Fairy Tail

第64回全日本個人総合&2次選考会@代々木 vol.6


先週末、新体操のユースチャンピオンシップが東京体育館で開催されていました。
中学~高校生選手対象の男子団体戦&男女個人戦。

男子団体一位を獲得した「青森山田高校@エキシビジョン
まだ少し荒削りな感もしますが相変わらず素晴らしい!
上半身を目いっぱい使った、しなやかな表現が印象的。
フラットな位置からのアングルは貴重ですので是非見てきてください!

ドラマ「タンブリング」効果に伴い、新体操に興味を持つ男子中高生が全国各地で少しずつ
増えるてくれるといいのですが…。秋のALL JAPANは観戦に行きたいと思います。

---------------------------♪

えっと、今年の内規加点についてですが。

去年までは一律+0.3だったところが、+0.10.2になっているようなカンジかな?
平行棒はDスコア6.5以上(去年は6.6)、鉄棒はDスコア6.9以上(去年は7.0)に対して
それぞれ+0.2、、、かもしれない。(違っていたらすみません)

跳馬は、Dスコア7.0以上のひねり系跳越ワザ(ヨーⅡ、ロペスなど)+0.2は変わりませんが
2回宙返りを伴う跳越ワザでは、ローチェが去年は+0.4でしたが今年は+0.2にダウン。
7.0以上の2回宙・・・今回はKONAMIの馬場選手が挑戦したツィンマーマンが対象。
他にドラグレスク、ブラニク、ルー・ユーフなどの超大ワザが+0.4のようです。

つり輪は6.7以上で+0.2かもしれない←山室くんの構成から。ゆか&あん馬は確認できません。
去年あった着地の加点(+0.1~0.2)が今年もあるのかどうか?ちょっとワカリマセン。

そうそう。

馬場選手ツィンマーマンは、1日目の公式練習で1回だけ跳んだところをたまたま見ていて
「!?ひねった?!」と、一緒に見ていた友人達と大騒ぎに。
練習の時はつぶれ気味な着地でしたが表情はすごくクールでして、自信ありそなカンジ。
前転とびひねり後方抱え込み2回宙返り

いざ本番!

速過ぎてどこでひねったかわかんなかったのですが、着地は斜め45度向いて転倒してしまう。
「ひねり不足とられるかな~?」とドキドキ。長い審議の結果、7.0+0.4のワザは認められる。
D-7.4 E-8.000 ライン減点0.3 15.100

2日目には場内解説でユッキィ理事が「ドラグレスク」と紹介していましたが、ひねるタイミングが
クエルボ跳び(前転とびひねり)の位置なので、正式名は「ツィンマーマン」だそうです。
「ドラグレスク」とは、前転とび前方抱え込み2回宙をしてから着地直前で半分ひねるヤツ。

NHKのテレビ中継でも紹介されていましたけれど、腰の低い着地でしたがしっかり立てました。
E-8.800!!ライン減点なし!16.200の高得点。
2日目の公式練習時は跳ばなかったのですが、もっのすごく高い位置で2回転してました。
蹴り、着手、ひねり、回転・・・全てのタイミングが合って初めて立つことができるのでしょうね。

んー、まさか馬場くんが挑戦してくるとは!今まで「跳馬の人」ではなくって、どちらかと言えば
あん馬&平行棒が強い選手といったイメージ。
とにかーく!
KONAMI勢@跳馬が年々レベルアップしていく事に、いつも驚かされています。

今日はここまで。つづく…

第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 団体戦


その前に。。。

東レファン、2009-10シーズンが本日(4日)終了。
まさかまさかのJTにスト負け。今夜はタメ息ばかりついてます。
応援に行かれた皆様、おつかれさまでした。

こんなハズじゃなかったのになー。言葉が出てこない…
空気読まずに体操エントリーをアップします。

------------------♪

今週末に行われる全日本個人総合選手権!

久々の試合観戦にカンも鈍っていると思われるので予習復習として、今更感満載ですが
今回もノアさんから頂いた各チームのレポ後に私のコメントを追加してあります。

めちゃめちゃ長~~いですが興味ある方、どぞ。


第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.8


もうすぐG・W!!!
今年の暦だと30日の金曜日を休みにすれば7連休になるのかな。お天気良いといいね。
いつものごとく、高速道路も観光地もどこも混みこみでしょうね~。

4月30日~5月5日まで、大阪府立で「黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会
リーグ戦→トーナメントの一戦必勝の消耗戦が連日続きます。せめて今季一冠を奪取>東レ
決勝に残ったら日帰りで応援に行く予定…(愛情薄くてすみません)

5月3日に静岡のエコパで「静岡国際陸上」・・コレはもう~~男子5000Mが超豪華!!!
雨が降ろうが槍が振ろうが絶対観戦に行かなくちゃ。
愛野駅からエコパまでのアプローチがワクワクする気持ちを倍増させてくれそう。

5月8日~9日は代々木で「全日本体操競技選手権大会」、シーズンの幕明けですね。
うーん、このオフを経て体操ファンはシツコク残ってくれているでしょうか(…不安)
電光掲示板の得点表示の時間が長めに改良されていることを期待。

ではでわ、予選のつづきです。

第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.7


体操とは関係ない話で恐縮ですが、、、

今年がショパン・コンクール開催年だと最近気がつく(汗)
5年に一度。。。ブレハッチの優勝からもう5年も経つんですね。ユンディから10年!!

14歳のピアニスト、小林愛美さんは挑戦するのかしら…?
クラッシックファンが一喜一憂する秋です。今から何となくソワソワしてます。

---------------♪

5月の全日本の班編成見て、後からチョット感じたこと・・・
内村&山室世代が卒業する来年、日体大の選手層が例年に比べて薄くなるのでは??

Ⅱ班で演技するのは彼ら二人と3年生のリョウタカくん、1年生の瀬島くんはジュニア枠。
去年までの在校生3人ってのは寂しいかも。他のメンバーはⅠ班に振り分けられています。

んー、日体大2~3年生メンバーの奮起が望まれますね。

いつもギリッギリで団体組んでる順大が、来年は強くなりそうな予感(^^)
新1年生の底上げが楽しみですね~今秋の団体戦にも間に合うといいですね。

なんかアタマが大学駅伝に感化されてます(笑)

ほんと、すごいですよぉ。
熱狂的駅伝ファンなんて、入学するかどうかわかんない高校生まで戦力に入れて
再来年~その次の箱根の順位予想しちゃってますからね。先取りがハンパないです(^^;

体操競技の世界は目先の一戦一戦を確実に大切に。まったりゆっくりと、ですね。

ではでわ、予選のつづきです。

第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.6


今更ですが。

去年の11月に行われた全日本・種目別の続きをアップしていこうと思います。
体操シーズン開幕に先立ち、予習&復習を兼ねて。

とりあえず予選のあん馬まで書いてあるので、つり輪&跳馬から。
予選平鉄→団体戦→種目別決勝と順を追って行きます。
団体戦と決勝はDVDを見ながら書いてみますね。

来月に行われる全日本・個人総合の班編成が既に発表になっています。

タツキくん、KONAMI入り本当におめでとう~。更なるレベルアップに期待大!
新卒者の進路先もろもろ、次のエントリーの頭で呟きます。

長らくお待たせしてます、興味ある方どぞ。

第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.5


今週末にはアメリカで、リューキン・カップ(垣谷拓斗、久永将太、北川隼太、綿崎啓太)が、
来週はロシアで、ボローニン・カップ(横山聖、神本雄也、野々村晃司、瀬島龍三)が
開催されます。

清風の吉岡くんが出場できない為、洛南の瀬島くんがボローニンへ振り替わり、綿崎くんが
リューキンへ出場します。高校2年生も中学生もガンバです。
吉岡くん、一日も早く完治されることを祈っています。。。

毎年この時期、ジュニア世代のトップ選手達が派遣される大会です。
2003年のボローニン・カップのレポにアップされている写真に注目!!

こちらの写真、前列&2列目の選手名が全員わかる方はコアな体操ファンだと(^^)

答えはポチッとどぞ。続いて全日本あん馬・予選のツブヤキなど…


第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.4


今日は雨が降って冷たかった!いよいよ本格的に寒くなるのかな。。。

ブログ扉絵、早々にクリスマス・ヴァージョンにお色直し。
温かさが感じられる素材、松ぼっくり&キャンドルの灯を年末まで。

そうそう、スタンフォード大から海外留学制度として3ヶ月間、順大で学ぶショウ・ナカモリ選手。
日本はハロウィンが終わるとすぐにクリスマスの飾り付けが始まる…と、ブログ内で驚いて
いましたね。アメリカ本土は間際にならないと飾らないのかな?

全日本@代々木は3日間観戦されてまして、スタンド通路で何度かすれ違いました。
最終日は色々な選手とスタンド席に座ってお喋りしていましたね。
友人が英語で話し掛けて、でも「ニホンゴ、ダイジョウブデス。」と流暢にお話してくれました。

ほんの少し庇うような歩き方でしたが、怪我の方も順調に回復されているようです。
また来年も、JAPAN CUPのアメリカ代表選手として来日して欲しいですね。

種目別・予選をツラツラと。


第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.3


その前に大学駅伝ファンの皆さまへ!
29日(日)、BS日テレ(22時~23時)で「密着!箱根駅伝、飛躍の秋」が放送されます。
東洋、明治、早稲田、駒澤をメインに出雲と伊勢路を振り返った編集のようです。

箱根まであと一ヶ月!追い込み&総活のラスト30日となりました。

---------------------♪

協会Blogに全日のDVD販売のお知らせが来ていました。

団体&種目別から抜粋して2時間の編集だそうで、元となるネット配信の映像は
you tubeにアップされているのをいくつか見ましたが、けっこう見やすくってキレイでした。

種目別決勝は3年ぶりに復活したので、できたら全演技収録して欲しいのですが無理かなぁ。
あの年は跳馬高校生4人(航平、山室、優佑、宗像)が決勝に進んでいましたね。

今年も学生選手諸君のハツラツとした演技が会場を盛り上げてくれました。

私的にビックリしたことを3個+α、挙げてみた。


第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.2


豊田国際の出場選手が協会Blogで発表されていました。
今年は豪華なメンバーですね~(^^)世界選種目別ファイナリストがいっぱい!
特にあん馬メンツがスゴイ。

そういえば去年の豊田の鉄棒で金メダルを獲った韓国のキム・ジフン選手。
ロンドン世選は種目別鉄棒予選で失敗してしまい、決勝に進めませんでした。
ダブルクースト!観たかった。。。

日本は例年通り、フル代表メンバー(今年は世界選)

以前も書いた記憶がありますが、アテネ五輪の年は先日の男子・グラチャンバレー会場だった
ガイシ・ホール(旧レインボー・ホール)に於いて「中日カップ」とういう名称で行われ
大会前日の公式練習が見学でき、応募ハガキに当たった人は、アテネ代表メンバーとの
握手会に参加できるというイベントがありました。

あの頃は演技の撮影OKだったので、スッゴイ長さの望遠レンズ付カメラや
三脚付ビデオカメラなどを持参していた女性ファンがいーっぱいいました。
冨田くん&鹿島くんが移動するトコロへ、民族の大移動とやらでゾロゾロと
ファンも連なって動いていた姿が、遠くから見ていてチョット滑稽でした。

あの握手会に参加した体操ファンの皆さん、今でも競技会に足を運んでくれているのかな?
一番人気のあった「マックトリオ」の3人が引退してしまい、北京を経過した現在は
だいぶファンの様相も変わってきているでしょうね。

あの時の握手会みたいな、選手とファンが触れ合えるイベントがあればいいのにね
N杯や全日本などの競技会が無理なら、せめてこういったお祭的大会だけでも・・・


思いつくままに・・・


第63回全日本体操競技・団体&種目別@代々木 vol.1


ただいまです。

代々木3日間。
関係者の方々及び選手の皆さま、お疲れさまでした。

現地でお会いした皆さま、お世話になりました(^^)ありがとう!
久しぶりにお顔を拝見できた方もいらして嬉しかったです。

ブルーのポディウムが設置された代々木はいつもの代々木じゃないみたい!!!
5年前、アテネ最終選考会のNHK杯の映像で見たのが最後だったかな?

いつも北側の2階席上にあるプラズマビジョンがフロアに下ろされていまして
公式練習中には世界選の映像が絶え間なく流れていました・・・
BGMも何だろ?DJの趣味か?よくわかんない選曲。。。QueenとかABBAとか。

ポディウム上の電光掲示板には、演技をする選手の名前と所属先が大きく表示され
得点板は名前とD&E得点一体型になって(今までは背番号のみ)誰の得点か
今、誰が演技しているのかがプログラムがなくても一目瞭然でわかりやすかった。

ですが

JAPAN CUPの時のように得点の表示時間が非常に短く、周辺では得点を控える
体操ファンから「消えるの早くてワカンナイーッ!」と文句が出ていました。

次の選手の演技が行なわれている間だけでも、数字を置いといて欲しいのですが。
お願いメール出せば次回から改善してくれるかしら?
種目別決勝は一人ずつ行われるのでチェックできましたが、予選や団体戦は
こちらがスタンバッていないと見逃す確率が高かったです。

今回も進行係のDJ(たぶんJAPAN CUPと同じ人)と場内解説がありました。
女子は溝口さん、米田さんは3日間、徳洲会のお手伝いをしていたので
男子は池谷ユッキィ理事。
ジュニアの大会や演技会でお馴染みの解説、見どころを的確に教えてくれました。

今までの体操会場は、関係者と選手の家族対象といった雰囲気でしたが
「見やすく、わかりやすい競技会にして体操ファンをもっと増やそう!」という心意気が
伝わって来る会場ディスプレイだったと思います。

---------♪

これ、BS日テレの日本vsブラジル@グラチャン観ながら書いてます。
手も足も出ない1セット目から、必死に喰らいつく2&3セット目・・・。

明日はご贔屓選手をツラツラと。