Fairy Tail

銀河の果てまで!


種目別決勝の床と跳馬!

見応えたっぷり&世界トップレベルの跳躍の応酬、本当に素晴らしかったですね^^
いつの間にか、いやもうとっくですが^^;日本の床跳の選手層が強烈に厚くなってます。

健三選手はもちろん谷川選手、早坂選手が魅せたクォリティの高いプログラム!
そして跳馬では小倉選手と鈴田選手が魅せた今現在、世界最高難度と言われる跳躍!
お二人それぞれの大ワザ2本、着地までまとめる超絶ハイレベルな競い合いでした。


DSCF2878 (725x1024)  DSCF2879 (663x1024)

左は日経、右は静岡新聞。

跳馬の大ワザ(リ・セグァンとロペスハーフ)には触れていず、残念。
代表選考メインなので仕方ないにしても、世界選の金メダルも夢じゃない跳躍だったのに!
特に小倉選手は種目別跳馬は3連覇しているのになかなか報われず、気の毒です。
今季こそ、どこかのW杯種目別大会に派遣させてもらえるといいですね。

代表に入らなければ団体金は狙えない、欠かせられない存在の白井健三選手!周囲の
大きな期待に十二分に応えた、宇宙の遥か彼方まで行ってしまったような、今後もたぶん
誰も真似することさえ無理な、完璧な“ゆか”だったと思います。

4月の全日本を観た時、上半身の筋肉の付き具合が増したパワーに加えてロンダートの
スピードと目にも止まらぬ捻りの回転の速さに驚かされました。この種目別決勝は今までの
最高傑作な演技内容だったのではないでしょうか?着地もほんの少し足元を動かす程度。

今年から取り入れたリ・ジョンソンの高さ!
「男子の豪快さに欠ける」などといった意地悪な意見も木っ端微塵に吹っ飛びましたね^^
まだまだ他の種目も更に伸びていく雰囲気があります。まずは得意種目でもう一度、
世界の頂点に挑戦ですね。



グラスゴウ世界選手権、日本代表選手決定!


種目別選手権が終わり、2015年度の男女日本代表が決まりました。
男子は既に決定済みの航平佑典凌平選手に加えて新たに

白井健三選手(日体大)、萱 和磨選手(順天堂大)、長谷川智将選手(日体大)

数々のプレッシャーを乗り越えて掴んだ代表切符獲得!本当におめでとうございます^^

選考方法は詳しくわからないのですが、貢献ポイントというものがN杯と種目別決勝の
演技得点に発生。決定済3名がそれぞれの種目で出した最高得点にプログラミングされて
団体戦で一番高得点を出せるパターンを選出?スペシャリスト枠2名にマルチタレント1名。
マルチはN杯8位以内から…という注釈が付いていましたね。

全ての演技が終わってから10分もかからなかったか。健三くんの代表入りはほぼ
間違いないところで残りは2枠、たぶん萱くんがリードしていてもう1枠は果たして・・・
最後の1人が誰になるのかドキドキしながらも、スクリーンを見るよう場内DJに促され

発表になった瞬間!

・・・(え?吊り輪どーするの?)たぶん同じ事を思ったファンや関係者は多かったと。
何となく微妙な空気が流れました。が、ポジティヴに考えて床鞍でガツンとリードを奪って
吊り輪は耐えて食らいつき、後半の3種目できっちり得点を積み重ねればきっと大丈夫!

萱くん&長谷川くん、得意種目以外を任されてもOKなオールラウンダーなので突発的
アクシデントもバックアップが可能ですし、健三くんも加えて学生は伸びシロありますし
今後の合宿で更に1段階も2段階もレベルアップ!を期待したいと思います。


DSCF2877 (1024x655)


女子は最後の1枠にセインツ体操クラブの宮川紗江選手がダントツのポイント数で代表に。
床跳はそのまま!世界のトップで勝負できる内容だと思います。おめでとうございます。
日本女子のウィークポイントを克服してチームに弾みをつける役割、期待しています^^

明日もう一枚、新聞記事を貼ります。