Fairy Tail

猛暑お見舞い申し上げます


毎日の暑さに辟易・・・すっかり放置状態となってしまいました。
西日本豪雨災害に遭われた皆さま方へ、こころよりお見舞い申し上げます。

連日の極暑で熱中症死者の出てしまうここ数日。
極端な大雨、流れ崩れる土砂、そして照り続ける太陽etc
自然が繰り出す猛威の前に成すすべなく。。。

自分の命を守る行動!

決して大げさな言葉ではありません、日々心掛けなければいけない日常が続きます。
皆さま、どうぞ体調管理等くれぐれも気を付けて過ごして行きましょう。


やっと種目別リザルトの結果をプリントアウトしました。
振り返るには日が経ってしまいましたがG+の映像チェックも兼ねながら
ボチボチやっていきます。

8月早々、静岡でインターハイが開催されます。このはなアリーナ。
座席数が少なくてとても心配です、、、が、過去にも狭い体育館で観戦した経験があるので
なんとかなるかもしれない?淡い期待で行ってきます。

選手の皆さま、どうぞ追い込みクライマックス、頑張ってください!
積み重ねた練習の成果を発揮できますよう、祈っています。

2018種目別選手権@高崎

行ってきました^^2年ぶりの種目別を観戦しに猛暑に近い群馬県高崎へ

選手の皆さま、ファン及び関係者の皆さま、熱い闘いの2日間お疲れさまでした。
会場でお会いできた皆様、ありがとうございました。感謝!です。

いや~、色々と想定外のドラマ盛りだくさん&終了翌日、まさかのニュースにビックリ
対象の選手や所属先も複雑な気分でしょうね…。

第18回アジア競技大会日本代表選考資料作成において、手順ミスによるチーム得点算出の説明資料

pdfが開きます

世界選の残り3名の選考は種目別の予選決勝まで含めた5試合なのに、アジア代表選考は
N杯までの3試合のみ対象って、もうそこで「何で?」
アジアだって種目別あるでしょうに?と思うのが普通。誰か教えて。。。

まあAA代表がN杯上位2名、アジアは世界選入りを除くN杯順位の上から3名。
微妙に違う分、選考方法を変えたのか…。なかなか難しい。

平行棒が終了してラストの鉄棒決勝エントリーの選手が場内へ入って来た時、
たまたま本部席に居た寿思監督を見たら頭、抱えてました^^;

各種目の選手入場時、毎回席から立ち上がって迎えていたのに、鉄棒の時は
手元の資料に目が行き、それどころじゃなかったのかもしれない。
最後の5人目は谷川兄弟の争いだったそうなので、翔選手の当落が出た直後か?

萱選手があん馬の演技が全部終了した時からガッツポーズを何度も見せつけ、笑顔で
退場して行ったのも翔くんが失敗した事で自身の貢献ポイントを把握していたのか?

ポディウム上だけでなく会場内、色々なシーンを見ていると後で納得する事が多い。
生観戦、別な部分の醍醐味ですね。

また時間を作りながら振り返りたいと思います。

一番印象に残ったのは跳馬のワン・ツーを獲った大学生コンビ!!!

米倉英信選手のロペスハーフと長谷川瑞樹選手のヤン・ハクソン!!!Dスコア6.0
凄すぎました~~。お二人とも高校時代からロペスもヨーⅡも楽々と跳んでて。。。
大学に入って更に進化!米倉くんには是非共世界の舞台で成功させてヨネクラを!

ただ、予選の着地で怪我リタイアした選手達の事を想うと・・・たいした事なければいいのですが。
跳馬のアクシデントは本当にやっかいです。どうぞくれぐれもお気をつけて。

NHK杯、10連覇!


最終種目までレベルの高い競い合いが続き、誰が優勝するのかわからない・・・
手に汗握る展開、素晴らしい試合でした。

内村航平選手、NHK杯10連覇達成!おめでとうございます。

これだけハードな競技内容の中、2位以下の顔ぶれは毎年変わり、更に新しい勢力が台頭して
来ているのに全部退けて10年間、トップの座は譲らない。「譲る気持ちは全くない!」
有言実行を貫きました。

「一回負けているから I was King 」と謙遜するも、年齢を重ねつつも更に進化を続けているように
誰にも負けない練習量で期待に応えている姿に感服です。本当に凄い!

試合勘が戻っていない春先の大会を経てから、航平くんらしい従来の猫っぽい動きが復活してきて
全く危なげのない内容で…いや、やはり体力的にキツクなる平行棒は、さすがにちょっとハラハラ
しましたが、ラストの鉄棒は、それはそれは文句のつけようのない王者の車輪でした^^

静岡新聞に

   「全日本で感じた体力面の不安を解消するために、3週間で試合よりも短い時間で
    計6種目を通す練習を繰り返した。身体のキレは格段に増し、全日本の決勝で乱れた
    終盤の平行棒と鉄棒の高得点につなげた。


と、書かれていました。

豊富な練習量に裏付けられた確固たる自信と百戦錬磨の経験値。彼以上の練習をこなして初めて
やっと同じスタートラインに立つ事ができ、尚且つノーミスで競い合っていかなければ上に行けない。

追いかけてくる若手の追随はまだまだ許さない!と言わしめた世界王者、2018NHK杯でした。

阻止されても尚、強し!!!


内村航平世界王者の国内個人総合連覇が途絶えてしまいました。

っ!

敗れても内村航平、尚強し!強烈な印象を体操ファンに植え付けました。

予選は鉄棒からスタート、緊張感が見え隠れする手放しワザを掴んだ後の肘曲がり数回。
あん馬はウ・グォニアンでまさかの落下、吊り輪は静止時間が若干甘い?ような気がしてもうひとつ。
跳馬&平行棒で盛り返しましたが予選は5位通過。

でも、この予選の上位4名はノーミスで、得点差も1位の健三選手から6位の千葉健太選手まで
僅か1.033点内に6人がひしめく大混戦!予選の得点も持ち越す選考方法で更なる安定感を
AAに求めている本年度のルールが吉と出るか凶と出るか?

決勝はゆかスタート。難度を若干抑えたDスコア。あん馬は慎重に、でも滑らかに。
吊り輪は昨日よりも出来栄えアップ!跳馬シューフェルトは高値安定、平行棒は後半の倒立で少し歩く。
鉄棒はコールマン掴んだ後の車輪で肘が曲がるも着地は片足半歩でまとめる。

ギリギリ粘って決勝のみの得点はトップでしたが予選のミスが響いてしまい3位。
真ん中には立てなかったけど表彰台を逃さないのはさすがです。

     「世代交代は否めない。でも、譲る気は全くない!

NHKのプロフェッショナル、仕事の流儀で力強く言い放った言葉そのものが演技に表れていました。
ノーミスで通すことの難しさ・・・。ひとつ気になるのは、演技終了直後から肩で息をしているような
消耗具合が、以前よりも更に顕著に見られるようになったこと。

体力的にキツイのは承知の上だと思われます。加えてメンタルも、一種目ずつ削られていくような
複数の若手が覆いかぶさってくる勢いを肌で感じる中での試合展開

NHK杯も厳しい立ち位置での演技となります。航平くんにしか醸し出せない一種独特の華のある
それぞれの演技の”間”を忘れずに、王者の意地を見せていただきたいなと思いました。

プロフェッショナル…
鉄棒のH難度、ブレットシュナイダー!何度も何度も挑戦している姿に見ているこちらも切なく。。。
カメラを練習場に入れて一発本番で綺麗に掴みホッとした表情とやりきった充実感、そして
達成感が笑顔に溢れていましたね。

ただ、構成に組み入れての成功率はどのくらいなのか?今すぐにはできないかもしれない。
そのお披露目はまだまだ先かもしれない。でもきっと、満を持して魅せてくれるであろう大ワザ。

楽しみに待っています。

そうそう、手作りの応援フラッグを持ったファンが増えましたね~。スタンドがそれとなく華やか^^
お目当ての選手、演技後にフラッグの方へ手を上げて応えてくれたのかな?

選手自身はもしかしたら恥ずかしいのかもしれませんが「応援ありがとう」と、フラッグに向けて
手を振ってくれるパフォーマンス、見せてもらえると本当に嬉しいですね^^

2018全日本個人総合、超新星誕生!


3日間、観戦に行ってきました。久しぶりの東京体育館。
なんと最終日の決勝、日曜日の当日券は完売したそうです。

体育館前に着いたのが12時5分頃で、開場と同時に長蛇の列が途絶えることなく
延々と続いていたので
「この日差しの中でダラダラ歩くのはキツイから行列の最後が来たら入ろう」と
前売りチケットを握りしめ、入口脇の日陰ゾーンで待つこと30分(笑

いつまで経っても列の最後がやってこない!!!

とうとう会場係の人が「指定を持ってる方はこちらからどうぞ」と、まだまだ流れている列を
横目にやっとこさ入場できました^^最初から自由と指定で列を別ければいいのに…。
まさかこんなに大人数が並ぶなんて、、、全くの想定外だったのかもしれません。

などと、まあとにかく最終日の東体は2011年東京世界選を思わせるような超満員のスタンドでした。

予選、種目別トライアル、そして決勝と本当に色々な演技を堪能できて幸せでした。
選手及び関係者の皆さま、携わった全ての皆さま、お疲れさまでした^^ありがとうございました。




19歳の新王者谷川 翔は世代交代救世主/米田功の目
上の写真をクリックすると日刊スポーツの米田さん記事に飛びます。

谷川 翔選手!全日本個人総合優勝、おめでとうございます。

色々な記事がアップされていますが3月のAAトライアルをトップ通過した事はあまり触れてない?
今大会は得点の出難いⅠ班の演技で86点超の高得点を上げて予選2位通過で決勝へ!

種目別トライアルの時、後ろで観ていた学生選手が「かけるヤバかったわ~スゴかったわ~」
感心しまくってました。うん、本当に自信に満ち溢れた別格な内容でした。

いやもうホントびっくりでしたが伸び盛りな年齢と潜在能力からしたら可能性は秘めていましたね。

「あのカケちゃんが、アノちっちゃかったカケちゃんが…

中学生の頃は横浜文体や代々木のスタンドで、市船体操部員のアイドル的存在で可愛がられ
お兄ちゃん達を応援していたカケちゃんが、なんと健三くん航平くんを飛び越えてAA日本一に!

米田さんの記事の最後
実は、前評判は高かった。大会前の試技会に行った審判や協会関係者の中では
「今回の翔はすごい」と言われていた。その力を、いかんなく発揮した結果だろう。
まだ若い。大学3年ぐらいが、1番、伸び率が高いだけに、この先がすごく楽しみだ。


去年の千葉健太選手も関係者の前評判は高かったと耳にしました。19~20歳の伸び盛りな時期。
巡ってきたチャンスを手繰り寄せて栄冠を掴み獲りました。本当におめでとうございます。
もう恐れ多くて「カケちゃん」なんて声、掛けられませんね(汗)

N杯で再び旋風を巻き起こすことができますように、目いっぱい実力発揮できますように。

ご無沙汰でした・・・。


季節はもうすぐGW!いやはやすっかり放置してしまったMyブログ。

1ヶ月以上更新がないと広告が出ちゃってたんですね(汗 久々のログインで焦ってます
なんとなく毎日、忙しなく過ごしていました。
最近、、、というかここ数年のルーティーンは筋トレ&ヨガ&筋膜リリース。

昼間に仕事、夜にスタジオに出かけて体力づくりに^^帰宅して心地良い疲労と共に眠りに。
次の日はスッキリ爽快に再び同じプログラムで繰り出していた日々…が、PCに向かう時間減
去年、無理な体勢から痛めてしまった箇所も完治し、体調管理に励んでおりました。

録画した映像もまだ見ていないのですが体操News、ちゃんとチェックしていました。
そうそう、たまにTVを見てると航平くんのCMが流れていますね。なんか、いつだか最初の頃の
TVカメラ向けられてぶっきらぼうな振る舞いが懐かしいくらい、笑顔&サービス満開!

プロ転向2年目、色々なメディアで雄姿拝見。時代も少しづつ変わって来ていますね…。

今週末は全日本個人総合と種目別トライアル!3日間、観戦に行きます。
東体は一年ぶり。。。去年、行けなかった分まで今年は頑張って生観戦予定^^
ココは相変わらず思うように更新できないかもしれませんが今季も宜しくお願いいたします。

Olympic Winter Games PyeongChang 2018


はじまりましたね!冬季平昌五輪

まずは何と言っても男子エアリアルで初代表となった田原直哉選手!

代表決定後はあちこちの報道&スポーツNewsで特集されていました^^
アテネ五輪ファン&徳洲会ファンにとって大変感慨深い選手です。

苦節12年…持ち前の身体能力で国内トップレベルまで到達できたのは早かったけれど
海外勢との大会では渡航条件から始まって慣れない環境等に苦労を重ね
所属先も離れてバイト生活などなど、五輪への道は本当にほんとうに長かった。。。
「オリンピック代表選手になる!」夢を諦めることなく叶えました、おめでとうございます

そして今回、結果を残してこその初志貫徹ですね。体操ニッポン監督の寿思さん、そして
徳洲会監督の米田さんなど壮行会では皆さん、自分の事のように喜びのコメントで祝福されて
いました。ずっとずっと気になっていた元同僚、一緒に競い合った仲間・・・

皆、現役を退いて指導者になっている今、田原選手に賭ける想いは果てしなく強く
平昌のエアリアル会場に届くと思われます。近いから応援団も大勢詰めかけるかも
しれませんね。悔いのない、納得のいく演技ができますように



最強寒波お見舞い、申し上げます。


年が明けて早2週間、、、こちら静岡は晴天&極寒な日々が続いてます。
大雪に悩まされている地方を思えばホントありがたい土地柄で申し訳ないくらい。
インフルも流行り出しています、皆さま体調管理にはどうぞ気をつけて。

年明けから色々ありました。そうそう、年末のガックシな事は東レが天皇杯準決敗退・・・
抜けてました(汗
そんな東レも助っ人外国人が故障で内定新人がOPとしてスタメン!F6進出は大丈夫だと
思われますが雲行き怪しいリーグ後半戦がスタートです。

そしてスポーツを愛する一ファンとして大変残念なニュースが…

カヌー競技選手のドーピング絡みに歪んだ行いの数々。
スポコン漫画のヒール役そのまま、まさか?まさか!な事実が明らかに。
それも国内トップ選手が犯したことに只々驚くばかりでした。

アスリートとして何時、どんな時にも口にするものには細心の注意を怠らないように!
改めて訓示された事件だったように思います。自らの手から離れた所で飲むモノ、、、と言えば
マラソンの給水ボトルなど管理徹底されているはず!大丈夫ですよね?

家族から渡された飲み物も躊躇するという話も聞きますから、ファンからの贈り物など、やはり
選手にとって困った扱いになってしまうのかな。寒いシーズンに行われるバレー会場では、よく
試合後にホット缶の飲み物を差し入れしているファンもいますが、でも缶類ならOKでしょうか。

色々と考えさせられる事件でした。。。

NY駅伝&箱根駅伝。やはり駅伝は楽しい^^NYは旭化成が初の外国人ランナーを入れて
万全な連覇!箱根を走った各世代それぞれの大学エースの走りが頼もしい上州路でした。
箱根は・・・

往路で東洋大が久々の優勝!これは嬉しかったですね~。青学の完全優勝阻止!最終的に4分以上
離されましたが一矢を報いた意味でも爽快な往路でした。来年こそ奪還へ!打倒青学!

あと、優勝候補や古豪がシード落ち・・・上位3校以外は戦国駅伝に呑み込まれていたような。
法政&城西の大健闘にも驚かされました。山で稼いだタイムを上手く活かせましたね。

順大、神大、駒澤のシード落ちを誰が予想しただろうか。特に駒澤は宇賀地くん達がいた頃以来…
ずっと上位で来ていたチームなのに本当に信じられない。大八木監督、丸くなり過ぎ?

順大は何だかちぐはぐ。神大は山に泣かされました…全日本優勝した神奈川大学は目に見えない
プレッシャーがあったのかもしれません。戦前は例年の5倍以上の報道陣が集まったとか。
学生スポーツでありながら注目度が半端なく高い大会なので舞い上がって実力の半分も出せず
想い通りにいかなかった大学が多かったように思います。東海大もあのメンバーでどうしてこうなる?
早稲田がデコボコ順位だったにも関わらず3位に入ったのも他の自滅のおかげか?

来年の箱根に向けて、新たなスタートが始まったばかり^^まずは来週の広島駅伝ですね。
それに続くマラソン大会、真っ盛りなウィンタースポーツ!もうすぐ始まる平昌五輪も含めて
色々と楽しんで行きたいと思います。

2018年、あけましておめでとうございます。


2018戌年、新年あけましておめでとうございます。

平昌五輪、サッカーのW杯など大きな祭典が待ち構えていますね。
今年も大好きなスポーツ観戦にまったりと一喜一憂、楽しんで行きたいと思います。

12月は何故か忙しく、バタバタと過ごして・・・個人的には

ご贔屓バンドの紅白初出場成らずフィギュア女子の三原舞依選手も五輪出場成らず
ガックシな昨年末でした、が、でもそんな煩悩も全て108回太陽礼拝で手放して^^

ヨガでいう「太陽礼拝」のシークエンスをひたすら108回!一時間半以上かけてマット上で。
汗だくだくになりますが達成感ハンパないです。
既に3度目の挑戦、参加人数も年々増えている熱気あるスタジオ内でした。

去年は体調不良が長引いてしまい…詳しく言いますと、頸椎を痛めて右の肩甲骨から
右腕にかけて痺れと痛みがなかなか治まらず、長距離の車や電車移動では振動が骨に響いて
神経に障るといった状態。。。違和感がなかなか治まらず大好きな体操観戦も遠征ができず
2004年からずっと皆勤していた全日本の大会観戦が途切れてしまったのは残念。
リハビリに明け暮れた数ヶ月でした、長かった

やっと復活できた11月の団体戦@高崎、半年ぶりの生観戦!楽しかったです。
Myブログも相変わらずなペースですが細々と続けて行こうと思います。

取りあえず本日朝スタートのニューイヤー駅伝と翌日からの箱根2日間、お正月には
欠かせないコンテンツを楽しみたいと思います。
そしてちょっと先ですが3月にはご贔屓バンドのライブに参戦!心の支えで日々、頑張ります^^

本年もよろしくお願い致します。

東レ☆☆2017-18シーズン 三島大会


すっかり乗り遅れてしまいましたがVプレミア!地元開催のHGに行ってきました。
久しぶりに会場でお会いできた皆さま、お疲れさまでした^^色々とありがとう♪
V2目指して!なかなか厳しい現実が待っていますが選手を信じて応援がんばりましょう。

リーグは既に前半戦が終了。来週から天皇杯・・・だそうです。
スポニチ静岡版も切り抜いてはいるんですがアップする機会を逃してここまで。。。
サボッてばかりですみません。

とりあえず、前回の三島大会FC東京戦の展望記事と試合記事。

DSCF3109 (768x1024)

FC東京!日曜の試合で今季初白星Getしましたね。今シーズン、トップ独走のパナと最下位
低迷のFC以外はどこもダンゴ状態なカンジで、一歩間違えれば連敗街道まっしぐらな?
この三島2連戦もホント危うかったです

アロは開幕戦でいきなり黒星。全日本から帰ってきたばかりのメンバーと合わせる時間が足りず
序盤は苦戦続きでした。やっと足並みが揃ったところで先週の大阪大会はまさかの連敗
モルテン仕様のサーブもやっとモノにして来たようでしたが結果は最悪

DSCF3110 (800x600)

切り替えて前半戦ラストの三島HG。大勢のファンの前でぶざまな姿はゴメンですホント

DSCF3111 (800x346)

今季、出場機会が増えた伏見選手。良い数字も弾きだしていて、結果を伴う内容を見てみると
少しずつステップアップしているようです。アロが誇る大きな壁として定着できるといいですね。

HGの記事はスポニチと静岡新聞です、折りたたみます。