Fairy Tail

2015インカレ@リージョンプラザ上越 男子個人決勝


今更ながら空気読まずにインカレの最終日を少し思い出します。

グラスゴウ@世界選!昨日は女子のポディウム練習だったようですね。
今年の女子のユニは黒地に桜のモチーフ、赤白ラインに金のスパンコールが
アクセントになっていて豪華!日本らしいデザインで素敵だと思います。

協会の公式Facebookにお写真、いっぱい!動画も来てます。
男子はフランス合宿でワインをお土産にもらったようですね~
全てのスケジュールが終わった時、皆で勝利の祝杯をあげられますように。

 line_g.gif

インカレ最終日…この日も館内のスタンドは男子1部が始まる前からギュウギュウ詰め!
北京五輪直後の全日本より混んでいたと思う。会場のキャパが小さ過ぎ!来年の鯖江は
ドームだと思われるので大丈夫だと信じよう^^;

男子2部個人決勝で優勝したのは予選トップ通過の東海大学九州・北川和明選手。
4年生らしく、とても落ち着いていて安定した内容でした、おめでとうございます。
同大学の個人総合優勝は11年ぶりだそうです。
平行棒などワザのおさめ方が上手いな~と。全ての基本に忠実な姿勢が素晴らしい!

福岡の柳川高校出身…九州は北川姓が多いのでしょうか?九州共立大に行った
北川選手、観ることができず残念。4年間は本当に、あっという間でした。

天理大学の高田兄弟(1年生の双子)、お二人共ゆかで目立ってました。
満吉選手は前1回~前2回、アラビアンダブルなど入れてD6.2!清風出身は双子や
兄弟選手が特に多いといった印象です。相好の尾崎選手も確か双子でしたよね?

新潟経営と静産大の4年生、高田翔平、龍太兄弟も双子ですね^^こちらは市船出身。
野々村&今林選手と同期です。最後のインカレは、それぞれの目標&今まで猛練習
してきた事の集大成・・・引退してしまう選手もいれば競技を続けて行く選手もいます。
やりきった演技、舞台に立てなかった悔しさ、フロアもスタンドも色々な選手の想いが
交錯していました。。。

団体レポと少し被りますが1部校 個人決勝を。


2015個人総合
Photo by K・Uehara

優勝は順大・野々村笙吾選手!予選トップ通過、団体優勝との二冠で完全優勝
おめでとうございます^^
春の大会は練習不足から来る不安感が拭えない、手探り状態での実施でしたが
今大会、難度は上げずに完成度重視で積み上げてきた構成をミスなく演じきりました!

あん馬は新しいワザを入れるまでいかず、倒立もひとつ外して落下を防ぎ、平行棒も決勝は
ワザを抜いてEスコア8.950で稼ぐ。全ての種目でEスコア8点台後半~吊り輪は9.050!!
鬼門の鉄棒も2日間共全く危なげなく、心地よいリズムのある車輪で通しました。

最後のインカレ、有終の美を飾れて本当に良かった!一際映える、倒立姿勢の手の長さ&
爪先まで神経の行き届いた美しさ。学生王者として貫禄の演技!怪我等をとにかく無くして
Dスコアアップに備えられる体調を維持し、勝負となる来年のリオ五輪選考会を気持ちよく
迎えられますよう祈っています。

2位は順大・萱 和磨選手。3位は日体大・白井健三選手。
お二人共それぞれ得意種目のあん馬、ゆかのDスコアを種目別決勝並に爆上げしても
他5種目、全くブレることなく大きなミスなく通しきれるタフさに脱帽です!!ちょっと前・・・
といってもロンドン五輪前までなら信じられないレベルです。それも大学1年生がっ!

シライ2も複数の選手が実施するようになり、仙台大の五島選手は前3回半をシリーズで。
前1回~前2回半も、以前なら「すご~~い!」とビックリだったシリーズも今や当然のごとく
皆さん普通に捌いています。最先端を行く彼らを筆頭にワザの進化は留まる処を知らない!

4位は順大・早坂尚人選手。団体でミスしたあん馬と吊り輪のDスコアを抑え気味で他4種目
きっちりまとめました。彼は今年、トップクラスの選手では一番多く試合に出場しているので
(国内の選考会&東日本インカレ、ユニバにアジア選手権に全カレ、国体とフル回転!)
怪我にはくれぐれも気をつけて…でも彼も大きな怪我とは無縁で本当にタフなんですよね。

個人決勝では手足が攣り気味だったか、演技後に違和感がある仕草が多かったのですが
ミスなく通せたことは成長の証ですね。グラスゴウでの貴重な経験、今後に活かせます様に。

5位は筑波大・星野力維選手。団体戦では気負い過ぎたか?カラ回りの演技が続いて
しまうも個人決勝では名誉挽回とばかり、持ち味を充分発揮していたと思います。
リッキーくんの平行棒、こじんまりと一生懸命な可愛さに癒されます。

6位は順大・谷川 航選手。とにかーく!ゆかの着地の強さ、ダイビング前宙の高さにホレボレです。
跳馬のロペスも失敗を恐れず果敢に挑戦して15.000!あん馬は団体戦に続いて落下してしまい
ましたが攻めの気持ちを全面に押し出した、思い切りの良い演技で観ていて本当に爽快でした。

7位は日体大・佐藤 匠選手。期待されてた吊平鉄は団体も個人決勝も素晴らしかったです。
残りの3種目、自信を付けた演技ができれば上位を伺うのも夢じゃないかも?

8位は鹿屋体大・前野風哉選手。上位8人中4名が市船OBというのも黄金世代を物語って
います。風哉くん、落ち着いた佇まいで豊富な練習からくる自信が演技に表れていました。

9位は日体大・岡 準平選手。1種目めのあん馬が通って「よしっ!」と気合が入ったのも束の間
安定していたロペスで崩れ、平行棒ではバーに足が当たるミス、6種目トータルで思い通りに
いかないもどかしさ…ここを乗り越えて次のチャンスこそ!掴み獲って欲しいなと思いました。

10位は日体大・神本雄也選手。平行棒は“究極の”といった前置きがつく程高値安定でしたが
跳馬のシューフェルトは2日間共失敗。今まであまりミスしているイメージのない跳馬なので
どこか何かしらタイミングが狂っていたのかもしれません。あん馬の落下も手痛かったかな。

14位の筑波大・宮地秀亭選手は観る度に少しずつ進化しているように感じます。平行棒の
降りを前方系にしたり鉄棒の放れワザはシリーズにこだわらず単発でグイグイ攻めていたり
自分らしさを追求している姿に感心しまくりです。

団体戦に比べて、最終日の個人決勝はEスコアが若干甘めかな~と毎年思います。
まだまだ、注目していた選手はいましたが延々と長くなりそうなのでここらで。
暑い環境の中、6種目×2日間の熱~い闘い、本当にお疲れさまでした。

ここまでおつきあい、ありがとうございました。
グラスゴウでは男子のポディウム練習が始まっていますね。続報を待ちたいと思います。


続・2015インカレ@リージョンプラザ上越 男子団体 


もう1ヶ月前・・・いや、まだ1ヶ月とちょっとしか経ってない?
その間に3大会も生観戦したので、この1ヶ月間は長かったような。。。

今回のインカレで競技を引退してしまう選手、成績次第で来年の所属先が決まる選手
既に内定をもらっている選手など、それぞれの立ち位置がある中で、初日は来年の
全日本個人総合の出場が決まる大事な試合でもあります。加えて団体メンバーとしたら
ライバル校に負けられないプレッシャーも懸かってきます。

どの学生スポーツにも言えますがやはり、最上級生がしっかり土台を支えているチームは強い!

今年はプラチナ世代の最後のインカレ。出場が叶わなかった4年生もいましたが皆、自チームを
演技で引っ張る頼もしい存在になっていました。ついこの間、一関インハイの最終班の演技を
観て、大きく感銘を受けた選手の皆さんが既に大4。。。来年は社会人になってしまいます。

4年生それぞれの進路先もほぼ決まり、新しい練習環境&新しい仲間と共に、目標に向かう
日々の練習が待っています。残り少ない学生生活、思う存分謳歌してもらいたいなと思います。


     line-clover1-f.gif

団体戦、途中からもう一度振り返ると・・・

出だしで躓いた順大は3種目めの跳馬、ロペス1人、ドリッグスを4人が成功して応援団もやっと
活気づく(^^逆に日体の応援団の声が、このヘンから次第に小さくフェードアウト気味に…。

日体大、4種目めのあん馬でポイントゲッターの岡選手が落下。長谷川選手が踏ん張るも他4名
あまり得意としてない種目で得点が伸びず、ここで平行棒で軒並み高得点を連発した順大に
一気にかわされてしまう。

日体、次の吊り輪は何とか耐えてラストの跳馬!長谷川選手がここは棄権なので、他5名の
得点が全部カウントされることに。失敗は許されない中、健三選手はシライ/キム 岡選手は
ロペスを決めるも二名が撃沈、、、そのうちの一人の得点が12点台となってしまい万事休す。

順大は平鉄床と続いた後半、全く崩れることなく終わってみれば5点以上の差をつけて
2年ぶり優勝!最初はどうなることかと思いましたが仲間を信じて、ひとつひとつ丁寧に
演技を積み重ねて行った各選手、それぞれのポテンシャルの高さを見せつけての勝利でした。

順大、去年のリベンジ叶いました!去年は…応援団への挨拶もそこそこに、見えない場所で
号泣していた選手の皆さん今年は誰もが笑顔の溢れる試合後の風景でした。
たくさん応援に来られたOBの方々も父兄も、皆さんホッと安堵の表情^^

そして今年は日体のスタンドがお通夜になってしまう勝負の世界・・・
毎年のことなのですが本当に非情で切ないものがあります。。。

3位仙台大、そして4位に鹿屋体大が入りました。鹿屋の選手は大過失がほとんどないと
言っても過言ではないくらい、皆さん粘り強くまとめていたと思います。監督が調子の良さを
見極めて一番得点が獲れるメンバーを組み、選手がそれに応える理想的な試合運びでした^^

6位になってしまった筑波大は信じられないくらい各選手のミスが重なり過ぎて自滅
試合後、スタンドの一角に車座になって監督と選手のミーティング…「全日本でリベンジ」との
言葉が力強く聴こえてきました。こんなハズではなかった忸怩たる想い、きっと晴らしてくれると
期待しています。

あと、翌日の個人総合少し思い出してみます。


2015インカレ@リージョンプラザ上越 男子団体 後篇


記録的大雨&大洪水で被った甚大なる自然災害を前にして、、、言葉を失っています。
柴犬2匹を抱いて屋根で助けを求める御夫婦の救出劇!無事に助かって本当に良かった。
あれから数分後に、あのお家は流されてしまったんですよね本当に間一髪!

「犬は置いてこなきゃいけなかったけど、子供の犬だから・・・」と、申し訳なさそうにインタヴューに
応じていた奥さま。助けてもらった感謝の気持ちが伝わりこちらも思わず涙ぐんでしまいました。
救助袋に入るのを拒む犬の頭を自衛隊の人がポンポンなでている映像、胸がキュンキュンしました・・・。

まだまだ、救助を必要とする被災者が暗闇で待っていると思われます。
行方不明の方々が一人でも多く助け出されることを心から祈っております

       linein_kasa02.gif


気をトリナオシテ。インカレの感想を続けます。



2015インカレ@リージョンプラザ上越 男子団体 前篇


台風被害、、、尋常ではない雨風に振り回された皆さま、お見舞い申し上げます。
ホントもう毎日が不安定な気候!不安定が安定化している現状ってヤツですね。
こんな安定ならいらない!記録的大雨、まだまだ警戒が続きます。。。

バレーボール@W杯男子大会!明日の豪州はともかく、格上チームとの戦いが
続きますが若い力がどこまで通用するのか?思い切りの良いプレーを願います^^

インカレの感想を少しだけ。

朝一から始まる1部個人A班からまったり観戦。

順天堂大は開人選手に変わって野々村晃司選手がエントリー。
久々に観た演技は相変わらず美しく、お手本のように堅実で減点の少ない捌き!

彼は翌日の個人決勝も、ほぼ全く同じ構成&同じクォリティで6種目ノーミスだったにも
かかわらず、Eスコアの評価は個人決勝の方が遥かに高かったです。
演じた班が違うだけで1.500点も上乗せ^^

同じ評価をしてもらえればU-21に入れたかもしれないのに…ちょっと悔しいですね。
でも個人決勝11位!ウレシ恥ずかし再復活おめでとう!試合後は笑顔いっぱいでした。

市瀬達貴選手の2日間にも大いに感動!いつも試合直前のチェックは絶好調なのに
なぜか?本番で撃沈してしまったこの4年間・・・今までの悔しさ&無念さを全てぶつけた
ような、完璧な予選~決勝だったと思います。この結果を出すまで本当に長かった(涙)

最後のインカレに懸けるひたむきな想い、強い意志が演技から伝わってきました。
少しだけ長く足踏みしてしまった分をこれから取り戻して、更に上を目指して欲しいです。

日体&順大勢以外の予選個人班で翌日の決勝に進めた選手は居ず、シビアな結果に。

団体B班はとにかく静岡産業大学の応援が凄まじかった!メンバー内、厳しいコンディションの
選手がいたようで大声援に後押しされて必死に食らい付いていました。

福岡大学鈴田選手。跳馬リ・セグァンの着地は大きく後ろに弾かれ会場ちょっと溜め息。
その直後に跳んだ安里選手が、まさかのリ・セグァン!こちらは大きく一歩乱れた程度で
まとめていました。歓声があがり「一緒に練習していると跳べるようになるのね」と
「すごいねーー!」と、周囲では感心&賞賛の声が聞こえてきました。

福岡大の公式HPに彼らのリ・セグァン動画が貼ってあります。翌日の種目別決勝!
鈴田選手は綺麗にまとめていましたね。二人で跳馬のワン・ツー、おめでとうございます^^
谷 健太郎選手が6種目、安定したスコアを並べてU-21に入りました!福岡大からの
学生ナショナルは久しぶり?団体戦は7位に躍進!チーム全体に勢いがありました。

最終、C班はゆかから鹿屋大、順大、筑波大、早大、日体大、仙大のローテ順で。

特に印象に残ったのは

仙台大の4年生、古橋崇志選手のキレのある演技!鉄棒のカッシーナから始まってあん馬で
マジャール・シュピンデル。すみません!お名前今年初めて知りました。いい選手だな~とホレボレ。
仙台は東インカレの結果が奮わなかった為、危機感を持ってこのインカレに合わせてきたように
思います。静産大の応援でも感じ取ったと同じく、仙台もチームに一体感がありました。

仙台は順天、日体に続く団体3位表彰台!鹿屋、早稲田、筑波と共にこの3番目の位置を
狙っていたと思われますが本当に!見事な集中力で上位2校に続くことができました。


遅い時間になったので明日また続けます。




9月になりました、インカレの感想スタート。


全国各地に大なり小なり被害が出ている不安定な気候

ここ一週間ほどウソのように涼しくて過ごしやすい日々の連続でしたが
今日は朝方、大雨が降ったと思ったらお昼過ぎから真夏再来!?のような暑さ。

・・・身体がおかしくなりそうですね。皆さまどうぞ、体調管理にはくれぐれもお気をつけて。
ゲリラ豪雨に落雷に突風お約束3つの気象条件が揃うことが今後も多々有り?

世界陸上が終わってしまい何となく寂しくて、でもバレーのW杯女子がいよいよ大詰め。
アルジェリア戦で一旦リセット、週末のアメリカ&中国相手にどこまで戦えるか!ですね。
たとえ今大会で五輪の権利が獲れなくてもOQTでは大丈夫と思われる戦力だと。
兎にも角にも心配なのは男子です。。。

テニスの錦織選手まさかの初戦敗退、、、、ひっそりと世界柔道も閉幕。
いえいえスポーツの秋はこれからが本番!陸上の全カレがもうすぐですね。
長距離陣営は少々お休みモードで秋の駅伝シーズンに備えます。

今年は例年よりも早く開催される国体@体操競技。翌週には鯖江で全日本シニア。
9月も遠征観戦に忙しいとにかくこのきまぐれな天候が穏やかになりますように。

インカレ@体操の感想にぼちぼち取り掛かりましょう^^;

それにしてもリージョンプラザ上越は狭くて暑かったゎ・・・。

7年前の全日本開催時は11月初旬で肌寒くて、確か前方席は指定席だったような記憶が。
サイド両側2面しかないので、どう考えても座席の絶対数が足りない
今大会、1部団体や個人総合の時はスタンドの通路階段までぎっしり人が座っていました。
立ち見客も凄かったですね~そのために狭い通路も満員電車並みの混みよう。

ハコ内の人口密度が高く、空調機器も古いせいか?全然利かなくってもうホント、選手も
関係者も観客も団扇パタパタ~究極にお疲れさまでした。でも何年か前の秋田に比べたら
まだマシだったかな。北陸新幹線「上越妙高駅」開業に伴って開催された大会だそうです。

プログラムをパラパラ見ていたら立教大学(男子2部)の集合写真に見たことあるお顔が
坂本功貴さんでした。体育塾のHPを見たら「現在:体操競技部コーチ」の肩書きありました。

監督名もチームリーダー名も違う方だったので、今大会には来ていなかったのかな?
二人の選手が個人枠で出場。元五輪選手の指導で頭角を表わして行けるといいですね。

そうそう^^2部男子団体優勝は新潟経営大学!斉藤良宏氏が監督になって7年目!
地元開催の大会で悲願の一部昇格めでたい!本当におめでとうございます。

良宏さんにお祝いの言葉を伝えたら満面笑顔で「嬉しいです!」と力強く答えてくださいました。
来年から母校と同じ舞台での競い合いが始まりますね^^目いっぱい頑張ってください。
順大OB、それぞれ進まれた職場で活躍しております。

2015インカレ@リージョンプラザ上越 web News ※追記しました


21日(金)の団体決勝と22日(土)の個人総合決勝の動画News
NHKのNews webにアップされています。いつまで見られるかわかりませんが・・・

クリックどぞ

  体操全日本学生選手権 男子団体で順天堂大が優勝

スタート種目のあん馬でトップバッターから立て続けに3人落下・・・応援団も絶句でしたが
6人目の萱選手が補って余りある高得点を獲得!日体の健三選手共々、新人類の1年生
悪い流れを断ち切ったり、ノーミスで先輩達を引っ張ったり^^全く臆することなく持ち味を発揮!

  体操の学生選手権 男子総合で野々村が優勝

予選を1位通過。決勝も難度を落とし余裕を持たせた演技構成&Eスコア重視の美しい体操で
まとめました。2日間、延べ12種目!ミスなく全く危なげなく2年ぶり2度目の個人総合優勝!
おめでとうございます。最後のインカレ、笑顔溢れる大満足な結果に終われて本当に良かった^^
リオ五輪に向けての大事なステップアップ、着実に一歩一歩進んでいます。今度こそ必ず!

   体操・加藤  じん帯損傷で全治3週間

   日本体操協会によりますと、加藤選手は24日、都内の病院で検査したところ
   左足首のじん帯を3か所損傷していて全治3週間と診断されました。
   「世界選手権には出場できる見通し」だとしています。


暫くは絶対安静ですが、10月下旬からの世選には間に合うようで胸をなで下ろしています。
焦らず無理せず、綿密な再起プログラムに則ってピークを合わせられるといいですね。
どうぞお大事に。。。

  Gymnastics LoversさんのGalleryにも!お写真いっぱいアップされています^^

火曜日の夜、体操関連のTV番組あります。

lq_i02.gif深層NEWS
  2020年東京五輪は日本のメダルラッシュ!?体操・白井選手ら若手育成は?
  
8/25 (火) 22:00 ~ 23:00  BS日テレ

   東京五輪での日本の金メダル獲得の目標は世界3位だという。
   五輪まではあと5年。最大の課題である選手の発掘・育成は
   どうなっているのか?専門家が注目している選手とは?


lq_i02.gifめざせ!2020年のオリンピアン
  「新星たちの決戦に密着!インターハイ特集
  8/25 (火) 22:55 ~ 23:20  NHK総合

   番組で紹介した6選手の全国高校総体に密着!優勝大本命の新体操と
   棒高跳の2人、初挑戦の1年生トリオらが大会で感じ取った
   「東京五輪に向けた今の自分の立ち位置」とは?

   新体操選手…猪又涼子,体操選手…土橋ココほか

ラストが5分被りますが、何とか見られそうですね。インハイは女子メインかな?



2015インカレ、まさかのアクシデント


リージョンプラザ上越で開催された2015年、全日本学生体操選手権!

選手及び関係者&父兄の皆さま、蒸し暑い環境の中、本当にお疲れさまでした。
お会いできた皆さま、お世話になりました^^ありがとうございました。


  DSCF2880 (800x674) by 静岡新聞


順天堂大学・・・
ここ最近、Wエースのどちらか必ず熱中症に罹ってしまう?!という曰く付きインカレ(^^;

今年は何とか回避され無事に団体優勝を成し遂げ、最終日の個人総合も棄権することなく
出場できて良かった…と、ホッと胸をなで下ろしたのも束の間、試合中にまさかのアクシデント

    加藤凌平が学生選手権で左足首負傷

前日の団体戦で成功したロペス。2日連続の6種目は体力の消耗も激しく、跳馬の3分アップで
踏み切り合わず回転も足りてない試技に、心配そうに見ていた方々から「ロペスはやめた方が…」
といった声が囁かれていたのも事実です。

学生最後のインカレ、個人のタイトルを獲りたい気持ちが強かったのかもしれません。
果敢にチャレンジも空中姿勢からもうバランスが崩れていて、着地で大きく前へ転がってしまい
足を痛め、立ち上がることもできず関係者数人に抱えられフロアの外に

    一瞬、場内が「!!!!」と、凍りつくような静寂が流れる。

週明けの精密検査の結果が待たれます。今はもう、軽症であることを祈るしかできません。
世界選団体金メダル獲得には絶対に欠かせない選手です。航平くんも心配されていると
思われ。。。 グラスゴウは丁度2ヶ月後、どうかどうか間に合いますように。。。

2015全日本ジュニア@横浜文体 最終日~後篇~


今日からリージョンプラザ上越@新潟で体操の全カレが始まりましたね。
2008年の北京五輪の後、全日本団体&個人総合が開催された懐かしい体育館^^
7年ぶりの新潟、行ってきます!お天気、ちょっと心配ですが…。

さて。
全Jr.は印象に残ったことをかいつまんで。

インハイの時も思いましたが年々レベルアップするジュニアのワザ。
ゆかの後3回半のシリーズ、短いラインでの前2回半、後2回半~前2回などなど
もう当たり前のようにバンバン入れてきて、あん馬はウ・ゴニャンやロス、シュピンデルも!

吊り輪も複数の選手が中水平を取り入れて跳馬はD-6.0を軽々跳ぶ選手、ドリッグスは
もはやポピュラーに。平行棒はバブサー大人気、鉄棒はコバチ意外と多い。栄と清風の
鉄棒は見応えありましたね。E難度のアドラー1回ひねり両逆手など、果敢に難易度の
高いワザに取り組む選手がなんと多かったことか!

指導される先生方の努力、国内外の大会映像の共有や定期的に行われるNTCでの
集中合宿など小学生からシニアまで、体操ニッポンの底上げは確実に浸透していると。
忘れてはいけない、ニッポンの誇る「美しい体操」をまず念頭に置いてワザを磨き上げる!
数え切れないくらい、次世代の選手が育ってきています。

来年のリオ、そして東京五輪へ。夢を抱いている選手たちの精いっぱいの演技。
インカレ@新潟、国体@和歌山、全シニア@鯖江と大会が続くので生観戦できそうな方は
是非、会場に足を運んでご自身の目で確かめていただきたいなと思いました。

長くなったので折りたたみます。

2015全日本ジュニア@横浜文体 最終日~前篇~


毎年この時期、文体に通っています。今年がちょうど10年目!インターハイも2011の一関から
欠かさず観戦して5年目。。。いつまで続くのでしょうか、この体操熱
スタンドの椅子のヘタレ具合も年季が入ってきました。

そういえば表彰式、2年程前からスタンド観客側に選手が顔を向けて行うようになりましたね。

それまでは舞台の連盟旗や国旗、来賓席に向かっての式典で、観客は選手の後ろ姿しか
見えない。一番見たい、表彰される選手の顔が全く見えない!
ビデオ係りの父兄も壁側の狭い空間に陣取って窮屈そうでした。おかしいやろっ?てカンジ。
これらは漸く改善されたことで満足です^^

がっ!

得点ボードとDEスコア表は、その舞台来賓&審判部長席に向けて常にセットされているので
得点ボードはともかくDEスコア表が舞台の反対側、正面スタンドに座ると全くわからない!

回してくれたり回さなかったり、種目によって得点係の学生の仕事っぷりにイライラ
ゆかのDE表なんて僅か数名いらっしゃるお偉い方に向けて真後ろにセットしてますからねー。

審判部のチェックもあるかと思われますが・・・

得点ボードは本部席に向けてもいいので、DEスコア表は多数の観客側に向けてセットして
頂けたら、見逃した演技の得点や内容が把握できるのでメモも取りやすい。ぜひ御一考
お願いします。そして両方を必ず一周回すことを係員に徹底させてもらいたいものです。

すみません、いきなりボヤいてしまいました。2015年度の結果↓貼っておきます。

    2015全日本Jr.Result

  優勝 関西     256.900
  2位 市立船橋   256.600
  3位 清風      25.4500
  4位 埼玉栄    253.500
  5位 鯖江      253.450
  6位 名城大付属  245.700

※それぞれ高校名の後に付く「体操スクール」を省略してあります。
インハイ上位5チームが見事なまでにシャッフル。1位~5位までの得点差はインハイが
5.050 全Jr.は僅か3.450 優勝した関西と2位市船の得点差はなんと0.300!!!

前日のⅣ班までを見た方によると最終日は若干、得点の出方が甘めのように感じたと。
前年の1位~4位までがこの最終班に入れるので(個人枠と、もう1チームは抽選?)
常連校は毎年常に上位をキープしておきたいところです。

各チーム、2週間前のインハイの課題を持って目標を達成できた選手、逆に失速してしまった
選手などなど、悲喜こもごもの最終日でした。

得点の出難いⅣ班で演技した関西は文句なしの優勝!インハイの雪辱を果たしました。
観戦できなかったのが残念です。一人、鉄棒で失敗があった他は安定した数字が並んで
います。前田選手、リベンジなりました^^おめでとうございます

市船、インハイの撃沈ぶりはいったい何だったのか?と思うくらいムードが良く、いつも通りの
キビキビした動き、応援団との楽しい連携、今大会の池澤キャプテンはノーミスでチームを
鼓舞!去年のまさかな結末とは逆の展開に。優勝を逃したので嬉しさ半分悔しさ半分かな。

清風、エース田中選手の大失速を2年生の山根選手がバックアップ。AAの順位が落ち込む中
3位に食い込めたのは各種目、ミスの演技が上手くカットされてギリギリ粘っていたと思います。

埼玉栄鯖江は僅か0.050点差!栄は平行棒で複数出たミスが致命的だったか。鯖江は観戦
できず、すみません。6位死守の名城大、目標をひとつづつクリア、来年も挑戦者として^^

で、特筆したいのが7位に入った市船ジュニア

市立船橋の2軍チームですがⅢ班の演技で244.050の得点は素晴らしいと思います。
ここ最近の1部選手権で参加した2軍チームの中では群を抜いた高得点です。

先日レポした日体荏原の選手は「鶴見ジュニア体操クラブ」で出場、8位となった得点
242.700は3人の1年生が健闘!来年以降、どれだけ伸びてくるのか本当に楽しみです。

9位、おかやまジュニアは関西の2軍チーム。Ⅰ班での演技なのに242.450もGet。
この3チームの中から種目別順位で入賞した選手が数名いるということが後でわかりました。
選手層の厚さに加えて得意種目に磨きをかけている下級生の存在は心強いですね。

来年も市船、関西、清風を中心に台風の目になりそうな日体荏原=鶴見ジュニア、注目です。

明日は印象に残った選手の種目を少し。。。

2015高校総体 決勝@大阪中央 epilogue


全日本Jr.いよいよ大詰めですね。18日、最終日のみ観戦に行きます!

インハイ決勝班のつづき。

4位通過の鯖江。今年1年生で入部した大久保選手を見たかったのですが、直前になって
太陽選手と交替。インハイ出場は叶いませんでした。全Jr.は演技できたようです。
元オリンピック選手が若きアスリートを指導するドキュメント番組。
めざせ!2020年のオリンピアン」で、直也さんが熱血指導されていた選手。

ゆかで後4回ひねりも練習しているそうです。荒屋敷選手と同じ、青森のスポーツクラブ
出身。指導されている先生方の関係か、鯖江とのラインが強いようですね。

その荒屋敷選手、いつもなら存在感抜群で自然と目に入ってくる選手なのですが、以前の
ような思い切りの良さが今大会は影を潜めていたように思います。

高いDスコアでグイグイ攻めていた選抜の時のような演技をもう一度!
鯖江の選手は皆さん体線が美しく、爪先まで神経を行き届かせた演技には毎年好感
持てます。大崎選手、良かったですね。エースをバックアップする活躍でした。

埼玉栄加藤選手の着地の取り方がお兄さんそっくり!踵をしっかりつけて、ほぼ全ての
終末ワザを着ピタで収めていたのではないでしょうか?スタート種目の平行棒からエンジン
全開で素晴らしいパフォーマンスの数々!Dスコアも高いし、あの身長で吊り輪を苦に
しないところが強みですね。あん馬で落下がありましたがラストの吊り輪でしっかり盛り返す!

あん馬、落下しても13.500もらっていたので通せば14点台半ばは行けたでしょうね。種目別でも
跳馬、あん馬以外の4種目で5位以内入賞。2位以下を寄せ付けない、素晴らしい出来栄え!
井上選手、跳馬でロペスを跳んだり吊り輪で力ワザ連発してたり、ゆかもすごかったですね。

団体表彰台に乗るにはWエース、トリプルエースを要するくらいのハイレベルを維持しないと
今年は本当に各選手、各チームの力が拮抗しているので読めませんね。

今大会、上位に来ると思われた選手のあん馬失敗が多く、個人総合は誰が獲ったのか?
終了直後、団体は清風が行ったなとわかっても個人は皆目見当がつきませんでした。

名城大付属。5強に割って入ってこれるのは名城大かな…と秘かに期待していたのですが
やはり壁は厚かったか。。。でもエースの横井選手を中心に各選手、大きなミスもなく本当に
ノビノビと、美しさをしっかり意識して自分達の演技を貫いていましたね。

後ろに座っていた大会関係者の方が「名城がこれほどやるとは思わなかった!もしかしたら
5位に入れるんちゃう?」とビックリしていました。横井選手の安定感を誉めていましたね。

ラストの平行棒、全く危なげなく雄大なバブサーも見せてくれてさあ終末ワザ!でまさかの着地
つぶれてしまう。そこまで完璧だったのに、本当にまさか!の落とし穴でした。
まとめていればAA表彰台を狙えていたかもしれない。とてももったいないxxx

団体6位。でも予選は5位と8点差、決勝は5点差まで迫ったので、ポジティブに捉えましょう^^
三浦選手、中村選手、広川選手。持っている力は全て出せていたと思います。

優勝 清風     260.800
2位  関西     259.750
3位  埼玉栄    258.550
4位  鯖江      256.600
5位  市立船橋   255.750
6位 名城大付属   250.300

個人総合は
優勝 加藤裕斗選手(埼玉栄)、2位 柚木健太郎選手(関西)、3位 田中 樹選手(清風)

おめでとうございます!高体連ブログにお写真、アップされていました

上位5チーム、そんなに差はありません。全Jrは最終日を残して関西が256.900をGet!
この得点は去年優勝した清風(254.400)の上を行っています。僅差の勝負、果たして
ジュニアはどこのチームが栄冠を勝ちとるのか。

課題を克服した、気持ちの一番強いチームはどこなのか?見届けてきます。
バタバタと、間際まで伸ばした感想レポでした。おつきあい、ありがとうございました。