Fairy Tail

10月のキーワード

今日はちょこっとブレイク。
月末恒例?の検索キーワード、今月一番多かったワードは!

このブログ名でした…(苦笑)
タイトルだけだと、同名サイトさん(Web素材屋さんとか、タレントさんのファンクラブ、etc)や
外国のサイトなどが多く出てくるので、「体操」と続けて検索して来られた方が多かったです。

なんでだろう?以前来たけど改めて又、来てくださった方が多かったのか、いつも使うのとは
別なパソコンで検索されたのか?でも、どちらにしてもありがたく嬉しく思います。

次に多かったのは「冨田洋之」と「鹿島丈博」が同数くらい。
あと、「(体操選手の名前) 彼女」っていうワードもけっこうありましたねー。
ファンの皆さん、プライベートな部分にどうしても興味が行ってしまうのは否めないです。
う~ん、彼女ネタは、このブログに来ていただいても残念ながら何もワカラナイと(^^;

順大 試技会」ってのも、色々な言葉と組み合わされてまして…(これも苦笑)
静岡に住んでいるので千葉で行われている事はわかりかねます~(ひたすら苦笑)

水鳥三兄弟の名前も多かったです。お兄さんの静馬さん、従兄弟の元喜くんの名前も。
尼崎」、「全日本」、「岡山国体」など、やはり体操関連のワードが目につきました。

季節モノは圧倒的多数で、10月6日のエントリーに書いた合唱曲の「タイトル」の数々。
曲名のあと、「歌うポイント」、「表現の仕方」、「音源」などのワードが続きました。
自分トコ、たった一日書いただけでこんなにたくさん来られたのですから、リンクさせて頂いた
“MIDIおもちゃ箱”さんのアクセス、シーズンだった今月はきっと破格な数だったでしょうね。

ショパンコンクール出場者、大崎結真さん辻井伸行さんの名前も多かったですね~。
辻井さんは二次予選まで進み、大崎さんはファイナリストとなったのですが
残念ながら入賞は逃してしまいました。
ショパコンのことは、詳しく記事にして書く機会を逃してしまいましたが、お二人のピアノ、
本当にとってもステキですので、機会があれば是非聴いていただきたいな~と思っています。

今月の傑作キーワードは・・・

プロバレーボーラーのスパイク写真の連続写真

な、長すぎ!っつーか、こんな長いワードでも引っかかるMyブログっていったい…(笑)
専門書か、バレーボールの月刊誌を買えば、たいてい載っていると思われますが。
いや、ワードをこんなに長く入れてもOK?ということがわかり、目からウロコでした(^^;

白いレオタード」、「白いレオタードの写真

だから写真はありませんってば!
もう~(-_-;)、色を指定している時点で何考えてんだかホント、怖いですー。

たま~にある「…」なワードも笑って吹き飛ばし、また来月の傑作ワードを楽しみに
待ってみようと思います。
季節モノは何だろ?やっぱり「紅葉」かな(^^)

全日本初日@Ⅱ班

Ⅰ班の演技終了と同時にⅡ班の選手がフロアへ現れました。

混みあう平行棒に人が集中、笠松選手が一番乗り!
みなさん、柔軟はサブ会場で済ませてきたらしく、早速器具を使っての練習が始まりました。

そいでもって、いましたよー(^^)米田さん@フロア広報担当!
ジャージ姿で、仲間の練習を見守りながら関係者の方と談笑。
元気そうな笑顔をいっぱい見せてくれて、ファンは大満足だったと思われます。

鹿島くん、どこにいるの?フロアをあちこち探してもいないよ・・・・。
ふと、入り口ドア付近奥を見ると、セントラルのジャージが隠れるように突っ立ってるー!
はぁ事?イヤな予カーン。
練習せずに、あそこでフロアをじっと見つめているってことは…き、棄権でしょうか?

近づいてきた関係者の方に、左肩を押さえながら説明している姿を見て
「ああ、肩、痛めてしまったのかもしれないぃぃ…(涙)」と、そこで察してしまいました。

去年に続き、全日本欠場は不本意だろうけど、メルボルンも控えていることだし
無理せず大事を取ったということで、あと一ヶ月余り…万全の状態に戻して臨めるよう、
体調整えてください!ガンバですー。

演技中は、そのドア付近にあった『アミノバリュー、いかがっすかー?』な場所に
座っていた米田先輩と一緒に観戦。笑顔もチラチラ見えたのでチョット安心。

徳洲会団体メンバー(中瀬⇔桑原)が入れ替わり、日体大(水鳥豪⇔沖口)も
メンバー変更されていました。

その沖口選手ゆか。第一シリーズのタンブリング、4回連続って、その4回目も
たぶん一回半くらいひねってて、全く高さが変わらない!びっくり、ひねりまくりー!
終末ワザはスワンダブルってアナタッ!もう、最後まで高いたかい!すっごいバネですね。

跳馬もドゥリックスをあと半分ひねるヤツ「ロペス」を一回目に跳んで成功(9.675)
日体大応援席、本日一番の大盛り上がり!(おおーっ&キャーッ!の声が入り乱れる)
空中感覚が優れているんでしょうね~。いや~ビックリ!

冨田vs長田選手つり輪対決。二人とも強いつよい。冨田選手の9.725は本日最高得点。
長田選手も9.625と負けていません。種目別出場ワン・ツーで決まり。

日体大、森選手鉄棒。放れワザ(シュタルダー伸身トカチェフ一回ひねり)が今日は
キレイに決まり、いつもヒヤヒヤしながら観ちゃうんだけど上手く決まって良かったよ~。
種目別出場権も獲得、跳馬の種目別に出られないうっぷんを晴らして欲しいな~と
思いました。

徳洲会、仲里選手つり輪。倒立が、つり輪のワイヤーと見事に平行と言っていい程
本当に真っ直ぐでキレイ。力ワザも連発していて9.500の高得点。

同じく桑原選手つり輪。素人目線では、何が悪かったのかイマイチよくわかんないんだけど
思ったより伸びない得点がフシギでした…どこかミスったのかな?

笠松選手鉄棒。ここんとこ放れワザは背面イエガーでしたが今日はゲイロード2が決まる!
う~ん、空中に浮いて逆さまになりながら、逆手でバーを掴むってー(@。@;
素人には考えられないようなワザを、なめらか~にこなしている選手…本当にスゴイ。

関西高校の中島選手。顔は冨田系ですが、スタイルは星系、演技は鹿島系。
そのまま順大系の選手ですわ、ホント。(喋りが米田系だったらカンペキですが ^^;んなこたーない)
進学先はどこに行くのかな?
頭が小さくって手足長くて細ーいけれど、美しい演技&見栄えのする選手です。
つり輪、がんばってー!

初日はとにかく、あん馬を失敗する選手が多かったのが印象に残りました。
あと、得意種目としている選手なのに、思うように得点が伸ばせなかった演技もあったりして
年度末最後の国内主要大会なので、客席で観ている以上にフロアの中は、緊張感で
いっぱいだったのでは?と思われます。

団体優勝の徳洲会、去年は3.5点もあった日体大との差が、今年は1.75点と僅差での
優勝でしたが、米田主将を欠いても層の厚さは他の追随を許しませんね。

団体2位の日体大は予選参加者9名全員が決勝へ進出という充実ぶり。
特に小林選手は春の二次予選から、ずーっと安定していますね~。

苦手種目がなく、ミスの少ない確実な演技ができる力を持っている選手だと思います。
客席に来られた時、間近で見ると顔がちっちゃくて目が大きくて女の子のような体型なのに…
見かけとは全然違う“強さ”とのギャップに驚きます。

Ⅰ班から集中して観ていたので(開始13時過ぎ)長丁場になった(全種目終了は19時過ぎ)
Ⅱ班後半辺りから意識モウロウ。

欲張ると、ロクなことがないとわかった初日観戦。    つづく

全日本初日@Ⅰ班

人生初体験!の夜行バスに乗って大阪駅に着いたのが14日早朝。
ホテルへ荷物を預け、朝ごはんを食べて体育館へ向うと、すでに行列ができていました。
皆さん、出足が早~い。

予定より早めの開場となり、中へ入るとほぼ正方形のフロアを囲むように2階観覧席があり
男子器具は入口を背中に左手側に集中していて、めずらしいことに鉄棒が端の方に
セットされていました。

ゆかは全面見渡すことができましたが、やはり跳馬が手前にきていて死角となってしまい、
別角度の座席に移動しない限り、着地までは見えない状態、得点板もアウト。

Ⅰ班のトップをきって塚原選手がフロアへ登場。
髪型のサイドを短めにカットしてあったせいもあるけど、少し頬がこけた印象。
体重も、だいぶ落ちてしまったのでは?と思わせる身体つきで、上腕二頭筋も
萎んでしまった感じ。久しぶりの公式戦を前に念入りにカンを呼び戻しているようでした。

10時過ぎると出場選手がぞくぞく登場。中野大ちゃん
今日はTEEも髪型もチョットおとなしめな雰囲気。全社では、はっちゃけていましたからね~。

順大の村田選手、精悍な顔つきで自信に満ち溢れた表情!
一緒に観戦していた友人達とも話したのですが、
調子の良い選手、活躍しそうな選手は、試合前練習を見ていても、身体から醸し出される
 オーラを感じる!!
」と。実際、ダントツ!輝いてました。

順大の星くん。一種目めの跳馬から鉄棒まで、尻上がりに高得点を連発。
特に平行棒は代々木から大幅にSVを上げてきていてビックリ!
ゆかもあん馬も底上げしてきていて、とっても良い演技、素晴らしい。
据え置き状態のつり輪、がんばってください。(でも二日目は8点台が出たのー:

仙台大学の荒井選手。ひと際目立つ小柄な体格で、ん~身長153cmくらい?
平行棒…彼の後に演技する選手が、バーの幅を思いっきし広げるひろげる(^^;
でも、演技はどれも安定していて、特につり輪は非力そうに見える外見とは大違い!
プルプルしないし、ワザも正確で静止もたっぷり、平然とした表情で演技していた姿が
印象に残りました。

同じく仙大の上田選手。去年の全日本では決勝を一組で回り、一躍脚光を浴びましたが
春の二次予選は怪我でもしていたのかな?インカレも失速していたので今度こそ!と
期待したのですが、あん馬は落下。得意の平行棒、うまくまとめたと思った矢先の
着地に大失敗してしまい(派手に転がってしまった)さすがに気落ちしてしまったのか
次の鉄棒に移動してからも、マットに手をかけたまま、しばらくうなだれていました。

コナミの芳村佐々木浅田各選手の姿と顔の区別が最初の2種目ぐらいまでわからず
観戦に四苦八苦。やっと把握できた芳村選手、どれも高い点を出してるな~と思ったら
予選3位通過と知って納得。
コナミの選手の跳馬は毎回、応援団が一番盛り上がる種目ですね。
ん~、でも体操でスティックバルーンはいかがなものか?と、いつも思いますが。
どの選手も得意としているのでロイター板の音もビシバシ大きかった。(うぅ、見えないよー)

個人5組にいた順大の新島選手。去年に比べて背がぐーんと伸びたのか、身体が
ひとまわり大きくなったよう。そのせいか?あん馬やつり輪で身体を持て余してしまう
ような演技になってしまい残念。体重の増加とか微妙に影響してくるのでしょうね。

直也くん。特に大きな失敗はなかったように思えたけど、身体のキレがまだ戻っていない
ように見受けました。ゆかの新月面は抱え込みにしていたし、全体的にSV抑え気味の
演技が続いていたような…復活まで、もう少し時間が必要でしょうか。

中野大ちゃん。あんなにキラキラした演技をする選手なのに、ナゼか全く目立たない。
腰周りとか、身体も絞れていないように見えたんだけど、手首の怪我のせいで練習が
思うようにできないのかな?あん馬は本当に痛々しかったです。
残念ながら予選落ちしてしまいました。

それでも、この大会の直後にドイツで行われた種目別大会、DTBポカールに出場。
ゆか&鉄棒で決勝に進出しましたが、表彰台には上れず残念でした。
でも、復活を感じさせてくれるような頑張りに「お疲れさま!」と讃えたいですね。

爽秋会の三好選手。体操選手の中では稀な、もみ上げのある髪型が特徴。
仙台大学はつり輪がどの選手も強かったのですが、OBの彼も小気味よい、強くて
綺麗な演技を決めていて、種目別出場権を獲得していました。

んん~、初日Ⅰ班で思い出せるのはここまでか。     つづく

全日本体操競技選手権@テレビ静岡

体操の全日本選手権が一昨日から兵庫県で開かれていまして、昨日は個人総合の決勝が
行われました。

はい!この大会には静岡市出身でアテネオリンピック金メダリストの水鳥寿思選手
出場しまして、堂々たる演技を披露してくれました。

もう、ミスの許されないハイレベルな戦いだったんですけど早速、一昨日行われた予選
昨日の決勝の模様を御覧いただきます。

-------------------------------------

   尼崎市総合体育館内  徳洲会団体メンバー入場シーン  寿思 上半身アップ
   米田&鹿島ツーショット  冨田 表情アップ  寿思 表情アップ


NHK杯、社会人選手権に続き、3つ目のタイトルを狙う水鳥寿思
同じアテネ組の米田鹿島両選手が怪我の為欠場したこともあって
冨田とのマッチレースが予想されました。

   体育館全景  寿思 ゆか演技 第一シリーズ 第二シリーズ

初日の予選水鳥は、ゆかからスタート。演技価値点10点満点の構成を無難にこなし
9.300と幸先の良いスタートを切ります。

   あん馬演技  右手が滑った落下シーン  炭マの場所へ戻る表情アップ

しかし、2種目目のあん馬でアクシデントが起こります。演技の中盤であん馬から手が滑り
まさかの落下。本人もビックリというこの失敗で、得点も8.750と低迷します。

   つり輪演技  上水平~中水平

この失敗の影響が心配されまたが、次のつり輪で9.400をマーク

   跳馬演技  ドゥリックス着地止める  電光掲示板に9.650の表示

そして跳馬でも、ドゥリックスからの着地をピタリと止め、本人も満足の9.650
高得点を獲得します。

   平行棒演技  屈伸ベーレ、左腕をバーにぶつける

5種目目の平行棒では途中、ヒヤッとした場面もありましたが上手くまとめて9.350

   鉄棒 コールマン コバチ 伸身新月面 着地止める 両腕上げてガッツポーズ

最終種目の鉄棒でも、3つの放れワザを危なげなくこなして9.500 あん馬での失敗は
あったものの、トータル55.950の2位と初日はまずまずの成績でした。

   寿思 表情アップ インタビュー(あん馬の話の時はチョット顔をしかめる

「アップの時間とか短くて~、終わってすぐ試合で、けっこうしんどくて~、ええ、ずっと息
あがってて、もう、一種目目から、もう一周したようなカンジで、すごく疲れてて~、
まあ、序盤苦しかったんですけど、まあ、後半はちょっと立ち直って、けっこうイケソウな
カンジだったんですけど、ホントにあん馬で滑っちゃったのだけが、もったいなかったです。」

   一輝 平行棒演技 豪敏 あん馬演技 二人とも天を仰いだり、さえない表情を見せる

一方水鳥の二人の弟、一輝豪敏は共に53点台前半をマークし、来年行われる2次予選に
進出。しかし本来のデキからは遠く、表情は二人とも曇りがちでした。

   冨田上半身アップ つり輪演技  あん馬演技

   テロップ 個人総合予選結果
   1位 冨田洋之  56.825点   2位 水鳥寿思 55.950点
   3位 芳村裕生  55.100点


予選からトップに立ったのは、水鳥のライバル冨田。スタートのつり輪で、いきなり9.725を
マークするなど、好調さをアピール。
この日唯一のオール9点台で、2位水鳥に0.875の差をつけました。

                      

   尼崎総合体育館玄関  男子一組メンバー入場 冨田&水鳥クローズアップ

迎えた二日目の決勝は、予選の成績に関係なく、この日の得点だけで順位が決まるとあって
水鳥も心機一転して試合に臨みます。

   寿思 ゆか演技、最終シリーズ 終わった後右手で小さくガッツポーズ

スタートのゆか、水鳥は前日の予選と同様、安定した演技を見せて9.400をマーク。

   冨田 ゆか演技 第二シリーズ

一方、6種目の中で、唯一ゆかを苦手としている冨田は9.125
まずは水鳥がリードします。

   寿思 昨日滑ったあん馬の箇所を念入りに滑り止めのスプレーをかける あん馬演技

続くあん馬、予選では失敗したあん馬ですが、この日は落ち着いてこなし9.400。

   冨田 あん馬演技  寿思 冨田の得点を見て不安そうな表情 冨田はポーカーフェイス

しかし冨田に9.625と高得点をマークされ、0.05ポイント差と一気に詰め寄られます。

   寿思 つり輪演技 上水平 脚先が下がり斜めになってしまう

三種目目のつり輪、
水鳥は序盤、輪の握りこみが上手くいかずにバランスを崩し9.000と低迷。

   冨田 つり輪演技 上水平静止タップリ 逆上がり~中水平 終末スワンダブル
   電光掲示板に9.775の数字


一方、このつり輪を得意とする冨田は貫禄の演技で9.775。
ここで水鳥を抜いてトップに踊り出ます。

   跳馬スタート位置 冨田&水鳥ツーショット  寿思 跳馬演技 助走~着地ほぼ止める
   冨田 跳馬演技 助走~ドゥリックス 一歩弾んで着地止める


4種目目は跳馬。水鳥は予選と同様、着地をピタリと止め、9.600と高得点を獲得。
しかし冨田も予選を上回る、9.450で水鳥の反撃を許しません。

   冨田 平行棒 ティッペルト  寿思 平行棒演技 屈伸ダブル、着地一歩弾む

5種目は平行棒。先に演技をした冨田はソツのない安定した演技で9.625。
一方、水鳥は9.300といまひとつ伸び悩み、冨田に大きく水を開けられてしまいます。

   寿思 鉄棒演技 コールマン コバチ とび車輪大逆手 片手車輪
   伸身新月面 着地一歩弾む 両手を掲げ、ホッとした表情


なんとか一矢報いたい水鳥。最終種目、得意の鉄棒に望みを託します。
最大の見せ場、3つの放れワザをしっかりこなした水鳥。
着地も決まって9.500。社会人チャンピオンの意地を見せ、冨田の演技を待ちます。

   冨田 鉄棒 閉脚シュタルダー 1回半ひねり大逆手 伸身新月面 着地左足半歩引く
   二人、笑顔で握手
   テロップ 優勝 冨田洋之 57.225点 2位 水鳥寿思 56.200点
          3位 中瀬卓也 55.200点


これに対し冨田は完璧な演技で水鳥を上回る9.625。水鳥の3冠達成は残念ながら
なりませんでした。

   寿思 試合後に笑顔でインタビュー
   Q.一緒の組で回ってみて、冨田くんはどのように映りました?


「え~、やっぱり、もう、強すぎると思いました。でも、まあ、あの~普通にやったら、やっぱり
負けるってのはわかっていたんで、まあ、逆にあんまり意識せずにやろうと思ったんですけど
ゆか、あん馬、行った時に、もしかしたらイイ勝負できるかな?と思ったんですけど、そこで
チョットなんか~ああいうミスが出たんで、そこはやっぱり反省~と、まあ、冨田選手は
改めて強いなぁ、と実感しました。」(サバサバとした表情で頷きながら)

   Q.あの、これまでの大会を振り返って見て寿思くんがNHK、全社獲って、それで今回は
     冨田くんに負けた…いちおう2勝1敗というふうに考えられるんだけれども、
     どうですか?今後に向けて


「まあ、ライバルと思ってもらえたら光栄なぐらいで、まあ~勝負はホント、世界選手権だと
思うんで、そこで~勝てれば、いいかな、と思います。」
(今度は負けたくない!といった意志の強い表情)

----------------------------------

い!水鳥寿思選手は、ほぼノーミスでこの結果に「お見事!」と言っていいですよね。

そうですね~。ただ、冨田選手の調子が良すぎただけという感じですね~。

今シーズン、冨田選手…不調が続いていたんですけど、さすがにこの全日本に
合わせてきた!という印象です。

はい、さすがですね。

冨田選手水鳥選手、今度は来月の世界選手権に揃って出場しますので、
世界のトップを賭けて切磋琢磨、争って欲しいな、と言うふうに思いますね。

日本のツートップですからね~。

頑張ってください!

一方、先週の「おは・スポ」でもお伝えしました弟さん二人、目標のナショナル強化指定選手
入りの、12位以内には入れませんでした、残念でしたね…。

弟の一輝選手豪敏選手、そして寿思選手!水鳥兄弟、これからも注目です。

-----------------♪

「おは・スポ!サンデー」10月16日(日)放送
全日本個人総合予選&決勝の2日間、二人の演技を中心に6分弱の映像でした。

冨田選手に対して「ライバルと思えてもらえたら光栄」と、謙虚な姿勢を示している彼ですが
世選では絶対に上を行ってやる!といった、並々ならぬ闘志も表情から感じ取れました。

二人の一騎打ち対決は生観戦していても、緊張感たっぷりで見応えがありました。
最後にアナウンサーが言っていた「切磋琢磨して争って欲しい」
二人のレベルアップが日本体操界の底上げとなるはずです、メルボルンが楽しみですね。

ただいま帰りました

一週間お休みしていた間、たくさんのコメント&メール、本当にありがとうございました。

y・mさん たいさん beeさん rainman_daisukeさん まこさん チキンさん m・I さん
けいこさん eikoさん りんださん
 …皆さんの励ましのコメント、とっても嬉しかったです。
こころ温まるメールをくださった方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

最初に疑問を問いかけたメールをくださった方とも、すぐに誤解が解けてホッとしております。

好き勝手に書いていた自分のブログが、いつのまにか大勢の人の目に触れるようになり
色々な意見の存在にも気づき始めた矢先の、今回の「人違い」の件でした。

今年の一月半ばからほとんど毎日、何かしらアップしてきたこのブログを、もう一度
見つめ直し、少しリフレッシュする期間を設ける事ができたおかげで、また改めて
「少しづつ書いて行こう!」という気持ちがフツフツと湧いて来ている次第です。

この『 Fairy Tail 』を、良くも悪くも気にかけて訪問してくださる方がいる事を励みに
今まで通り自分流な表現は残しつつ、毎日更新といった基本コンセプトで続けて行こうかと。

体操関連ばかり毎日書くことはできないので、時々ブッ飛ぶ内容や、ひとりごとが
多くなると思われますが、適当にスルーしてくだされば幸いです(^^;

リンク先の『 げつめんのふうけい 』、紅羽さんのブログが昨日、休止のお知らせを
アップされていました。
寂しい気持ちでいっぱいですが再開される事を祈りつつ、後日リンクを外させて頂きます。

体操関連のサイト&ブログさんの休止&閉鎖は寂しい限りですが、新しく始められた
ブログさんなども少しづつ増えてきているようなので、オフの間も盛り上がって行けたらな~
と思っています。

またいつも通り!仕事の性質上、相変わらず日付変わる直前の更新になりますが(汗)
どうぞヨロシクお願い致します。

休んでいた間、少なくなるどころか今まで以上のアクセスが毎日あったことに驚いています。
気にかけて訪問してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

人違い

今日、初めてメールをいただいた方から下記のような事を知らされて驚きました。

「あなたは尼崎の体育館観客席の最前列に座って、O選手を応援されていた
 観戦マナーの悪い方ですか?」

「選手の父兄が通路で、つり輪演技をビデオ撮影しようとした時、わざと前かがみになって、
 故意に邪魔をしていましたか?」

さらに、撮影を妨害した上に、私がその父兄に向かって(ここには書けないような)
キツイ言葉も投げかけていた!と。

・・・半信半疑で問いかけられた内容でした。

巨大匿名掲示板に書かれていた書き込みで、私のことを『ヅカヲタ』と呼んでいるようですが、

私は尼崎体育館体操観戦三日間のあいだ、最前列に座った日は一度もありません。
まして、つり輪演技のビデオ撮影を妨害できるような場所にも一度も座っておりません。
私は、ビデオもカメラも会場には一切、持ち込んでおりません。


最前列の、どの辺りに座っていたファンを指して自分だと思われたのか?よくわかりませんが
本人なのかどうか、よく確かめもせずに、こういう人物像が『ヅカヲタ』という名前で特定され
ひとり歩きをしていると思うとネットの世界、本当に恐ろしくなってしまいました。

これらが自分ではないことは、一緒に観戦してくれた皆さんはわかってくださるはずなので
慌てず騒がず、堂々としていればいいのですが、匿名掲示板の言いたい放題な書き込みに
いくら目くじら立てるなと言われても、さすがに今回は我慢できず
ここに反論を書いてしまいました。

あと、同じ体操ファンとして観戦マナーに問題があったり、思いやりのない行動が
取られていたことに、少なからず悲しい想いもしています。

久々に会えた知人や、新しいお友達にもめぐり会えて
「楽しく過ごせた三日間のレポ、書くぞ!」
と思った矢先に暗い気持ちにさせられ、チョット凹んでおりますが

自分の色のブログだから…やっぱり守っていきたいな、と。

体操オンリーではないにも関わらず、こんな自己満足ひとりごとな記事でも、
ありがたいことに、毎日来て読んでくださっている方がいる以上、
できる範囲で細々と続けて行こうかな、と思っています。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

更新のお知らせ

明日14日(金)から18日(火)まで、関西方面に滞在予定です。

こちらのブログ更新は19日(水)以降になると思います。

それでは全日本3日間、観戦に行ってきまーす。

そうそう、ショパコン!

盲目の16歳のピアニスト、辻井伸行さんが一次予選突破しました。
注目している実力派の大崎結真さんも!

お二人そろって最終審査の舞台に立つことができるよう、祈っています。

続・週末に向けて最終チェック

えっと、14日から始まる全日本体操競技選手権大会の、男子班編成をザーッと見て。

Ⅰ班に今回コナミが入っているので「ん?上手い具合に観戦できるかな~」と思ったら
6組塚原直也中野大ちゃんがいたんですねー。

王子直也はこの班というより、今大会の注目度ナンバーワンでしょうか。
ほぼ一年ぶりの競技会となりますね。体調を整えて、最後までガンバッていただきたいです。

爽秋会三好選手のつり輪、日体大速見選手のゆか&跳馬、順大一年生の
新島選手の演技も楽しみ。
あと、順大村田選手はインカレ優勝の勢いがあるし(6種目全部9点台、出してましたね)
星くんの鉄棒、仙台大上田選手は今回、きっちり調整してくるのかな?

・・・で、Ⅱ班ですが。
んも~、見事にバラけてくれましたってカンジ?目がもう一組、欲しいです。

ディフェンディングチャンピオンの冨田がいる3組!このメンツに小川選手村田選手
入ったら、そのまま平行棒種目別決勝へといけますね(^^)

7組あるのでお休みが1回入るみたいだけど、どこで入るんでしょ?
冨田vs長田つり輪対決が、早くも一種目めから始まるんですねー。
日体スワロー長田選手は全社でも、すっごいワザを見せてくれてたので注目。

日体大沖口選手はインカレの予選の跳馬で9.8出しているんですけど、
ゆかも「スゴイ!」という定評があるようです。はじめてチェックする選手で期待大。
早稲田馬場選手、インカレはユニバ直後だったせいか?順位を落としてしまって
いたけれど、団体ではなく個人としてⅡ班で戦う意気込みを感じます。

徳洲会桑原くんが個人出場に回って7組にいます。良宏さんコナミ関口選手も。
5組にはジュニアクラスのトップ選手、関西高校の二人の演技も楽しみだし、
朝日生命内村選手の名前もよく聞きます。

2組に密かに笠松選手の名前がっ。見逃しそうで怖いですー。
4組明大コンビの、ゆか&跳馬もみてみたい。

これらの選手とは別に、徳洲会日体大のメンバーがいるわけで~(^^;
たぶんもう必要最小限で見逃したくない種目だけをチェックするしかありません。
あ、でも小川ちゃんは全部観ます!(←シツコク)

頭が痛くなってきたので、今日はこのへんで…。

週末に向けて最終チェック

やる事、準備する事がい~っぱいあるのに、なんだか身体が動かない。

今日から3日間は仕事ぎゅうぎゅうに詰めて、なんとかこなせそうだけど
先日、忘れ物ばかりした身支度を、なんとか前日夜から行うように心がけたり
体操のルール変更のニュースも、ネットなどで色々報道されているのをじっくり読みたいし、
ショパコンの1次予選の結果もどうなるのか?なんだか気になるし。
ああ、メールも返信しなくちゃ、宿泊先の地図もプリントアウトしなくちゃ、etc…

そんなこと考えてたら生徒から
伴奏の音が不安なので、もう一度チェックして欲しい」と連絡がはいる。

譜読みが速く、よく弾ける女生徒なので、あまり心配はしていなかったんだけど
学年伴奏という大役で、リハーサルで弾いたところ、一緒に習っている生徒のM君から
ラスト辺りの音がボクの考えている音と違う」とクレーム?が入ったらしく、
どの音の事か見当つかなかった彼女はショックを受け、譜面確認したけど
わからずに泣きついてきた。

先日、「もう一度難しい和音の箇所、合ってるかよく見て確かめてね」と、
一度だけ聴いてあげた程度だったんだけど、フラットが個もつく変ニ長調という伴奏は、
テクニックはそんなに必要ないが、不協和音がいっぱい入っていて、
自分も「少し音の間違いがあるかもな~」と、ちょっと不安だった。

クラッシックなら、ある程度音の感覚が頭の中に入っているので、ミスタッチはすぐわかるけど
こういう合唱の伴奏は、自分が弾いた事のない曲はとくに数回程、譜面とニラメッコしないと
音の間違いは把握できない。

彼女は音楽の先生からCDを借りて聴いたところ、やっと指摘されたミスタッチを発見したそう。
う~ん、残念!最終チェックをしたところ、もうひとつありました。
テナーが歌う音を思いっきり半音上げてたよ(^^; それでは男の子達、音取れないわー。

Y中の合唱祭は聴きに行けないけれど、お母さまがホームビデオに収めてくれるそうなので
映像で楽しませてもらいます。三年生は最後だというのに行けなくって本当に申し訳ない。

文化会館大ホールのフルコン、気持ちを込めて思いっきり弾いてきてください。

東レvs松下電器

草薙体育館で行われた男子バレーボールを久しぶりに生観戦。

開幕戦のサントリー戦は勝ったものの、昨日の青ロケ(NEC)に1-3で完敗。
昨季は開幕20連勝の金字塔を打ち立てた東レに、早くも土がついてしまったけど
気を引き締めて、今日の松下戦で挽回できるかな?と思ったのが甘い考えだった。

シノ(篠田)のキャプテンシーをじっくり見たかったんだけど、チームが若く空回り気味
新聞記事で知ったけど、早くもキャプの試練を味わってしまったシノ!

開幕戦の選手宣誓、緊張のあまり言葉に詰まって失敗し、2度目にトライするも
上手くいかずに強制終了?させられ、スタンドが笑いの渦だったらしい。

テレビで放映されたヒーローインタビューで「試合より緊張した」なんて言ってたけど
やっぱり彼でも緊張する時があるのか~。あんな面白いパフォーマンス見せてくれるのに
ちょっと意外な一面がわかって微笑ましかった。

試合前の先発選手コールの時、他のチームはメンバー&関係者と片手ハイタッチして
コートの中へ入って行くんだけど、東レの場合は対象選手を車座になって囲み、
手荒いボディタッチで送り出す


最初に呼ばれる近藤選手は静岡出身で今年、順天堂大から入部した新人セッター。
もう~すっごいなんてもんじゃない(笑)ボコボコにされて送り出される近藤選手!
柴田恭平(←なぜかフルネームで呼びたくなる) タタキ過ぎですってアナタ(^^;
近藤選手、笑ってるけど痛そー。

先輩達の容赦ないエールに答え、開幕戦は頑張ったんだけど2戦目からデータ取られたのか
相手ブロックを散らせない。でも新人選手らしからぬプレーも随所に見られるので楽しみ。

パーシャが抜けて、助っ人新外国人は合流しているんだけど、まだ間に合わないらしく
ユニバ&アジア選手権でチームから離れていた、阿部ちゃんノブさん柴田恭平
スタベンで控えに回っている。コバさんでさえ今日はベンチ外で観戦だった。

スタメンを若い選手で組み、機を見てセンター&レフト陣そっくり交替しても
戦力変わらなかったり、魅力的な選手のたくさんいる東レアローズ
開幕早々1勝2敗とつまずいてしまったけど長丁場のリーグ戦、敗因を分析して
次の試合に生かしていってもらいたいです。

松下電器で気になる選手。2月に藤枝で観戦した時も、豊田合成に移った北川選手同様
コートの中で輝いていた川村選手。北川くんからキャプを引き継いでチームまとめてました。
松下は昨日まで2連敗してしまい、今日負けると最悪な結果で大阪へ帰らなきゃならないので
それは気の毒と思い、東レ応援しつつ川村キャプも応援!

川村くん、ヒョロリとしたタイプのバレー選手が多い中、189cmと決して大きくないけど
下半身がサッカー選手のようにどっしりしているのに、顔は女顔なのでやさしそうな雰囲気。
そのアンバランス差に加え、プレーでは決してミスしない威力あるジャンサが圧巻。

縦のBのバックアタックなんて最高!マッチポイントも一発でレフトストレートが決まり
東レの敗戦は悔しかったけど、彼のキャプテンシー&キレのあるプレーにファン度急上昇
同じ様にキャプ一年生となるシノ!負けるな~頑張れっ。

いや~それにしてもバレー会場のフロア内、ガリバー率が高いですわ。
今回フロア席のフラット目線で観戦したんだけど、一般ピーの中に入れば充分大きい
リベロ選手の184cmが目の錯覚を誘います。
アタッカー陣、ほとんどが2メートル近いタッパですからね~。たっか~い&大きい!
本部席にいるバレー関係者やベンチスタッフも、元バレー選手が多いから
ガリバー率さらにアップ。

11月のグラチャンに備え、リーグ戦は次週の2試合で一旦休止。
12月10日から、3月のファイナルラウンドに向けて新たに再開します。
女子バレーも含め、冬はバレー観戦を増やしていこうと思っています。

兄に続け!水鳥一輝&豪敏@テレビ静岡

体操の全日本選手権が、今月14日から兵庫県で行われます。

この大会にはもちろん、アテネオリンピックの金メダリスト水鳥寿思選手も、
出場するんですが、今回「おは・スポ!」では寿思選手弟二人に注目しました。

まあ、寿思選手は日本を代表する選手…言うまでもないと思うんですけれども、今
大学生の弟二人も将来、非常~に楽しみな選手なんです。
直前の練習の様子、取材しています。

______________________________________________________

   NHK杯 鯖江会場 水鳥が鉄棒フィニッシュ、着地決める 観客拍手
   握手しながら「ありがとうございます」の笑顔 石坂選手と二人、優勝杯を掲げる


今年7月に行われたNHK杯、アテネオリンピック金メダリストの水鳥寿思選手は
6種目全てにわたって安定した強さを見せ、見事優勝。
先月開かれた社会人選手権も制し、国内ニ冠を達成しました。

   横浜市・青葉区 日体大体操競技部体育館 一輝、豪敏含む部員数名が談笑
   
そんな彼に続けとばかりに、水鳥選手の母校日体大で練習に励む二人の選手がいました。
水鳥選手の弟、一輝選手と豪敏選手です。

   一輝&豪敏 Tシャツ姿  ゆかでシリーズの練習 
   全日本学生選手権(9月)    水鳥豪敏  54.325点
                       水鳥一輝  54.125点


二人は高校時代から、兄、寿思選手以上に注目を集め、現在は日体大に進学
今でこそ、まだその実力は兄に及ばないものの、先月開かれたインカレでは一輝選手が
四位、そして豪敏選手が三位に入賞するなど、将来の活躍がとても楽しみな存在です。

一輝「まあ、その、メダルには今一歩届かなかったという~順位ですけど、ま、その演技
    内容としては、今まで練習してきた事はほとんど出したかな~というカンジなんで、
    まあ順位的には、まあチョット惜しかったなあというのがありますけど、演技自体は
    満足してます。」(ちょっと悔しそうな表情)

豪敏「ま、今まで、インカレ前はすごい調子良くて、チェックとかでもずっとノーミスが
    続いていて、それが、ちゃんと試合に出せたので(頷きながら)満足しています。」

   一輝 ユニ着用 平行棒演技 正面より開脚しながら単棒倒立→抱え込みベーレ

一輝選手の得意種目は平行棒。6種目の中で唯一、演技価値点10点満点の構成を
持っていて、常に安定した演技を行っています。

    豪敏 手のひらに炭マを付けている 鉄棒の演技

一方、豪敏選手は鉄棒とゆかが得意。中でも鉄棒はコールマンからホップターンの
連続ワザを取り入れるなど、ダイナミックな演技が特徴です。

   一輝 あん馬演技 入り直後にメリゴーランド  点数を付ている具志堅監督
   豪敏 ゆか演技  ロンダートから抱え込み2回宙


二人の当面の目標は、今月14日から開かれる全日本選手権での上位優勝。
全日本クラスの大会では、豪敏選手が過去に一度、種目別で表彰台に上がった事が
ありますが、個人総合では二人とも上位入賞の経験は無し。兄、寿思選手が国内三冠に
挑むこの大会で、なんとか今後に向けての弾みにしたいところです。

   Q.二人の課題について  具志堅監督のアップ インタビュー
                    豪敏 跳馬演技 アカピアン


「たとえば豪敏に関しては体操が汚い!(厳しい表情で)…で、今度の新しいルールは、
まだ正式には発表されていないけれど、ま、FIGのホームページなんかで見ると、減点の
領域が非常に大きい。今まで、一分のところがもう三分くらい減点、もう倍以上の
減点になるっ、ていうこと考えると、美しい体操を心がける、そういう練習は、通ればいい
ではなく、いかに美しく通すか?減点のない通し方をするか!
それが一番の、豪敏に関してはの課題ですね。」

   一輝 つり輪演技 下水平から十字懸垂

「一方、一輝に関しては、けっこう美しさもそこそこ、平行棒あたりではありますけどね~。
種目によっては非常に光るモノもあるんです。ただ力が弱い!上半身のパワーを付ければ
今度のルールに対応できるかなっ?っと言うふうに思います。」(何度も頷き厳しい表情)

   Q.全日本選手権への抱負を  一輝 顔アップ

「ま、全日本では2日間、団体と個人の決勝があるんですけど、ま、2日とも安定した
演技で、ま、ミスは最小限に抑えて、大過失を出さないようにして、10位以内に
入れるようにガンバリます。」(やっと笑顔)

                       豪敏 顔アップ

「ボクも…そうっすね、あんまりミスをしないのがけっこう‘売り’なんで(笑顔)ミスをせず
まあ、ただ、堅くって意味じゃあなくて、その観客が湧くような、大きな、自信を持った
演技で、上位を目指したいと思います。」

_______________________________________

具志堅監督も課題を明確にして、厳しい表情でね、ちょっと話してましたけれども
それだけ高い目標を設定しているわけですし、早く兄の寿思選手のライバルになれるように
なってもらいたいなあと思いますね。

そうですね、三年後の北京で三兄弟で全員で出て欲しい!っていう願いがありますね。

私は頭の中では想像しています。

ハイ!私の中でも想像しています、頑張ってください!水鳥兄弟の活躍、期待しましょう。

-------------------------------♪

正味4分弱のニュースでした。

具志堅監督の言葉、厳しかったですね。まだ正式に発表されていないという新ルール。
美しく見せなければ、今まで以上に減点が大きくなってしまうようです。
大ワザもこなし、美しさも今以上に追求しなければ高得点は望めないのでしょうか?
選手のみなさんの試練がまた始まってしまいますが、がんばって行って欲しいです。

それにしても、文字起こしてみると三兄弟、喋り方まで似てましたよー。
話の長さは 寿思一輝豪敏 といったとこでしょうか(^^;

一輝くん、インカレで弟の下に甘んじたことが余程悔しかったと見受けました。
得意種目を全面に押し出して上位を狙ってやる!といった強い意志が感じられましたね。
豪敏くんも、お兄ちゃん譲りの‘ミスをしない’堅実な演技に自信を持っているようです。

全日本は徳洲会も日体大もⅡ班でしたね、ご両親は観戦が大変そう。
お母さま、ビデオ撮りはどなたかお知り合いの方に頼まれたほうが…などと
余計な心配をしてしまいますが、お二人とも嬉しい悲鳴でしょうね。

東宝劇場@宙組公演

オペラ「イル・トロヴァトーレ」より『炎にくちづけを』ショーは『ネオ・ヴォヤージュ
昼11:00公演を観劇。

15世紀のスペインを舞台に、ジプシー民族に対する人種差別、宗教を絡めて
20年前の幼子の取り間違い&仇討ち、主要三人物の三角関係などなど、色々な要素を
盛り込み過ぎたか、消化不良のまま1時間40分で無理矢理終わらせてしまった作品。

印象に残ったのは和央マンリーコの理解不能な自分勝手な行動だけっていうのも悲しー。

全体的に重いメッセージが多い中、この舞台で「さよなら」になるガイチ(初風)の歌が
伯爵の品が漂っていて耳に心地よい…でも、この歌い方はどこかの組の役でも聴いたぞ?
と友人に尋ねると「雪の“スサノオ”と一緒よ」とバッサリ!

木村先生演出お得意の、セリフ3割歌7割で進められていて、それがまたけっこう綺麗な
メロディーなので(甲斐先生、お見事)途中、ダレて飽きるといった場面はなかったんだけど
男役はともかく娘役の出番が花總以外は『その他多勢』扱いで本当に気の毒。
唯一、ジプシーの女達が銀橋で聴かせてくれるコーラスぐらい。

主役二人、出番ごとに衣装をとっかえひっかえはいつもの事なので何も驚かないが
他のメンバーはお芝居の最初から最後まで同じ衣装ってのもどうかと思うが。

ストーリーに入り込む以前、宙組を観る時は主役以外の扱われ方がどうなのか
気になってしまってハラハラする事が多いかも。
アリスちゃん(花影)でさえも結局、お芝居ではどこにいたのか探せなかったよ。
ショーはともかく、芝居における宙の娘役の受難はいったいいつまで続くんでしょうね。

ショーはひとつひとつの場面が長いのでメインで出ているスターさん、汗びしょり!
特にタニちゃん(大和)出ずっぱりで、もうほんとーにお疲れさまとしか言いようがない。
タカコ(和央)の息を整える時間がきっと必要なのね(爆)

「ハロウィン」も誰か他の若手を使えばいいと思うんだけど、みんなタッパがあるから
可愛さを出すのはキツイのかー(それも問題ありだけど)

「海の上のピアニスト」、ショパンコンクールに合わせてか?ショパンの有名な曲の
フレーズ、たっくさん使ったアレンジはいいとしても、大道具さんに文句言いたい!
ピアノの鍵盤…白鍵に対して黒鍵があんなに短かったら、どんなに大きな手の人でも
弾けないし大きな音出せないわー。ついついツッコミたくなる気になる間違い。

さよなら公演になるガイっちゃんの場面、もっとあってもよかったのにと思った…
フィナーレのエトワールの歌、心に響きました。ずっと居て欲しかった名脇役がまた一人
樹里ちゃんに続いていなくなってしまうのは寂しいです。

宙は真ん中が高いたかい、もうヅカ一タッパのある組として定着してるけど
路線の初嶺まよちゃんがハジキ出され、パレードの並びも後輩に追い抜かれてしまい
同郷なのでやっぱり注目しているジェンヌさんの、それでも健気な姿にちょっと涙・・。

「トスカ」のボレロで踊るタカコ花總、年季が長い分やっぱりしっくりしててキレイだなと思う。

でも次回の宙組公演は、書き下ろしミュージカル「NEVER SAY GOODBYE」だそうで
ヅカファンみんな呆れてるって・・・
「この後に及んで“さよならは言わない”ってまだ居座るつもりー?」
うう~ん、おそるべし史上最長?&最強、不滅のラブラブタックコンビ!(^^;

スポーツの秋

男子バレー第12回Vリーグが明日から開幕…。

女子はいつの間にか(^^; 2週間前に開幕していて、注目のパイオニア
開幕2連敗~。でも先週のホームゲーム、山形で連勝してイーブン仕切りなおし。

吉原トモさん、8月に膝の手術をしたため開幕出場は間に合わなかったってー。
(んもう~すっごい闘志!気合でケガ治して再びコートで吠えるトモさんを待ってます!)
フランシーが遅れて合流して、やっとセンター線が機能しだしたのかな?
今年もやっぱり彼女頼みなのね・・・・。

栗原メグも万全ではないし、佐々木レオは調整不足らしい。
ゴタゴタ、長かったからね…二人ともチームになくてはならない力だから
これから盛り上げてがんばっていってもらいたい。

そう、その明日から男子が開幕っつーことで、男バレブロガーのみなさんがblog内で
それぞれ抱負を語ってくれてるー。東レのコバ敦キャプ…いや、もうキャプじゃないので

コバさん
『神がかりな勝利もあるが何度も神は助けてくれない。自分達の能力で勝ち進んで行く。』
豊田合成北川選手
『明日が早く来ないかな~。応援よろしくお願いします。』
同じく、合成諸隈選手
『皆さんの応援が選手に力を与えてくれるのです。』

現役スポーツ選手の試合直前の声。バリボファンは本当に嬉しいだろうね。
北川くんなんてチームメイトとご飯食べてるプライベートな写真とか、惜しげもなく
載せてくれて、合成ファンにはホントにもうたまらないブログになっていますよ(羨)

ナショナルメンバーに選ばれている体操選手のどなたか、いかがでしょうかね~?
中野大ちゃんあたりが開設してくれそうな気がするんだけど無理かなぁ。
んん~でも彼の場合、カンペキにオフの日に体操とは全く関係ない事しかブログらない
ような気もしますが(^^;

米田先生、来週15日の全日本NHK総合生放送、ゲスト出演決定したそうですね。
10日、尼崎でのイベントへ出席して、そのまま大阪に滞在して全日本は3日間共
クラブの応援も兼ねていらっしゃるのでしょうか…?来てくれると嬉しいけど
米田ファンはメインフロア以外の場所が気になってしまいますわー(^^)

プロ野球はパがプレーオフ、それが終われば日本シリーズ。
駅伝&マラソンシーズンにも突入し、色々なスポーツを楽しめる週末が続きます。

思い出の合唱曲

各中学校の合唱祭が来週、再来週にせまってきた。

伴奏を頼まれた生徒は、普段のレッスン曲は後回し(…というかほとんどやってこない)
クラス全員の晴れの舞台、バイプレーヤーとして日々練習に励んでいる。

MIDIおもちゃ箱」←ここのサイトに飛んでもらって“思い出の合唱曲へ”の
ピンク色のMIDIをクリックすると、中学や高校で歌った合唱曲が色々紹介されていて
聴きたい曲をクリックすると歌詞を読みながら音を聴くことができます。

今回、生徒が弾く伴奏でオススメは中2の男子が任せられた「君とみた海」という曲。
メロディアスで高音域たっぷりなソプラノが気持ちよく響いてくれています。
作詞作曲者が同じなので、詩とメロディーが一貫している数少ない秀作。

こちらのHPのMIDIの音は「MidRadioPlayer」で聴くよう推奨されています。
ピアノ伴奏は美しく迫力あってとっても綺麗。ぜひ生演奏も聴いてもらいたい合唱曲ですね。

空駆ける天馬」や「野生の馬」なども伴奏がカッコイイので歌われる回数の多い曲。
翔る川よ」や「IN TERRA PAX」なども印象に残る素敵な曲。

TVで何度も取り上げられた「旅立ちの日に」や、谷川俊太郎さんの詩がついた
未来」なども卒業生が歌う曲として有名ですね。

あと、シューマンの「流浪の民」やスメタナの「モルダウ」混声3部などは
合唱祭定番ですが、今ではあまり歌われないのかな~?

なんだか中学校の音楽の先生のボヤキみたくなってしまいました…。

---------------♪

SPORTS Yeah!」に男バレの加藤選手のことが載っていたのでチョット立ち読み(^^;

JTの一員として土曜日に開幕するリーグ戦の抱負を語っていた。
最終的な目標は日本代表に再び選ばれて国際試合で活躍すること。
パルシン監督に上手く使ってもらい尚且つJTも常に優勝争いに加わって欲しいです。

スポーツカレンダーのところに記念切手サイズの冨田先生のY字バランスの写真。
ポディウムのゆかだったので去年のNHK杯の時かな?チト若く見えたよ。

阪神優勝記念特別号が数種類並んでいました。MVPは誰になるのかな~?
対象選手がいっぱいいて一人に絞れない…ファンは嬉しい悲鳴だろうね。

予定は未定…

虫歯チェックと歯垢除去をしてもらいに歯医者へ行って来た。

本当は半年に1回の間隔で行くのがベストらしいんだけど、ついつい忘れて後回し。
一年ぶりの定期検診。

いつもは助手の女性に任される“お掃除”も今日は先生が行ってくれて隅々まで爽快。
何年ぶりかに発見されたよ、虫歯になりかけのところが一ヶ所あるらしい。

見た目はわかんないけど、早期治療にこしたことないのであと2回くらい通う予定。
ホント痛くなってからでは遅いし、治療費も余分にかかるし…。

人間ドッグとか会社の定期健康診断とかは毎年通知が来て、イヤでも一年に1回
受けなくてはならないけど、歯医者だけは自分で予約を取って出向わなければならず
痛くならない限りはうっかり忘れてしまいがち。

来年の予定表に歯医者チェックを記入しておけばいいんだ米。←変換された!
…ってそうだ!来年のスケジュール帳のレフィルを購入しなければっ。

予定と言えば来年の体操競技
以前、全社以外の主要大会は代々木で行われると協会HPで発表されていたんだけど
9月末に再び報告されている「事業計画第一報」を見ると
春の二次選考会は日にちも決まらず、7月のNHK杯も場所は未定になっている。
11月の全日本は代々木(予定)になっているけど…。

アスベスト撤去の関係で体操競技に限らず、代々木体育館を使う予定だった
色々なスポーツのイベントは振替会場を探している状態なんだろうね。

来週の全日本&翌週の国体体操競技が終われば、国内での大きな競技会
しばらくの間、観戦はおあずけってこと?…なんだかチョットつまんない。

-------------♪

報ステの東女体大新体操部発表会、本番直前までの&終了後の笑顔が素敵。
今日は午後からシトシト雨降り…肌寒かった。
着て行くモノ、天気予報を見て考える毎日デス。

初参加!

オークションで品物を落札?した。

…と言っても自分が欲しいモノではなく、頼まれて仕方なく登録してシブシブ参加。
んもう~、すっごいくだらないヤツ。手品にハマっている体育会系甥っ子が

前田さんのアンビシャスカードが欲しい!オークションに出ているから買え!

と脅迫してきた(^^;

普通に購入するよりも半額以下で買えるらしく、何だかよくわかんないけど
金額もたいしたことないし、出品者の評価も大丈夫そうなので思い切って入札。

入札と同時に落札…??希望価格そのままで自分含めて4~5人が購入決定。
こんなのってあるんだ~( ゚д゚) ポカーン 初めてのことなのでよくわからない。

早速、出品者から連絡メールがきて住所・氏名・TEL番号まで知らされている。
他にも色々出品されているようで手馴れたカンジ。

今日、ぱるる口座振替で送金すると「品物、送りました」のメールが攻で届く。
手早い~迅速~感動~。

『さあっ!』と言ったら『 さあ!』の、待つことが大嫌いな甥っ子は
「神奈川の人だったらすぐ届くね~明日かな~」などとご満悦
住所チェックに抜かりない。

マジシャンの前田知洋さん…先日もTVのバラエティ番組で、鮮やかなテクニックを
見せてくれたりしてカリスママジシャンとしてアチコチで引っ張りダコみたいだね。

指先がすっごくキレイで、このあいだは透明のマニキュアまで塗ってたけどアレはNG。
あんな事しなくても、そのままで十分綺麗なのに…。
人を引き付ける会話も達者で、手品好き甥っ子には「憧れの人」らしい。

それにしても、こういうオークションに出品する為に品物を仕入れて出品して…などと
これで生計立てている人とかもけっこういるのかな?

こんなこと片手間にやっていたら普通に昼間、仕事なんかできないわなー。
世の中、色々なお小遣い稼ぎの仕方があるもんですね・・・。

日本vs中国

男子バレーアジア選手権決勝…夜10時からのスポーツ・アイ録画放送を観戦。

一昨日準決勝のインド戦も見たんだけど、派手な選手がいないせいか
チームとしてすごくまとまっているな~と思った。
名前の通ったタレント、いっぱい揃えてもダメなんだよね…
サントリーのメンバー中心で最年長の荻野キャプ、ステキに輝いていましたよ。

斎藤杉山荻野朝長越川山村 リベロは津曲 不動のメンバー。

1セット目、センター陣のブロック強いつよい!山村選手、ちゃんと仕事してるよ。
越川くん、21歳になって益々織田裕二くりそつ!威力あるジャンサが素晴らしい。

マルコス、何やらしても上手いよね~ホレボレ(^^)帰化してくれてありがとう。
荻野さん、フシギな前髪…ツイタテ?パタンと倒したい(笑)35歳、本当にお疲れ~!

朝長選手、地味~だけどコンビ上手く使ってくれて影のヒーロー。トス柔らかーい。
ノブコフ、うう~ん…センター攻撃より今日はブロック頑張ってた。

津曲さん、全日本のポジ長いわ~。私の頭の中ではリベロ=津曲が方程式。

中国の17番、陸上の朝原選手にそっくりだよ、老け顔なのに17歳だってー(驚)
女子は憎ったらしい程強いのに男子はイマイチ精彩ないのね中国。
カカア天下の国?観覧席の偉い御方の服装、ここでもクールビズ。

2年前のWC…もういいかげんにしてくれ!状態のサーブミス日常茶飯事。
コンビの連係最悪。肝心なところで自滅する。あげくにセッター宇佐美がブチ切れる・・・。

女子の盛り上がりとは遠くかけ離れた悲惨な内容がすごく印象に残っているんだけど
このアジア選手権の全日本はチョット大人しい雰囲気もあるけどミスが少ない。
観ていて安心できる堅実なバレーといった印象。

夏から2ヶ月かけてじっくりチームを作ってきたって…今回の大会もノーシードで
あまり注目されない中で臨めて、満を期して一戦ごとに強くなってきたんだろうな~。

中国は詰めの甘さが目立ってミス連発、流れを掴むことなくズルズル自滅。
マッチポイントは越川くんのレフトクロスが見事に決まった。
すごいよ日本!3-0ストレート勝ち!植田監督男泣き胴上げ、おめでとう!
感激屋さんのマルコスも泣いてるー、攻めの勝利だったよ本当におめでとう

アジアの頂点かー、なんか嬉しい響きだね。11月からのグラチャンも楽しみ。
ヨーロッパや南米相手だと、こうはうまく事が運ばないかもしれないけど
全日本男子、さらに進化し続ける植田バレーを期待したいね。

10月最初の日曜日

今日の暑さはいったい何?

10月だっていうのに真夏日!さすがにクーラーは付けなかったが。
数日前から鼻ッ風邪をひき、時々クシャミも・・・朝晩の気温差が激しいせいかー?

こんなで明日は気温がガクンと下がるっていうからさ~ホント、暑いのか寒いのか
いいかげんどちらかにしてもらいたいわ、まったく。

…なんだかな~。ボケ~っとしながらさっき見つけたサイト、HN占い。
自分、占いはあんまり興味なく、読んでも片っ端から忘れていくタチだもんで
深刻なヤツは見ない。
でも、これはチョット面白かったよハンドルネーム占い←よろしかったらどうぞ。
「役に立たない改名案」・・・・くだらないけど笑えます(^^)

10月の体操カレンダーは新体操の村田選手

去年、各地方で行われた演技会は、たった一人で4種目の演技を行うため
種目をこなす毎に大急ぎでレオタードを取り替え、インターバルも不十分なまま演技。
それでも笑顔を絶やさずに、新体操をめったに見る機会のない観客へ向けて
精一杯アピールしていましたね~ステキでした。

今月にはイオンカップが開かれるんですね。録画だけどTV放送もあるようなので
久しぶりにチェックしといて見てみます。(忘れないようにしなければ)
国体の新体操も放送があるらしいです。(なんで体操はないの?)

体操の全日本はNHKで放送されますね…去年は天皇陛下の観覧試合でした。

58回も続いている体操競技「天皇杯」、陛下が観戦するのは初めてだったそうで
アテネの「栄光への架け橋だーっ」によっぽど感動されたんでしょうね~。
それにしても当日の警備の物々しさには閉口しましたが。

話は突然変わって…母親が10日間の中国観光旅行から帰宅。

「上海はいいわよ~。東京なんて比べモンにならないわよ~。観光地はどこもスゴくて
 本当にスケールが違うわよ~。河川の水の色がね~見た事ない色でキレイよ~。」

延々と色々聞かされました~(^^;はいはいお疲れさま。

福島県の秘湯を訪ねて

全社観戦後、車で迎えに来てくれた旅行友達と一緒に福島県の奥土湯温泉に一泊。

東北自動車道を宇都宮ICから福島西ICまで、食事休憩を挟んで二時間弱。
途中のインターチェンジ、日光塩原温泉那須高原へ向う車が、連休中日と
いう事もあり、降りる列が延々と3キロ近く続いていた・・・。

「ひぇ~、これってインター出るだけで小一時間かかるんじゃない?」

今の時期でこんなだから紅葉シーズンは(^^;;…きっと末恐ろしいくらいの混み具合だと。
那須ICを過ぎるとガクンと車の数が減り、高速を降りてから目的地までは20分位。

まず、玄関口の土湯温泉を散策。
ここは「こけし」が名産らしく、温泉街中央の橋の欄干には大きなこけしが飾られていた。
深い渓谷が流れている小さな温泉街は所々に流行りの足湯があり、観光客が一休み。

そこから車で5分程走ったところにある奥土湯温泉。泊まった宿は「川上温泉
日本秘湯の会に入っている旅館で、スタンプ集めを目的に(10箇所行くと1箇所無料)
山奥の静かな場所でゆっくりと骨休み。

洞窟風呂がユニーク。半露天になっていて洞窟の奥が広く、ひんやりした空気の漂う
源泉掛け流し風呂。溢れるくらい贅沢に、温泉が湯口から威勢よく放出されていた。
なんてったって『お湯が出過ぎて困る宿』っていうくらいだから。

お湯のが半端でなく良い!旅館自体は古いけど、隅々まで掃除が行き届いていて
廊下や踊り場には季節のお花も飾られ、お部屋は古い民家の客寄せ間を思い出させ
納戸扉が落ち着いた佇まいで子供の頃住んでいた家に帰ってきたよう

明るく洒落たデザイナーズ旅館もいいけど、たまには昔懐かしい風情のある旅館に
泊まるのも悪くないな、と思う。

お料理も山菜をメインに素材の良さを大切に考えて作られたものばかり。
手の込んだモノより、こういう素朴な味が胃にやさしいといったところか。

夕方と朝で温泉の湯の花の量が違うといった何種類かの湯船にさんざん入って大満足。

次の日はあだたら高原のロープーウェイに乗ってほんのちょっとの間、空の散策
戻ってきて高原ホテル裏に1キロ弱の遊歩道があるというので歩き始めたらんでもない!

遊歩道とは名ばかりで~ほとんど登山状態(爆汗!)必要最小限の木材で作られた橋を
いくつも渡りながら人間の手つかずの自然の滝&渓谷を流れる清水を堪能。
久々にマイナスイオンをたっぷりと浴びる。

汗をかいたので高原ホテルの日帰り温泉施設を利用(奥岳温泉)
山の温泉特有の、色が少し濁っていて硫黄の匂いが少しするお湯。
芯からあたたまって疲れも吹っ飛ぶ。入浴後はお腹も空いたので手打ち蕎麦を。

高村光太郎の詩集、「智恵子抄」の中の有名な詩の冒頭
あれが阿多多羅山。あの光るのが阿武隈川…
二本松市にも寄って智恵子の生家も見学し、どっぷり詩の世界に浸ってきた。

智恵子さん…最期は悲しい運命だったけど、あの千代紙を使った切り絵作品の、
言葉に表せない、なんともいえない温かい色使いが何かを訴えかけているようで
見ていて本当に切なくなった。

帰りは連休最終日とあって埼玉県の入口首都高速を抜けるのに時間がかかったが
なんとか日付をまたぐことなく余裕を持って帰宅でき、自分としては充実した3日間。

友人の手慣れた運転にも感謝!秘湯めぐりの「スタンプカード」持ってくの忘れた!
(もう~忘れ物だらけ…ファンデーション&この為にせっかく借りたデジカメ&etc…)
旅館の女将さん、この女将の肌が「ヤ!」で驚かされたよ、ホント。
温泉効果アピール、絶大なる広告塔
あ、そのスタンプカードは郵送すれば押して送ってくれると女将から聞き一安心。

これからの秋~冬は紅葉シーズンも重なってどこの観光地も人がいっぱいだろうね。
行きたいところはたくさんあるけど、取り合えず観戦&観劇がメインなスケジュール帳

でも、ついでの機会にまた行くかもしれないな~多分。