Fairy Tail

体操いろいろ

21日のエントリー「オリンピックコンサート@第一部」のコメント欄で
シドニー&アトランタ五輪時日本体操陣の話題が繰り広げられました。
自分のカン違いミスから始まったレスが、ブログ内の最高記録20個も付いた中で
色々と教えていただき、感謝しております。
貴重な意見を書き込んでくださった asou さん、紅羽さん、チキンさん
本当にありがとうございました。

現役選手のチキンさんが仰っているように、ひとつのワザをこなせても、それを構成の中で
上手く移行させて繋げていかなければならないということで、使われなくなっているワザも
あるということがわかりました。
中野選手が挑戦しているという、連続はなれワザ2連発!も今から楽しみですね♪

明日から7月ということで、そろそろ鯖江モードにはいらなければっ!と思い
鯖江市のHPを検索、NHK杯出場選手の参加選手名簿 pdf を開くと…。

良宏さんの写真を見て「あぁ、代々木の2日目帰りがけに皆まとめて撮ったのねー。」
と、わかってしまうところがスゴイ(笑)あれは「18」TEEですね。
米田も競技後はジャージを着ることはめったになく、TEE一枚で外に出て行くし。
(他の選手はちゃんと着てる)これから暑くなるからマスマス薄着か~??

ポスターも体操協会で紹介されているものより大きく載ってますね。
セピア色のポスター?チラシかな…そちらは米田の鉄棒。
置いてあったら記念にもらって帰りたいわ。

チラシがそこら辺りに置いてあるって感覚、ヅカファンには当たり前の光景ですが
こういう催し物はどうなのか?定かではアリマセン…。

そうそう、今日「SPORTS Yeah!」を早速買っちゃいましたよ。
…感想は明日に回すことにして半分以上を占めてたサッカー記事、読んできます。

この雑誌は競技会があるごとに体操選手を取り上げてくれそうですね。
前回は冨田だったから…順番だと9月の社大までないか?
いや、ユニバがあるからその時は鹿島かな~。
いやいや、まずNHK杯の代表選手&レポを特集してくれることを期待してしまおう。

おかえりなさい

昼間、Yahoo! トピックスでセリエAなどで活躍していたバレーボールの加藤陽一選手
Vリーグに復帰とのニュース!おお~~、彼のプレーがまた日本で観られるのねー^^

自分が切り開いた欧州へ移籍した道に続く選手がいない 」・・・加藤にしてみれば
自分に対しても、日本バレーの未来に対しても志半ばでイタリアから帰ってくるのか…。
でも今の彼の目標は、自分自身を向上させる為に北京を目指したいと言ってる。
国内復帰の道を選んだ加藤の今後に注目してみよう。

昨夜CSで録画放映されてたWGモントルー大会、中国vsイタリアを
中国2セット連取の後からチラチラ見ていたが…。

イタリアのオルトラーニ(18歳)すごい選手が出てきたよー。解説の杉山さんも呆れてたけど
相手が中国だろうが、大先輩ばかりのコート内だろうが、全くオカマイナシで
二段トスやらオープンやら、ストレートやクロスを思いっきりズバズバ決めちゃう!

うぅぅ~~ん…怖いモノ知らずというかボールを打つ音もスゴイし、スケールが違うよなー。
今、どのスポーツも10代選手の躍進が素晴らしい
バレーボールの世界も同じことが言えるのかもしれない。
中国やブラジルもそうだけど、どのチームも若い選手を試しながら使って育ててる。

日本は…?といえば、TV局の視聴率確保に踊らされ、訳わからんアイドルグループが
毎度うっとーしく出演し、今回は若手の故障&辞退もあって柳本監督も苦肉の布陣。

結果的に白熱した試合も展開され新ヒロイン?も誕生し、興行的には成功か。
それはそれで今はイイかもしれないけど、北京五輪の事を考えたらお先真っ暗…。

でも今の全女、シンエビ菅山がいればレシーブそりゃー強い!そうそう、生徒(小1)が
バレーボールの選手に青木さやかに似てる人がいるー」って言ってた。
エビちゃん(櫻井)のことかー(笑)バリボ雑誌の中で髪の毛下ろして笑顔の写真を
見せてあげたら「…えー?この人?違う~」だって。
コートの中ではキビシイ顔になっちゃうから似てしまうのは仕方ないかなー。

今週末は韓国ラウンド。ディフェンス中心にまとまりつつあるこのチーム・・・
しばらく様子を見てみよう。

----------------♪

今朝、まとまった雨が降ったのにお昼過ぎには道路がカラッカラに乾いてしまった。
満開の紫陽花もドライフラワーになってしまいそうだよ…。

素敵なライバル

昨日の水鳥スレに書くつもりで忘れてしまった情報。

7月10日から大相撲名古屋場所が始まるにあたり、先日の夏場所で幕下優勝した
潮丸関(27歳:静岡市出身)が、再び十両に返り咲くという記事を読んで思い出しました。

同じ市内出身同士の水鳥潮丸は今年2月、静岡市の浅間神社で行われた
節分の豆まき大会で出会い、意気投合。何度か飲みに出掛けたそうです。
金メダルを手に取って見せてもらい、大けがを乗り越え世界一の夢をかなえた後輩の活躍に
大きな刺激を受けた潮丸は「自分も、もう一回頑張らないと」と復活を心に誓ったそう。

発奮&努力が実り、夏場所は7勝0敗で幕下優勝
潮丸も三度の大きな怪我を乗り越えた経験があるそうなので、水鳥との出会いは
負けられない!」という気持ちにいっそう拍車がかかったことでしょうね。

静岡県出身の力士が関取(十両以上)になるというのは、めったにない事なので
イヤでも期待がかかってしまいます。前回は重圧に負けて、すぐ滑落してしまったので
今回は勝ち越しを目標に、さらにその上の幕内を目指して頑張っていただきたい!
と、県内相撲ファンは期待しております~。

競技は違っても同じスポーツマン同士、「あいつがこれだけがんばってるなら自分も…」と
切磋琢磨できる友人ができたことは、水鳥にとっても心強い支えになっているでしょうね。

ウィンブルドンもベスト8あたりまできたし、コンフェデ杯の決勝戦や女子バレーWGの中継
(CS放送)など観たいスポーツ目白押し!だけど、夜中のリアルタイム観戦はキツイわ…。

徳洲会のBBSにも情報アップされたようですね~。米田がメディアに出まくります。
NHK杯追い込みの最中、取材攻勢ホントおつかれさまデス…ですね。

水鳥寿思@ジャンク・スポーツ

オープニングのカットをチラッと見て「右端に座っている白くて丸い女性は誰??」
スポーツ選手しか出てないハズだよねー?…伊藤みどりちゃんと知った時は(@。@;

車売って御両親のアテネの旅費を捻出したと言っておきながら、売ったお金で
帰ってきたら、また買えばイイなどと、すっトボケた発言には大爆笑!

浜田「カンベンしてくださいよー」
金子「初歩的な足し算が…」
浜田「天然にも程がありますよー」
水鳥「あ、そっかー」

髪の毛も服装も爽やか~にコーディネートされて垢抜けてたねー。
一番良いポジションに座らせてもらって、いっぱい話しを振られて目立ってた。

ご両親がVTRで出演してたけど、寿思ママ~(^^; コテンパンに言いたい放題!
パパも容赦なくタタミ掛けてきて、そんな凹みまくりなエピソードも笑って流してしまえる程
イイキャラっぷりを発揮してました。

跳馬で怪我した瞬間の映像は何度見ても痛々しくって目を背けてしまう…。
メッチャ痛かったのに最初は膝をヤッタと思って膝を押さえていたっていうのも
わかるような気がするが、なんだか今思えば水鳥らしいというかなんというか・・。

三度の大怪我も実際は本当に大変な想いをしたのに、こうして笑って話せるのは
本人の頑張り以外の何ものでもない。アテネの栄光も後押ししてくれてるよね~。
あこがれの番組に2度も出演できたし、何度も呼んでもらえるよう
体操界のトップ選手の一人として常に注目される立場に居続けて欲しいですね。

伊藤みどりちゃんも今年35歳になるのね…。もうアイスショーとかで滑っていないのかな?
いや~(^^; それにして久々にお目にかかってビックリしましたー。

-------------------♪
最近お気に入りのCM
リクルートの居酒屋クーポン:hotpepper の「まだ伴奏」編←見たことナイ人見てきて~。
冬ソナバージョンもあるけど、この歌い出しの外し方がサイコー(^^
過去のCMは「食べました」編が好き。

…なんなのー、この蒸し暑さ!寝苦しい夜が続きそうデス。
NHK杯まであと10日あまり…選手達もラストの仕上げ段階に入っているんでしょうね。

日本vsブラジル

んん~~~(-_-#) あともうチョットだったのにぃぃ、残念!

ブラジル相手に2セット連取、このまま勢いに乗って3セット目も行けーーっ!と思ったら
テレビ放送カットでいきなり4セット目…。なんで取られたかわかんないのが腹立つー!
どうやら向こうが攻撃の仕方を変えてきたようだ。
…っていうか、前半はブラジルミス多過ぎ~。やっと落ち着いてきたのかもしんない。

4セット目あたりは、サーブで弱いところ(スギ)突いてきたり、前衛狙って攻撃の幅を
狭くさせたり、さすがデータバレーで痛いとこ攻めてきたねー。
ジャケリネの「キャーーーッ」っていう声がイライラを増長させてくれたよ、まったく…。
後半はストレート打たれて決められちゃってたしー。

今回のスティックバルーンは金色仕様なんだね。
会場中ギンギンギラギラで、日本相手に戦うチームは超やり難いはずなのに、
決してベストメンバーではなかったブラジルの底力を見せてもらった。
今回はエリカマリもいないのに若手が頑張ってて層が厚いなぁと思った。

日本は昨日まで面白いように決まってたブロックが最後は通用しなかったね。
マホユウのデキも疲れからか、もうひとつだったし。

でもエビちゃん菅山さんがバックで拾いまくって、つなげてつなげてポイントっていう
シーンや、無理なボールを追いかけて突っ込む姿には見ていて本当に涙が出てくる。
女子バレーが人気なのは、コートの中で見せてくれる「あきらめない気持ち」なんだろうね。

あの姿を見て自分に置き換えて
あんなに必死に何かに夢中になれた事ってあっただろうか?」と気づかせてくれる。
そんなファンが一試合ごとに増えていった結果が代々木体育館超満員!
(TV局の執拗なまでの宣伝のおかげ&ジャニーズ絡みのファンが何パーセントかいるが)

解説者の河合さ~ん、女子は中田久美に任せてアナタは男子チームをどうにかしてよ。
これだけ盛り上がっている女子バレーを横目に世界に置いてけぼりをくらっていて
ズルズルと、人気も実力もジリ貧状態な日本男子代表チームを見る度に
男バレファンは悲しい想いをしております(T-T)

------------------------♪

ここ一週間、何かを忘れている~??と思っていて今日気がついたこと。
「赤い疑惑」カンペキ2話目を見るの忘れた!そして水鳥ジャンクの録画、まだ見てないよー。
明日はジャンクを見て感想を書いてしまおう(遅スギ)

日本vs韓国

今日はリアルタイムでTV観戦!

選手紹介のキャッチフレーズ…これ、本人了承したの??って思ったのが
宝来の「ジャパニーズ・ハイタワー」それって電信柱?ただのデクノボウみたいじゃん。
ちょっと可哀相…。本人も深夜の特番の中で笑ってたけど明らかにイヤそうだったしー。
まだ前回の「ワイルドカード」の方がカッコ良かったよ。でも、もうレギュラーだからな。

荒木の「鉄腕エリカ」って・・。おいお~い、仮にも(仮じゃなくても)女の子なんだからさー。
それも顔はアレでもまだ20歳だよー。ま、実際に腕っぷしが強いからその通りなんだが
もう少し考えてやってよ~フジTV…アニメの主人公のイメージなど全くないしー。


アテネのリベンジをされた韓国、チェ・ガンヒの調子がイマイチだったし
18歳の若手を使ってきたりとかしてアテネほどモチベーション高くなさそ~。

日本はブロックがこの2戦は良かった。マホ(宝来)なんて自信満々で跳んでたし。
一昨年のWCは「コートに8秒しかいない?」とかって言われて、
表情もオドオドしたワンポイントブロッカーで終わってたが、今は堂々スタメンレギュラー。
テンの頭の上まで腕を伸ばしてポイント取ったパフォーマンスは見事。
レシーブもちゃんと上げてるし、一番成長した選手じゃないかな?
応援席で観ていたトモさん、どんな気持ちだっただろう…。

菅山さん、大活躍だったねー。この人、目の前で見たことあるけど異常な色の白さ!
髪の毛切ってすこし痩せたせいか、美人度が益々アップしてたわー。
れおFANとしてはレフトがバリバリ活躍してくれると非常に複雑な気持ちになるけど…
今日はキレもあったし、レシーブもネット際のプレーも光ってた。
かおる姫」っつーのもね(苦笑)ダサダサじゃん。
(メグの)プリンセスが使えないから日本語って安直過ぎ。

今回のチームはJT&NECの連合軍テンは元々NECにいたし、三人とは全日本でも長いし
息ピッタリだった~エビ(櫻井)だけデンソーだけど。そのエビちゃん
レシーブが堅実~っていうか、ミスもほとんどないし、上げてくれるボールが柔らか~い。
よって、テンのトスも自由自在に繰り出されてる。全日本返り咲きおめっ!お帰りなさーい。

データが無い選手(吉澤、菅山)を使ってきて2連勝、調子も上がってきたところで
今度は高さもパワーもあるブラジル。
もし勝てたら本物!善戦できたらこれからの期待、大いに有り。
でも先日は中国相手に全く歯が立たなかったからな~。あんなゲームはゴメンだわ。

---------------------------♪

今年は空梅雨…。一週間の天気予報も傘マークよりお日様マークの方が多い。
あちこちで水不足、ダムも干上がっているよ。
そうそう、今日は塚原直也選手のお誕生日ですね~28歳、おめでとう\(^-^)/

色々ひとまとめ Vol.4

バレーボール
サッカーが一段落したと思ったらバリボの「ワールドグランプリ」が始まった。
初戦はポーランド。仕事から帰ってきてTVを付けたら日本が2セット連取して尚且つ
3セット目も僅差で競ってるー(@@;

お客さん、いっぱい入ってるじゃんー!新生柳本ジャパン、調子いいの?期待していいの?
録画をざっと見ながら…
ユウ(大友)のバックアタックも威力増してるーー!リベロの櫻井さん、ナイスカバー!
サーブレシーブがしっかりテン(竹下)に返っているのでコンビが面白いように決まってるー!
へぇぇ~~、シン(高橋)がブロードもやるのね(びっくりーっ)彼女はバレー界の冨田だね。

アテネのメンバーからトモさん(吉原)レオ(佐々木)リベロのイク(成田)が交替して
それぞれマホ(宝来)チエ(吉澤)エビ(櫻井)が入ってる。この間の中国戦と同じか。
トモさ~ん、そんなとこに座ってないで(解説者)コートの中に入ってきてー!

ポーランド…ヨーロッパチャンピオンというにはお粗末な内容なんですけど。
コンビが全然決まらないし、サーブレシーブがメタメタ。(3セット目は盛り返したけど)
強い大砲もいないせいか組みし易しなカンジ~。
なんでもグリンカは来日してないんだってー?ベストメンバーじゃないのかな。

・・・明日は韓国戦、アテネの借りを返して欲しいよ。

体操
先日の日曜日(19日)東京都の国体予選に徳洲会の新人(中瀬仲里鈴木)三選手が
出場して好成績をあげ、関東ブロック大会へ進出したそう。
〔たいさん、いつも情報ありがと~~〕 m(_ _)m

徳洲会の先輩、佐野さん小川ちゃんが応援に来ていたらしいね。
米田水鳥はいなかったもよう…6月初めは岡山行ってたし、完全休養日だったのかな。

その日は埼玉県の国体予選も行われていて、楠選手(順大4年)斎藤さん(順大職員)
星くん(順大2年)がワン・ツー・スリーで通過したみたいデス。
楠選手、斎藤さんはNHK杯も出場するし、体操選手は夏から秋にかけて忙しいですね~。

声楽
先日のブログにオペラ関連のことを書いたら、
すみれさんは声楽科を出ておられるのですか?」とメールを頂きました。

いえ、私はピアノ専攻でずっときているのですが学生時代、声楽専攻の友人達の伴奏を
頼まれて弾いているうちに色々な曲を覚えてしまい、もともとバレエとかお芝居とか
ミュージカルを観劇するのが好きなので、TVで放映するオペラ中継は必ず見ていましたね。
(プロのナマ舞台はチケットが高額なため~ ^^;)

ピアノ専攻者は副科で必ず声楽を習い(声出してイタリア語を歌うだけで精一杯でしたが)
声楽専攻は副科で必ずピアノを選択するよう決まっていました
(今もそうなのか、ちょっとわからないんですが…)
弦や管楽器専攻も副科は必ずピアノを習得していたと思います。

何百年経っても皆に愛され続けるクラッシック音楽の世界…
時代とともに色々な解釈が出てきているので、学ぶ姿勢、聴く姿勢は
常に持ち続けていきたいな~と思っています。

サッカー日本代表

Wユースコンフェデ杯も敗退してしまったね。

早朝の試合、後半を半分ウトウトしながら観戦…。
いったい初戦のメキシコ戦のテイタラクは何だったの?
ぜ~んぶ俊輔のせい?(ホント!最悪なコンディションだったしー)
ギリシャ戦も今日もマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたくらいだから
彼のデキでゲームが左右されるといってもおかしくないのかも。

でも、組織で点を取れそうな形ができつつあるし、シュートも枠内に入ってきたし
このコンフェデ杯で選手達が、W杯に向けてこれからどう戦っていこうかということが
わかっただけでも収穫だと思う。

能活くん、田中マコ、中田ヒデがいた五輪日本代表が
初めてブラジル代表を破ったアトランタ〈マイアミの奇跡〉…。

あの再現まであともう少しだったけど「たら、れば」を言ったらキリがないか~(ため息…)
向こうは主力温存せず真っ向勝負してきたのに
ボランチから後ろは普通ですわ、自分達の方が速かったですもん!
大黒の、セレソンたいしたことナイ発言はなんだか頼もしかった。

いいよね~こう言ってくれる選手。帰ってきたらまたガンバコンビでTV出るのかしら?
(リーグ敗退という結果だから、ん~さすがに無理かなぁ)
一人ツッコミ、一人ボケ、隣でナルみやもっさんが真面目なコメント。
毎度お馴染みのインタビューが最近楽しみになってきた。Jはガンバ応援しちゃうよー!

U-20代表、一勝もできなかったのが残念だけど北京五輪は、このチーム主体で
戦うことになるんだよね。平山の、さらなる進化を望みたい。

どちらの代表も気持ちで負けない、強い精神力を持ち続けて頑張っていって欲しいよ。

-----------------------------------------------------------

犯罪の若年化に愕き…。それも身内を「うっかり」とか「発作的に」とか
そんなんじゃなくて計画的で、容赦ない残虐さで・・・。
そもそも「爆弾を作る」という発想からしてもう精神的におかしいよね。
人の命の尊さを、いったい誰が教えてあげればいいんだろう。

JOCオリンピックコンサート@第二部

このコンサートのチケットを頂いた時、一番嬉しかったのが
大岩千穂さんソプラノ・リリコ・スピントが聴ける!」ということ。

五輪選手より何より、この人の歌をナマで聴くことができる、それも無料で(笑)
大好きなアリア、「ミミ」を歌ってくれるのも本当に嬉しくって
譲ってくれた方に感謝の気持ちでいっぱいでした。

オリンピック賛歌」はギリシャ神話に出てくる女神の様な真っ白いドレスを着て日本語で…
スクリーンに歌詞が映し出されて観客も歌の内容が把握でき、わかりやすかったかも。

レパートリーからはアルディーティのイタリア歌曲‘口づけ
柔軟性のあるテクニックで「いつ息継ぎしてるの?」って思えるくらい繊細な歌唱。
リリコ独特の高音の発声が印象に残りました。

ラ・ボエーム」より‘私の名はミミ’…ボエームといえばミミというくらい、超有名なアリア。
大岩さんの十八番らしく、もう、ほんっっと~~に可愛らしいミミに感動!!
彼女の周り、薄暗い部屋や差し込む月明かりまで見えたような…
(ロドリフォに身の上話を語るシーン)
ラストのレチタティーボも転がすというより、語りかける歌い方のお手本!
ちょこんと腰を折って「私の話、聞いてくれてありがとう」って…
ミミの素直な気持ちが痛い程伝わってきました。

ラ・トラヴィアータ」からテノールの井ノ上さんと二人で‘乾杯’…
う~ん、大岩さんのヴィオレッタも素敵だろうな~(観てみたいっ)
解説にも書いてあったけど、舞台の中央に立ち歌う為に生まれてきた美貌と声を持った人。
『天は二物を与えず』って言うけど、この人には当てはまらない。

トスカ」より‘星はきらめき’をテノールの井ノ上さんが歌ってくれました。
ミミ’も‘きらめき’も声楽を志している人は必ずと言っていい程、習得するアリア。
ドラマティックで感情をストレートにぶつけられるこの歌も‘歌に生き、恋に生き’と並んで
「トスカ」を代表する有名なアリア。井ノ上さんの表現力も素晴らしかったです。

・・・大岩さん、井ノ上さん、二期会トップソリストの世界にどっぷり浸かってしまいました。

そうそう、忘れてましたー。
大岩さんの「オリンピック賛歌」の独唱後、JOCスポーツ賞を受賞した選手のみなさん
マラソンの野口・レスリングの吉田・柔道の塚田・セーリングの・フィギュアの浅田
そして体操団体から塚原選手の6名が舞台上へ。

司会者二人と交わすインタビューも楽しく、アテネおたくのようなアンバサダー荻原が舌好調!
直也とのインタでは、
「今日は6人分、いっぱい喋ってもらいますよ~」
「体操の選手はみんなおとなしくって…」 などと間髪入れずに捲くし立てます。

「気を抜くと怪我をするので、演技する時も普段も常に落ち着いているようにしている…」

「メダルはどこにしまってありますか?」

「父のはリビングに飾ってあるが、自分が獲ったメダルはタンスの中にしまってありマス。」

「ジメジメしちゃうじゃないですかー!」

「獲ることが大事で、そういうのには執着しない…」

「ボクにください!」

「じゃあ…よろしければ…」←オイオイ

「金メダルの次は何を目指しますか?」

「団体で獲った金メダルなので、次は個人的に金メダルを獲りたいと思いまスー。」

覚えている範囲でこんな内容のインタビューでした。(細かい言い回しは適当でス ミマセ ン)
直也~、髪の毛切ってこようよ~(;-_-) ヘルメットみたいだたよ~。
(誰かー!ボランティアで彼のスタイリストに付いてあげてっ!)
セントラルコンビはお風呂上がりのようにサッパリしてたのにー!

ラストはメンデルスゾーンの交響曲「イタリア」第一楽章
半年後に始まるトリノ五輪(イタリア)の日本人活躍を期待するように
過去の冬の五輪名場面集がスクリーンに映し出されます。

トニー・ザイラー、札幌のメインポールに日の丸が3旗、ジャネット・リン
渡部絵美、ジャンプの八木、サラエボのアイスダンス、トービル&ディーン組
カタリナ・ビット、スピードの黒岩さん、荻原兄弟 伊藤みどり、長野の日の丸飛行隊
などなど、懐かしい選手の姿に観客がざわめきます…。

でも最近の大会の選手はイマイチわからないような年齢層が多数いた為か
ざわめきがだんだん小さくなっていくのがチョット面白かった(^^;

新幹線の時間が迫っていたので、曲終了と同時に会場を後にしてしまったのですが
一流のステキな音楽をたくさん聴くことができ、去年の感動や過去の懐かしい映像など
色々楽しめた2時間半、有意義な時間を過ごす事ができました。

毎年行われているようなので、来年も行ける機会があれば
是非また、足を運びたいな~と思いました。

JOCオリンピックコンサート@第一部

日曜のブログに貼ったリンク先のコンサートプログラムは内容変更もなく
頼近女史と荻原氏の楽しいトークで進行されました。

舞台には東京フィル、ホリゾントには大型スクリーンが設置され、周囲の白い音響反射板が
パルテノン宮殿を彷彿させるイメージで、ワクワクさせてくれる演出効果。

ビゼーのオペラ「カルメン」の序曲をバックに、アテネ金メダリスト達の勝利の瞬間が
スクリーンにダイジェストで映し出され、銀メダルのシンクロチーム山本先生を挟んで
野口みずき選手のマラソンゴールのテープカットで曲が終了。
曲の長さピッタリに編集された、数々の栄光のシーンを楽しめました。

そして、オリンピック開催地にちなんだ曲が映像と共に滞りなく演奏された後
司会の荻原次晴さん…双子のお兄さんと一緒に、スキー競技に入る前は
体操を習っていたそうで、彼が
アテネで一番感動したのは体操男子団体金メダルです」と紹介してくれました。

兄弟が小学校一年の頃、モントリオールで金メダルを獲った塚原光男選手
加藤澤男選手があこがれの対象だったと。
笠松選手は虫垂炎で出場できなかったなどとやたら詳しい)
頼近さんのアイドルは東京五輪の体操女子・チャフラフスカ選手だそうです。
(生きてきた年代がわかってしまう)

曲はチャイコの「アンダンテ・カンタービレ」〈第一番 第2楽章〉
演奏される回数がけっこう多くクラッシックファンにはお馴染みの、耳に心地よく
ゆったりと流れる曲です。選曲者のセンスに脱帽。

塚原中野のゆかから始まり、時々挿入される選手の表情や電光掲示板の得点…
あん馬は鹿島(上からの映像も)つり輪は水鳥。跳馬、平行棒は冨田
そして鉄棒の二人の映像が流れたところで曲もクライマックスへ。
丁度、冨田が鉄棒に向かうところで、そこだけがスローモーションで流れて効果的な視覚。
結果がわかっていても、鳥肌が立つシーンに観客もじっと見入ってました。
冨田の鉄棒、角度を変えて何度も流れて栄光の着地、大サービス。

ラストは表彰式の6人をひとりづつアップで抜いてくれて感動も最高潮!最後は
退場シーンで米田中野がお母さまへ花束渡したところでEND(鹿島はおとんへ ^^;)
何度見てもイイですね~。

大きなスクリーンで東フィルの洗練された音色をバックに感動シーンを再び見れた事だけで、
このコンサに来たかいがありました。体操だけですよー、まるまる一曲使ってくれたのは…
28年ぶり&団体で唯一獲った金メダルという事で、本当に価値が高かったんだな~と
改めて思いました。

…第二部は明日、書きます。

JOCオリンピックコンサート@開演前

「ここがあの紅白歌合戦のNHKホールね…」
隣の代々木体育館まではしょっちゅう来てるのに、当選ハガキを持った長~い行列を横目に
JOC会員用の指定席チケットを持ち、おのぼりさん気分で5時20分頃に会場入り…。

老若男女入り乱れ、もしかしたらクラッシックファンの方が多いかも?というような年齢層。
中へ入ると地下へ下りるような階段が一階席へ、数段上ったら2階席ロビーへ、といった造り。

6時開演までまだ時間があるので、2階ロビーをウロウロしていたら
ロビー奥の方でJOC関係者が、仕切りひとつ隔てた向こうで立食パーティー中

モチロン一般客は中に入れないんだけど、なんであんな場所で???
それもスッゴイ狭いスペースだったよ…NHKホールって催事会場がナイのかな?
すぐ側の吹き抜け階段を上って3階の踊り場へ行ってみると
なんと!その立食パーティーが見渡せてしまいました(大汗)

ラッキー♪って言っていいのかな、周辺には気が付いたお客さん5~6人位しかいなーい!
パっと見て最初にわかった選手は柔道の塚田真希選手、愛嬌のある笑顔がステキ。
存在感抜群すぎっ(笑)見ているだけで微笑ましくなってくる方です。

隣には水泳の「ハギトモ」こと萩原智子さんがいた(JOCの役員さんかな?)
あまりの背の高さにバリボの選手かと思ったよ。
彼女、専門は背泳ぎだけど個人メドレーもOK。体操でいうAAですね~。

現在は山梨学院大学スポーツセンター研究員という肩書きで
あちこちの水泳教室の講師として招かれて後進の指導にあたっているようです。
才能があるって素晴らしい!彼女もblog、公開してるんですよ~写真いっぱいで楽しい内容。
今回のJOCの事もブログってくれるかもしれない!要チェックです。

新人賞受賞したのフィギュアの浅田真央ちゃんが人気モノで、あちこちで記念写真の
フラッシュを浴びてました。
んで、体操陣は…と探すと、いたよいたよ・・。塚原がこっち背中向けて鹿島に向って
例のごとくマシンガントーク炸裂中、かしーはこっちに顔を向けてニコニコ笑顔で
頷いて聞いてあげてて(かしー、毎度お疲れ~^^;)その隣で冨田は周囲を凝視中。

三人のスーツ姿をナマで見るのは初めてだけど、直也&冨田の上着は既製品では
間に合わない~きっと特注品(生地が普通の1.2倍ぐらい?)だね。
二人とも後ろ姿見ると、すっごい広いっていうか背中が正方形だよ、ホント。
鹿島は着ヤセするタイプだし、足長いからバランス取れてて素敵なんだが。

…そんな窮屈な一時も束の間、セントラルの女性マネが、とみ&かしだけ連れ出して
お馴染みの役員さんに挨拶した後、パーティー会場から仕切りを通って
2階ロビーに出てきてしまったっ!
残された直也、話し相手連れて行かれてポツンと一人、淋しそう…。

女性マネ&とみかし、フツーにロビーを横切って、フツーに入場者でごったがえしている
入口隣の扉から外へ出て帰ってしまいました~。
「ええ~!!!(゜O゜; コンサート聴いていかないの~?

パーティー会場から出口までの間、二人に気がついていた男性ファンがTシャツにサインを
もらっていたり、鹿島が女性ファン二人から握手を求められて答えていたぐらいか…?

ちょっとー皆さん!栄光の架け橋の人達がここにいるんですよー
って教えてあげたかったよ。
ロビーにいた大勢のお客さん、ほとんど気が付いてイナイんだもん。

ユニバの合宿中だからなの?
クラシック、厳しい練習を一時忘れ、豊かな気持ちで聴いていってもらいたかったな~。
表彰式とパーティーをコンサート前に終了させて、出席した選手達のインタビューのみが
コンサート途中に組み込まれているようです。
舞台でお目にかかれるのは直也だけなのね…と、この段階で察知してしまいました。

明日はちゃんとコンサート内容を書きます。(前振り長くてすみません)
そうそう、JOCのHPに早速昨日のレポ、来てました~。

行ってきました。

今日 『JOCオリンピック2005』 を観賞してきました。
「行かれなくなったから」と、知人からチケットを譲っていただいたので
いそいそと東京・NHKホールまで…詳しいレポは明日以降書きます。

呼ばれてたのは冨田、鹿島、塚原だったのですが、
とみ&かしは表彰式→立食パーティー後、コンサートは聴かずに帰ってしまいました。
私は運よく二人を見ることができましたが、後半の部途中の舞台上での
受賞者紹介&インタビューは直也一人でした。

でも体操陣の扱い、すっごくよかったですよ~~。
コンサートも最高!今、ちょっと余韻に浸っています・・・。

ユニバーシアード代表

体操協会HPユニバ代表選手のインタ&プロフを読んできました。

大学生達は親が体操やってたり、スポーツ選手だったという二世が多いね~。
芸術の世界も同じだけど、やっぱりこれってすごく重要なこと。
幼い頃から恵まれた環境の中で育ち、身体に流れている血もしっかりと受け継がれて
いるんだなぁ…

冨田主将!モゴモゴ喋ってないでハッキリ指示出してあげてよ~。
後輩達 「え?なんですか?」 なんて聞き返す勇気ないからねー(^^ゞ

鹿島、ほぉ~~、ゆかで月面に挑戦するんだね。
今までの終末ワザ、後方伸身2回ひねりは決して跳躍低くなってはいないから充分可能だと。
問題は体力的な面だけ」って…オイオイ、本人から先に言われちゃ突っ込めないわー(^^;

馬場選手、「光GEBJIの様に…」って例えがオモロ過ぎー!あなたおいくつ?
あのグループっていつ頃までぶいぶい言わせてたっけ?一応、未来の体操選手に
夢を抱かせてくれたのね。この選手の瞬発力のすごさもご両親譲りなのかぁ…納得。

桑原くん、大学4年の時に首を大怪我したと…。う~ん、聞いただけでも身震いしてしまうよ。
この間のフランス国際は初めての海外試合だったんだ~。今後の自信に繋がっただろうね。

森くんも親が体操コーチかぁ。いや~この選手の跳馬はすごいよ!代々木の二日目
1本目のドゥリッグスまとめて、2本目ローチェはチョット惜しかったけど
他の選手とは明らかにレベルが違うって感じ。力でねじ伏せてくるタイプで異色な存在かも。
鉄棒のsE技、NHK杯で見せてくれるかな~期待しちゃうよ。

小林選手、確か日体大で一番ちっさいんじゃない?背が低くてカワイイ子って記憶ある。
偉大な先輩達のワザ、たくさん盗んでこれからの競技生活の糧にしてきてね。


ところで皆さん、笑顔の上方向には何か楽しいモノでもぶら下がっているんでしょーか?

---------------------♪

今日は一ヶ月に一度の癒される日!エ・ス・テに行ってきましたー。
頭のてっぺんから顔の側面~首筋~肩~バスト上まで、あらゆるツボを押しまくられ
顔面の表情筋も含めて念入りなストレッチで夢見ごこち…連夜の寝不足もあって
2時間爆睡!これでまた、来週から頑張れそうデス。

そのあと旅行会社へ行って7月、鯖江までのJRチケットを行きのみ購入。
9日は何時に終わるかわかんないので帰りはヒッチハイク~~~(( ( (ヽ(;^^)/ (ウソ)

色々ひとまとめ Vol.3

サッカー
昨夜はコンフェデ杯、その前の晩はU-20代表のWユースのゲームを眠いの我慢して
後半途中まで観てたので、ここんとこ寝不足・・・。
なんだかな~~(ため息)
アジアで受けて立つような試合ばかりやってきたせいか南米相手では勝手が違うってヤツ?
めったに画面に映らない田中マコが大忙しだったよ。みやもっさんも…いや~危なっかしいワ。
連戦の疲れもあるだろうけど、今の状態では中田ヒデが言うようにW杯で勝ち抜くのは
キビシイよ、ほんと。

U-20代表も、聞いたコトないような国相手に引き分けてるようじゃダメだよね~。
外国勢はリーチが長いから、やっぱり国際経験をたくさん積まないと国内でやってるような
ワケにはいかないと思う…。
力のある選手を揃えても戦術が浸透するまでは時間もかかるしねー。

一度行ってみたい場所
チョコレートが大人の嗜好品として定着しつつある今日コノゴロ、そのチョコレートを
ゆったり味わえるカフェスペース、『ショコラバー』が今、東京で大人気だって。
一粒200円~300円の高貴な味を楽しむひと時…ちょっとあこがれちゃうな~。
(田舎にはそんな洒落たモノは無い!)

ドリンクはショコラ以外にシャンパンとかエスプレッソとか紅茶など組み合わせ自由。
一人でも入り易く、7割が男性客っていうお店もあるみたい。
ちょっとリッチな雰囲気の店内でゆっくりくつろいでみたい!今度出かける時に寄ってみよう。

バカラの携帯ストラップ
「バカラ」といえばグラスや花瓶を真っ先に思い出すけど~
ジュエリーもすっごく可愛くってシンプルなデザインのチョーカータイプが人気。
そんな中で気になってるのが、このシェラザード携帯ストラップ
他のブランドメーカーストラップとは一味違うメチャ可愛さ!!!
クリスタルとタッセルの色合いが絶妙で…う~ん、どれを選ぶか迷ってしまいそうだわ。
(でも携帯はしぶとく持たないわよ ^^;)

鹿島丈博@VS.

昨日の15日水曜、夕方の時間調整で少し空きができたので本屋へ寄った。
案の定、いっぱい並んでいる「おめでとう!ジーコ・ジャパン」関連の数々。
コングラチュレーションっていったってさ~出場が決まっただけで大変なのはこれからで…。

いつも気になっている「 VS.」月刊バーサスという、ちょっとブ厚いスポーツ誌の
新刊が出ていた。(先月の表紙は確か松坂だったよな~)
今月は凛々しい横顔の能活くんっ(^^) !記事も巻頭にたっくさんあるじゃん。
目次をちらっと見るとバレーボールの加藤陽一&先日引退発表した前園の特集も!
なんだか知らないけど勘三郎の記事まで載ってるよー?

これはオイシソウな内容ばかりと、とりあえず手に入れて時間がある時に
ゆっくり見よう…と速攻買いしておいて正解!
・・・なんと!かしーが載ってたっつーのは知人からのメールで夜、気がつきました。

体操競技の本質を専門的な視野から詳しく語ってくれているけど、これ
実際に競技を経験している人が読んだら色々とためになる部分が多いんだろうな。
専門用語や用句がたくさん出てきて興味深い反面、やっぱり素人が理解しようと
するには少しむずかしいかな~。
でも、わかりやす~いように、丁寧に話してくれているのは好感度大。
かしーの鉄棒演技、頭の中で思い浮かべながら読んでみた。

鹿島丈博さんに聞く’と書かれているサブタイトル ‘さん’ がちょっと違和感ある…(-_-;
せめて‘選手’か、呼び捨てだよね~この本的には。
プロスポーツ選手と一般社会人選手の違いを区別しているのかな?
なんかヘンなことにこだわってしまいました。

中央見開きのカラー写真も凄いアングル!この方向から、まさかこの人のこの種目
どデカサイズで見られるとは夢にも思いませんでしたー。

この次に載る時は目次の特集ページ大見出しアーンド名前呼び捨てライター構成で!
バーサス編集部、期待しております。

ユニバの代表合宿がJISSで始まったようです、冨田がキャプテン任命されたとか。
インタビュー内容がもうすぐ協会HPにアップ来るかもね。

そうそう「Tarzan 特別編集 100m 末續慎吾」と題して写真集が出てた。
厚味があって見応えもありそうだったよ…ピンでこれだけ扱われるってすごい。
彼のファンってけっこう大勢いるのかな?

-------------------♪

昨日、今日と一日雨だったけど気温が低くて涼しいくらい…体調管理に気をつけましょう。

体操カレンダー

うっかり5月も6月もスルーしていたので今書いておこう。

5月は新体操の選手(横地 愛選手、中村八千代選手)
以前はTV中継があるとけっこう観ていたんだけど(ワコール杯とか)最近は観てないな。
カバエバが躍進し始めた頃からか…彼女の演技がどうしても好きになれなくって
いや、解説者が言う『 誰にも真似できない柔軟性 』っていうのはよ~くわかるんだけど
アレ、美しいか??」表情もイマイチ品が無いっていうか苦手~。

好きだった選手はブルガリアのマリア・ペトロバ
世界選手権では連覇していても五輪の金メダルには無縁だった…。

アトランタでは採点基準が変更になったり、ピークが過ぎていた不運もあったけど
技術がどうとか何が悪いとか言う以前の、天性の表現力の素晴らしさは絶品でした。
いつかの何かの大会、白いレオタードに赤いボールでフロアを舞う姿は超鳥肌モノ

わずか数分の演技すべてがドラマチックで、本当にため息出ちゃうくらい素敵なのに
全然点数が出ないのが信じられなくって、TVの前で「どうして?なぜ?」
・・・彼女の淋しそうな表情は忘れられない。

現在は引退してブルガリアで後進の指導にあたっていて審判として来日した事も。
記録よりも、永遠に記憶に残る素晴らしい選手だと思います。

6月は塚原直也
今現在の近況はどうなのかな~と思って、公式HPとか応援するHPなどを見たんだけど
最近は更新されてなくって(メッセージも2月以降ナシ)わからずに残念。
彼のことだから、きっと前向きな気持ちで練習に励んでいるだろうね。

あちこちググってみたら去年の秋、米田&池谷が対談していたANAの季刊誌
ていくおふ」No.110号(2005年春号かな?)に『 父親学入門 』と題して
杉澤修一さんという方との対談記事が載っているようだ。
う~ん、読みたいような読みたくないような…(笑)

直也もひっそりと色々なメディアに取り上げられているんだねー。
でも必ずご両親の話題が絡んでくるのは彼の宿命ですかね。

---------------------♪

「赤い疑惑」チロチロ見ながらブログってました。
石原さとみちゃん、唇が百恵ちゃんに似てるかも。でも演技はチョット…(略)
スーちゃん(田中好子)年頃の主人公の母親役がすっかりハマってしまいましたねー。
陣内さん、チト演技オーバー気味?国広富之さんも当時の赤いシリーズ、何かに出てたよね。
オープニングのテロップも時代錯誤のようなアナログさに笑ってしまったよ。
主題歌も歌手は違うけどアレンジ共々一緒だったような…
子供心に見ていたドラマ、な・つ・か・しい。

夏はビーズの季節

先日、何ヶ月ぶりかにビーズをネット注文!(在庫がシコタマあるのにこれ以上買ってどーするっ!)
でもね~作りたいモノに合う色&サイズがどれもこれも中途半端で…
毎度お馴染みの、在庫を増やすパターンに陥っています。

今回は、人にプレゼントするモノを作るわけで~色とかデザインとかけっこう吟味して
金具のサイズや色もバランス考えてセンスよく仕上げたい!などと、入ってます。

色々なものを造りだしたり計画したりする過程が好きで、旅行なども目的地や宿泊施設より
そこに行くまで寄り道する観光地を選んだり、美味しいお店を探して食べに行ったりする事に
重点を置いて計画しちゃうし、車で行く時は行きとは別のルートで帰ってきたり…。

ビーズ製作も実は、作っている最中が一番楽しい!
できあがってしまうと、もう満足感を達成してしまい、完成品にはあまり頓着しないタイプ。
だから以前、注文で同じモノをいくつも作っていた時はさすがに飽きてしまい
「ちょっともう勘弁して~っ」とそれっきり。手間の割りに、なかなか身銭にならない仕事だし。

最近、流行のビーズ作品はなんと!アクセサリー&動物モノは出尽くしてしまったので
ケーキやドーナツ、フルーツパフェなどのSweetsモノがストラップとして登場してる。
まあ、できあがりの実物見て可愛いとは思うけど作りたいとは思わないわー。

今週の女性自身Beads News「夏の籠バッグにビーズくっつけてま~す」みたいな
陳腐なもの。高校生の登校用バッグにいーっぱい付いてる縫いぐるみを思い出したよ。
編み編み作品復活!を切に願っています…。

-----------------------♪

話変わるけど日曜の「発掘あるある…」で、食前に寒天を食べるだけでダイエットになると
放送したら早速次の日、スーパーから寒天(ところ天)が品切れ状態だってー。

自分、その番組は見てイナイから詳しいことはわかんないけど、寒天がお腹の中でふくれて
満腹感が満たされ小食になる?って、以前なんかの番組だか雑誌で聞いたことあるけど
そんな内容だったのかな~(違う?)
ウチの母親が日曜の夜、台所の引き出しの中をゴソゴソ漁ってたのはそのせいかー(納得!)

そうそう、スキムミルクも相変わらず品切れ状態らしいよ…。
世の中の女性が「痩せる」&「ダイエット」の言葉に超~敏感になるのも仕方ないね~。

ネタ探し

「ちょっと遅いよ!」って言われるかもしれないけど、RSSリーダーというものをDLしてみた。
自分でニュース記事を探しにいかなくても、随時画面上に最新ニュースを表示してくれたり
お気に入りのサイトが更新されたら教えてくれたり、予めキーワードを入れておくと
それにヒットしたブログ記事が紹介されるという優れモノ。

ん~~、でもウチのPC、ちょっと昔仕様なせいか試しにDLしたヤツ、全然開いてくれなくって
3個目にDLしたのが、やっと動いてくれたよ…。これもホントは気に入らなくて捨てようかと
思ったんだけど、開いたままで閉じられない=アンインストールできないっ!
(-_-#)…仕方なく、イマイチ~なソフトを使うことにしました。

そしたら早速、一週間前のレア情報ゲット!

5日の日曜日、鹿島が浦安にある明海大学でトークショー…
いや、「とーくしょー」などと言わないか~(^^; タカラヅカじゃ日常茶飯事に行われているが)
なんて言うんだ~?レクチャーでいいのかな。講演っていうの?(←ボキャブラ無くてすみません)
目標を持ち自分で限界を作ることなく、諦めずに頑張って下さい。
支えてくれている人を大切に
スポーツ選手を教える立場の方にも、現役トップ選手の言葉は大変勉強になったそうです。

桃太郎アリーナ演技会の前日(4日)夜、コンビニ前にたむろしていたという
ジャパンジャージの集団目撃あり!
岡山在住の男性が自転車乗っていて、通りすがり追い越し際に見たって。
米田選手、TVで見るよりも若々しく、現代風でハンサムで格好よかったです
などと興奮気味に書いてあったよ。
せっかくなら自転車降りて握手してもらえば良かったのにね~。

そういえば徳洲会のHP、桃太郎アリーナ演技会の写真を遅まきながら見に行ったんだけど
鏡開きをしたんだね~。『力水鏡…』って書かれてあったから樽の中はお水だったのかな?

米田、去年の秋の舞州演技会後に行われた清風高校の祝勝会で
鏡開きを行うにあたり「まず練習してみましょう!」とか言って、割る段取りを確かめる時
間違って割っちゃったんだっけ?あちこちの掲示版に書かれてて
さすがヨネダ、期待を裏切らないお約束っぷり!」と爆笑した記憶が…
今回はダイジョブだったみたいね~(^^)

ここんとこ体操の話題が少ないので、ブログ始める前の去年の話題とか、思い出して
拾って書いてみようかな。
ログとか全く保存してないんだけど…気が向いて思い出したら書いてみよう。

日本vs中国

スイス・モントルーでバレーボールの大会が行われているんだが、今日の夜CSで
日本vs中国のゲームがあったことをコロッコロ忘れていて、気が付いたのが8時過ぎ~(涙)

すでに2セット連取されてて、3セット目もダブルスコアでリードされてる…
日本のコートにはテン(竹下)シン(高橋)ユウ(大友)スギ(杉山)マホ(宝来)チエ(吉澤)
リベロにエビ(櫻井)がいた。
う~ん、大砲がイナイわ・・・シン一人では荷が重いよな~。
カナレオの、重さのあるレフト攻撃が懐かしく思い出されたよ。

中国は相変わらずスゴイねー。今回、オウレイナ(王麗娜)やヌイヌイ(趙蕊蕊)は
いないようだ。それなのに戦力変わってなくて、日本はまったく歯が立たない…。

アテネの金メダルも、本当は北京五輪を目標に作った発展途上のチームだったのに
たまたま金を獲ってしまったなどと、中国関係者がものすごい発言してたけど
あきれるやら悔しいやら…。まあ、勝ったからなんとでも言えるワケで~

中国は、なんといってもセッターのヒョウ・コン(馮坤)のプレー。
レシーブと同時にボールの下にすでに入ってトスあげるタイミングが絶妙!
(ほとんど動いていないように見えるからビクッリ!)
…っていうか、キャッチが正確に彼女のいる場所にあがっているとも言える。
トスの短さとセンター陣の打点がすっごい狭いのも特徴だよね。
(狭ければ狭い分だけ超速い!!)身体能力の高さも素晴らしい。
この人が慌ててくれない限り中国に勝つのは至難の技だよ。

レフトの大砲ヨウ・コウ(楊 昊)も女性とは思えない体格でホント恐れ入るよ~。
日本にも一人欲しい!
ロシアのガモアもそうだけど、最近は身体が大きくても決してドンくさくなくって
むしろ器用で小技も効かせられる選手が多くなってきてる。
まあ、そうでなくっちゃレギュラーとして使ってもらえないわけだが。

中国も188とか190㎝とか、背が高くて力のある若手が何人も控えてる。
ヌイヌイも入る余地がなくなってきてるのかな~?

あっという間に試合が終わってしまったので、仕方なくTVのチャンネルを変えたら
ジャンク・スポーツの来週予告で水鳥がチョロッと映っていたわ~。そうか、もう来週か!

若草色のグラデーションストライプのシャツ着てたよ、爽やか兄さん全開。
浜ちゃんとの会話、楽しみだね~。

体操の本も出版して~!

久しぶりに本屋へ寄ってみた。

う~~ん…スポーツコーナー、すごいよ、サッカーだらけ!オンパレードだよ。
先日終了した欧州CLを特集した雑誌がゴロゴロ。
「SPORTS Yeah!」も「Sportiva」も中身はサッカー一色…。
日本がドイツ行きを決めたから来週早々、もっと増えそうだわ。

プロ野球の雑誌でさえ隅に追いやられてたね。
そんな中、ダンス関連の雑誌がけっこう多いことに気がついた。
ジャズ&モダンからクラシック・バレエ、キッズ対象のバレエ本などなど。

健康ブームもあって、美しく綺麗なプロポーションを保てて尚且つ、ほどよい
運動にもなるせいか、大人を対象としたバレエ教室があちこちで盛況らしい。
いいよね~一石二鳥!優雅な動き&穏やかな気持ちも備わりそうだ…

せせこましくバタバタ過ごしている毎日の中で、週一回一時間だけでもレッスンを受けたら
汗びっしょりかいてイヤな事も全部流して又、明日から頑張ろうっていう気持ちに
なれるかもね。


サッカーの話に戻るけど、日本代表のGK能活くんとDF田中マコは清水商出身。
そいでもって同級生!これだけ注目されてる代表チームに同級から二人も出場してるなんて
高校時代、一緒に学んだクラスメイトは他の何モノにも変えられない一生の誇り
だろうな~。

能活くんは横浜Mから海外を渡り歩いて今は磐田所属。マコちゃんは高卒と同時に磐田一筋。
ポジションこそ違うけど、華やかな高校時代の成績さえ霞んでしまうような現在の活躍っぷり…
最後の最後まで、ジーコ・ジャパンの最終ラインを守り抜いて欲しいです。

体操の冨田鹿島も、高校時代の三年間を除けば家族と過ごすよりも多くの時間を
一緒に歩んできた最高の同級生。

良きライバルが身近にいるって、色々な意味で刺激になるし切磋琢磨できる
最高の環境だろうね。

-------------------------♪

今日から東北地方を除いて日本各地、梅雨入り宣言!ジメジメした毎日が続きます。
でも富士山、まだちょっと残雪が見える…この時期まで残っているのはめずらしいかも。

東宝劇場@花組公演

土曜日に観劇した「マラケシュ~紅の墓標~&エンター・ザ・レビュー」の感想を
書き忘れていたことに今日、気がついた!(果たして思い出せるか… ^^;)

花組観劇は去年の秋以来?いつもならムラの公演も行くんだけど、春先の月組公演
「エリザベート」に行ってパスしてしまったので、寿美礼ちゃんには久しぶりに逢ってきました。

砂漠の入り口の国マラケシュという街を舞台に暗い過去を背負い、かりそめのように
生きてきた男を主役に野望を持ったペテン師の相棒、自分探しの旅に出てきたヒロイン
そして心に傷を負っている登場人物が数名。

「ドキッ」とさせられるキザなセリフ、どこかで見た事あるシチュエーション、
くどくて長いよ、結局ナニ言いたいのかわかんない主役二人の会話・・・
などなど、歌&セリフがいーっぱい!

トップ男役なのに、お芝居はスーツを二着しか着てないんですけど…
(主役がこれでいいのか!どっかの組の娘1は出てくる度にとっかえひっかえだぞー:怒)

セリフ廻しがまたチョット物腰柔らかさがアップしてたかな~。歌も難しいメロディラインばかり。
セリフ→歌→セリフ→歌…などと、ワンフレーズごとに凝った演出をサラッとこなしてるけど
実際、超むずかしいと思うよ~。テクニックのある寿美礼ちゃんだからできてるってカンジ。

登場人物それぞれの行く末は、観客に自由に解釈してもらってOKという意味深な含みを
持たせた終り方で、最近観た中では自分としては好きな部類に入るお芝居でした。

サブタイトルの~紅の墓標~を表しているのか「」という役で、としこちゃん(鈴懸)が
赤銅色のライトを浴び続けコロスの様な存在で出てくるのですが…お化粧&イデタチが凄い!
一度見たら忘れられない!絶対夢に出てきそう!うなされる率100%!
踊りの得意な彼女の優雅な身のこなしに、舞台に出てくるだけで目が釘付けでした。

エンター・ザ・レビューはなんといっても、真っ赤なマーメイドドレスを着てパリのパレードの
ラストに出てくる寿美礼エトワール(^^; 見た目は女性なんだけど声が男役そのままなので
どこからどう見てもオカマにしか見えないのよ。化粧もそのままだから仕方ないんだけどー。

トップ男役の女装で秀逸なのは、退団したリカちゃん(紫吹)の、黒髪ボブの鬘に
チャイナドレス姿は本当に色っぽかった。スタイル良いし何より踊れるのが強み。

あと花組では舞城のどかちゃんの踊りを見るのが一番の楽しみ!
女役さんなんだけど~中性的な雰囲気で背中の筋肉で踊っている人。
スタイルはいまいちなんだけど、とにかく存在感抜群で表現力のあるダンスは見ていて爽快!
男役さんをたててカッコ良く見せてくれる素敵なダンサーです。

あさこのいた場所に今回は専科から樹里ちゃんが入っていて、次がゆみこ(彩吹)だから
花組、ホントに歌うまくなったよな~♪(しみじみ…)
私が見始めた頃はヤンみきタモだったからな~(大汗;;)
その頃に比べたらエライ違いだよー。

ほんのひと時だけど現実を忘れて、夢見心地良~い気分にさせてくれる観劇ライフ
…しばらくやめられません。

一夜明けても…

昨日の興奮があちこちで続いています。
日本代表、夜中の2時半にタイを出発して今朝、帰ってきたってー (゜O゜;
夜のニュースは宮本キャプ大黒がハシゴ出演してたし(中澤も忙しい~)
あさってからコンフェデ杯出場のためドイツへ行くって…すごい強行日程!

ゆっくり休む暇なんてないじゃんっ!
湿度の高い場所で一試合こなすと体重4㎏減るって…体力の無い一般ピーなら
絶対ダウンしてるな~。
帰国記者会見、みなさんスーツにサッカーボールを模ったお揃いのネクタイ姿が素敵。
最終予選突破は本番に向けてのひとつの通過点に過ぎない…浮かれることなく
気を引き締めて、さらなるレベルアップを望みたいですね。

TV出演のガンバ大阪コンビ、爽やかだった~宮本キャプ、知的&聡明でこれぞ頼れる主将。

そういえば東京駅の八重洲口あたりの太っとい柱に
イケてる顔で車の運転席に座ってポーズとっている大きな広告がドーンとあるんだが
みやもっさん、いったいナニ宣伝してるの?と思ったら「カーナビ」の広告だった。
パナソニックの製品だったかな~?ガンバの親会社だもんね。
先週のAERAの表紙も飾ってたし…時の人ですね。

サッカーファンの間では「ツネ様」と呼ばれていて年上の女性に圧倒的人気らしいよ。
「○○様」と付く人気者は、必然的におばさま&お姉さまパワーがすごいのか?
(米田も例外ではないしな~)

大黒…ちょっと岸谷五郎に似てるかも。2月の北朝鮮戦で途中から出てきた時は
「おおぐろ~?誰ソレ?」…まったく知らない選手でした、すみません。
昨日は途中出場だったけど、代表のFWとして申し分ない存在感で大活躍。
点を取ってくれそうって本当に思える点取り屋が久々に現れたね。

日本中、にわかサッカーファンが溢れていて誰かれ構わず思いっきり喜んでいる姿は
ここんとこ暗いニュースばかりだったので、ちょっと新鮮なカンジ。
来年の今日、“世界の祭典”が開幕するんだね…

世界で一番

早く決まったW杯ドイツ出場切符!やったね、おめでとう~\(^o^)/
でもでも、無観客試合で点を獲った瞬間の周囲のテンションの低さに(=゚Д゚)はぁ?
いかに毎度、もんのすごい観客の声援に後押しされているかってのがわかった。

丁度ハーフタイムの時に帰宅できたので、後半だけの省エネ観戦。
後から知ったが、前半は観なくてもOKだったみたい?

湿度の高いゲームなのに後半の方が動きが良かったのは、交替で入った大黒
身体のキレの良さに引っ張られてリズム&スピードが出てきたせいか。
柳沢が相手ディフェンスより一歩速くボールに触れたのも、大黒のポストプレーの
おかげだったしー。
やなぎ…ちょっと冨田に雰囲気被るよ~(性格&素行は180度違うと思うんですけど…)

2点目も田中マコ(←大好きなんだけどめったに画面に映らないので悲しい)が
インターセプトしたボールに、いち早く反応して落ち着いて決めてくれた~。
帰国したら、ますます“だいこくさま”扱いされちゃうね。
得点にからんだ素晴らしいプレーの数々、気迫&感動をありがとー!

マコちゃん、終了間際、北朝鮮の選手に蹴られてたわー(でもやり返してたっぽい ^^;)
ヘンな場面をスローでたくさん見せられてもウレシかナイよ~(汗)
北の観客いたら収集がつかなかったかもね…無観客でよかった。
TVカメラが中田ばっかり映すのがなーんかイヤ!俊輔も三都主も近くにいるでしょーに。

松木さん、シュート外れたあとに「はいれっ、はいれ!」って…意味わからん(爆)
相変わらず解説してなくってブースの中で大騒ぎして終わっちゃったねー。
松木サポーター、興奮ありがとう(^^) スタンド外で応援していた現地組、お疲れ~。
そして代表選手達…重圧の毎日からしばらくの間解放されて、ゆっくり休んでください。

今年に入ってからの、ヒヤヒヤドキドキ数ヶ月がとりあえず終わったね~。
何よりも点が獲れないFWが2点獲って決めてくれたのが嬉しい。
文句なしの勝利!で勝ち取ってくれた出場権、しばらく余韻に浸れます。

直筆メッセージ

いつも遊びに来てくださる‘たいさん’から素敵なコピーをいただきました。
先日行われたジュニア対象選手が出場した「JHS カップ体操競技会」パンフレットに
徳洲会のメンバー9人が、なんと!直筆の応援メッセージを寄せてくれています。
9人一列に並んだ写真も載っていて、ジュニア選手にとって本当に心強いエールですね~。

日体スワローのHPへ行くと、先月の代々木選考会に出場した、日体OBの写真も
アップされてます。笠松くんのカメラ目線笑顔がおすすめ♪

この大会は日体スワロー・日体大体操競技部が主催なので、体操クラブにOBが
大勢所属している関係でしょうね。
その中から米田、水鳥、小川のメッセージをここで紹介。

米田 功 「自分を信じて最後まで諦めずに頑張って下さい!
水鳥寿思 「練習でしてきたことを発揮できるように集中して頑張って下さい!!
小川泰弘 「自信を持って元気に演技しよう!

みなさん、字がとっても上手~。神経を使うスポーツのせいか、几帳面さも表れています。
そして必ず最後に「」が付くのが印象的。タバラなんて太~く2本も書いてあるワ(笑)
「諦めずに」の漢字をすぐ書けるヨネ、ちょっと尊敬~^^
(ん~~、でも小学校低学年だと読める子少ないかも?)
横書きなので名前もサインではなく、しっかりと楷書で書かれていました。

これらのメッセージ、きっと選手自身も毎回、試合の度に自分に言い聞かせている
言葉なのでしょうね…
たいさん、貴重な資料ありがとうございました m(_ _)m

-----------------------♪

今日はいよいよ北朝鮮戦ですね~!一仕事して後半からTV観戦できそうだわ。
明日のブログは嬉しさ弾けた内容で書いてみたいよ。

岡山演技会

日曜日に行われた「桃太郎アリーナこけら落とし@体操演技会
国体前のお祭り気分も手伝って大盛況だったようです。

ひとつ気になったこと…米田が右肩に小さな湿布を何枚も貼っていたと聞き
「そりゃー疲労も極限でしょう・・・体操普及&自らモチベーション持続のため
全て励みと考えてがんばってくれ~ヨネ、水トリィ、中野大ちゃんお疲れさま~」
心の中で叫びました。

女子バレー・パイオニアのレオ(佐々木みき)がリーグ中、腕や足に「置き針」という
小さな正方形の白いテープを何枚も貼っているのですが、似たようなモノかな?
リーグ終盤、疲労が溜まってくると置き針‘紙ふぶき’も多くなっていました。

米田、終了後は氷嚢で肩もケアしてたらしい…。
森末さんのリクエストに答えて三人とも「モリスエ」やったのかな~?
演技会では中野大ちゃん以外、そういうワザはいつも省いているんだけどね。
出血大サービスでしたよーっ岡山の皆さま!
入りの「棒下宙返り~」は見事に決めてたようでチョット安心。
水鳥、ゆか演技を披露できてたようなので足の状態も落ち着いたとみていいのかな。

ファンサービスも、しっかりお仕事のひとつとしてこなしていたようですが、
負担のかからない範囲でヨロシクお願いします、体操協会さま。

-----------------♪午後のブレイク・タイム

1日のブログに「ワールドグランプリの放送が地上波の深夜…」と書いてしまったが
女子のWGは去年同様、ちゃんとゴールデンタイムに放送されます。ここで訂正 m(_ _)m
男子のワールドリーグが、深夜&スカパー放送でした…

サントリーの荻野さんが去年までの女子チームのトモさんのように、大ベテラン兼主将として
選ばれているのですが、現在行われている国外での試合結果は連敗中。
せっかくのTV放送もこれでは男バレ、いつまでたっても観客増えません(悲)
視聴率取れないから?仕方ないんですが…

日本vsバーレーン戦

ドイツが…ほんのりと向こう側に見えてきたねー。(でも油断禁物っ)
ジーコ監督の、いきあたりばったり的な布陣&ぶっつけ本番フォーメーションが
ホントに吉と出てしまうから、やっぱり神様の存在はスゴイわ。

小野が怪我しなかったら満男はスタメンで使われなかったワケで
彼が点を獲ってくれたのも、ジーコ監督・・・運がイイというか悪運が強いというか。
素人はついつい意地悪く考えちゃうけど、ちゃんと戦略を考えての試合運びだった。

中田ヒデが「こんなに守備するヒデ、最近見たことナイよ」って思ったくらい
相手の攻撃の芽を潰してくれた。セリエAでは出場チャンスが巡ってこなくて、試合勘を
不安視されてたけど、やっぱりさすが!でした。ワケわからんイエローカードは余計だったけど
最低限、彼の役割は果たしてくれて嬉しかった、福西もちゃんとバックアップできてたし。
何でも言い合える本物の代表チームメイトになりつつあるみたいです。

ミツオ\(^o^)/キリン杯は悔しい想いをしたけど、やっと報われたねーウレシイッ!
フェイントかけた思い切りのよいシュート、選手&サポーターの気持ちが乗り移って
くれたみたいにゴールに吸い込まれ、やっと呪縛から解放されました。
北朝鮮戦も、出られないメンバーの替わりに起用されるだろうけど
欧州組からポジション奪い取る気持ちでまた活躍して欲しいよ、がんばれ~。

初体験の無観客試合、スタジアムのピッチ状態もなんだか怪しいらしい…。
中沢の膝の具合も心配だよ、早めに先制点を獲って楽に進めて欲しいわ。
最初は士気が上がらないかもしれないけど、自分達の力を信じて勝利で
ドイツ行きの切符を掴みとってもらいたい、がんばれジーコ・ジャパン

国内のニュース…磐田の俊哉くん名古屋へ移籍決定したそう。
彼のプレーをまだまだ必要と考えてくれるチームがある限り、頑張って続けていって欲しい。
小学生~高校時代の、あの負けず嫌い丸出しプレーが目に焼きついて離れないよ。
卓越したセンスをもっともっと磨いて代表にも返り咲いてもらいたい!
再び挑戦者として、新しいチームに貢献していってください。

男子体操~新たな戦い@後半

徳洲会2人以外の選手映像は、代々木の冨田、つり輪演技を真下から
表情アップのアングル。
鹿島、あん馬始める前の横顔と演技が10秒映った程度。
明大の遠藤選手、順大の村田選手の鉄棒失敗演技が少し。

あとはJISSで小川の平行棒がチョコチョコ映っていたり、代々木で米田平行棒の
向こう側で斎藤さん原田コーチの笑顔とか(←そうそう、大学時代の写真も!)
それくらいかな~(つまんない)

ここ1~2年急速に力をつけ、五輪を経験したことで世界と戦っていく自信をつけた選手と
紹介される水鳥

…山本太郎ナレ、「世界選手権一次選考会は8位で通過」って??
いつの大会のこと言ってるんでしょ?

ゆかにうつぶさって水鳥を見上げて話しかける米田の表情がムチャ可愛い。
それをひとり占めしている水鳥が羨まし~(キモ くてすみません)

ゆかの新構成、4回連続の跳躍ワザをスローモーションで説明。
後方宙返り2回半ひねり~前方かかえ込み宙返りひねり~後方宙返り一回半ひねり
前方宙返り一回ひねりで一気に0.7の加点となるそうデス。
3回目、4回目の跳躍も高さが変わらない足のバネの強さ、すごい!

代々木一日目はシリーズが途中で止まってしまい、二日目は軸がぶれてラインオーバー
ふくらはぎが肉離れ寸前のため練習が充分できなかったことで、ゆか演技は
課題が残ってしまいました。
それでもキッチリ他の演技をこなして3位につけたのは本当に立派。

NHK総合のドキュメンタリー番組内で駿府公園で撮ったおとうさまバージョンの兄弟写真。
今回は、おかあさまバージョンが映ってましたね。みんなカワイイ…

大腿骨を折った時、一緒に肉離れしてたのに全然気がつかなくて、治って練習始めたら
怪我してた事に気がつき、処置をちゃんとしてなかったその古傷が痛むそうです。

練習後、焼肉屋でクラブ仲間5人がテーブルを囲む(米田、水鳥、田原、仲里、鈴木)
タバラ…食事中、キャップは脱ぎませう。鈴木くん…表情硬いよ、コチコチだよ。
対応はできて攻めてるんだけど仕上がらない」>米田
順位とか争いは考えられなくて、この足が使えるかどうか…」>水鳥
もどかしさをぶつけながらも、食事しながら仲間とリラックスして色々話せることは
ストレスも少しは解消されるでしょうね。

米田、水鳥とも代々木最終種目の鉄棒を終えた時、ホッとした様な
なんともいえない笑顔を見せてくれていたのが印象に残りました。

世界の王座を守るためには一瞬たりとも立ち止まることを許されない。

最終選考会まであと一ヶ月…代々木から、ワザをどれくらい精密に仕上げていくのか
それぞれの選手に期待したいですね。

男子体操~新たな戦い@前半

むずかしいワザをいち早く習得した者が優位に立つ。
新ルールの壁を越えたものでなければトップグループに残る事はできない。


先日の二次選考会に挑んだ、徳洲会の米田水鳥をメインに編集され
JISSでの練習風景やインタビュー映像をナレーションが追いかけていった番組でした。

前半、塚原の映像も折り込まれていたんだが、大会を棄権したせいか尻切れ扱いで
「おいおい、直也はその後どうなったのー?」とTVに向って突っ込んじゃったよ。

直也の笑えたコメント↓
「コールマンとか頭突きしそうなんですけど、鉄棒に…。」
う~ん、中日カップを思い出したわ。距離感、つかめてないって?
新たに挑戦した7種類のワザ、いったいいくつまでマスターできてたのかな。
もう体調は元に戻って練習再開してるだろうね…できればそこら辺りを知りたかった。

米田、“ゆほびか”と同じTEEを着てたね。器具を使った練習以外にも
腰に錘をつけて腕だけ使ったロープ登り降り(屈身で爪先真っ直ぐ!)や
鉄アレイを使った筋力強化など、やることがいっぱい。
アテネ後に買ったのか、新車のハンドルにはVOLVOの名前(でも右ハンドル)
タンマにまみれたビデオのリモコンが、練習後の研究熱心さを物語っていました。
(練習時録画してきた映像を、自宅TVに繋いで自分の演技を見ている)

平行棒の棒下宙返り一回ひねり倒立
最初の入りのsE難度のワザを得るまでの大変さ、一瞬で決まってしまう為
精神統一の大切さを、私達ファンにわからせてくれた。
実際に彼、ロイター板に足かけてバーを握ってからも、手のひらヒラヒラさせて
演技直前までイメージ追ってたのを思い出したよ。

振り返りたくない辛い過去(シドニー選考会落選)をしっかり見つめなおして
自分自身、日々の努力が大事と気がつくまでは少し時間がかかってしまったようです。
大学時代の写真、斎藤さんの笑顔が見れてチョット嬉しい。

ナレーションが素人にもわかりやすく体操競技の採点変更の説明をしてくれた。
4年ごとの改定って、4年間で選手の得点が限りなく10点満点に近づいてくると、
もう少し難しいルールにしようじゃないか…ということで変わるんだと!
「だったら審判のあなたたちがやって見せてよー!」って選手にしたら言いたくなるわー。

健気に練習に励む選手達を本当に尊敬します。
後半の水鳥&選考会の様子は明日書こう…

-------------------------------♪

寝不足のまま強行日程で東京へ行って来たわりには
お芝居二公演観て心潤ってきたせいか?なんだか元気いっぱい。
今から昨日のサッカーの後半VTRでも観ようかな…
聞いた話だと、最後の方は両チームともヘロヘロだったようだけど。

週末の予定♪

4日の夜はお待ちかね!BS1で「ドキュメント・スポーツ大陸」が放映されます。
王座を死守せよ ~男子体操 新たな戦い~
先日の代々木の選考会、アテネ代表選手を中心とした内容のようです。

観客の女性も数名インタビューを受けていたり、試合後の選手を取り囲む様子とか
けっこうカメラが回っていたようですので~知りあいが映っているかもしれませんね。
(私は2日目終了後は、とっとと会場を後にしてしまいましたが…)

徳洲会の二人がメインとの話もありますが、色々な選手の演技&コメントなどを
取り上げてくれることを期待したいです。

徳洲会といえばさっき、水鳥の新聞記事と一緒に載っていた白黒写真を
見ていたのですが、5兄弟(生野姉さんは写っていない)一列に並んでいて…

左から、静馬兄さん寿思一輝豪敏繭見くん、が写っているのですが
体操をやっている(いた)4人は、身長が170cm前後…静馬兄さん
現役組に比べると、ビミョーに小さいかな~。
音大生の繭見くん、ひとりだけ身長が高いです。
175cm以上ありそう。水鳥はラジオインタで、弟一人だけ体操をやっていない
理由を「なぜか???」と、わからないようなカンジで言ってましたが
身長が高いのも一理あるのかな~と思ってしまいました。

そうそう、5日は岡山演技会!韓国やアメリカの選手も招待されていて
日本の三選手も出場と、豪華な内容のようです。
水鳥は第二のふるさとと言ってもいい岡山でのアテネ後、初の演技お披露目となり
いやでも力が入りそうですね~。
恩師や友人達にもいっぱい会えるだろうし、本人きっと充実した演技会になりそう。
行かれる方、楽しんできてくださいね(^^)/

んで、自分の週末予定…
このあと、日付変わってから日本代表vsバーレーン戦を、たぶん前半まで見て
(後半は録画~。)明日は東京へ繰り出しヅカ花組公演を、昼夜2公演観劇!
速攻で日帰ってきて、BS1を見て即、感想をブログって、次の日曜日は
お昼前から、隣町の高校の文化祭の演劇部の公演を観劇。
ここの高校演劇部は毎年レベルが高く、ピアノの生徒のお兄ちゃんが主役を
演じるというので楽しみに出かけてきます。
夜は久しぶりに会う友人と食事の約束。サッカーの感想は日曜にまわそう…。
それでは、行って来ます!

今日のスポーツNEWS

ん~~、小野が疲労骨折って…(-_-#) ただでさえ不安いっぱいな戦いなのに
柳沢がワントップ??中田ヒデが二列目にくるから、ここんとこ不振の仲間達に
渇! 」を入れて、点が獲れない呪縛から早く解放してあげて!
代わりに出場するのが満男…控え組からレギュラー組へと、もう一度アピールする
チャンスだよ。でも、そんなこと言ってらんないっ!
もうホント、ガムシャラに点を獲って欲しいよ。

きれいなサッカーじゃなくてもいい。必死になって戦っているイレブンを観たいだけ。

-----------------------

二子山親方の告別式…今さらながら、若貴兄弟の確執が続いていることを露呈させて
親方も天国で休まる間もないでしょうね…心残りのまま逝ってしまわれて
本当にお気の毒です。

貴乃花が、あんな風に頑固になってしまったのはナゼだろう・・。
喪主を決めるのにひと悶着あったり、お兄ちゃんは「兄弟が元通りになるよう歩み寄りたい」
って言っているのに「もう話し合う間柄ではない」とケンもホロロ。
別れた女将さんも本当に心配していた。
誰もが羨む理想の家族だったのに、どこで歯車が狂ってしまったんだろうね…。

------------------------

男バレ東レの新キャプテンが6月1日付けで、な、なんと!篠田にーっ!
ほんと?ダイジョブ?シノ?
う~ん、でもコートの中が暗くなっても、あの明るさ&ヒョーキンさで頑張ってくれそう。
言葉で引っ張るんじゃなくて、パフォーマンスで盛り上げてくれる新キャプ、期待しております。
コバ敦キャプ、お疲れさまでした~。これからはシノを裏側から支えてあげてください。
役職解けて、ブログがますますお悩み相談室化しそうです~w