Fairy Tail

朝からモットー全開

どうしても練習する気が起きない時、米田さんは、こう、自問自答します。

米 「ホントにしんどい時とかは、んま自分に『結局オマエは、ナニがしたいんや?
   みたいなカンジ自分にゆってますね。んな、こんな『シンドイ』とかゆって、なんかもう、
   練習を、こう、やりたくないな~とか思うけど、よく考えて、
   ま、オリンピックの前とかホント練習とかシンドイから、
   『結局オマエはオリンピックで、勝って~メダルが獲りたいんやろ?
   みたいなカンジで、自分にしっかりゆって、それだとやっぱり練習~
   した分だけしっかり絶対いいことあると思ってるんで(←すごい早口!)
   ま、そう言い聞かせていましたね。
   『オマエ、金、狙ってるんやろ~』みたいな、カンジで、常に自分にはゆってました。

そんな米田さんに、体操する上での『座右の銘』を、お伺いしました。

米 「でも最近は、『座右の銘』ってゆうかわかんないケド、継続は力なりってゆう、それは
   なんか、自分の中でこう、しっかり、アノ~やっぱり結果がスゴイ、見たくなるんですよ~。
   、体操ってこう、細かいことを、チョットづつ練習して行って、なかなか結果が見えて
   こないんで…
   『あぁ、これ、もうできへんかな~』とか、思ってくるんで…
   でぇもう、そこでやめてしまうともう絶対できないじゃぁないですか~。
   それでもコツコツやっていけばいつかはできるようになる!っていう、なんか取りあえず、
   できるかできないかを考えるよりも、継続する事が大事だぞみたいな…
   『取りあえず今日も、取りあえず、やるだけやっとけ』ってゆうようなカンジで
   考えています。

う~ん、とにかく続けると…
米 「はぁぃ」

--------------------------♪

体操競技に限らず、すべてのスポーツにおいて‘練習’という、毎日々積み重ねた努力が
結果として実を結ぶんだよね。
体操は他の団体競技とは違い、個人それぞれのペースで試行錯誤していく部分が
大多数を占めているから、本当に強い精神力で、『己に克つ』ことを続けていって、
そこで初めてトップアスリートになれるのだと思うな…。

北京まで、モチベーションをずっと保って行くのは簡単な事ではないかもしれないけれど
「アノ人、どこいったん?」って思われたくない気持ちがある内は、大丈夫かな~?
米田、がんばれ~!自分に負けないでね。

日本vsバーレーン

最後はヒヤヒヤものだったけど、勝ち点3が取れてよかったよー。
前半はセットプレーでしかチャンス作れないのかホント、イライラし通し・・・。
結局、オウンゴールのみの一点だけだったけど、ゴール前にいた数名の選手の気持ちが
一体となって最後までプレッシャーかけつづけた中澤の執念
が、相手ミスを誘ってくれたね。

それにしても俊輔のプレー、本当に素晴らしいーーーブラボーッ!
コーナー、右も左も全部彼が蹴っていて、失敗キックはひとつもなかったってくらいキレイ。
そして、ゴール前へ出すラストの、いろんな種類のパスがすごい
あのゴールも彼のフリーキックからだったしねー。
ヒデはボランチに下がってたんだ…。でも、ども選手も後半の方が動きよかった。

折り返し戦は6月から…勝って2ヶ月余りを過ごすのと、負けて過ごすのとでは大違い!
(TVで慎吾ちゃんも言ってたね、もうホント、そう通りだよ~)
ジーコ・ジャパンの、さらなる進化を期待しよう。

朝から欲望全開

米田さんは、体操を続けていく励みとして、金銭欲や名誉欲があることを否定しません。

米 「おカネ、アリマスネ…
   お金もやっぱり、なんで~強くなりたいかとか、金メダル獲りたいかってゆったら、
   やっぱり、有名になりたいし、テレビにも出たいし、女の子にもモテたいし、
   お金もいっぱいもらいたいし、
とか、そういうところもやっぱり、
   あるじゃないっすか~。」

うん
米 「ホントに~世界一を、常に目指してるっていうなんか、そういう、ガチガチだと、スゴイ
   やってても面白くナイと思うんで、やっぱり金を獲ったら、こういう事ができるとか
   こんな高いモノが買えるとか、ま、そういうことだと思うんで、ま、そういうのは
   励みになりますね。」
   
そんな米田さんはオリンピックの後、欲しくてたまらなかったモノをやっと、手に入れました。

米 「ボクはずっと欲しかった車が買えたので、『買お、買おうっ』と思っていたけれど、
   なかなか手が出なくて、んで~、行く前にやっぱり、
   『ああ、オリンピックでメダル獲ったら車買えるかな~?』とかいう話をしてて
   ま、それがホントに…『世界選手権とか出たら車、買おう!』とかと思っていたんですけど、
   出れなくて、んで、オリンピックに代表入れて、『代表入って帰ってきたら車、買えるかな?
   とか、そういう話をしてて、そいでホントに金を獲って
   そいでもやっぱり車を買おうかどうか、迷ったんですけど、でも自分の中で
   『金獲っ…あんだけ、車買おうか迷ってたのに、金を獲って買わなかったら
   いったいいつ買うんだー?

   みたいな話になるんで、やっぱり金を獲ったし~、自分の中で、こう、
   『よし!これを買…なったんだから車を買おう!』みたいな、そういうの、もう、なんか、
   やっぱ車買えたってのはスゴイ、嬉しかったですね。

ご褒美的な?(クスクス)
米 「はぃ」

-------------------------( ^‐^)_且~~

ヨネ~~ッ!いくらなんでも迷い過ぎだってばっ(爆)
一生懸命に同じ言葉を繰り返して喋っている姿が目に浮かぶわ…ホント、可っ笑しいな~。

「有名になってチヤホヤされて、お金もいっぱい貰いたい!」
誰もが思う欲望を、サラッと普通に言ってしまう所が素直で正直な米田らしいね。
ああいうキャラだから、なーんか許されるっていうトコロがあるよな~(羨)
全然イヤミに聞こえなくって「うんうん、そうだね~」って許せちゃう…。

サッカー始まったね~。今日は仕事もやる事も全て終わらせて、今からじっくり観ます♪
  

朝から本音全開

米田さんは、ワザを編み出すさいに、色んな人の意見を、取り入れるそうです。

米 「え~と基本的にはボクは自分で最初に、ベースを作ってだいたいこうやって行こうって…
   でも途中でだいたい行き詰まったりするんですよ~。」

う~ん
米 「自分の考えだけだと、こう、なんかバラエティがなくて、
   だからやっぱり人の意見とかで~その意見が間違っていたとしても、そこで、一度こう、
   また、元に戻って考えるじゃないっすか。その考えるのが逆に、よくて、ま、ホントに
   色んな人の意見は聞いてますね…   
   なんかもう、全然違う、体操やった事のナイ人の話しとか聞いて『あれ?』 っていうふうに
   『あ、そうか、そういう考え方もあるか~』 みたいなカンジで、ちょっと違う観点で見てみると
   やり方がまた、新しいのが出てきたりとか、も、するんで…」

ふぅ~ん
米 「見てる人って単純じゃないっすか~。じゃ、単純に、こうやってみればみたいなカンジで
   んでボク達ってこう、本格的にやるから難しく考え過ぎて、全然こう全体を見れ…
   見れてナイっていうか、そういうトコロあるんで、パッとこう、普通に、シロウトの人が
   ポンと見て、アレっと思った…そういう、そこらへん
がスゴイ実はだい・・重要だったりとか
   する時もあるんで、『あ、そっかー!そう言われればそっちの方がイイかも』っていうような
   …はぃ。

「お前に何がわかるんだーっ」(笑)そういうふうに思わないんですか?
米 「ま、昔はそう思ってました、自分が一番正しいと思ったんで…ま、コーチが来ても
   『んーオマエよりもオレの方が知ってるしー』 みたいなカンジで」

(爆笑)
米 「でも、実際、それはそうだけど、でも色んな意見で、またス…やっぱりね、色んな考える
   チャンスが増えるんで。」

‘天才ヨネダ時代’は、こう、そういうふうに「オレの方が」ってところもあったけど今は違う…(笑)
米 「はい、そうですね、そっちの方が、効率がイイって事を、気づきました。」(苦笑い)

----------------------------------♪

小さい頃からあまり苦労もせずにワザをこなせた天才時代の彼を、垣間見れましたね~。
ぶっちゃけトーク炸裂!「パッとこう…ポンと見て、アレ?そこらへん…」っていう言い方
なんだか長嶋茂雄カントクを思い出したわ…
う~ん、やはり天才の持つ感覚って似てるのね(爆)

ヨネ、明日はFMインタお約束の「好きな音楽」、答えてくれるのかな?(本邦初公開)

----------------------------------@午後のほっこりタイム

水曜日いよいよ日本vsバーレーン戦!ホームゲームだけど、前の大会ではけっこう点を
取られてるから気を引き締めていかないと、ホントに足元すくわれそうだよ…(心配)
また3バックに戻すらしいし、今度はサントスと田中マコが戻ってくるから、イラン戦のような
歯車かみ合わないゲーム内容…ってなことにならないよう祈ってるよー。

朝から自己分析

アテネオリンピックでの金メダル獲得後、一躍有名になった米田さん。
常に自分を見失わないように、心がけています


やっぱり金獲ったら、そういう、周りの人がスゴイ、大事に扱ってくれるんで、
ま、そういうところで、ま、ホントに自分を見失わないようにっていう、のは、
その周りの人は、スゴイ、変わりましたね。
なんか、どっか、ご…アノ~買い物しに行ってもやっぱり、気付いてくれると
スゴイ良くしてくれるんで、ま、それが当たり前にならないようにっていうのは、
そこらへんは、やっぱりでも、段々やられてると、今度そうしてくれないお店とか
「な~んや、コイツら」みたいなって…

あはは
そう、なってしまいそうな自分も、ま、それをホントに、そういうところが、そんな、
全然…そんなね~。
そこはカン違いしないようにっていう、やっぱり周りはスゴイ変わってるんで、はぁい。
そういうのは、スゴイ思いますね。

最近は米田さんのことを『ヨネ様』と呼ぶ女性ファンも増えました。

ま、呼ばれるのはチョットこう、恥ずかしい所もあるんですけど、まあ、でも、
呼んでる人はそれが嬉しくて呼んでるんだし、ま、それだけ~なんか、ボクの事をこう、
好きで応援してくれてるっていうのが、ま、それは普通に考えてやっぱりスゴイ、
嬉しい事だし、オリンピックで…オリンピック行く前では考えられなかったし、
体操が注目されてるっていのは、ホントに、今ウレシイから、これからも
がんばろうと思ってますね


…成績、ありきですものね~かお、お顔だけじゃなくて
そうですね。ホントにもう、これで結果残せなかったらね、
『あの人、そういえばどこいったん?』(笑)みたいなカンジで、思われたらねぇ、はぃ…

-------------------------♪

自分自身を見失わず、足元をちゃんと見つめ直していこうと心がけている米田
カッコイイね!今でもけっこう、周りがチヤホヤしてくれていると思うんだよな~。
「勘違いしないよう、気をつける」うんうん、その言葉忘れずに、又、新たな気持ちで臨んで
日本代表に選ばれるよう、がんばって欲しいね。

それにしてもこのインタビュー、どこで録音したんだろう・・・?
途中、救急車のサイレンの音が入っていたけどさ~(笑)
相変わらずのヨネの口癖「スゴイ」「ホントに」「ま、」「やっぱり
それと「」の付く言葉も言い過ぎだって!クスクス笑いながらの文字起こし
…毎度の事ながらお腹、痛いわ~(^〇^)

徳洲会病院☆竣工祝賀会

ムチャクチャ大きい男の子達か、普通よりチョットちっさな男の子達か、
どちらを見に行こうか迷ったあげく・・
東レ・アローズ、三島駅前パレード、来年も優勝して絶対やってね!必ず応援に行くから

・・という事で、行ってしまいました静岡、徳洲会病院

竣工式開始直前に病院到着~地元の、比較的年齢層の高い来場者でごったがえしている
2階ロビーで、まるで関係者のようにドサクサに紛れて式典に参加(汗)

立花コーチ以下6人が、スーツ姿でテーブルひとつはさんだ向こうに立っていました。
みなさん、こういうパーティは何度も呼ばれていて慣れているのか、リラックスして
時々小声でお喋りしながら、約一時間、立ちっぱなし…(私は腰が痛くなってしまった)

病院、静岡県関係、来賓&インドネシア、ブルガリア、タイ etc…諸外国の医療スタッフの
祝辞が続き、TV・舞台で活躍している俳優の今井雅之さんの祝辞の後に
(半年前に徳田理事長とお知り合いになったらしい↑)
体操メンバーがひとりづつ紹介され、最後にアテネ二人組が一言ご挨拶。

水鳥「…地元静岡に、このような立派な病院ができて嬉しいデス。
     これからも、みなさんに体操で元気を与えられるよう、ガンバリます。」

米田「…来賓の方が、待合室から見える景色が素晴らしいと言っていました。
    ボクたちは医療にかかわる事はできませんが、体操に励んでいきたいと思います。」
  ↑かなりイイカゲン&あいまいな記憶(^^; 二人とも流暢に、手馴れたカンジで話していました。

それから乾杯の音頭が執られ、立食パーティーが始まりましたが、徳洲会にとって
五輪金メダリスト』 という、この上ない広告塔である米田&水鳥は食べるのもそこそこ
早速、記念写真の段上人に奉られ、それから延々と1時間あまりに渡り、アテネスマイルを
ふりまいていました

ヨネの髪、まるでスヌーピーに出てくるウッドストックのようだ、水トリィも天パーが長めのまま。

んでもって、彼らが 『ただいま営業中』 の間、手持ち無沙汰な他の4人のメンバー。
たまたま、おが~ちゃんが近くを通ったので思い切って声をかけてパンフにサイン頂きました。
「選考会、がんばってください~」と言ったら「あ、ありがとうございます、がんばります」と
答えてくれたよー。自分の持っていたボールペンで書いてもらったんだが、
小さくて控えめなサインでした。

タイヘンッ!彼と同じ身長の私は話す時、膝を折らないと目線が合わない…
おが~ちゃん
、ただでさえ首を前に出し気味で上目遣いだからな~(^-^;
メチャかわいかったデス。

テーブルの周り、ぐるぐるまわって食べ物口に押し込んでた桑原くん
(よっぽどお腹空いてたのかな?)
大きな目で、しっかりと顔を見て話してくれる佐野さん
ちょっと離れたところにいた田原くんにもお願いして頂いてしまいました。田原くんに
「お休みなのに大変ですね、代休ってあるんですか?」と聞いたら「ナイんですよ~~」と
あの、たばらスマイルで気さくに答えてくれました。

いや~、それにしても徳洲会グループの太っ腹、懐の深さには恐れ入ったよ~m(_ _)m
パーティーの一般参加はモチロン、一緒に一人づつ撮るアテネ組とのポラロイド写真を
大サービス!!(自分、恥ずかしくって躊躇して撮ってもらわなかったが…)
お土産も病院資料や徳洲新聞、電子体温計や、ヨネ・水・理事長の写真&サイン入りファイル
(年末の静岡演技会でももらった)徳田虎雄理事長の生い立ち漫画。←けっこう感動モノ!
これからお世話になる地元住民に対する宣伝に余念なし。

撮影会が終わったと同時に2台の車に分乗し、あっという間に退散してしまった
体操メンバーの皆様、そして、ヨネ&水トリィ、究極にお疲れサマ!
5月の代々木に向けて万全の態勢で臨める事を願っています。

---------------------------(^◇^)ノ

夜の、NHKローカルニュースで東レ優勝パレードの様子が見られたよー。
シノ柴田恭平阿部ちゃん今田くんがカメラに向ってピースサイン&笑顔えがお。
いや、そのオープンカーってのが、トラックの荷台だったのには笑ったが・・・。
お天気が良くって、沿道にもファンがいっぱい。選手達も本当に嬉しそうで…優勝ってイイね!

東宝劇場・宙組公演

21日(月)に観た、ミュージカル「ホテル ステラマリス」ショー「レビュー記念日」観劇記

…って、もう一週間過ぎちゃうけど、思い出せるか(汗)
大劇場、久々の正塚作品なんだが、うう~~ん、相変わらずTVのブラウン管(今じゃ液晶?)
の中で演ってるようなストーリー展開・・・大きな舞台がもったいないよ、ホント。

でも、新しいファンを開拓するには、TVや映画のドラマに見慣れている初心者に
こういったお芝居を見せてあげれば、ヅカに嵌ってくれる確立は高いかもしれないな。
宝塚女性ばかり厚化粧気持ち悪い、という先入観を払拭してくれるかも。

タカコ(和央ようか)のウィリアムっつー役はなんだ?存在が意味不明。
よって全く共感できない。
これって花總ステイシーも主役なのかなー?(まあ、いつもの事だが…)
ラスト間際の、ステイシーに恋心を抱いていたミズ(水夏希)アレンと花總の会話は
なんだか聞いてて、こちらが恥ずかしくなってしまったわ。(一昔前のトレンディードラマっぽい)

最後はトップお二人、手と手を取り合ってお約束のハッピーエンド。
花總のセリフ「ステラマリスがある限り、私はここにいますから」←ウロ覚え
は、そのまま「宝塚がある限り、私はここにいますから~」って聴こえてるわよ(爆)

ショーもねぇ~~。トップコンビが捌けるとミズタニ(大和悠河)が出てきて、若手の場面って
ひとつも絡ませてもらえなかったか?タカコ&花總、二人の世界は…もう、お腹いっぱいだよ~。
それにしても、宙組の男役はみんなデカイッ!花組に出てると背が高いな~と思ったミズが
小さく見えるよ(苦笑)でも、彼女も雪組に組替でいなくなる・・・益々背が高くなるが
初嶺磨代ちゃんがチト気の毒かも。

ぽっぽさん(貴柳みどり)の髪型、夜会巻きなんだけど、地毛で自分でセットしてるのね。
ホント素晴らしい!「白昼の稲妻」の髪型もステキだったよ~、でも退団してしまう。
この特技(っていうのか?)外の世界で活かして欲しいよ。

黒燕尾のシーン、ミズの身のこなし&踊っている時の身体の角度が誰よりも抜群に
決まっていて
ホレボレするよ~。宙の群舞はヅカ一揃っていないが…
中詰の色狂い衣装を見て、
「あ、草野先生だったのねー」と初めてわかった>ぢぶん>公演リサーチしなさ過ぎ
花總のダルマ姿、顔の表情はさすがに老けたが、相変わらず腰の位置が高くて手足が長い!
男性客はここで目が醒めるってかー?(笑)

これって観劇記じゃないねー単なるツッコミ(^.^;
でも不思議なモノで、一度観て拒否反応した芝居、何度も観劇するうちに
自分なりのツボを見つけて、その場面がくるとワクワクした気分になるんだよなー。
そんなリピーターばかりが大多数を占めるヅカファンは、また今日もせっせと足しげく
劇場に通っています…。

日本vsイラン

はぁ~~~…
昨夜のサッカー、悪くても引き分けできたのにな~、もったいないよ。
中盤に俊輔小野中田ヒデだなんて!目の前にしたらヨダレが出そうなファンタジスタ
揃ってたのに、チームとしては、なんか中途半端な状態で終わってしまったね。

夕刊に「1-1の場面で守りに行くのか点を取りに行くのか指示があやふやだった」
って書いてあってホント、ちゃんと徹底してれば勝ち点1稼げたのにな(-_-;)
中田ヒデが戻ったから4バックにしただなんて、なんかな~選手間がギクシャクしそうだよ

30日のバーレーンは、イランより手強い相手らしい…北朝鮮にも勝って意気上がってるしね。
小野はオランダへ帰るから、出られない?ここが正念場!がんばれジーコ・ジャパン!

朝から「なんていうのかな」

北京オリンピックへ向け、新たな戦いが始まった今、今後の抱負をお伺いしました。

今後の抱負も是非、お伺いしたいんですが。
鹿 「今後の抱負~は…やはり、ひとつひとつの試合を、大切にしてですね、
   あのー、目標は北京でもう一度、日本は強いんだというところを、金メダルを、
   獲りたいと思ってます。」

ん~なるほどっ、もう、その北京も早くもあと三年後という事になってきて
鹿 「そうですね。」

まあ、地元中国もねぇ、このまま~黙ってっていうことも、ないでしょうからね~。
鹿 「ないですねぇ、はぁい。」

より、やっぱりタフな戦いになると思うんですけど
鹿 「かなり…もう、そうですね、今回以上に、アテネ以上にすごく、ムズカシイ…と
   思うんですけど、うん。」

うん、それを克服して…
鹿 「はい、頑張りたいと思います。」

はい~是非とも!期待しています。
あの~鹿島さんにとって、まあ、あのアテネオリンピックが始めて、ま、出るオリンピックとしては…
ということだったんですが、『オリンピックってどういう存在』 なんですか?

鹿 「オリンピックはぁ~そうですね、小さい頃からの、ずっと夢で、目標であったんで
   体操やって行くうえでの、なんていうんだろう 『糧』 みたいなモノ、ですね。」
   (糧「かて」…活力の源、力づけるもの)

ま、その夢~その、アテネ出た事によって、ま、ある意味達成されたというのがあるけど
でも、それはまだまだ、終わらない?

鹿 「終わら、ない~ですね、体操やってて、“底”がナイというか、やはり、その、自分が
   満足するというか、『あ、やりきったぞーみたいなトコまで、ちっとやってみたいなぁ
   と思っています。」

う~ん、ナルホド。もうホントやっぱり『限りがない 世界』だけに、ということですね。
鹿 「はぁい。」

是非とも北京でもう一度「強いニッポン」を見せ付けていただきたい!と、切に願います。
来週は同じく、アテネオリンピック体操団体総合金メダリスト「米田 功選手」の
インタビューをお送りします。

------------------------ヾ(´ー`)ノ

昨日も今日も同じような内容で、結局ユルイ話は聴けなかったな~残念っ!
まあ、それだけ体操が生活のほとんどを占めているってのが伝わってきたんだけど
被り気味の質問ばかりに、ちっと納得いかないよ~(`ε´)
でも、かしーの事だから、「趣味は何ですか」とかって訊かれても
「趣味?なんだろ…体操か、な?」って答えてそう(笑)
そんなんじゃ話も膨らまないわな。

『やりきったぞ』というのはきっと、北京五輪種目別あん馬で金メダルを獲る事だろうね。
アテネの悔しそうな表情を思い出してしまったよ…やりきってくれ~鹿島ー!

来週はヨネが来るのね・・・マック揃い踏み、嬉しい限りデス。
---------------------♪

今日、春場所結びの一番をたまたま見る事ができたんだが、朝青龍の連勝がストップした。
それも栃東が、取り直しの一番で有無を言わせず倒してくれたことが嬉しいよ。
追いつかれて、追い越されて遥か彼方に行ってしまった横綱に対する意地を見せてくれた。
今場所は勝ったり負けたりだったけど、まだまだ上を目指してあきらめないで欲しいね。
ガンバレ、栃東

サッカー…日本vsイラン、前半リードされてるね。12万人の男性ばかりの応援って
ある意味スゴイ光景かも。

朝から「やっぱり」

今日はマジメに体操の事について訊かれていましたね~。

昨夜、鹿島が「ケリーのジレンマが好き」という文章を以前、ナニで見たのか
探していたら偶然、とってもステキなモノを見つけた。
あるミュージシャンの2003年9月のBlogに書かれていたよ。

  「…そう言えば、先週素敵な言葉に出会った。
   先月、体操の世界選手権で日本人として二十九年ぶりの種目別二冠を達成した
   鹿島丈博選手のお母さんがいつも言っていたという言葉。
  『昨日のことは忘れましょう。明日のことはわかりません。
   今日のことをがんばりましょう
』 いいよね。なんか、楽になる。」


かしママの言葉は、いつも心に響くね。

   頑張っている息子に「ガンバレ」なんて言えない。
   『きげんよく、機嫌よくね』 と言っています…。
   「お母さんが審判やったら、丈ちゃんが一番や。みなさんに、あんたのきれいな
   体操見てもらいなさい。他人は他人、丈ちゃんはたけちゃんやからね

   (婦人公論…etcより)

見た雰囲気は完ぺき“大阪のオカン”なんだけど~、厳しい態度で叱咤激励しながらも
心から息子の事を想っていて、とっても温かくて柔らかい考え方を待っている素敵なお母様。

そうそう、好きな音楽はアナハイム世選後のAMラジオ番組「トヨタスポーツドリーム」
に出演した時に言っていました。「ジレンマ」以上の曲に、まだ巡り会ってないのかな?

---------------------@今からお昼ごはん

体操が好きかどうか、改めてお伺いしました。

好きですか?体操。
鹿 「好きですね、やっばりやってて楽しいってのが、大前提にあると思うので…」

なるほど~まぁ子供…ま、ホント三歳くらいの時から始められて、最初のうちはホントに楽しくて
やってるっていう感覚が、たぶんすごくするかと思うんですけど、その感覚って、こう、トップに
なってくるに連れ・・まあ、やっぱ辛い事も当然多いじゃないですか。
『楽しい、好き』っていう感覚っていうのは、そう、おんなじできてるもんですか?

鹿 「ぃやっ、やっぱり、辞めたい時とか辛い時は、あったり、したんですけども、
   やっぱり、なんていうのかな…ホントに、ちょっとケガしたりとか、体操から離れると
   やっぱり考える事っていうのは、体操の事なので…」

ほぉ~、ふぅ~ん
鹿 「そういう時に 『あ、やっぱり好きなんだな』 っていうのをすごく感じますね。」

あ~なるほど…じゃあもう、ずっと続けて行きたい・・
鹿 「そうですね、自分ができる限りは、やっていきたいと思ってます。」

じゃあ、まだまだ、その、辞めるっていう事は全然考えられない、カンジですかね?
鹿 「(笑)ぁぁ…考え~、そうですね、自分の身体が持つまでは…体操っていうのは
   ホントに、なんていうのかな限りが、ナイんですよね

ふぅ~ん
鹿 「あの~ルール改正もあって、どんどん、やらないといけないことが、こう、
   後から後から付いてくるんで…」

課題がどんどん増えていく
鹿 「はぁ~い、ホントに『極めた!』っていうのがナイっていうか、そういうのが楽しいのかな~
   とか、思ったりしますね。」

ナルホドね~。
   

朝から「R&B」

「朝から鹿島丈博」
今日は好きな音楽を訊かれていましたね。
ディスチャのケリーを聴いてるっていう内容、どこかで読んだ記憶があるな~。

う~ん、まだまだガードが固いわよ、かしー。
明日はとみーみたく、ゆるゆる話を期待するよ!

文字起こしは夜やろう…って、インタビュアーの方がいっぱい喋ってたじゃん!(苦笑)

--------------------------@ちょっとブレイク

あのー、この番組、ま、FMでやってるんで、音楽の事とか訊いているんですけど
好きな音楽ってありますか?

鹿 「あ、好きな音楽は~、あの、ケリー・ローランドっていう…」

ほぉ~
鹿 「はぁい、『ジレンマ』っていう」

ハイハイ、はい
鹿 「はぁい」

え?それはアテネの頃とかも聴いてみて…
鹿 「アテネの頃…も聴いてたと思います」

ほぉ~
鹿 「はぁい」

え、ああいうブラック系のモノが、好きですか?
鹿 「…はい、なんか、落ち着くような」

ふぅ~ん
鹿 「家、帰ってくつろげる時とかに、ま、聴いてたりとかはしますね」

は~、ナルホド…

    BGM「ジレンマ」

ま、やっぱり、体操が、もうホントに、人生の中で、まあホントに優先順位ナンバーワン
という状況だと思うんですけど、そんな~なんかね、普段の生活で~心がけている、
ような事っていうのは、何ですか?
やっぱり、その、すべて体操に結び付けてっていうような、とこでから始まるもんですか?
生活、そのものが…

鹿 「ま~だいたい毎日が、練習やってて、ま、休みの日も入れて、次の日の為に
   どうするか、とか~、う~ん…」

うん、そうか~
鹿 「そうですね」

やっぱり、そこ、行動がもうそこから、逆算してっていう
鹿 「そうですね」

…ワケですね、ナルホド。

---------------------( ^‐^)_且~~

かしーが喋る言葉全部、平仮名orカタカナで書き表したい気分だわ(笑)
『ジレンマ』は2~3年前、よくラジオ付けてると流れていたよな~。
R&Bでもバラード系の耳に心地良いリズムは、ヒーリング効果もあるしホント、癒されますね。

----------------------(T-T)

話変わるけど、今日の新聞に丹下健三氏死去のニュースがあった。
代々木の体育館を、今から40年も前に設計した有名な建築家だそうだ。
最近、バレーや体操などで訪れているけど本当に斬新な建物で、中の空間は
特にお客さんが大勢入った時に、心が揺さぶられるような胸の高鳴りを
感じ、計り知れないスケールの大きさに驚いたよ…
戦後日本を象徴するモニュメントの数々を湛え、合掌。

朝から「そうですね」

一緒に金メダルを勝ち獲った、チームメイトたちについて語っていただきました。

今回のアテネの、ま、団体の金メダルのメンバー6人、非常に個性的なメンバーが
揃っているなっ、というカンジがするんですけど…

鹿 「あはは(笑)」

どんな面々でしょう?
鹿 「どんな面々…(困)」

じゃ、個人的に聞いていきましょう、米田さんてどういう人でしょ?
鹿 「あぁ…ヨネダッさんは、ホントにもう、練習の鬼!ですね。」

練習のオニ?
鹿 「あの人は…モゴモゴ」←悔しいけど聞き取れないっ

ほぉ~、かつては練習ギライっていうカンジだったんじゃないですか~。
鹿 「そうですね。」

それが、今は 『練習の鬼』 !
鹿 「そうですね。」

ほぉ~、塚原さんはどうですか?
鹿 「三回のオリンピックを経験してきただけあって、その、ここ一番のホントに強い、選手
   …はい。」

冨田選手はどうですか?
鹿 「考える事がチョット、人とチョット違う視線?視点を持っていたり、そういうところが
   すごく、一緒にやってても『すごいな』っていうモノを持ってる選手だと思うんデス。」

ほぉ~、ユニークな視点…
鹿 「体操のこととか聞いても 『あっ(驚)そういう~やり方もあるのかー』 みたいな(笑)」

へぇ~ナルホド、かなり、じゃあ独創的な部分がある…?
鹿 「そうですね」

へぇ~、水鳥選手は?
鹿 「水鳥選手も、ホントにもう、努力っていうか、練習をすごくやる選手で…ウン。」

中野選手は?
鹿 「あ~もう 『天才っ』 ですね、彼は…」

『天才』!?ほぉ~

鹿 「オリンピックで、一緒にやった時に感じたのは 『ナニか持ってるな』 っていうのが
   すごく感じましたね、はぁい。」

ほぉ~『何か持ってる』・・・

----------------------(o^-^o)

なんだか、朝から癒されモード全開!だよ>鹿島の喋り。
当たり障りのナイ優等生的発言だったけど、冨田の事を訊かれた時は
ここぞとばかり、それでもたくさん喋ってたような気が…
神経使って、言葉をひとつひとつ選んで誠実に話している姿が目に浮かびます。

そうそう、今日コンビニで立ち読みした‘女性自身’に
韓国俳優、クォン・サンウの写真が載っていたんだけど、
眉毛と目の雰囲気が、あと5年くらい歳が経てばこんなカンジになるかも。
と思ってしまった。(どこかの掲示版にも「似てる」という意見があったが)

明日は、もうちょっとプライベートな話が聴けるかな?

朝から「はぁい」

アテネオリンピックの後、ケガをした鹿島さん、チョット心配だったんですが…

えっとあの、ケガ…、10月にアノ、骨っていうか肋骨折ってて、それはもう大丈夫ですか?
鹿 「ろく~軟骨っていう所が骨折したんですけど、それはもう全然、大丈夫デス。」

あ、本当ですか~それは練習中に、こう、やっちゃったみたいな?
鹿 「はい、練習中に…」

あのー、アテネが終わってからもう、だいぶ時間も経っているんですけど
オリンピック…今、ご自分の中で、どんな位置付けになってますか?

鹿 「オリンピック~っていうのはぁ、やっぱりすごく、いろんな方に支えられて、いろんな方に
   応援していただいて、ホントにすごく自分の中に、大きな存在としてあったんですけども
   ルール改正っていうのがあって、ホントに、ね、その、オリンピック終わってから
   すぐにまた違う事があるので、もう、なんだろ?終わってしまった事っていうふうに…」

ああ、それに浸っている余裕はないってカンジ?
鹿 「はい、そうですね」

そのルール改正、やっぱり、かなり大きく変わったカンジですか?
鹿 「えっと、今年一年の一応、ルールみたいなんで、いくつだ?1.2の加点が
   1.6になったので、新しいワザとかも取り入れて行かないといけない
   というのがあるんで、ま、それがすごく大変だと…」

より、大ワザというか、難易度も高くして行かなければならないと。
鹿 「そうですね、はぁい。」

う~ん、そういった意味で、その新しいルールに対応したそのワザを
開発して行かなければいけないっていうカンジ?

鹿 「そうですね、はぁい。」

うんうん、ナルホド…

   

PIO vs NEC 最終決戦

2日間、試合&舞台を観終わって先程帰宅~(ため息)

パイvs赤ロケ…悔しいけどパイオニアは完敗。
一日経っただけなのに、2戦目とは全く逆のような内容でNECはちゃんと修正してきたわ。
とにかく両チームともサーブレシーブがすべて!といった試合でした。

パイは1セット目最初からキャッチもアタックも信じられない程決まらない…。
最初フランシーがリベロと交替せず、バックアタックを打っていたんだけど
NECのブロックは、それでもちゃんと付いてきてたのがスゴイ。

ユキ姉のトスが最初から最後までグダグダだったし、フランシーのレフトもマークされるし。
昨日はあれだけ爆発してたのに、れおも不発続き…
相手のWクイックにパイのブロックが付いてこられないー(涙)

NECは気迫でパイを上回っていた。
よく拾っていたし、とにかくブロックがコミットで跳んでるのか?って思わせるくらい
ドンピシャで止めてて、パイに自分達のバレーをさせなかったのが勝因か。

シンの切り返しやスギのブロードは仕方ない、百歩譲ってあきらめよう…
でも仁木のストレートや大友のライト速攻は、なんとかブロック引っ掛けてくれ~とイライラ。
一番イタイのは、河村メグのヘナチョコ時間差!冨田洋之じゃないけど、別な意味で
「私にも、できるんじゃない?」て思わせてくれる(笑)
とにかくあのピロロロ~としたアタックをコートに落とされるとホントにがっくりくるよー。

第4セット、13-6から追い上げられて13-13の所でセリが2回目の作戦タイムを取った
この時点で負けを覚悟した・・・サーブで崩されブロックで止められてしまって万事休す。
セリの作戦もすべて出し尽くして負けたな。

仁木の勝利インタビュー、開口一番「このメンバーでまた優勝できて、すごい嬉しいです
は、パイに移った栗原メグに対するイヤミかー?
でも。MVPが決まったと知らされた時、感無量で泣いていた姿を見て、敵ながらアッパレと
こちらも、もらい泣きしてしまったよ…。

NEC大貫選手の「長いシーズン、全然キツクなかった」の言葉に救われた。
負けたのは残念だけど、パイも対NEC戦の連敗を止めて一つ勝ってくれたのが
せめてもの慰めかな。
両チームとも長いリーグ戦、本当にお疲れさま、素晴らしい試合をありがとう。

被ってしまいました

数日前から気になっている事・・・
来週の日曜日(27日)県内でビッグイベントが二つ!同時刻に!!!!

ひとつは静岡市内で「静岡徳洲会病院の院内見学会、竣工祝賀会が開催
正午~1時半の祝賀会に、体操クラブのメンバーがやってくるそうだよ…。

もうひとつは三島市で男バレ、東レ・アローズの優勝祝賀パレードがっ!
13:15分~ 三島駅南口出発(オープンカーで)
13:30分~ 市役所前駐車場にて優勝報告会
14:00分~ 選手サイン会

…徳洲会は全員来るのかな~?ヨネナマほにゃ声も久々に聞いてみたいし、
おが~ちゃんかわいさも再確認したいし、水トリィ髪型チェックもしたいし…。

東レも、なんせ初優勝パレードだからなー。シノパフォーマンスも見たいし
コバ敦&ノブコフ笑顔も、今田くん八重歯も見たいよ~パーシャもいるのかな?

徳洲会病院はな~、行ったところでモロ、ミーハー丸出しかー(汗)やめとくか…
ヨネの追っかけとか来ていそうだし。
やっぱり三島に行こうかな~。うう~ん、でも、ヨネ&おが~も捨てがたいっ。

一週間、悩んでみます・・・。

明日~あさってと一泊二日で、女子バリボVリーグ最終決戦&東京東宝ヅカ宙組公演
観戦、観劇に行ってきま~す!

パイオニアvsNEC

明日のチケット、無駄にならずにすんだよー(T-T)

昨夜のBS放送、うっかり忘れてて第三セットしか見れなかったんだが、あの状態から
よくここまで立て直せたな~。やっぱりセリンジャー&パイの選手はスゴイ!

NEC…今日はシンのエンジンのかかり具合が遅かったし(なんか~途中でキレてた?)
毎回やられっぱなしの仁木にもちゃんとマークついて、仕事を最小限に食い止めてたよ。
大友が全く仕事させてもらえなかったね、ブロックもイマイチだったし。
(でも、相変わらず人気すごい、プレゼントもらいまくってた)

パイは最初から最後までキャッチが正確にユキ姉に返っていたので安心して見られた。
サーブで崩された時にはホント、目も当てられないもんなー。

圧巻は第三セット!それまで、ブロックポイントがNの7個に対してパイはたったの1個!
それなのに、今までがウソのように三セット目序盤、連続ブロックポイント決まって
流れをつかんで、そのまま突っ走ってくれたねー。

れおも1セット目から重たいスパイクをズバズバ決めてくれて本当に頼もしかった。
前回、Nの吉川監督が「パイはフールマンだけ」と言ってたのが、今日は
フールマンと佐々木」に変わってて、それだけれおが調子良かった証拠だよ。

昨日はメンバーをレギュラーラウンドとは入れ替えて奇襲作戦に出たセリが、今日は
普段着のいつものメンツに戻して正解。フランシーのレフトもちゃんと機能していたし。
やっぱ、ともさんコートの中で吠えてくれないと
アノ存在感のすごさは何モノにも変えられないよ、いてくれるだけで違うんだよな~。

TV画面の下にチラチラ映る印東コーチが、点が入る度にジャンプがすごくて~(笑)
明日は印東チェックも万全に!
これでイーブンになったけど、今日までの事は忘れて明日は両チームとも
悔いの残らない試合を見せてくれる事を期待しよう。

朝から神着地

順番が前後してしまったが、「朝から冨田洋之」の初日!月曜日(14日)のラジオレポ。

体操をやっていて、一番楽しい事って何ですか?
冨 「すごい自分…練習に関しても試合に関しても、自分の思い通りの演技ができた
   っていうか自分の考え通りに身体が動いてくれたっていう時がなんか、
   楽しいっていうよりかは、なんか、気持ちイイ感じがしますね。

   ま、ワザをするに関して、やっぱり少しでもブレとか、狂いが生じると、成功しても
   すごい変な所に力が入って、しんどいイメージがあるんですけど、ホント、完璧に
   決まったっていう時は、ナニも抵抗するものがなくて、もう自然と、そのワザが
   終わってるって感じで、何の…違和感もなく終わる時がすごい、気持ちイイし、
   楽しいっていうのがありますね。


金メダルを決めた最後の鉄棒、ニッポン中が狂喜乱舞した、アノ着地の瞬間!
さぞかし、気持ちよかったんじゃないでしょうか?

冨 「いや、あれは、あんまり気持ちイイっていう感じじゃなくて、ワザ自体はそんなに良く
   なかったんですけど、気持ちがスゴイ入ってて、絶対止めてやろうっていう…
   強い気持ちで止めたっていう感じ…の着地
でしたね。」

尻もち着いたりとか、足が出たりとかすると、やっぱりそれだけメダルから
チョット離れちゃうかもしれないから、ここはやっぱ止めてやろう!っていう…

冨 「まあ、着地一歩ぐらいだったら、まあ点差は開いていたんで、ま、勝てるとは
   思ってたんですけど、それより最後、着地をしっかり止めて勝った方が
   印象が強いかな、と思って…」

--------------------(⌒‐⌒)

こうやって文字にしてみると、けっこう喋っているんだね。言ってる意味も
ちゃんとこちらに伝わってくるし、芯がしっかりしてるな~という印象が強いよ。

美しい体操」にこだわり続ける彼の演技を、これからも応援していこう。

--------------------今日のバリボ

パイ、赤ロケにスト負けだって…(;>ω<)
私の、20日の、とどろきのチケットを紙キレにしないで~~。
明日こそ勝ってタイに持ち込んで欲しいよ。「れおーっ頑張れ!」

朝から男前!

ほ~~(^o^) 最後はキレイにまとめてくれたね、とみー!

彼が喋ってる間は、こちとら朝の忙しい時間帯にもかかわらず
時計の秒針が、ゆっくりと進んでくれているようだったよ
(笑)

今夜は、今日の分とアップしていない月曜日(14日)の分を書き起こしてみます。

あ~~(@_@) 女子バレの第一戦(パイvs赤ロケ)も、もうすぐ始まるよー。
ライスコ見たいけど、仕事が…

----------------------------@怒涛の週末&連休

何を目標に体操を続けているんですか?
冨 「ん~ボク自身、ま、見てもらうスポーツなんで、見てもら~う人が、なんて言うんですかね
   自分の演技を見て、『自分にもできそう』って思ってもらえるようにしたいな、
   とは思って…モゴモゴ

で・で・できそうっ?『こんなの絶対できないよ!』って思われたいんじゃないですか?
冨 「えぇ…んふ、それだと、ムズカシイことを難しく見せてる、だけなんで、それより逆に
   難しいワザを簡単に見せる、ようにして、まあ素人(シロウト)っていうか、
   やってない人に対しても『自分が~できるんじゃないか?』っと、思わせるような
   演技がしたいとは思ってます。」

実は冨田さんにサインをお願いしたんですが、好きな言葉も一緒に書いて頂ました。
冨 「好きな言葉…体操に関してですか?」

いや、何でもけっこうです
冨 「…こういうのけっこうあるんですけど、ボク、あんまり考えた事ナイんで、
   体操に関して、にします。
   体操に関して一番こだわっているのが‘美しさ’なんで、ま、美しい演技っていうのが
   現役引退するまで、こだわり続けてやっていきたいとは思っています。」

難しいことを簡単に、且つ、美しく、冨田洋之!今後も要注目です。

朝からSweets

いや~~、放送始まる前は、既出話ばかりだったらツマンナイな~と思っていたのに
こんなに初耳ネタを投下してくれるとは…びっくらだよ~冨田!

チーズケーキが好き」だと。
味にはこだわらず、コンビニのでもOKっていうトコが冨田らしくっていいね~(*^_^*)

米田の時(9月か10月初め頃だったか?)時期的に、ほとんどアテネの話ばかりだったが、
今回は年が明けての収録のようだし、質問内容も、リスナーの期待に
答えてくれてるようでGood!

夜の文字起こし、明日が最後かぁ…淋しいよ。

-------------------@今からお昼ごはん

なんと!冨田と交替で、来週から鹿島が「MY OLYMPIC」に登場!
“かしー不足”もこれで解消できそうです。

-------------------♪今日のラジオ

冨田さんの『や・ぼ・う(野望)』ってなんでしょうか?
冨 「野望自体はそんなに、め?、遠くの事を考えることは、あんまり…しない方なんで
   取り合えず、目先のことをやっていけば、自然と…まあ、オリンピックに関して
   地道にやってきてここまで来れたんで、まあ、これからも地道に色々積み重ねて行けば
   ま、自然と色々なモノが見えてくると思うんで、少しずつ、マイペースにやっていきたいな、
   とは思っています。」

じゃ、今日の練習とか、明日の練習とか、そういうレベルですか?
冨 「うん、ま、そうですね。こう…練習を続けて行こうと決めたり、それプラス何を加えようとか
   そういった感じで、うん、まあ区切りとして試合は、体操での試合ってのがあるんですけど
   ま、それに合わせてやっていって…まあ、それの積み重ねですね。」

そんな冨田さん、小さな楽しみのひとつは『甘いモノを食べること』だ・そうです。
冨 「チーズケーキが好きなんで…」

ふぅ~ん、じゃあ、あの色んなお店、例えば回ったりとかはするんですか?
あそこのは美味しいとか美味しくナイとか…

冨 「いや、そんなに~知らないんで…全然、コンビニのチーズケーキとかでも
   満足してます
…はい」

こだわる方ではナイ?
冨 「そう、ですね。まあこだわる…まあ、わかってもたぶん買いに行けないと思うんで、
   それぐらいだったら、わからない方がいいかな(笑)」

じゃあ、自分の近所にあるので…ムニャムニャ←聴き取り不能
冨 「はい…まあ近所で、すぐ買えるモノで美味しいものってカンジです・・ね」

--------------↓次の番組の女性DJのコメント

そんな冨田さんにオススメのチーズケーキはですね、湘南海岸公園の目の前にある
赤ずきん』というケーキ屋さんのチーズケーキがすごくね~素朴で昔風で美味しいので
オススメです。でもきっと遠いから買いに行かないんだろうな~(笑)冨田さんでした。

----------------------(=^_^=)

自分の事も周りもよく見えていて、野望を聞かれても決して大きな口を叩かず、
足が地面にしっかりくっついているようだよ(あの神着地のように)
内に秘めた闘志の中には、誰にも負けないという自信があるんだろうな…。

お酒は飲まないようだから、ささやかな幸せが甘いモノを食べる事か~。
なんかホントに可愛いよ~、冨田。

朝から関白宣言

米田や塚原のインタで爆笑するのは日常茶飯事だが、
まさか!の、冨田の喋りで朝から ((((^◇^))))

「最近ハマっているのはぁ…んー・・・・さだまさしさんですね」

紅白見て「いいな~」と思ったんだって。
関白宣言って昭和54年にヒットしたっていうから、彼が生まれる前の唄。
真面目に答えてくれたのに笑っちゃってゴメンね冨田。
文字起こしは夜やろう…あ~ん、それにしてもオッモシロイよ~~。

----------------@昼休み

ど・ん・な、音楽が好きですかね?
冨 「あぁ、そんなに練習前?そんなに音楽、聴かない方なんですけど、車ん中で
   聴いたり、する~んですけど、最近ハマってるのは…ん~さだまさしさんですね。」

ほぉ~
冨 「アノ…紅白を聴いて少し感動したんで、色々集めて今、聴いています。」

特にお好きな曲は?
冨 「『関白宣言』だとか、『恋愛症候群』だとか、ま、感動する歌だとか
   なんか面白い歌だとか、色々あって今はすごい聴いてますね。」

BGM 『関白宣言』
あの…っということは自ら結婚したら、カンパク~宣言?


たとえば冨田さんは結婚とかしたら、亭主関白になるタイプですか?
冨 「たぶん、ならないとは思ってマス(笑)」

敷かれる系ですか?
冨 「う~ん、けっこう自分自身マイペースな方なんで、
   そんなに~相手の事をあれしろ、これしろという方でもないですし…   
   ま、あんまり言われるのも好きじゃナイんで

(クスクス)

冨 「ま、自然と、なるようになっていくとは思いますけど」

アナタ!何考えてるかわかんないわー、なんて言われたりとか…
冨 「あ~、それはよく言われるんで、今でも、ハイ…
   それは、もう~言われた時になんか言い返します
(笑)」

(爆笑)
------------------------( ∩_∩)_旦~~

昨日のプゲラは、この前ぶれだったのねー。おっかしいよ~とみーっ最高!
「今でも…言われる」ってことは、お付き合いが長い彼女なのかもね。

でも、さだまさしにハマるなんてシブいよ~。
私は『精霊流し』の世界に子供心にしんみりした記憶があるよ…
グレープ時代の歌も、すごくイイんだよな~。
『朝刊』 とか 『無縁坂』 も聴いて欲しいよ、冨田。

朝からマイペース

今日の『MY OLYMPIC』冨田インタビュー

団体総合で金メダルを決めた時、他の選手が大喜びする中、冨田さんだけは
非常に冷静に見れたんですが…


冨 「最後だったんで、まあとりあえずその、最後の責任っていうのを果たそうと思って
   演技していましたし、それが決まって金メダルが獲れたっていう喜びと同時に
   ホッとしたという感じがあって、まあ~そういうのがあって『冷静』でっていうのが
   見えたんじゃないかと…モゴモゴ…」
   (とみーっ!口をちゃんと開けて喋って~)

いや、ホントにこう、物事に動じないっっていう感じがしますよね~。

冨 「ん~動じないことはなんですけど、すぐにどう…したらいいか、を考えますね。
   なんか、困った事があると、どう対処するかを一番先に考えます
   あまりアワてる事に対して、あまりいいイメージがないんで…」

カッコ悪いんだみたいな…

冨 「カッコ悪いっていうか、アワてるよりか冷静に、この状況を把握した方が
   いいかなと思って…」
   
子供の頃からそういう性格なんですか?

冨 「そう…ですねぇ。けっこう、前もって行動するっていう感じではナイんで、
   よくアノ~学校に行くにしてもギリギリに登校する事が多かったりだとか
   小学校の頃は…要はそういうのが積み重なって、ここは急ぐべきか、
   別に急がなくても間に合うか~とか、その場で判断したりとか
・・・
   ハイ、してましたね。」
   (インアビュアー、笑いコラえてて噴出しそうだよ)

-------------------プププッ!

“冨田をアタフタさせる会”の会長としては(←おいっ)筋金入りの彼の性格は難攻不落!
アワてさせるのは不可能ということが、改めてわかりましたー(笑)
学校の宿題とかも朝、登校前にやるか、学校に行ってからやるかの
どちらかだっただろうな~。典型的なO型マイペース人間なんだね、冨田。

月組公演「エリザベート」

話題の5組目の上演、ベルばら・風共に続く人気演目となった「エリザベート」
その世界どっぷり浸かってきた…とは言いがたい舞台でした。

初演の雪組からナマの舞台を見ているファンにとって、再演される度に要求が多くなり
演じる方は非常にやり難いと思うのだが、今回の彩輝トート(彩輝 直)は歴代ワーストかも…。
↓私の評価
一路トート…「常に“一路真輝”これから歌いますっ」状態だった。
麻路トート…「赤い血が流れていた死神」で評判は良かったが歌は×
姿月トート…「ダダッ子、ジタバタしていて少し幼稚な印象」歌は○
春野トート…「ナルシストで自分に酔っている、雰囲気妖しげ」歌は◎

そしてサエコトート…う~~ん(-_-#)…段取り追って立ちつくすのみ。
歌になるとエコーのレベルがMAXになり歌詞が聴き取れない。
(音響スタッフがトロイのでボロ出しまくり、難しい音程、ことごとくハズシまくり)
ビジュアル面、黒とシルバーのメッシュ鬘で今までのトート役者との違いを表現しているだけ。
「ニヤリッ」「ポーカーフェイス」「驚き」の三パターンでいいとは言わないが心が動かないよ。

サエコファンには申し訳ナイが、チョットどころか殆んどいただけないトートでした。

注目のあさこエリザ…いや~~一番心配していた『パパみたいに』の場面が
一番よかったよーー!(驚)
前髪付けてシケをカールさせて地声で可愛くシシィを演じていた。
だが…ファルセットを使い出す歌になると両手でスカートをギュッっと握り締めて
音符の高低を頭の中に書いている「瀬奈じゅん」になってたわ(笑)
 
男役やプライベートの私服姿など、スラッと細いイメージなのに女役になった途端に
ゴッツクなってしまう。
顔も男顔だから、お化粧頑張ればガンバっちゃう程“おばちゃん”になってしまうんだよ~。

ラスト昇天の場面で、やっと眉間の皺も取れて穏やかな表情になるんだけど、
あさこもやっぱり段取り追うので精一杯状態かもな~。
『私だけに』も口を開けられないのでノド大丈夫か心配だよ。

フィナーレのデュエットダンスは笑顔いっぱーい!(見ているこちらは幸せな気分)
でもでも、男役のサエコよりも歩幅がある女役ってマズイんじゃない?
ドスコイッ、バサバサの「ボレロ・私が踊る時」うう~ん、豪快!

ガイチ(初風 緑)フランツ…今回、フランツの歌詞が初めて全部聴き取れました(上手い!)
フィナーレの『愛と死の輪舞』を聴いて「あ~ん、やっと歌らしい歌が聴けたわ」とホっと一安心。
声色やヒゲや歩き方、細かい所作を変えてちゃんと歳を重ねて丁寧に演じていました。

キリやん(霧矢大夢)ルキーニ…一人だけ身のこなし軽く、できあがり過ぎていて
イマイチ面白味に欠けたかも。
主役二人がキリやんのレベルまで到達できていないので空回り気味で気の毒なカンジ。

公演ラスト一週間ということで疲れもピークか?アンサンブルも声が前に出てイナイような
気がした。演出の変更は細かい所は色々あるけど、ミルクの場面(銀橋に総出)と
運動の間(盆回し)ぐらいかな。
千秋楽後、二週間おいてすぐ東京公演が始まるらしい…。
役を煮詰める間もないが、リフレッシュした月組子達のワンランク上の舞台を期待するとしよう。

そうそう、『運動の間』でリヒテンシュタインが「…貧血でしょう、何も食べず体操ばかり…」という
セリフを言うがここのシーン「体操」のセリフが3~4回出てくるのよ。
その度に反応してしまったっ(爆)

悲願の初優勝

一泊二日、観劇の旅から4時間かかって帰宅。
ヅカ観劇記は明日にまわす事にして、土曜日の男バレ決勝戦。

東レ、優勝おめでとう~~\(^o^)/
日本リーグ時代から、足掛け30年目で初優勝だって。

今、BS録画放送を見ながらブログってるんだけどニヤニヤしながら書いてる<ぢぶん
1セット目は金曜日同様、獲られたらしいが結局3-1で決めてくれたんだね。
新聞を読むと、すべての面で東レが勝って(まさって)いたようだから、
2セット目からじっくり観戦するよ(ワクワク)

阿部と篠田が出てるのね~シノの爆笑パフォーマンスが見られるのかな?
楽しみだよー。
うさみん→エスパーの高速コンビを見るのもチョット楽しみ。

それではTVに集中します。

----------------------------見終わりました。

ノブコフ&太二さんは1セット目でお役ゴメン?若手にまかせたその二人
阿部ちゃん絶好調!シノもブロック&サーブで活躍。
ラストまであと3点辺りからは、結果がわかっていてもウルウルしてしまうよ…。

阿部が目を真っ赤にしてパーシャと抱き合っていたり
苦労を共にしたスタッフとの抱擁など、大きい男の子達が大粒の涙を流して
喜んでいる姿には、心が洗われた気がした。


本当におめでとう!27日の優勝パレード、こっそり見に行っちゃうよ。

水鳥 in 静岡第一TV

「体操・水鳥選手 米国で活躍」

去年、アテネオリンピックで日本中を感動させた日本体操陣が動きだしました。
静岡市出身の水鳥寿思選手が、初めてW杯予選へ出場し、好成績を残しました。
 
西が丘・JISS建物~室内で練習しているナショナル強化選手達

今年2月、17年度ナショナルメンバーの合宿が行われました。

低い位置に取り付けてある、つり輪で練習する水鳥
その向こう側では冨田が、ゆかのシリーズを模索している様子が見える。
佐野水鳥が、何やらつり輪の技について話し中。
その間に座っている背中は(たぶん)小川


水鳥選手をはじめ、米田、冨田、鹿島(←欠席だと…)アテネオリンピックメンバーと
新しくナショナルメンバーに選ばれた合計13人、そして学生から選ばれた選手が
3日間練習を共にしました。

米田上半身アップ。
冨田お約束の逆立ち腕立てふせ&移動。
(たぶん)村田のトランポリン練習。


「他の色々な所属の選手がいるとルールが変わって自分達にはない発想の技とか、
色々アドバイスとかも聞けるんで、そういう意味で充実した合宿にはなったかなと
思いました。」>水鳥

一輝選手のつり輪練習を見ながら、アドバイスをしている水鳥。

兄弟そろってオリンピック出場を狙う体操一家水鳥家にとっては、これからがスタートです。

BGM:ケツメイシの歌~埼玉県川口市の水鳥が住むアパート

「ああ…キレイにしておいてよかった(笑)」>水鳥

休日や練習が終わった後は飾り気のナイ部屋でCDを聴いたりDVDを見るのが
楽しみだそうです。

「練習に行く前、たまに『今日、できるかな~』と思う時があるじゃないですか、そういう時に
まあ、ちょっとテンションが上がるので…(よく聴いています)」>水鳥

CDやDVDを手に持って話しているアップの水鳥

「アテネ終わって今年世界選あるじゃないですか~。それで一応全部出れれば満足かな
と思ったんですけど、もうアテネ行ったら全然…もいっかいオリンピック行きたいと思って…」
水鳥

再びJISS練習場~ナショナルメンバー二列に整列
前列に 斎藤 冨田 米田 上田 中野 水鳥 塚原 桑原 佐野 田原 仲里
(やっぱり…かしーがイナイッ!)


合宿最終日、練習終了後にアメリカンカップに出場する水鳥選手と上田選手が紹介され
始動にあたった立花先生から激励の言葉が送られました。

「全く、どの種目も新しい構成で臨むし、まだ仕上がってない段階なんで、ホントに
まともに試合できればいいかな…と思うんですけど、でも、まあ、みんな条件が一緒
なんでホントに自分が思うような演技ができればチャンスがあると思うんですけど…」
水鳥

アメリカン・カップ、9.5を出した鉄棒の映像が流れる(BGMはクィーン)
屈伸コバチの後、リバルコ~片手車輪~開脚シュタルダー~車輪とび一回半ひねり?
(…なんだか米田バリに捻り多かったよ)


アテネで頂点を極めた寿思選手ですが、弟さんの台頭でさらにパワーアップしたようです。

------------------------♪

以上、5分前後の水鳥特集レポでした。
水トリィ、髪の毛伸びたよ~日当たり良さそな部屋の中もキレイに整頓されていた。

先日のニュースを録り損なったので、今回は絶対逃すものかと…昼休み、速攻で
家に帰ってDVD録画スタンバイ。
ゲリラ的ON・AIRのニュースはホント、キッツイわ~。

(((((( ( (ヽ(*^^)/
今日~明日(12~13日)とムラ(兵庫県宝塚市)へ行って、あさこエリザに逢ってきます。

祝☆冨田ラジオ出演

冨田ファンのみなさまっ!!!
やっと出てくれるらしいですよ。

MY OLYMPIC
<日本を代表するトップアスリートたちが毎週出演>

いつだかヨネが出ていた超短い番組ですね。
かし&水トリィはアテネ直後だか直前だかに出てしまったようで。
唇チェックができないのがチト不満だが…(笑)

ここ最近のヒット曲

4月の発表会まで、いよいよあと一ヶ月!
生徒の仕上がり具合も、いつでも本番OKといったところかな。
あとは暗譜の確認&メンタルな部分を盛り上げて、演奏前後のお辞儀の仕方とか…
(いま“演奏”と書くところ、平然と“演技”と書いてた ^-^;)
最後にみんなで合唱する、歌の練習に時間をかけていく予定。

演奏のラストは毎回、ここ一年以内に流行った曲を歌ってきた・・
でもここ最近、大ヒット曲ってほとんどないんだよな~。
ちょっと音域広くて難しいけれど、私の趣味で
「オリンピックでよく流れていた『栄光の架け橋』を歌おう!」
と決めたんだけど、幼稚園~小学生達が言うには
「ナニソレ?知らなーい」だって…(-_-;)

仕方ないので、ちょうど桜の咲く季節ということで、森山直太朗の「さくら」にしました。
これは前回の発表会で、プログラムのポップスの部で誰かが弾いてたから
ヒットしたのは、もう2年くらいか前かな?月日の経つのはホント早いね~。

プログラムにも一曲追加決定、今だったらやっぱりこの曲を入れなくっちゃ!
ということで「マツケンサンバⅡ
いつも使用している『月刊Piano』のアレンジは、原曲に忠実で
カッコよく聴こえるように、うま~く作ってくれてある。
このマツケンサンバの作・編曲者、宮川彬良さんの才能に改めて感服してしまった。

覚えやすいメロディーラインはもちろん、コード進行が本当に素晴らしい!
サビのラスト、♪オ~レ~オ~レ~…Dm7からすぐにB♭に行かないで
Gaugといった、ハジけて末広がる音の上がり具合が最高だよ。
間奏のシンコペーションの使い方もノリノリ(死語?)でいいよ、イイヨ~。
今度「Ⅲ」を作るらしいと聞いたけど、これ以上の曲が書けるかどうか期待したいな。

お父さまは毎年大晦日、紅白のラストで「蛍の光」のタクトを振る指揮者、宮川泰さん。
親子二代、才能溢れる血筋をしっかり受け継いでいる典型的な家族。
おっと、森山直太朗くんもそうでしたね。

徳洲会体操クラブ

徳洲会HPに選手への質問が来てましたね~。

まともな質問ばかりの中で、自分的にウケたのは
選手同士で、コイツは格好いい、かわいいと思う選手は誰ですか(笑)?
ヨネは答えナシ(自分以外にカッコイイ、かわいいヤツはいないとでも思ったのかー?)
水鳥:米田さんは自分をしっかり持っていてカッコイイ。
    佐野さんはクール、小川さんはカワイイ(笑)。
佐野:皆、カッコイイです。
小川:サッカーしている時の功。
田原:カッコイイ→桑原俊、かわいい→小川泰弘。
桑原:小川さんは、いつもユーモアあって、すごくかわいい笑顔(笑)。
    でもしっかりしていてカッコイイ、両方兼ね備えていますね。

おが~ちゃんってば、クラブのマスコット的存在~~(・∀・)桑原なんて絶賛してるじゃん。
水トリィは先輩をちゃんとたてているし、年上の田原からカッコイイと言わせる桑原も
ナイスガイだね。
サッカーしている時の功…なんとなく想像できるよーおが~ちゃん(笑)
きっとムキになって、カンペキ小学生に戻ってしまうヨネだろうね。

出演してみたいTV番組、会ってみたい芸能人の質問
田原:竹内結子・・・ってなってたけど、これは小川の間違いだな。
田原&佐野は「筋肉番付」「SASUKE」って答えてる。
年末にヨネ&水が跳んだ跳び箱、他のメンツの跳びっぷりも、チョットだけでいいから
流して欲しかったね。
ヨネ、テレホンショッキング出たいんだ~(ちょっと意外!やっぱりミーハーか?)
水トリィ、ジャンク出演の願いが叶うといいね。

アテネ組以外の4人は、オリンピックに出場できなかった事が悔しいと素直に答えてる。
佐野: 2004年は悔しい思いをたくさんした年でしたが、今年は納得できる成果をあげたい。

佐野さん、がんばれ~!

あずさの温泉まんぢゅう

日曜のBlogは前日5日の土曜深夜に更新して、日曜~月曜と伊豆長岡へ行ってきました。

う~ん(^^; 温泉の質は昔っからあんなモノで、まったく期待はしていなかったんだけど
お料理が美味しかったよ 『湯めぐりの宿 吉春
平目や中トロ、甘味いっぱいのウニ伊勢海老丸ごと一匹のお造り、
アワビの踊り焼き鴨肉の鍋など、食べきれない程出てくる品数に大満足。
貸切露天風呂5個を含む11種類のお風呂にも全部入ってきて料金の元は取った気分(笑)
まったり~ほっこりして帰って来ました。

翌朝、長岡に来たら必ずお土産に買う「あずさの温泉まんぢゅう
団体の大型バスも横付けしていて、相変わらず小さなお店が大繁盛していた。
…が、大好きな『三色まんぢゅう』うぐいす餡・さくら餡・ゆず餡、その日は作っていないと聞き
買えず、ヘンだな~と思ったら今月いっぱいで「あずさ」閉店と知りビックリ!!!

スタンダードの温泉まんぢゅうも、中のこし餡がサッパリしていて後味良く、
お土産で持っていくと誰にでも喜ばれる。
あちこちの温泉まんじゅうを食べたけど、私はここのが一番おいしいと思う。

今もこうして大勢のお客さんが旅館チェックアウト後、真っ先に買い求めに来てくれるのに
お店をたたんでしまうなんて、本当に残念極まりないよ・・。
もう、あの三色の餡も、絶品のこし餡も食べられないと思うと寂しいな。

日曜日のスポーツ

一泊旅行から帰宅し、バレーボール男女セミファイナルの結果を知った時
一気に力が抜けてしまいました…。

パイオニア、赤ロケに対して苦手意識できちゃってる?
仁木にやられまくりっていったいどーいうワケ?(怒)ブロック陣、何やってんだか…
(彼女よりパイのブロック、15cm は高いハズだよ)
シン(高橋)はパイ戦になると活き活きしたプレーしてくるしさー(`Д´)マッタクモー
控えの西畑選手が、ちゃんと役割果たしてプレーしてくれたのが救いだったかも。
れおはサーブで狙われていた分(キャッチはちゃんと返っていたらしいが)
攻撃への負担がかかってしまい気の毒だったようだ。(NECの作戦かーっ、きぃー!)

とどろきの決勝戦まで2週間あるから気持ち切り替え&セリンジャーの采配にも期待しよう。
今度こそ必ずやっつけて欲しいよ。

男子の東レvsJT…東レは消化試合、JTは3ー0勝ちさえすれば決勝戦に行けるという
モチベーションの違いから2セット連取!
目が醒めた東レが3セット目を奪い返してしまい、ここでJTはジ・エンド(TOT)
東レにしてみれば青ロケの方が戦いやすいのだろうか…。
4レグ4連勝、セミファイナルも初日に3-0で退けているから東レ有利は動かないかもな。

---------------------------------♪

びわ湖毎日マラソン、藤田くんが3年ぶりに走るっていうから期待してたんだけど
27キロ過ぎから失速。結果は10位だったって。世界選手権代表も無理かぁ…う~ん、残念。
日本人トップ三位入賞の細川選手、初マラソンも良い記録で走れて今回も9分台。
計算できる選手かも。ヘルシンキでの走りも記録更新すればきっと結果もついてくるだろうね。

---------------------------------♪

プロ野球もオープン戦たけなわ!
まだ「ソフトバンク」「楽天」などの新しいチーム名になじめなくて、とまどってしまうよ。
Jリーグも開幕したし、スポーツ新聞の見出しの文字も心なしか大きく感じる。
ゴルフの藍ちゃん。ものすごい数のギャラリーを引き連れてたけど
一緒に回っている選手はやり難いだろうなぁ…。

何を語ってくれるのかな

直也とヨネが、パネリストとしてトークするらしいね。(放送事故が起こらない事を祈る:笑)

★オリンピック・フォーラム2005 「復活日本~オリンピックと選手強化」 
  日時 3月22日(火)16:00開演
  会場 経団連ホール  パネルディスカッション
「復活ニッポン~アテネを支えた強化プランと北京でのさらなる飛躍に向けて」
パネリスト 塚原直也(アテネ体操男子団体総合金メダリスト)
       武田美保(アテネ水泳シンクロナイズドスイミング銀メダリスト)
       北村卓三(味の素㈱代表取締役副社長執行役員…)
       早田卓次 (JOC理事、日本大学教授)
       河野一郎 (JOC理事、筑波大学教授)

★Jリーグ・アカデミー スポーツフェローゼミナール Supported by サントリー
  日時 4月4日(月) 12:00開場/12:30開演/15:00終了(予定)
  会場 サントリーホール(小)
「スポーツ界のトップアスリートたちがスポーツで得た財産を語る」
ゲストスピーカー(←他に言い方なかったのかね?スピーカーって…)
       原 辰徳 (野球解説者)
       井原 正巳 (元サッカー日本代表 主将)
       米田 功 (体操選手/アテネオリンピック金メダリスト)
       栗原 徹 (サントリーラグビー部 サンゴリアス)
       佐々木 太一 (サントリーバレーボール部 サンバーズ)
      
      対象 14歳以上、18歳以下の男女(約250名) ※一般公募     
      詳細HPはこちら