Fairy Tail

平和の祭典、閉幕。。。


お祭りの後って本当に、気が抜けたような寂しさに浸ってしまいますね。
2週間に渡って繰り広げられたオリンピックが終わってしまいました。

メダリストが呼ばれたバラエティ番組の歓喜の影で・・・
力、及ばず結果を残せなかった選手の顔を何名か、思い浮かべてしまいます。
陸上陣営は厳しい戦いだったかな…それでも閉会式にはほとんどの選手が参加してて
笑顔がたくさん見られたのでホッとしました。

銀や銅メダルを獲得しても、競技によってこんなにも温度の落差を感じてしまうのも
今大会は顕著に現れてしまったように思います。

目指していた色のメダルじゃなかったから、悔しいような嬉しいような、複雑な顔色で
表彰台に上っていた選手はごくわずかに対し、笑顔が弾けてこころから喜んでいる選手が
当然のごとく殆どなので、なんだかな~。同じメダルの色なのになんか空しいな。。。

最後に獲った女子バレーの銅メダルといい、女子力アップ↑↑↑ホント強かったですね~。
仲間と一緒にこころをひとつにして掴み取ったメダルは格別ですね^^
選手だけじゃなく監督&スタッフ含めた、「チーム」というものが前面に出ていました。

男バレファンは羨ましい限りです。真鍋監督になってからの、さおりの成長や迫田の
踏ん張り、江畑の活躍、データを収集し伝える縁の下の力持ち、アナリストの存在等々
ドキュメント番組を通して男子共々、見守ってきたので色々と感慨深かったです。


「すぽると!」に体操メンバー4人が来ていました。山室くんがいないのがな、、、
5人揃ってないことには触れないでと、お達しでもあるんかな。
途中から見ました。

航平くん…客観的に自分をみつめつつ、追いかけてくる後輩にエールを送る言葉にも
優しさとプライドを持ち合わせていて、この苦しかったロンドン五輪を経験してまたひとつ
大人の階段を昇り始めたな~と思いました。

「4年後には、この銀が金になるように」有限実行の世界王者ならではですね。

彼がキャプテンで、スペシャリスト枠で、AA枠は若手選手に任せて、演技する種目は
そうですね~。床、跳、平、鉄のポイントゲッターとして仲間をバックアップする役目
世界王者を切り札として活かせるチーム作りを!

楽しみに待ちたいと思います。

この経験を糧として。。。


ロンドンオリンピック、体操競技の日程が全て終了しました。

種目別決勝は、これぞ世界一!これぞスペシャリスト!の演技を十二分に堪能できて
満足感でいっぱいでしたね。あの大舞台に一人でも多く、日本の選手がエントリーし
世界のトップと競い合ってメダルGetへ!次のリオ五輪への期待も膨らみますね。

男子は団体「銀」。個人総合「金」&6位入賞。種目別ゆか「銀」、平行棒4位&8位入賞。
女子は団体8位入賞。個人総合11位、16位。 種目別段違い平行棒7位入賞。

男子は獲れるであろう最低限の色と数はクリアできたかと。最後、平行棒でもうひとつ
欲しかったですね。ただ、美しいだけでは届かなかったメダル…。

ワザをしっかり入れて攻める気持ち&絶対に負けたくない!という強い気持ちが
もうひとつ、足りなかったように思います。気合もカラ回りしていたかな。。。

あと、身を粉にしてここまで戦ってきた世界王者に対して厳しい意見ですが

航平くんにはもう一度、「団体で、チームで戦うという意味は何か?」ということを
考え直していただきたい。

団体金メダルしか見えない!と自分自身にも、仲間内にも常にハッパをかけるように
鼓舞し続け、高い意識を持ち続けるのにもやはり限度があります。

彼の意識に追いつきたくても追いつけない現状。みんながみんな、航平くんのような
強いメンタルを持っているわけではないと思うのです。

ポジティブな方向にテンションが保たれるのなら良かったのですが、仲間内では
「絶対に失敗は許されない」というプレッシャーの方が大きくなってしまい、緊張しぃな
性格の山室くんは考えられないようなミスを繰り返したあげく、リタイアしてしまう。

自分達の体操を演じることが、いかに難しい舞台だったか・・・身を持って体感したことで
「終わりよければすべてよし」などという言葉も胸にしまって、メンバーの意識レベルまで
ほんの少しでいいから歩み寄ることができたら。。。

インハイやインカレの団体戦を観戦して、あの頃の気持ちをもう一度思い出して欲しい。

  高校生は、たとえ優勝を狙える点数に届かなくても、
  今できる最高の演技を「ここで死んでもいい!」と思えるくらいの必死の形相で、
  先輩から受けた襷をしっかりと次げ繋げようと丁寧に、こころを込めて演じようと、

  今この一瞬になりふり構わず、全身全霊を懸けて闘っていました。

追い求めている美しい体操を、理想とする演技を表現できなかった悔しさ。
アテネの再現を…などとキレイごとを並べただけでは勝てなかった現実!

ミスしなければ勝てるといった楽観的な考えも捨てて、何が足りなかったのか?
どうすればいいのか?チームで戦うとはどういうことか?

初心に戻って考え改める時期にきているように思います。

自分ひとりだけのちからでは勝てない!信じ合い高め合い、一体感を持ったチームなら
きっと次のチャンスこそ、体操の神様が微笑んでくれるはずだと信じています。

種目別決勝 最終日 LIVE


連日の応援、おつかれさまです。
体操競技も最終日。平行棒、平均台、鉄棒、女子ゆかを残すのみとなりました。

日曜のVTRはまだ観ることができず、昨日も男子跳馬のみ、ON TIMEで観戦。
韓国のヤン選手!オリジナルの7.4と余裕のロペスで金メダル、素晴らしかった!
助走が速い、高さも飛距離も空中姿勢の美しさも申し分ない!!!!
世界一の跳躍を皆が讃えているオーラスも、ほのぼの温かくてほっこりしました。

19歳、ロシアのアブリャジンのポテンシャルの高さにも惚れボレです。
ベテランと若手が凌ぎを削りあう戦い!大きなミスもなく見応えたっぷりでしたね。

う~ん。今、NHKでは女子バレー、日本vs中国をON AIR中です。
体操競技は日本テレビの方が確実かな。最終日なのでLIVEレポに挑戦します。

6日のエントリーにコメントくださった
あやかさん、ちゃーるさん、あおさん、しいにゃさん、とんとんさん
愛情溢れたコメントの数々&労いのお言葉等々、本当にありがとうございました。
皆さまのご意見を尊重して、レスポンスはお休みさせていただきます。


男子平行棒から!始まりました。

ゆか☆銀メダル・・・


ロンドン五輪の体操競技も後半、種目別決勝が3日に渡って行われています。
航平くん、ゆかで銀メダル、おめでとうございます。
ずっと決まらなかったラストの着地も気持ちよく止められたようで良かったですね。

「満足いく演技ができた。銀メダルは嬉しい。」その言葉、今大会の団体決勝で頑張った
佑典くんに置き換えてみてあげてください。団体銀が決定した直後のインタヴューで
言葉を捜して探して本音を言えない、見ているこちらが切なくなるような佑典くんのコメント。

団体と個人では当然受け止め方が違うけれど、各選手それぞれが目標を抱いて挑んで
いるので、自分の想いを全てハメ込んでしまうのは返って逆効果だったんじゃないかと。

  「もちろん団体金を狙っているけれど、たとえメダルの色が何色になっても
   皆がそれぞれの役割をしっかり果たし、4年に1度の舞台を心底楽しみながら
   自身が満足のいく演技を世界に見せ付けられたら、それでいいじゃないか。」

団体金以外は考えていない!何が何でも金メダル!とは言わず、もう少し柔軟な姿勢を
見せていれば、メンバーが抱える緊張や不安もだいぶ和らいだのではなかったかな?と
思いました。。。

ニュースで少し流れたゆか表彰式直後のコメント見て、ふと思いました。

おつかれさまでした。

King of Gymnast


航平くん金メダルのNewsは読みきれないほど!新聞もWebにもたくさん来ていましたね。

スポニチに載った、周子さんの手記がこころに響きました。
これからも、今のままの航平で頑張ってください。
私も同じ気持ちです^^「いつまでも航平くんらしく、美しく」

表彰台に上がって金メダルを嬉しそうに、しげしげと見つめている写真。。。
ここに立つまでの、いろいろな想いが込み上げてきていたでしょうね。

   「やっと自分で自分(内村航平)を証明できた。

こんな言葉が出てくるとは!!それだけ五輪の大舞台は特別なんですね。
本調子とは言えず、身体にかかる負担も計り知れないため難度を下げて手堅くいく。
再度吞みこまれそうになる寸前で浮き上がり、3種目め跳馬では最高レベルの跳躍を
見せてから鉄棒までミスなく突っ走る!

ラストのゆかでは滅多にお目にかかれないお手つきのミス。いつ以来だろう?と
あれから布団に入ってアレコレ思い出してたら、高3秋の全日本種目別決勝時の
終末ワザでやっちゃって以来か???それほど前に遡る珍しいミスでした。

最後の3回ひねり着地だけは止めたかったけど、腰が引けてしまい後ろへ一歩。
スタンドに両手を合わせて誤る姿は「止められなくてゴメン」だったのでしょうか。

結果は2位に1.659点差をつけた圧勝!
自分と向き合い、森泉コーチの助言を受け入れて今までとは違う、勝ちに行くための
戦法で念願の、五輪の個人総合金メダルをGet!おめでとうございます。

4年前のインタビューをそのまま有限実行!具志堅先生も嬉しいでしょうね。

種目別開催まで男子は中3日開くので、しばしリフレッシュ。
会場の雰囲気にも慣れたことで、種目別ゆかで再び!伝説を作っていってください。


    linel208.giflinel208.gif


ロンドン五輪も中盤。オリンピックの華!陸上競技が始まりました。
ヨンパーの岸本選手。怪我を推しての強行出場でまさかのDNF。。。
直前合宿で故障だなんて、、、初舞台はホロ苦いものになってしまいました。
トラック種目で一番期待された選手なので出鼻を挫かれたスタートとなってしまう。

男子柔道が非常事態です。体操競技も気持ち引き締めて!
陸上競技も厳しい戦いになりそう…。

国内ではインターハイ真っ只中です。体操競技も始まりました。
暑さを吹っ飛ばす勢いで、最後まで絶対あきらめないチーム戦を!
最善を尽くした戦いを期待しています。

男子個人総合 決勝 LIVE


皆さま、連日おつかれさまです。
Live レポにお付き合い、ありがとうございます。昨日、女子の団体決勝は8位。。。
北京の5位に届かず、悔しい結果となってしまいました。

眠くてウツラウツラしてたらTV画面は日本の段違い平行棒でして、もう大詰め!!
録画を見返すこともできず、日本選手のインタまで見ました。

アメリカ強すぎ!フィジカルもメンタルも最強ですね。
ゆかは大ワザを何なく捌き、力強いタンブリング&表現力に心を奪われます。
ロシア2位、ルーマニア3位、ディフェンディング・チャンプの中国は4位・・・

全ての要素が足りない日本チーム、入賞で満足せず少しでも上位に近づけるよう
これからの世代に期待したいなと思います。

さて、今夜は男子AA決勝です。
スポルティーバに団体決勝の記事がアップされていました。

  【 断ち切れなかった「負の連鎖」。内村航平が「敗因」を語る

敗因の中にも、若手の活躍&奮起など、マイナス面ばかりじゃなかった団体決勝。
が、しかし、彼が一番こだわっていた戦いは終わってしまいました。
これからは個人戦。しっかりと自分と向き合って、ここまでやってきたことを信じて
心機一転、新しい気持ちで挑んでいただきたいなと思います。

ただ、今大会の航平くんの着地姿勢が気になります。体幹をコントロールできてないので
微妙にズレが起こっているようです。腰が引ける悪い癖が直っていればいいのですが…。


 始まりました!NHK BSを見ながら。


事実は小説よりも奇なり


予期せもしないことが数多く降り注いだ男子団体決勝!
判定が覆って逆転で胸に掛けてもらった銀メダルは。。。

最後まで必死に食らいつき、代表に選出されてここまで、いろいろなプレッシャーを
跳ね除けて必死に頑張ってきた5人に対しての「ご褒美」だったのかもしれません。

それにしても。。。

結果だけ見たら宿敵・中国に大惨敗です。
ここ数年、ガチメンバーで戦い抜く彼らに、敵ながら愛おしささえ感じます。
どんな極限に晒されても、ビクともしない強靭なメンタル!!!

決して華やかさはないけれど、泥臭く、最小限の減点に抑えてひたむきにコツコツと
苦しい種目は耐え、稼ぐ種目は確実に得点を重ねていた中国チーム
5人全員が同じ方向を見据えて、仲間を信じて襷をつなぐ集中力の高さ!

こころからの「おめでとう」の言葉は金メダルチームに捧げたい。


片や、肝心なところでミスを連発する日本チームの不甲斐無さ。
スーパーエースひとりの力ではどうすることもできない、遠く届かない金メダル・・・
悔しいけれど、中国チームに見習うところはたくさんあるように思います。

お国柄が違うとか、そんなことじゃなくて。

敗戦をしっかり分析し次へとつなげて欲しい!と願っても、再び同じことを繰り返す
協会&指導スタッフ。
プロ野球やサッカーだったら即行で更迭のブーイングが起こりそう!

予選1位通過を当然と考え、ゆかからの通し練習ばかりって???
技術的に差はない、美しさに於いては当然こちらが上って??
それこそが「おごり」なのではないでしょうか?

根本的に考えを改めない限り、同じことが続くような気がします。
呆れを通り越して、怒りさえ覚えてきます。

男子団体決勝 LIVE


さぁ~~て!いよいよ男子団体決勝です。

女子のLIVEもやる気満々でしたがストリーミングで中国、アメリカ、ロシアの演技見てたら
ウツラウツラ眠くなって寝てしまい、録画見たら寺本さんのゆかまでしか映ってなくて(涙)

ミスもあったようですが5人全員で助け合って予選6位通過!よかったです。
寺本さん!ノリノリ&キレキレだったみたいですね。AA順位も凄い!!!
このまま最後まで笑顔で、男子同様ひとつずつ順位上げていきましょう(^^)

女子のLIVE、やはり朝方4時はキツかった~~今夜はバッチリです^^

それにしても女子はアメリカ&ロシアがズバ抜けていますね。
去年の女王、ウィーバーがAAの3番手になってしまうレベルの高さ!コモワが予選1位!
ムスタフィナも先導役で元気です。中国もすごいのに上2チームはそれ以上です。


さっきNHKで寿思さんが男子予選を解説してくれました。わかりやすい!!
凌平くんの演技をベタ誉めです。佑典くんの平行棒Eスコアの高さに驚いています。
国内では山室くんにしかできない吊り輪の力ワザ、航平くんの跳馬前向き着地
田中さんの平行棒の美しさが素晴らしい!と誉めていました。

あの、平行棒ラストの良い流れを今日につないで行けたらいいですね。
決勝の演技順です。

吊り輪  内村田中山室
跳馬   内村加藤、 山室
平行棒 田中、田中内村
鉄棒   田中田中内村
ゆか   田中加藤、 内村
あん馬 山室、 加藤、 内村


航平くん、全種目エントリーです。もうこれは彼の本意、やってもらうしかありません。
でも本当なら彼に頼るチームじゃなくて、彼を生かすチームを作って欲しかった。
スタッフもメンバーも彼に「おんぶに抱っこ」状態が唯一の不安です。。。

楽しく、力強く、美しく!思い描く最高のパフォーマンス!貫くことができますように

男子団体決勝、始まりまました。



男子は予選5位通過・・・


あれからフテ寝して、さっき起きて見た予選結果に愕然↓↓↓です。

この絶対絶命なピンチを立て直すことができるのか?
ポジティブに考えて、最後の平行棒はいい流れで終われたことを励みに
予選で全てのウミを出し切った!と開き直るしかありませんね。。。。

中一日で劇的に変われるとは思えないけれど、やるっきゃない!

それにしても、、、例えノーミスで行ったとしてもアメリカ上回れたかどうか…。
他のチームも強くなっています。ドイツもフィリップの失速をファビアンがカヴァー。
4番手、5番手もしっかり役割を果たしています。

ロシアがほぼカンペキな内容で2位に付けたのにもビツクリ!
イギリスも地元の利を生かし、崩れることなくしっかり得点を重ねていました。

去年の世界選から見ても各国、若手の進化が著しいですね。
伸び盛り育ち盛りの強さでしょうか。大舞台に屈することなく力を発揮している姿が
素晴らしい!日本も凌平くんが自分の役割をしっかりと成し遂げました。

日本5位、中国6位。。。こんな予想をしたらアホかと叩かれそうな現実!!!!!
中国はポディウム練習もできず、ぶっつけ本番で出場した選手の絶不調など。
日本は、、、もうこれはメンタルボロボロでどうにもこうにも…。

田中さんの、「雰囲気にのまれてしまった」のコメントにもガッカリです。

そんなことは初めからわかっていたことで、そうならないためにも練習&強化合宿を
繰り返してきたのではないのか?メンタルの訓練は充分だったのでしょうか???
いったい今まで何やってきたのか?ありえないですよ~~~ホント!
キャプテンとしての責任も果たせず、呆れて励ましの言葉も出てきません。

こんなにパニクっている航平くんも初めて見ました。最初の鉄棒失敗が全て・・・
種目別に出られないショック&仲間の失敗を挽回しようと、その後は肩にチカラが
入りまくってそれでも得意のゆかは堪えたけれど、結局最後まで引きずってしまう。

「プレッシャーというモノがわからない」
今、いやというほど味わっているのではないでしょうか。五輪の魔物に魅入られて
自分を見失ってしまった現実に。スパッと切り替えて、とにかく目の前の決勝に集中!
AAや種目別うんぬんは団体決勝が終わってから考えましょう。

やるっきゃない精神で、自分を信じて!

今夜は女子予選ですね。見通しは厳しいような報道もありますが自分達の演技を
しっかり貫いて、最後まで諦めない笑顔で!ベストを尽くしてください。

男子団体予選 LIVE


1班が終了、日本チームはこれから行われる2班に登場!
早々と協会公式Blogに遠藤先生のレポが来ていました。

ライスコをチラチラ見ていましたが、中国チームの得点が伸びない反面
イギリスって跳馬、こんなに強かったっけ???ホスト国としてみっともない演技は
できない!と、スコアだけを見てても集中している様子が伺えました。

結局、中国の張 成龍は吊り輪をパスしてました。
5人エントリーの追い風、日本に吹いてくれますように。

Eテレで予選2班が始まりました。
解説は良宏さん、日本は鉄棒から。3分アップが始まりました。

ボチボチと呟きます。