サントのコッシー、ブレの千葉くん
写真&記事が載ってたからやっぱり買~おう!
最近、その堺ブレイザーズの千葉選手が気になる存在。
米田さん同期生で注目し始めたんだけど、マルコス離脱の穴をしっかり埋めて
主将として大車輪の活躍!性格の良さも滲み出ていてステキな選手です。

昨夜のフィギュア男子・シングルSP、せくすぃ高橋プルシェンコの二人だけ見て
速攻で寝ました(AM3:30)
高橋大ちゃんの点数がニワカファンには高いのか低いのかよくわからず、次のプル
点数見てぶったまげましたよ。でもメダル圏内の5位通過は上々の出だしヨカッタ。

プルシェンコ…次元が違うっていうより二つくらい向こうの世界にイっちゃってましたね。
彼の「魂の叫び!」のようなスケーティング、おびやかす選手は誰か出てくるのかしら?

スポニチの「メダリストは見た」初日の開会式は井上康生選手、そして先日エントリーに
書いた岩崎恭子ちゃん、昨日はレスリングの永田克彦さんが童夢&メロ兄妹のことを
今日は北島康介選手がスピードスケートのことを書いています。

・・・3日に一度の登場じゃなかったのね冨田くん(残念)はたしていつなのかー?
三人だけではなく、五輪メダリスト選手の皆さんの日替わりコラムとなっています。

ニュースいろいろ@トリノ&宝塚

今日の夕刊、「日本、メダル目標 “ 赤信号 ” 」などと見出し・・・
黄色を飛び越えて“”という異常事態発生。

一発勝負といった感が強い五輪の舞台。力及ばず敗れる日本選手の口から出てくるのは
普段の大会と雰囲気が全く違う」という、とまどいの言葉ばかり。
そういう極限の緊張感に対応できるだけのメンタル面が欠如しいた選手が多かったのか?

某会長さん、「五輪前に騒ぎすぎの感じがあった」なんて言ってて( ゚д゚) ハァ?
あなたが一番はしゃいでいたんじゃないのかとー(以下略)
今夜未明のスピードスケート女子に、なんとかこの沈滞ムードを打破してもらいたい。

スピードスケート男子500m。4位の及川選手、悔し涙が嬉し涙に変わる日も近いよー。
でも所属先が(びっくりドンキー)って…(^^; 新聞読んでてこっちがビックリ!
うーん、あの大きなハンバーグを厨房で焼いてんのかー?まさかね。

一世を風靡してきた清水選手や、カナダのウォザースプーン選手が失速していく姿は、
見ていて辛いものがありました…。
決勝ラストの組、金・銅を獲ったアメリカと韓国の選手二人、ものすごいプレッシャーの中で
最高の滑りができた精神力に拍手。

フィギュア・ペアLP中国勢強し!去年の8月にアキレス腱断裂のケガを乗り越え
五輪に間に合わせて見事に銅メダルを獲った申雪&趙宏博
左足負傷という突然のアクシデントにもめげず、最後まで滑りきった張丹&張昊
ファントム&クリスティーヌの世界を魅力たっぷり演じたのに、惜しくも表彰台を逃して
しまったPang・Q&Tong・J

フィギュア王国ロシアより、ペアの層が厚い中国陣営これからの勢力に興味があります。
そのロシア代表、見事金メダルを獲得したT・トトミアニーナ&M・マリニン組。

なんとなく緊張気味?SPの時のようなキラキラ輝く雰囲気から今日は少しえめな滑り。
決して華やかではない、だけど堅実があって繊細たおやかれるようで…。
爪先から指先まで、神経の行き届いた美しいロミジュリの世界を永遠に観ていたい!
と思いました。滑走後の二人のホッとした表情が印象的、メダル本当におめでとう

------------------♪

宝塚「」組トップ男役スター、湖月わたる退団!昨日、発表されました。
…とうとう自分がハマッた頃、新人公演で主役をしていたジェンヌさんが退団してしまう。
中卒で入団し、あの頃はメチャクチャ若かったわたちゃんも、もう研19かぁ。

星組の伝統を受け継いで、コスチュームの似合う大らかなトップスターに育っていて
昔っからの星組ファンに可愛がられていたから幸せいっぱいなままで卒業できるね。
最後までわたちゃんらしく!お疲れさま。

-------------------♪

昨夜、ヘンな仮眠の取り方をしたので今日は昼間、ナマあくびばかり出て困った。
しばらくの間、寝たのか寝てないのかわかんない?こんな日々が続くんだろうな。

輪舞曲~第5話~

今週は話の流れが解かりにくい部分が多く、ラブコメもなく重~い展開。

ジウ姫涙の女王真価発揮!今回は表情アップになる度に泣いてましたね。
(毎回、お約束の左目から)
白黒画面の斜め横顔なんか見惚れてしまうくらいキレイなのに、カラー正面アップは
同一人物かと見間違うくらいキツイ時あるのがフシギ(^^;

んー、ちょっと人間関係がわかんなくなってきたんだけど、あの韓国マフィアジウ
好意を持ってしまったわけ?有名な外科の医者を紹介したりしててヘンなのー。
まあ~最初っから同じ同志なのに何で嫌がらせをしていたのか「?」だったんだけど。

市川由衣…「目障りな女は消す!」って、カワイイ顔しててこわー。
さすが「神狗」の娘ならではセリフですが、素人棒読みヤメテー。

木村佳乃…「おばちゃん、私行ってくる!!!」って、アテもないのに飛び出して
何年も逢えなかった人、よくもまあ偶然に見つけられるよね~ビックリ←それがドラマ

竹野内…うわーっ、母さんにも突然逢えちゃったよ。吹雪ジュンの演技は説得力大!
ですが、どう考えても女性陣二人を登場させるために唐突に引き合わせしました~感
ぬぐえません。

んで、お母さんの言葉に動かされてジウ姫に「オレのすべて」を話す気になったのね。
(その為の親子再会シーンだったのかもしれない)
はたしてどこまで日本語通じるのか?それが心配。(長いセリフの滑舌心配…)

それにしても、ちょっと目を反らすと行間のト書き部分の映像を見逃してしまいがち。
クローズアップされてた指輪をつけたとか、冒頭のハッカーは誰なのか?とか
これからの話に繋がってくるんだろうね。

♪ポワンポワ~ンっていうヘンなBGMやめて欲しい。シリアスな場面なのに吹き出しちゃう。
足手まとい気味な、毎度のタイミングで倒れるが医療費やら生活費はいったい・・・。
そーいう現実的なことばかり考えてしまいますワ。

今回はジャスティス、出てきませんでしたね~。
ボステリ、ペットショップで普段より4~5倍以上の超人気犬種になっているそう。

---------------------♪

スノーボード・ハーフパイプ女子。アメリカ勢は本当に強いね~。
技術もさることながら、プレッシャーを跳ねのける精神力が素晴らしい!
さすがに1080はないけれど、ワザも高さも決して男子に劣らないライディングに
驚かされました。でもあのウェアはどー見てもパジャマとしか思えない(笑)

スポニチの「メダリストは見た!!」今日は宅配が休刊日だったので、コンビニで買って
見たら、岩崎恭子さん上村愛子選手のことを書いていました。

「次のバンクーバー五輪を目指す」と、上村選手が言っていたことが、メダルより何より
 それが一番素晴らしいことだと思います。
と讃えています。

トリノ五輪、始まりました

深夜放映のフィギュア・ペア
ほとんど睡眠とらず、ウツラウツラしながら途中ワープ状態に陥る。
実況は刈屋アナ、解説は佐藤有香さん

刈屋さんの声はアテネの体操競技ですっかりお馴染みになりましたが、その後よく観る
大相撲バレーボールの実況中継、競馬中継などでも声を聴くことができました。
そうそう、お正月の箱根駅伝!NHKラジオの実況もやってましたわ。
(買い物に出かけた時、車のラジオで実況聴こうと思って付けたらアノ声が)

おかげでテロップ見なくてもで「あー、今日は刈屋さんね」とわかるようになりました。
フィギュアも全部やるのかな?色々なスポーツのルールを把握して、ワザの種類や
相撲の決まり手、選手や力士や馬の名前など、いったいどれくらいの数が、頭の中に
入っているんだろうね~。本当に尊敬してしまいます。

話は五輪に戻りまして…
第4グループからロシア勢登場と聞き、必死に目を見開いてLIVE観戦。

井上怜奈&ボールドウィンJr。五輪初のスロートリプルアクセルの成功にガッツポーズ!
他のエレメンツもキレイに決まって滑走後、二人とも満足そうな笑顔に満ち溢れていた。
こういうプレッシャーのかかった大会で納得のいく滑りができるってスゴイ。

中国ペア、3組出てたらしいがワープ中に滑走終了してしまい(汗)
運良く張丹&張昊の順番の時にって来れたよ、間に合ってよかったー。
ひとつひとつのワザが正確でダイナミック。Wツイストリフトも「うわーっ、たっかーい!」
こういう派手なパフォーマンスの後に滑る次の組はイヤだろうね、ぜったい。

ロシアのマリア・ペトロワ&ティホノフ。いやー懐かしい嬉しい!ヘンデルのサラバンド。
選曲からしてセンス良し、雰囲気さらに良し。水色の衣装が滑りにシンクロしていて美しい。
サイドバイサイドジャンプの回転もシングル選手並みに速い!やっぱり次元が違うよな~。

大本命!トットミアニーナ&マリニン。入りが他のペアと違い、いきなりデススパイラルから。
これがまた素晴らしい表現力で圧巻!ただ滑っているだけで他の選手からは伝わってこない
メッセージが読み取れる。これがロシアのフィギュアなんだろうな。本当にため息の連続…

これ以上近寄れない近距離での決して乱れないユニゾン。つなぎのスケーティングも
滑らで、スピードがあっても優雅~。これまた「別次元の世界」に酔いしれました。
自分達の滑りをすれば金メダルは間違いないでしょうね。今からフリーとEXが楽しみ!

フリースタイル・モーグル女子上村愛子選手。ほんっとーに惜しかったね~(T-T)
720を綺麗に決めたのに。うーん、ターンのスピードがぁぁ、もうちょっとだったんだけどな。
お母さんからの手づくりの金メダルをかけてもらったシーンにもらい泣き…お疲れさま。

スノーボード・ハーフパイプ男子、日本選手全員予選落ちは想定外?
この種目も体操と一緒で小柄でウェイト軽い方が高さが出て有利なのかもしれないね。
エアは、ずーっと見てると名前がわかってきて面白い。テンエイティとかキャバレリアル
トゥウィークなどを把握。マックツイストの「マック」ってお披露目した人の名前かな?
アメリカのショーン・ホワイト。ピロピロ~とした栗色の長髪がお似合い。メダルおめでとう

日曜劇場「輪舞曲」のレヴューは明日書こう。

初春の旅行計画

久しぶりに旅行友達に会い、夕食しがてら3月に出掛ける旅行計画を立てる。

日本秘湯を守る会」の宿に10ヶ所宿泊すれば(期限3年)希望の一ヶ所は
無料ご招待というスタンプを集めているんだけど、1年ちょっと過ぎてしまって
まだ3ヶ所しか巡れていない!
今年中に5ヶ所くらい行かないと厳しいかもな…と相談。

とりあえず今回は西の方へ行こうと決める。
本当は海岸沿いにある温泉地にも泊まりたいんだけど「秘湯」と名のつく場所は
ほとんど全てが山奥の一軒家。水があっても沢か、近くに湖ってカンジ。

よって、お魚はだいたい川魚(鮎や岩魚)。頭から食べられて好きだからイイんだけど、
たまには魚貝類盛りだくさんな海辺の旅館の夕食にも憧れるよね~」と、
駿河湾の新鮮な魚を提供している食事処で『当分お刺身はいいわ…』と思えるくらい
大きな縞鯵の活け造りに舌鼓を打つ。

フェリーを使って行くのもたまにはいいかも」などと、行き帰りのルートも
極力ダブらないよう、色々な名所を頭に入れてあれこれ考えるのが楽しい。

前線、今年はどんなかな~?ちょうど見頃だといいんだけど。

そうそう、秘湯と言えば今までの代名詞だった秋田・乳頭温泉郷の「鶴の湯温泉
(鶴の湯の公式HP、パニくっているのか飛べませんので紹介されている温泉HPからどうぞ)
あまりにも有名になってしまい、全く「秘湯」のイメージからかけ離れてしまいましたが、先日
雪崩が発生し、あの風情のある露天風呂が被害にあってしまったようで…

シーズン真ッ最中の雪見露天風呂。これから楽しみに行く予定だった観光客は
しばらくの間キャンセルさせられるんでしょうね。
…雪崩で亡くなった作業員の方のご冥福をお祈りします。

----------♪

パイオニア茂原アルカスに3-1で利。内容はどうだったんだろ?

男バレの東レ、今日は松下電器と対戦して0-3のストけ(T_T)
コバ敦ブログの速報、「完敗ですいません」の言葉が切ないです…。
明日のサントリー戦は気持ち切り替えてガンバレー!

メダリストは見た

昨日のスポニチに「トリノ五輪 熱く!詳しく!」と題して
北島康生冨田が、紙面“参戦”という企画が載っていました。

トップアスリートの三人が「金メダルの先輩」として、トリノ五輪のアスリート達に
かくしく迫り、ハートを届けてくれるそうです。

日替わりでコラムを書いてくれるっていうのが嬉しいですね~。
17日間あるから一人最低5回は記事をアップしてもらえますね。

え~、なになに、種目は各選手が選べるんでしょうかー?違うよね。
「ボクはフィギュアがイイ!」「ボクも~~!」などと、人気種目に偏ってしまい
どう考えてもブッキングしてしまいますから、希望を訊いてデスクが振り分けるのでしょうね。

北島選手にはやっぱりスピードを競うヤツ、スピードスケートとかアルペンとかリュージュ
井上選手にはノルディック複合とかジャンプとか距離などの忍耐我慢の種目。
冨田選手採点競技ですかー、やっぱ。フィギュアとかスノボーフリースタイルよろしく。

ん~、ちょっとオーソドックスでしょうか。もしかしたら意外性を狙ってくるかもしれません。
複数の種目を観戦して色々書いてくれるのかもしれませんし…。
スポーツ観戦が趣味と言ってた冨田くんの視点、どんな風に表現されるのか楽しみです。

-------------♪

さっき、TVの画面中央に一本の線が出て一瞬で真っ黒になる「末期症状」発生!
横っつら引っぱたいたら元に戻りました(汗~)
1993年製だから、「いーかげんに買い換えろっ!」ていう合図ですかね?
カンペキに見えなくなってからでないと新品買う勇気がない貧乏人です。

もうすぐトリノ五輪

いよいよ始まりますね。

今日の新聞に開会式後の16日間日程一覧表が、見開き2ページで掲載されていました。
抜き取って保存、毎日チェックしてみようと思います。

注目のフィギュアは、アイスダンス・フリー&男女ともシングル・フリーは4局同時生中継!
(衛星第一、BS-hi、民放、BSデジタル)
夜中の3時から朝の7時頃までって…「夜寝」をしなければ徹夜になってしまいます。

あきらめてハイライトを見るか、朝5時頃起きて後半の上位陣だけナマで見るか。
アルペンスキーの男子滑降や、スノボの男子ハーフパイプは夜のゴールデンタイムに放映。
体操ファンとしてはエアリアルにも興味ありますね~。
こうなったら見る種目を絞って、できるだけ生で観戦したいと思います。

日経新聞に、トリノ五輪のメダルがイラストで紹介されていました。
なんと!中央にが空いているドーナツ型。リボンはい絹だそうで…スケルトンとか四角型
などは見たことあるけど、イラストだとなんだかなー?
お財布の中に入っている5円玉のようだわ(^^;

は大会のエンブレムはその競技のピクトグラム(絵文字)
穴が空いている意味は、選手が「首にかけたとき心が開いてみえる」ことを表すそうです。

そうそう、何かの番組で言っていました。日本選手が唯一出場しない競技は…        



アイスホッケーだそうです。
種目は個人競技が多いなか、五輪の団体競技で注目されれば日本のホッケーの底辺も
いっそう拡がってくれると思うのですが、次回に期待ですね。

前回のソルトレークではスピードスケート男子500mで清水宏保選手メダル。
フリースタイル・モーグル女子の里谷多英選手メダル。メダルはこの2個だけでした。
期待される種目が多いので、前回の獲得数を上回ることは確実かな?
どの選手もピークを上手く本番に合わせ、悔いのない戦いに挑んで欲しいですね。

-----------------♪

午後、誕生日を迎えて91歳になった祖母の所へ、お正月以来会いに行ってきました。
足腰は弱ってしまったけど内臓は丈夫で“現役の主婦”として毎日元気に過ごしています。

今からトン汁作るだよ~」と、里芋の皮を剥いているところでした。
包丁さばきの手元がおぼつかなかったので、野菜を刻んで煮込みまで手伝ってきました。
おばあちゃん、転ばないように気をつけてネ。包丁持ってる時も気をつけてネ。
気をつけて~を何度も言いながら祖母の家を後にしました…いつまでも元気でいてね。

東レvs旭化成

三島市立体育館に来たのは、10V女子のパイオニアvs東レの試合観戦以来2年ぶり!

丁度W杯が終わった直後のリーグ再開で、いつものバリボファン以外に、TVで興味を持った
にわかミーハーファン」がワンサカ訪れて、体育館の出入り口は収拾がつかなくなって
しまい、無法地帯になってしまったのを覚えてる。

のんびりムード(地元の高校生ボランティア)に任せていた大会運営者側の、完全なる
読み違いと見ました。以前までの会場&観客の出足だったら高校生任せでOKだろうけど、
あの、盛り上がったTV放映の直後では火を見るよりも明らか

女子の試合なのに(大山加奈佐々木吉原選手がいた為)小中高校生の女の子の
奇声が「キャーキャー」とスゴかった。くっついてきた?親達も、体育館に横付けにされた
選手が乗るバスの周囲に我先にっ!と群がっているし、若い男の子達も入り乱れ
フロア内カメラ小僧のありえない多さ&凄まじい出待ち風景ビビッてしまいました。


・・・そんな懐かしい光景から一転、今日は男子東レの今季ラストのホームゲーム。
前売り券も当日券も完売だったらしい。立ち見も1、2階のフロアにびっしりと入っていて
せま~い体育館内、熱気でムンムンしていました。
狭い分、選手が目の前を通り過ぎる度にあまりにも近くてドキドキ、そわそわ。
んん~~、2m近い身長の集団の傍は空気がく感じます(笑)

観客は8割以上が地元の人っぽい。部活の延長で観戦に来ている小、中学生の団体も
みなさん静かに、お行儀良く観戦
。まだまだ、女子の人気には追いつけていません(悲)

旭化成には、今年堺から移籍してきた全日本の甲斐選手がいるのですが、ケガでもしたのか
会場には来ていたけどベンチにも入らず、関係者席で試合を見つめていました。
甲斐くんのプレーも楽しみにしてきたのに、飛車角抜きとなった旭化成のコート内は
粘りが足りなかったように見えてしまい、ちょっと残念。

試合は東レの一方的な展開で3-0勝利。
今日はセッターが太二さん、センターがノブコフシノ、レフトが東レのコッシーこと越谷くん
&助っ人ルイス、スーパーエースに柴田恭平!リベロは田辺さん

東レコンビバレーが随所で気持ちよく決まって、観ていて爽快!
太二さんシノクイックがAもBもキレ味抜群な速さで相手のブロックが間に合わない。
もう一人の久々スタメン柴恭もムードを盛り上げる連続ブロックヒット
リベロ田辺さんがポジション良くキャッチを上げるシーンが多く、本当に頼もしかった

1セット目序盤、なかなか点差が離れず少しヒヤヒヤしたけど他は安心豊かな気持ち
観戦できました。シノ恭平ちゃん二人共、最後までコートにいたのもしかった。

ミスもあったり、白熱した試合を期待していた観客には、肩透かしのようなゲーム内容に
物足りなさも感じましたが、セット数のこともあるし…勝てる試合はガッツリって
最終レグの大詰め、セミファイナルを目指してこの勢いで突っ走って欲しいです。

-----------------------♪

ここ数日、風が強くて尚且つ冷凍庫のような冷たさ。昼間でも、移動する車の中は
なかなか暖かくならず、なった頃には目的地に着いている…(-''-;)

早めに心掛ける事

メールの返信が追いつかなーい!(絶対忘れるので頂いたら即、返信を心掛けている)
少し遅れて届いた年賀状の返事は、今さら「明けまして…」はオカシイから
「寒中お見舞い…」かな?でも、もう立春過ぎたしな~。

当たり障りなく「返事遅れて申し訳ありませんでした」から書き始めました。
PC使うようになってから漢字を書くという機会が減ってしまい、
「う~ん、どんなだっけ?」と、すぐに思い浮かばない字の多いこと!
なんとな~く輪郭はわかるんだけど、細かい部分がいーかげんになってる。

去年の11月、ムラ観劇の合い間を縫って箕面の紅葉を散策したんだけど
その時撮った写真を友人が送ってくれたので、勢いついてるトコロでお礼の手紙も書く。

使い捨てカメラで撮ったんだけど、色がすごくキレイに写っていた。
そうそう、野生の猿にも遭遇したんですよ~。親子でいて、子供が3匹いた!
一番小さい子猿が母親の背中に捕まっていて超カワイかった

すぐ側にいた男性から「襲ってくると危ないからじっとしていなさい」とアドバイスを受け、
親子猿が山奥へ帰って行く様子をしばらく眺めていました。
猿達の飄々とした表情と、イロハモミジのい色が今でも目に焼きついています。

そんなこんなで「星ベルばらチケット有りますよ」のお誘いメールがーっ!
ああ、でもその日は再従姉妹(ハトコ)の披露宴に呼ばれていて行けないわ。
私としてはお呼ばれキャンセルしてベルばら観劇したいんだけど、
いくらなんでもそうはいかないよね~(ため息)

返信メール、Web の方にも溜まっていました。今からやっつけます。

-------------------♪

昨日のエントリーにコメントくださった ayumiyori さん、ご訪問ありがとうございました。
熊本公開練習、新しい写真と動画がアップされていますね~(^^)素晴らしい!
コメント欄のURLからも飛べますが、こちらからも
          「よかったねノート 感謝の言葉にかえて
体操ファンの方、是非見に行ってあげてくださいね。

社会人体操強化合宿@熊本

友人が、4~5日に行われた熊本体操合宿のレポをメールで知らせてくれました。
「ブログを見てくれている体操ファンのみなさんにもどうぞ」と、お裾分けの了解を
得ましたので、ここにアップします。

______________________________________

初日の4日は米田くん以外のメンバーは揃っているのに、いつまで待っても来ない・・・
諦めかけてたら「プールで泳いでいた」と、後から会場入り。

水鳥くん塚原くんはじめ、中野くん・地元出身の桑原くん中瀬くんは床や鉄棒、
平行棒などで練習してました。

水鳥くんはコールマンからコバチへの連続離れ技を、昨日と今日で計3回も披露して
くれて成功!アメリカンカップに向けて順調に仕上げてるようです。
中瀬くん桑原くんも頑張っている様子がよく見えました。

米田くん中野くんは「お笑いコンビ」のように各選手の練習内容を、わかりやすく
解説していました。
公開練習の後、お笑いコンビが客席まで来て来場者に質問を受けてました。

塚パパの講演は『アテネで何故団体優勝出来たのか?』というものでした。
しかし塚パパ、芸人さんのように話上手すぎ!

トークショーは6選手も混じって地元TV局のアナウンサーの司会で、練習の事のほか
プライベートなことまで結構突っ込んで訊かれていました。
塚原光男さんに逢った時の印象は?何を思ったか?」という質問に、中瀬くん
君が『中瀬俊くんか?』と言われました」と暴露(?)され、塚パパててました(笑)

で、女性関係はその中瀬くん
バレンタインも近いので待ってます。会社に送ってください」と、笑いを取ってました。
他の選手は無難に「練習が忙しくて彼女もいない」みたいなコメントだったのに
中野くんは「自分にとって100%都合のいい女性はいないので・・・
みたいな事を言ってましたね。(お いお い)

5日のふれあい教室では、米田さんは最初跳馬、その後鞍馬を練習してる子を
熱心に教えてました。
中瀬くんは子供と手を繋いで会場内を移動してる姿が、みょーに板についてて
微笑ましかったです。

水鳥くんは特にアドバイスする様子もなく、床でタンブリングしてる子供を
「ただ見てるだけ~」…。中野くんは今日は来ませんでした

塚パパは選手が練習している時に「今の技は・・・」みたいな感じで解説してくれました。
また、新採点法に向けて選手達がどのように対応して加点を狙っているのかも
教えてくれました。

パンフなどは一切ありませんでした。
熊本県の教育委員会か、もしくはその関係者の方と少しお話をして、
楽しんでもらえましたか?」と尋ねられたので、「またこのような企画をお願いしまーす
と返事をしたら、満足そうに笑ってらっしゃいました。(本当にお願いしますよ・・)

_________________________________________________

楽しいレポ、ありがとうございました m(_ _)m
テレビ熊本のサイトでは記事&動画が見られるようになっています。
新採点法に向けて選手達が試行錯誤している様子なども教えてくださったんですね。
いいな~、私も詳しく聞いてみたかった!

アテネ凱旋演技会でも池谷氏や塚パパの解説は好評でしたものね。
競技会ではわからない、色々なことを教えてもらえるこういった公開練習や体操教室、
あちこちの地域で定期的に企画されるようになったら嬉しいですね~。

それぞれのファンが気になって気になって夜も眠れない(?)彼女関連の質問(^^;
どうやら参加された選手のみなさん、体操一筋のようですね。それにしても中野大ちゃん…
今年届くチョコレートの数が激減してないことを祈ります(苦笑)

RSSリーダーに「熊本、公開練習」とキーワードを設定したら、米田&中野選手ツーショット
の写真をアップしているブログがヒット。二人とも爽やかな笑顔!
こういう情報を即座に知ることができるって、本当にインターネットってありがたいなぁ、と
つくづく思いますね。

輪舞曲~第4話~

いやー、とうとうお約束のように動き出しましたね、イジメキャラ市川由衣
最近出てきた女優さんなの?ふ~ん、知らないなー。

ジウ姫の店をワザワザ訪れて、これ見よがしに忘れ物を届けさせ、
あ~やっぱり、あなたのキタナイミセに忘れてきたのね」って…( ゚д゚) ヒデー。
たぶんこの時、竹野内の「仕事」のことをネチネチ言って聞かせたんだろうな。

ジウ姫、突然日本語になったり、韓国語まくしたてたり、字幕が出たり出なかったり
いったい竹野内はどこまで理解してるんだー!
んん~、でも「オケィ?」とか「ムショク?」とか、言い方が悔しいけどカワイイ。

撮影とはいえ秋葉原をあの二人が歩いていたのなら、目立つ事この上なかっただろうね。
それにしてもあの姉妹の生活費店の運転資金はいったいどこから出てるんでしょ?

彼女達の父親が「神狗」のニセ札造りに関わっていた!
アキバのビル街が見渡せる喫茶店(ちょっと行ってみたい)で、お父さんの話をした時
お札を指差していたのは、料理人の前は造幣局に勤めていたという意味か~。

まあ、とにかく~(^^;ドラマならではの巧い具合に人脈が絡み合い、神狗のアジトに
忍び込んで人質(彼女の父親=実はニセモノ)を助け出そうとしたくだり。
ナゼ?あの場所を突き止めたのかワカラン。石橋凌が「ワナだ」と教えに来ても信じず
まんまとハメられてから二人、命カラガラ脱出した映像のカット割りには息を呑んだ!

韓国マフィア役、もしかして「味方」の部類に入る設定なのかな?
実は韓国から派遣された潜入捜査官とか…。店、ボコボコされなくてよかったけどさー。

ジャスティス、絶対ストレス溜まってるわー。あっちへ行かされたりこっちへ戻らされたり。
犬にもセリフ、プリーズ。かまやつひろしベッキーもカムバーック!←ゲストだったのか?
・・・だったら今日のゲストは誰?

キムチ冷蔵庫」…どんなもんなのか見たい!明日、電化製品店に注文殺到しそう(笑)
ボステリのキーホルダー」…カワイイ、欲しい!

-------------------♪

今日は三島市民体育館へ男バレ「東レvs旭化成」を観戦に行ってきました。
胸のすくような東レ完勝!ホームゲーム今季は一勝しかできず本当~にダメダメだったので
最後の地元開催、大勢のファンの前で勝ててよかった~(^^)

女子はパイオニア、久光製薬、東レがセミファイナル決定!
男子も女子も最終レグへ突入しています。

熊本で行われた公開練習&体操教室の様子を教えて頂くことができました。
明日、アップします。

今日は立春

昨日も今日も、お天気は抜群にイイんだけどが非常にた~い!
気温が氷点下に近く、「立春」なのに真冬並みのさ!

風が強いせいか、富士山のが8合目~頂上にかけて吹き飛ばされていて
地肌が見えてしまってる。
中腹辺りは真っ白い厚化粧状態で、陽に輝いてキラキラしているんだけど…

先日オープンした24時間営業のスーパー
一週間ぶりに今朝8時過ぎ頃行ってみたら、さすがにピークは峠を越して
24時間のうち、特売の時間は朝9時から夜7時までの間なので、その時間帯に
合わせてお客さんが集中するようだ。

焼きたてのパンを買い、ボトルを買えばアルカリイオン水が無料でもらえるというので
4リットル入を購入して水をもらってきた。

ph値が「弱い・普通・強い」の三種類から選ぶことができ、用途に応じて使い分けると
良いらしい。一番強い値でもらってきて、コーヒーを煎れて飲んだら口あたりがまろやか
濃い目のコーヒーがアメリカンのような軽さ。
お味噌汁を作っても、いつもと同じ味噌を使ったのに何んとな~く美味しく感じるのは
気のせい?今度、お米を焚いてみよう。

--------------水鳥選手浅間大社で豆まき。

日刊スポーツWeb静岡新聞に記事動画がありました。
スポニチ静岡版にも写真&記事有り。「新しいワザを含めた演技のバランスをまとめる
と、今年初の試合に標準を合わせているようです。

寿思くん、記事でブログのアドレスを紹介していたので益々アクセスが増えるでしょうね~。
徳洲会HPにリンクされる前は一日30~50くらいでしたから。
彼らしさが滲み出ている文章でして、今日の熊本イベントの事を教えてくれるかな?
次の更新が楽しみですね。

それにしても豆まきの為に、わずか三時間の静岡滞在とは…(^^; 
寒さもまだまだ続きますし、アメリカンカップまで体調を崩さないよう、
ケガにはくれぐれも注意して練習に励んで行ってもらいたいですね。

2月の行事

今日は節分

静岡浅間神社では毎年恒例の豆まきが行われたようですが、今年も去年同様
水鳥選手潮丸関が裃を着て豆を撒いたようです(去年の写真
明日はWebニュースが来るかな?

熱海市では橋田寿賀子さん他「渡る世間は鬼ばかり」でお馴染みの俳優さん勢揃いで、
森町ではレスリングの伊調姉妹が参加されて、豆まきが行われたようです。
(たまたま見たローカルNEWS、静岡市はスルー ^^;)

明日は熊本市公開練習&トークショーに参加予定の寿思くん、たぶん終了と同時に
羽田空港へ直行したのではと思われ、毎度のことながらお疲れさまです。

さっき、アクセス解析のワードを見てきたら今日、「米田 病院 イベント」のワードで
数名来られた方がいたようなので「なんだろう?」と思って自分も検索してみたら
病院のブログにヒットしました。
徳洲会体操のHPを見てきたら、まだアップされていなかったのですが…
地域が限定されている小・中学生対象ということで、あえて知らせないのかな?

先日のポケモンサンデーでも子供相手に逆上がりを指導されてた米田さん
リハビリの合い間を縫って、将来指導者となる為の実施訓練となっていますね~。

この『アクセス解析』…
毎日見ていないので正確な日時などは過去ログを調べなければわかりませんが
政治政策や経済動向にリアルタイムに反映する、東証の株価のような存在です(笑)

先月も具体的な公共施設と選手名など、色々組み合わせてこのブログに来た方がいて
プライベート情報のような内容をアップしているサイトを探しているようでした。

すっごく前に書いた記事にヒットするワードがまとまって集中していると、どこかの
掲示板などで話題になっていて、ROMっている人が必死に元となっている
記事のサイトを探しているのかな~?などとわかります。

体操ファンではない人のブログなどで
○○選手を××で見かけました」とか「△△で会ったので一緒に写真を撮りました
など、ちょっと嬉し&羨ましい記事は暇な時、たまに適当なワードで検索すると
ヒットするので、読んでいて微笑ましく思いますね。

豆まきが終わるといよいよ、来週からバレンタインのチョコレートがクローズアップ!
おっとー、トリノ五輪も始まります。
注目のフィギュアスケートの生放送、夜中の三時頃から明け方だそうでして…
最初はペア、そして最後は女子シングルEXもあり、寝不足の毎日が続きそうです。
そうそう、女子シングルの実況はNHKの刈屋アナですって(^^)ちょっと楽しみ!

日々努力

昨日の鹿島ショック!今日の各新聞スポーツ面にも記事が書かれていて再びため息…。

仕事から帰って来て、軽く夕食をとりながら数種類の新聞を読む、ほんの一時が、
その日一番ほっこりする時間で落ち着きます。
どんなに遅く帰って来ても、新聞チェックは怠らないクセがついています。

夜10時まではピアノを鳴らす事ができるので、時間が取れれば必ず鍵盤の前に
座るようにしている。
このブログでボヤいていたシューマン、先日やっと譜読み了!
ここで言う「譜読み」とは、ある程度の速度で、あまり間違えずに一通り最後まで
通して弾くことができる、という程度。

現役音大生やバリバリのピアニスト諸先生方は既にこの段階でをしてしまう…
のですが、暗譜苦手な自分はまだまだ、チラチラと追っていかないとラチがあかない。
「クライスレリアーナ」8曲のウチ、やっぱり2曲目にテコズッてしまった。

シューマン弾く度に思うコト、まったくホント!どれだけ大きな手だったか知らないが、
ありえない音域をどうやって押さえ続けろって言うんじゃー!」と楽譜投げたくなる(^^;
ほとんどの曲でお馴染み、数小節に股がるタイの嵐にも指がりますって。
一段階終えて次のスキルへ、また少しづつチャレンジです。

心配な記事をひとつ。 『指揮者小澤征爾氏が病気治療の為、年末まで休養
小澤先生、もう70歳になられるんですね…。
今年はモーツァルト生誕250年記念公演など、あちこちでタクトを振る舞台が予定されて
いたようですが、全て代役の方に任されることになったそうです。

長い年月に渡り精力的に、クラッシック音楽の真髄を観衆へ伝えて来られた小澤先生
ゆっくり休まれて病状回復に努め、再びあの、エネルギッシュな指揮から引き出される
オーケストラの素敵な音色を私達に聴かせていただきたいです。

昨日も今日も切ない記事が続いてしまい、なんだか凹み気味です。

ガンバッ!

メルボルン世選後から、ほとんど何も情報が入ってこなかった鹿島選手の近況。
協会HPに、セントラルの広報によって詳細なお知らせがアップされていました。

つい先日、米国合宿に参加されたナショナルメンバーの写真に、久しぶりに彼の姿を
見つけることができ、「ああ、肩の具合も良くなって順調に練習しているのね~よかった」
などとホッと安心したのも束の間、突然のニュースに、ただただ驚くばかりです。

去年の4月に負傷って、テーピングが痛々しかった2次予選が思い出されますが
その代々木とN杯鯖江は2日間づつ、全社でもしっかり6種目行っていたことを思うと
ずっと痛みをこらえて我慢していたのかな…もう本当に切ない気持ちでいっぱいです。

万全な状態で臨めなかった世選。それでも「意地のあん馬」で前回にひきつづき
表彰台に昇れたことは、今思えばとてつもなく凄い事だったのではないかと。

術後の経過は良好で再びリハビリトレーニングを開始している。
という言葉が、鹿島ファンにとってはせめてもの慰めですね。
北京まではまだまだ充分、時間があります。
無理せず焦らず、じっくり治して再び私達に華麗な演技を見せてくださいね。

それにしても米田さんに続き鹿島くんまで…(T-T)
ファンは見守っていくことしかできませんが、周りにいらっしゃる先生方や仲間や友人、
多くの方々のバックアップに恵まれて、自分を信じて!リハビリに専念されるよう、
そして一日も早い回復を、心から祈っております。