Fairy Tail

9秒台!そして男バレ!


先週末は桐生選手の100M9秒98!19年ぶりの日本記録達成で盛り上がりましたね。
アジア最速記録も更新!一躍、時の人となった桐生選手…
絶好の神風によって演出された陸上の全日本大学選手権、全カレの舞台は福井県でした。

今大会、どちらかと言えば多田選手との一騎打ち、どちらが学生チャンプに輝くか?が
注目されていて、9秒台突入成るか?な話題はあまり前面に出てこなかったですね。
多田選手が世陸→ユニバからの連戦、桐生選手が体調に不安などなど、、、記録に期待するには
厳しい条件が揃っていました。

映像を何度も見ましたが、自身のレーンのみ見据えて力まず、リラックスして走る姿。
たかが30㎝、されど30㎝の壁を破った瞬間!会場の雰囲気も頂点に達していましたね。

何よりも嬉しかったのは東洋大のユニを来て、仲間の応援を背に受けて出した金字塔だった事。
10秒01を引っさげて入学・・・も、挫折を何度も経験しながらの苦労した4年間が報われました。
長距離ファンとしても本当に嬉しい!これから始まるロードの戦いにも弾みがつきます^^

ひとつ向こう側レーンで競る多田選手もPBを0.01更新する好走。
これ以上にない“追い風1.8M”を見極めたスターター係員の絶妙なテクニック。
色々な要素がピッタリ嵌った日本記録更新、9秒98でした。

「やっと世界のトップに挑戦できるスタートラインに立てた」と仰っていましたが・・・
これからがもっともっと大きな試練が待ち受けているかもしれません。
レースは常に9秒台を出すことを要求されるプレッシャー。注目の度合いも今まで以上に。

まだ21歳、今後も伸びるポテンシャルがあると信じて、己に負けないように!
コンスタントに良い記録を出し続けて、更に自信を深めて行っていただきたいですね。


日テレではグラチャンバレー。女子が終わって今日から男子が開幕します。
女子は惜しいゲームもあったけど終わってみれば世界ライキング相当。。。
怪我で離脱の古賀と長岡が戻ってくれば選手層も厚くなって、もう少し近づけるかな?

さてさて、男子も立ち向かう相手は強豪ばかり…日本の粘りがどこまで通用するのか?
東レからは4人!選出されています。そのうち3人はスタメン起用だと^^
頑張れニッポン!アロメン、ガンバです

ロンドン世陸。。。


2年に一度の世界選手権、終わってしまいましたね…。まさかの結末、ありえないシナリオで。

大会前にこんな予想をしたら笑って一蹴されるくらい、突きつけられた厳しい現実に加え
日本陸上界に山積みされた課題、そして王者ボルトの切ない最期にはホロリとさせられました。

色々な競技でこころ躍る展開、世界最高峰のトラック&フィールド&ロード種目に一喜一憂した
10日間でした。織田さん&中井さんの、陸上を愛して止まない高値安定なナビゲーション。

そして、解説される先生方の的確な言葉の選択や技術的&精神面から各選手を讃える評価には
何度も頷かされました。特に投擲種目の小山先生!関カレや日本選手権でも毎年お馴染みでして
本当に色々な意味で勉強になります。今年から中距離種目担当になった横田さんも、ついこの間まで
現役だったのでレース中の心境の移り変わりなど、独特な解説で今後も楽しみです。
短距離種目の朝原さん、四継が決勝進出した直後の「あ~、ヨカッタ・・・」はまさしくファン目線^^

それにしても世界のトップレベルを目の当たりにして、スプリント系は何とか食らいつけたけれど
400Mから10000Mのトラック種目、フィールド種目は予選突破どころか同じスタートラインに立つ
だけで精いっぱいな日本勢。中国はフィールド内で頑張っていましたね。日本も室伏さんのような
存在感のあるスター選手の出現が待たれます。どこ行っちゃった?な若手選手、頑張れ!

50Km競歩のW表彰台はお見事でした!が、その後の20Kmがもうひとつで残念。
お家芸だったマラソンもアフリカ勢に大きく水を開けられ、選考レースの在り方に何度も疑問符がつく
昨今の長距離界。ポテンシャルの高い選手はたくさんいるのに歯痒い現実が悲しい。。。

今大会、女子の三障でのハプニングを乗り越えた表彰台&男子10000Mのファラー包囲網が一番
印象に残りました。特に10000M!長距離ファンとしてあのようなレースを日本選手権で観てみたい!
きっと観ていた現役選手も憧れたであろう、超高速&ドラマティックな展開!切なる願いです。

2年に一度の世陸。2019年はカタールのドーハで開催されます。翌年に控えた東京五輪の前哨戦。
今現在芽吹いている新しい力に期待します、地元五輪で活躍できる足掛かりとなりますように。

選手及び関係者の皆さま、応援された陸上ファンの皆さま、お疲れさまでした。

寒中お見舞い、申し上げます。


今日、20日は大寒。。。
冬至が過ぎて日に日に陽が延びてますが、寒さは反比例しているようです。
静岡でも朝晩は冷蔵庫の中にいるようで…。立春まで、お彼岸までもう少しの我慢ですね。

明日、明後日は三島でアロのHG。現在の2位をキープしつつ、パナとの直接対決で隙あらば
一気に勝ち点を縮めていきたいところですね。スポニチ静岡版にも大きく取り上げられると
思いますので週明けにまとめて貼り付けます。景気のいい内容になりますようにー!

そして今週末は安芸路@ひろしま駅伝があります。長距離のオールスター戦!楽しみです。
お天気に恵まれますように。そう、早大OBで住友電工に所属していた竹澤選手が現役引退。

決して世代トップではなかった彼が早稲田で才能を開花!トラックで五輪に出場、マラソン移行も
期待されたけれど…。まだまだ走れると思うのですが本当に残念です。お疲れさまでした。

あと、女子短距離の福島選手がプロ転向を表明。アマチュア選手が続々とプロの世界へ!
受け皿となる媒体が整ってきているのでしょうか。東京五輪に向けての追い風、アスリートを
取り巻く環境が、もっともっと良くなっていくといいですね。

体操競技は只今オフ期間。
身体を充分温めてから練習へ。選手の皆さま、怪我や体調管理をどうぞ気をつけて。

年末&年始いろいろ


「5日から仕事!」という方が多かったかな?外食産業は4日まで「ランチメニューありません」とか
「土日祝日料金です」とか、「4日まで休業します…」とか^^;

どこに行っても混んでて、そうそう近くの神社&ショッピングセンター周辺道路は駐車場出入りや
いつもならスイスイ行ける交差点の横断歩道を大勢の人が行き交って、なかなか車が通れない!

そんないつものお正月風景も今日、5日になると一段落。車の量も人波も穏やかに。

お天気良くて暖かくて、いい三が日でしたね。
去年暮れからのTV番組、スポーツ関連も箱根が終わって…次は女子マラソンかな?
長距離@陸上ファンはまだまだ楽しめますね。

クリスマスにやっていたフィギュアの全日本選手権

鈴木明子さんが引退してしまい、これといって応援する選手が見つからなかったここ最近
久々、心ときめくアーティストを見つけました。女子シングルで3位になった三原舞依選手。

GPシリーズのアメリカ大会で3位に入った演技を見て俄然注目^^

たおやかな表現力&スタイルの良さと確かな技術に裏付けされた正統派スケーター。
始まってから(失敗しないかな?とか大丈夫かな?とか)ヒヤヒヤもソワソワもしない
ずーっと笑顔でこころを広く持って観ていられる演技。これからが楽しみです。
世界選手権に四大陸、頑張ってください!

元旦のNY駅伝

一昨年から力のある選手が大量入部。大きく伸びた市田兄弟&村山兄弟の活躍で
久々の栄冠でしたね。鎧坂くん、助っ人区間を果敢に走破!復活も近いかな。母校明治は
箱根で躓いてしまいましたがOBはそれぞれ頑張っています。

あと。設楽悠太くんの失敗駅伝は記憶がないくらい前?走れば区間賞、区間新ばかりの彼が
失速していく足取りに胸が詰まりました。。。啓太くんももうひとつ。でも東洋大OBがホントたくさん
エントリーされてて、それぞれのチームに貢献している姿は嬉しかったな。

そして箱根駅伝

悔しいけど青学の原監督の手腕は認めざるをえない…。青学にもミスがあったのに、それに
付け込めない他大学がふがいない。7分以上も離されての2位はホント悔しい!!!
けれど東洋らしい粘りは見せてくれました。7区9区で順位を上げる走りには鉄紺魂を見ました。

一番印象に残ったのは、2区・区間賞の神奈川大学、鈴木健吾選手。

いや~、素晴らしい!予選会を日本人トップと聞いていたので注目していましたが、その時より
たぶん更に進化した走りだったと思う。このまま直ぐマラソンに移行していただきたいくらいです。
怪我をし難い体質なのかな?筋力も柔らかそうで乳酸が溜まりにくい雰囲気。これからの活躍が
本当に楽しみです。そうだ大後監督!年末のトークバトルの監督席にやっと座れますね~。

順大は久々の上位入賞4位。長門くんが監督になって初の箱根。結果が出て良かったです~。
同期の今井くんのNYの走りも感動でした。レースを知り尽くしたベテラン。誇れる同期がまだまだ
現役バリバリ!母校を躍進させてエールを送れましたね。

そして箱根駅伝をじっくり見始めた頃、強かった神大が久々のシード獲得!
スピード駅伝に乗り遅れ、立川を走ってはシード落ちの繰り返し…今年は余裕を持って挑めますね。

東海大は往路で苦しんだけれど復路の上級生が頑張ってくれてシード獲得。箱根はやはり
上級生の力がモノを言います。走った1年生諸君、来年の糧としてガンバですね。

ご贔屓チームが秋の予選会を全部免れたのは、ここ10年くらいで初めて…かもしれない^^;
神大の復活が最高にうれしい♪
一人のスーパーエースに仲間が引っ張られる相乗効果ですね。よい記録を積めていけますように。

まだまだロードシーズンは続きます。選手の皆さま、感染症&怪我等に気を付けてガンバです。

最終種目で日本新&自己ベスト歴代2位


陸上日本選手権。お天気になってバックスタンドまで満員の瑞穂は最高のオーラスでしたね。

追い風1.8Mの好条件。女子200Mで福島選手が自身が持つ日本記録を0.01秒上回る日本新
男子200Mでは飯塚選手が自己ベストを更新!日本歴代2位の好タイム&派遣記録突破で
リオ五輪行を決めました。

国内最高峰の舞台で一発勝負の大パフォーマンス!
福島さんも飯塚くんもとても清々しい、素敵な笑顔に満ち溢れていました。

飯塚くんに続く2位に入った高瀬くんもリオ行、決まりました。今シーズンは調整が遅れていて
大会前は不安な部分もありましたが、選考レースにきっちり合わせてくれてホッと一安心。

静岡が生んだスプリンターお二人が日の丸をつけてリオに挑みます。桐生、ケンブリッジ
山縣も揃い踏み。男子4継は史上最高、最強チームの声が上がっていますね
北京の銅メダルを超えたいですね~。いやいや、今大会はそれ以上を目指す気持ちで!
リオの奇跡をバトンで繋いで行ってください。まずは個人種目で結果を残せますように。

男子5000Mは大迫が圧巻の走り。ひとりだけ最後まで雲の上を優雅に、ふわっと速く走り抜ける。
ハイレベル&ストイックな環境で、海外の強豪選手と切磋琢する練習を積み重ねてきた結果。
まだまだここは通過点ですね。本番のトラックでアフリカ勢に食らいついて!

意外というか、凄いというか、上野選手が途中トップに立って、でもそのままズルズル後退か?と
思いきや最後まで粘って2位に入る大健闘!!!上野くん素晴らしい!今大会一番の感動^^

悠基がいない長距離2種目、大いに盛り上げてくれました。佐久長聖の先輩後輩の熱~い走り。
恩師・両角先生も感慨深く見守っていたことと思われます。

男子長距離は大迫と村山紘太、設楽悠太選手が選ばれました~~。悠太くんおめでとう!
東洋大学から在校生OB含めて6人がリオ五輪出場します。ファンとして本当に嬉しい^^
彼らに刺激されて今シーズンの駅伝チームが更に大きく成長できるといいですね。

いや~、それにしてもPaloma瑞穂!陸上競技でバックスタンドまで観客が埋まっている光景は
久しぶりに観たような気がする。それだけ注目度が高かった大会だったんだなと。

マイルリレー要員に早稲田の加藤修也選手!選ばれました。ウレシイ^^彼も静岡出身。
先輩達の走りをリオで目に焼き付けてマイルで快走、東京五輪を目指す礎となりますように。

リオ開幕まであと1ヶ月と半分です。

雨の中の決戦…


2日間、雨に見舞われた瑞穂でしたが最終日はお天気になりそうですね。

先ずは男子10000Mでショッキングな光景
設楽啓太選手が半分も行かない段階で周回遅れとなってしまう。
母校の東洋大で調整していると訊き、不調の原因を何とか打破しようとしていたのか…?
弟の悠太くんは3位に食い込むも、代表に選ばれるかは厳しい立ち位置。

優勝した大迫、ずっと2位が続いていて本当に・・「やっと」の言葉は感無量でしょうね。
表情が全く変わらず、余裕を持たせたストライドでロングスパート。お見事でした。
五輪代表内定、おめでとう!

大迫、悠太、村山謙太の3人が凌ぎを削る姿、紛れもなく!近年の箱根強豪国のエースが
日本一目指して命、懸けていました。

2周目辺りに上野選手がトップに立って後輩エースくん達を引き連れて走る姿も感慨深い。
村澤早川も頑張ってた!各世代の、それぞれの大学のエースがそこにいました。
そして旭化成メンバーの充実ぶり。あと、住友電工勢も多種目まんべんなく決勝にコマを
進めていて勢いがあるなぁと感心。

100Mはケンブリッジ飛鳥選手優勝!
スタートからフィニッシュまで完璧に走った山縣選手を0.01秒差でかわした勝負強さに拍手!
山縣、悔しい2位。そして桐生選手は走っている最中にどこか痛めた??

それにしても短距離走のフォームは美しい^^とりわけ山縣選手の股関節の動かし方!
美しくて力強くて速い!どことなく体操競技にも通じるものがあります。

レベルの高いレースでした。ケンブリッジ選手、高校時代の走りが強烈に印象に残っていて
個人種目より4継の2走で爆走していたイメージ。東京高校、ホント強かったです。

日大時代は怪我もあったりで、このまま埋もれちゃうのかな?と思っていたところで去年の
織田記念で桐生くんを破って注目され、今年社会人になって大ブレイク!大学時代、あまり
消耗しなかった事が今後に活かせるといいですね。

あと男子400Mで早稲田の修也選手が45秒台で2位に入ったことが嬉しい♪
もしかしたらマイルのメンバーに選ばれるかもしれない?五輪、行けますように。
去年一年間、本当に苦しんでいたから今季の復活が尚の事、嬉しいです。

優勝した東洋大のウォルシュ・ジュリアン選手。伸び盛りの19歳は大舞台で参加標準記録突破!
こちらも勝負強い!11連覇中の金丸選手の牙城を崩して新チャンピオンに^^
体操の健三選手と同世代。まだまだ本番まで大きくステップアップしそうですね。

ケンブリッジもジュリアン選手もお父様がジャマイカ人。昨今、スポーツ界は混血選手の
活躍が目立っていますが陸上競技も流れに乗っています。お二人とも2~3歳の頃から
日本で暮らしているそうです。物心ついた時から既に日本人ですね。

明日は男子200Mと5000M。良いコンディションで競い合えますように。

第100回日本陸上選手権大会@Paloma瑞穂 開幕!


体操のポルトガル国際も気になるところですが・・・
本日から陸上の日本選手権が名古屋の瑞穂競技場で開催されます。
NHK総合で19:30から放送があるので興味のある方は是非~^^見てください。

100年に渡る伝統が紡がれていく・・・懐かしいシーンにPlay back

   
   


注目の男子100Mは今夜が予選&準決、明日が決勝かな。
10000Mもあります。もうホント楽しみ(^^)/

どちらも出かけているので夜、遅くに録画鑑賞ですが速攻で感想ブログってみます。
日曜は夕方16時から18時まで。こちらはリアルタイムで見れそう。

200Mと5000Mもどうなるのか…。

それにしても男子100Mの事前記者会見に報道陣が500人近く来たそうで
さすが「五輪の華」ですね。ロシアのドーピング問題も気になるところですが
3日間の On your mark みずほに行きたい気持ちを堪えて満喫したいと思います。

週末のスポーツなど、など。


厳しい寒さも今日がピークでしょうか…。少しづつ暖かくなるようです。
花粉も飛び始めているとのことで、対策を万全にしていきたいですね。

日の入りもだいぶ延びて、先日2月23日は「富士山の日」ということで近隣各地では
色々なイベントが開催されていました。公立の学校はお休みの所もありました。

   20160226134155.jpg

先週、たまたま通った時、夕陽に映えてとても綺麗だったので^^
西の山にすっかり陽は落ちて辺りは暗くなり始めているのですが、富士山の頂きは
まだしばらく照らされている、ほんの少しの時間帯です。

さてさて。

フィギュアの四大陸選手権も終わり・・・それにしても男子はハイレベルな戦いでしたね。
パトリック・チャンの「これぞフィギュアスケート!」なFSには驚きと称賛の声でいっぱいです。
全てのエレメンツ、ショパンの旋律を携えて完璧に美しく優雅に滑らかに。
SP5位からの逆転優勝!心技体がひとつになった瞬間でしたね。
中国の若手も勢いとどまる事を知らない進化っぷり。成長曲線半端ないです。

日本勢も健闘しましたが表彰台に乗れなかったのは残念…。
王者が参加する世界選で再び、天井知らずの演技がお披露目されそうですね。

女子の宮原さん。パーフェクト&安定感のある演技、素晴らしかったです。
初のタイトルを引っさげてボストンでも輝いて欲しいですね。


陸上競技では。

箱根の5区の距離が元に戻ることが決定しました。うん、ちょっと遅すぎた感も。
もう『神』の存在はいらない。。。けれど、今までの快挙の数々は永遠に箱根ファンの
記憶に残っていくことは確かです。これからはオーソドックスに。4区も重視されます。

東京マラソン!注目されているランナーが数多く参戦します。大学生も大勢走ります。
リオ五輪選考も絡んでくる筋書きのないドラマ、ドキドキしながら楽しみたいと思います。
日本選手権となった福岡クロカンも。翌週にはびわ湖もありますね。

競歩の大会やハーフマラソンなど目白押し!ロードレースファンの忙しい週末は続きます。
設楽悠太選手がPMを任されて、しっかり仕事を果たした別大。びわ湖にも登場します。
雲の上を駆け抜けているような柔らか~い走り、来年はフルで観たいですね。

そして私的にmain eventなVプレミア、土曜日は東レvs合成の順位決定戦!
スポニチ静岡、早速展望記事が掲載されました^^
結果と一緒になってしまいそうですみませんアップお待ちください。
アローズFight

ロードレース!


先週、都道府県が終わり、リオ五輪選考に絡むマラソン大会がこれからですね。
その間に丸亀ハーフや全実ハーフなどのロードレースが挟まります。
各地方で開催される小さな駅伝大会もまだまだあります^^
奥武蔵に東洋メンバーが出る…かな?

先日の安芸路。静岡代表は4位入賞でした。去年はあと一歩の9位から久々の入賞!

   DSCF2957 (1280x1097)

いや~、やっぱり駅伝は楽しいですね。最初は遅れても根気強く、じわじわと順位を上げて
上位を伺ったかと思えば、逆のパターンもあり。体操の団体戦も似たような展開ですね。

高得点が出難い種目からスタートして徐々にアップ。反面、途中どこかにミスが潜んでいて
急降下急浮上、更に相手チームのミスなどが絡んでくると必ずしも勝負に絶対はない。
時間的にも長丁場でまさしく、仲間と共に襷をつないで最終Goalを目指す!

ふるさと出場の悠基選手。安芸路ラストランは静岡を4位に押し上げてくれました。
戦前は優勝も夢じゃないかも?!と、ちょっと期待しましたが甘くはなかった
ひとつでもブレーキ気味な区間があると優勝は厳しいですね…。

これからはマラソン主体に移行していくそうです。上州路も、もしかしたらもう最後かなぁ。
活きの良い若手が入ってくるので、これからは自分自身の為に高みを目指して欲しい!

中学生の頃から地元のスーパースターで、世代トップランナーで。。。そんな悠基も29歳。
インタを見て、「年相応の顔つきになったなぁ」としみじみ。静岡代表として戻ってきてくれて
本当にありがとう色々な雑音にめげず、これからもガンバです!


安芸路の優勝愛知県。奇しくも男女アベック優勝ですね。おめでとうございます。

アンカーの修平選手!1ヶ月の間に2度の胴上げ^^NYの上州路では好調だったのに、この
安芸路では不振に陥った選手も多かった中、3区を走った田中選手共々優勝へ大車輪な活躍。
トヨタ自動車の優秀な調整力に脱帽です。高校生も強かったですね。

1区は高校生スターが集う区間。今年もさすが!評判通り、力のある選手の力走に胸熱
区間賞の遠藤選手はまだ2年生。大学はどこへ行くのか?争奪戦はこれからですね。

長距離選手のオールスター戦と言ってもいい都道府県対抗ひろしま駅伝。
各県が選手強化に懸ける比重も年を追うごとに大きくなっているようです。
日本のトップから世界へ!大きく羽ばたいていけるキッカケになるといいですね。

陸上☆東洋大学、伊勢路初制覇!!!.


週末、ちょっと出かけていたり、他のスポーツに一喜一憂してたりで
体操記事をほったらかしているので今夜、まとめて貼り付けます。


いや~、1日の伊勢路全日本大学駅伝、観ました?

        『青学大の三冠を阻んだ 東洋大学 の駅伝力』  by Sportiva

東洋大学、悲願の伊勢路初制覇 これぞエースを活かす鉄紺の走り!!!
感動をありがとう!最高のレースでした。初優勝おめでとうございます!

体操ニッポン団体金とは少々違うシチュエーションでの襷の受け渡しで栄冠を勝ち獲りました。
どちらもホント、もう~~~自分の事のように嬉しいです^^

酒井監督の涙にもらい泣き過去の悔しいレースの数々を思い出して感極まる姿・・・
鉄紺メンバーの、飾り気のない学生らしい走り、常に前を追う粘り、仲間を想う気持ち・・・
久々に爽快&スカッと晴れたレース展開に賛辞の言葉がいくつあっても足りません。

人間、奢りがあっては何事もダメですね。危機感を持って、挑戦者の気持ちを忘れず
ひたむきに取り組む姿勢を貫く!全ての競技に通じるモノがあります。

   「自分達は絶対ではない」

勝って当然!と高を括っていたわけではないけれど、どこかに隙があった青山学院。
目覚めさせられた今大会を糧に、箱根への取り組みも変わってくるかもですね。
駒澤も早稲田も虎視眈々とレベルを上げてきています。来年のお正月が楽しみに



フィギュアもGPシリーズが開幕、男バレのVプレミアも開幕。
色々と、あちこちでスタートしています。